Hatena::ブログ(Diary)

地下書庫X階 このページをアンテナに追加

2013-01-23

第5回木ドミミニトーナメント参加レポート

| 22:25 | 第5回木ドミミニトーナメント参加レポートを含むブックマーク 第5回木ドミミニトーナメント参加レポートのブックマークコメント

第5回ミニトーナメント結果会場

http://dominion-thu.tumblr.com/post/41005446939


世を忍ぶ仮の姿(KP_funclub)で参加してきました。


サプライレギュレーション

  • プロモーションを除く全セットから主催側の任意の方法で8枚のカードを選出し、全卓共通のサプライとする。
  • 各卓3〜4番手のプレイヤーは、上記の8枚に含まれるセットから、サプライにまだ無いカードを1枚ずつ選び、それをサプライに加える。
  • 3人戦の場合は、2〜3番手のプレイヤーがカードを選ぶこととする。

1回戦


卓メンバー:ハンバト、たろいも、私、まなめ※手番順


サプライ

密偵、冒険者、鉄工所、倉庫、宝物庫、記念碑、豊穣の角笛、シルクロード ※植民地


選択カード

私:船着場 まなめ:見張り


いきなり1番卓で呼ばれるも、3番手と下位番手からのスタート。船着場にした理由は、自分が5-2引いても最悪船着場でステロれば悪くても2着まではなんとかなるかなというのと、相手に5-2引かれてもあまり困らないようにしたかったというもの。


面子はisoでレベル41までいったことのあるハンバトさん、第2回木ドミミニトーナメント優勝のたろいもくん、そして!あの!かりすまにゅーすさいと「まなめはうす」かんりにんのまなめさん(第1回日本選手権5位、isoレベル38など)、と恐らく全テーブル中一番厳しい初戦面子…。まあこの辺は最近初戦面子がひどいのは最近のデフォルトなのでもはや諦めの域。ってかここ最近の大会は、初戦で必ずまなめさんとぶち当たるシステムでも搭載されてるんですかね…?


場は植民地場。iso組のハンバトさんは恐らくじっくりコンボデッキを組むだろうし、まなめさんも恐らくそうだろう。たろいもくんはよくわからないけど、そもそも植民地場であることも含めてコンボデッキ優位のサプライなので、正面からコンボの構築力で勝負することに。


初手は4-3からの倉庫-見張りスタート。これは底沈みによる圧縮事故を避けたかったのと、できるだけ最初から見張りを多く打って圧縮を進めたかったというのが理由ですが、正直ここの初手は鉄工所スタートから他複数が結託して鉄工シルクの速攻に出ないのを確認してから見張りが恐らく正着です。実のところ、倉庫を買った後に鉄工所と密偵があることに気づいて、内心アチャーと頭を抱えての先が思いやられるスタートでした…。が、ハンバトさんが一人5-2からの船着場スタート。たろいもくんとまなめさんは見張り-記念碑にいってくれたので結果オーライマンでした。(滝汗をかきつつ)


あとは2枚目の見張りや記念碑も足して圧縮から宝物庫角笛と繋いで白金貨をゲットして船着場2枚を足す黄金の流れ。多少の事故はあったものの、圧縮と角笛デッキ構築をいち早く進めていたことが効を奏し、なんとか53点で1位。あ、危ないところだったぜ…。


2回戦


卓メンバー:しんざき、ヒロタシ、私、マリン改 ※手番順


サプライ

貧民街、弟子、占い師、神託、武器庫、封土、浮浪者、吟遊詩人


選択カード

私:地下墓所 マリン改:公爵


1勝組の2番卓で、安定の下位番手マン。今回の救済システムに感謝しつつ割と適当に地下墓所をチョイス。(理由はあんま覚えてないけど、占い師を上家に連発されてもどうにかなるってのと地下墓所ステロの精度に自信があったとかたぶんそんな感じ)まあ結局はマリン改さんによる公爵inでゲームそのものが変わってしまい…。


ひとまず開始4-3だったので武器庫-銀で様子見。上家二人は神託やら占い師やら挿して明らかに属州狙いの構えだったので、ここは公爵入れたマリン改さんと組んで公爵や封土プレイに走れば勝てるかなーと思い普通に武器庫から銀貨足して公爵を目指す展開に。


5金出たタイミングで一度弟子を挿したいなーと思っていたんですが、残念ながらヒロタシさんの占い師でシャッフルが入ってしまい、弟子を挿すのを躊躇してやめてしまったのですが、今思うとここが敗因。結局そこそこゲーム長引くんだから一度シャッフルが入った程度で弟子を挿すのをやめるよりは後々の封土ブーストを見据えて強引に弟子を挿したほうがよかった。結局、しんざきさん、ヒロタシさんといった属州勢には勝てたものの、弟子を指して封土の得点を6点まで伸ばしていたマリン改さんに得点及ばず42点で2位。後半占い師で銀貨だけすごい落ち方をして5金出なかったので5点ぐらい損してる感覚だけど、まあそもそものデッキ構築がミスってた。


3回戦


卓メンバー:私、カイラス、H2k、マリン改 ※手番順

サプライ

改良、宝の地図、宝物庫、望楼、会計所、岐路、物置、盗賊 ※植民地


選択カード

H2k:倉庫 マリン改:策士


1位ー2位だったのでなんやかんやの一番卓。やったねたえちゃん!カード追加しなくていい1番手の身分だよ!! H2kさんは「運ゲーにしてやる」と明言しての倉庫チョイスで開始前にして倉庫地図に行く気満々マン。マリン改さんは少し悩んでの策士チョイス。


3-4引いたのでちょっと考えたけど、結局これ倉庫地図がどう考えても速いやろーという結論に至るも、初手で倉庫地図に行くのを見せたくなかった&事故防止をかねて倉庫倉庫スタート。あとは適当に地図買い足して、同じく宣言通り倉庫地図に行ったH2kさんと同じタイミングで地図を揃え、白金貨2枚足して適当にぶん回す。H2kさんが白金貨2枚目買えてなかったのでこれはいけたかなーと思い、半ば適当に回していたけど、ここが完全に落とし穴。H2kさんが改良を買ってかつ避難所を1個屋敷に買えていたのを完全に見落としており…。3金出たタイミングでは倉庫をさらに足し、H2kさんのデッキだと最後の4枚目の植民地買えないしまあこれは安泰やろーと高をくくっていたら、倉庫からのドローで白金貨金貨金貨の鬼ヅモをされ1点差で負けて46点2位死亡。H2kさんのデッキに屋敷があったのに気づいたのはゲーム終了してからでしたとさ。


鬼ヅモされて負けたーということもできなくはないですが、それ以前に改良や屋敷を足したとこを見てなかった自分の完全な注意力不足。ちゃんとそこを見てれば、3金で倉庫買ったターンで屋敷買ってたし、それで同着1位だったはず。まさに慢心による注意力散漫と詰めの甘さが招いた負けでした。仮に鬼ヅモがあったとしても同着1位にはなれた試合だった…。


4回戦


卓メンバー:まなめ、とどちゃま、私、マリン改 ※手番順


サプライ

村、鍛冶屋、破壊工作員、抑留、馬商人、ゴーレム、支配、馬上槍試合


選択カード

私:薬師 マリン改:執事


もはや望みがなくなった2番卓で再びマリン改さんと仲良く下位番手。薬師選んだ理由は「すぐに6金ポーション出てたのしい!!FOOOOOOO!!!!」って理由もありましたが、あの場では話さなかった理由がもう1つあって、isoで薬師支配場は一度も負けたことがないということもあってチョイスしました。まあ正直言うと理由の9割は前者なんですが!!


まあサプライ見た感じ、薬師からさっさと支配に繋いで、さらにゴーレム足して支配打ちまくるのが丸いかなっと思ったので最初からそこに行く気満々で執事-ポーション。みんな初手同じだったのはここだけの話。そこからは当初の予定通り、さっさと薬師→支配と繋いでゴーレムも2枚買い、下家のマリン改さんをブンシャカ支配してさっさと属州買いつつ自分のデッキを弱める行為に。上家のとどさんが序盤のポーション底からのゴーレムで支配を買うのが若干遅れたこともあり、支配された回数が少ないアドバンテージを生かして25点1位。属州抑留トークン5枚置かれるわ公領に2枚置かれるわ、いろいろひどい試合だったね! 破壊工作員で属州1枚壊されたりもしたけど、最速で支配→属州買いに繋げたアドバンテージは大きかった。


総括

最初にはったURLの通り、1位2回、2位2回の18点で総合2位でした。本当に悔いが残るのは3回戦。あそこで同着とっておけば1番卓にいけたし、支配ゲーは得意分野なので4回戦のアドバンテージはそれなりにあったはず。自分の甘さが招いた敗北でしかないのでしょうがなくはあるのですが、勝ちたいなーと思って望んだ大会だったし、やはり悔しいですね。猛省。


優勝したH2kさんはおめでとうございます! 次はリベンジしますよ!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/re_ne/20130123/1358947525