28歳のリアル このページをアンテナに追加 RSSフィード

人気ブログランキング
株式投資ブログ
株式戦略レポート
Link Ring
<<Prev5 <Prev Random Next> Next5>>

2005-08-11 外国人買い過ぎ(日経考察) このエントリーを含むブックマーク

本日の日経平均も4日続伸で12,263.32となりました。

今日の注目ポイントは、外国人投資家の売買高です。


以下は今日の外国人投資家の売買高ですが、かなり買い越していますね。


売り 2470万株      2980万株

買い 2640万株      8810万株

差し引き +170万株    +5830万株


この影響もあって、日経平均は伸びてますが、JASDAQは+0.39% マザーズは-1.02%とやや軟調ですね。


今日は外国人投資家(機関投資家)の売買と日経平均の関係ですが、

外国人投資家(機関投資家)は一日の商いの約30-40を占めていることもあります。

ということは、数千億とかのお金が動いていますよね。


では、その外国人投資家がどんな株を買うでしょうか。


A 東証1部,2部の流動性のある株(値幅はあまり大きくない)

B JASDAQ,マザーズの流動性がある株(値幅は大きい可能性がある)


Aですよね!


■理由1:

外国人投資家は機関投資家がほどんど(一部、個人もいるでしょうが、影響ない程度です)ので、運用資金もかなりの額になり、何十億円にもなります。

ということは、それだけの金額の株を売買する為には、一定水準以上の売買高が常に期待できる銘柄にのみ投資するのが普通ではないでしょうか。


■理由2:

に外国人投資家が買う際には、「業績」「企業の将来性」と『企業の知名度』も見ていると聞きます。やっぱり、説明責任があるため、よくわかんない会社の株を買うのは、損を出したときに説明しにくくなるのではないでしょうか。


ご理解頂けたでしょうか。


というわけで、今日は日経平均が伸びたわけです。

私が保有している銘柄が東証1部銘柄じゃないから、こんな話をしたのは負け惜しみじゃないですけどね・・・・・笑


負け惜しみだと思う方はこちら 笑

負け惜しみではないと思う方はこちら クリッククリック