28歳のリアル このページをアンテナに追加 RSSフィード

人気ブログランキング
株式投資ブログ
株式戦略レポート
Link Ring
<<Prev5 <Prev Random Next> Next5>>

2005-08-19 ホリエモン参戦! このエントリーを含むブックマーク

選挙参戦が決まりましね。

選挙参戦が決まった今日はライブドア株価は乱高下を続け、大幅高にはなりませんでしたが。


テレビの報道を見ていると、反対派が恨み節をのうのうと公共の電波を使って言い散らしてましたが、もう少しメディア戦略を考えないのかと。

折角注目される立場なのに、恨みつらみをのうのうと語ってたって、若い女の子じゃないんだから同情票も取れないだろうに。もう一人の反対派急先鋒も離党するのはいいけど、国民新党に参加を表明しないんじゃ様子見の風見鶏以外に何に見えるのかと。一方の大将がアクセル下手踏みでチキンレースを仕掛けているのに、相手が時速5kmで走ったって誰も同情してくれないよ。完全に戦略負けだな。

確かに一方の大将の息子が日本郵政公社の下請け企業(トナミ運輸)として取引のある程度の部分をもらっているんじゃあね。


一方、今回のホリエモン選挙出馬。相手方の大将と対決となったわけだが、負けても相手方の大将と戦って敗れるわけだし、あっそれほど人気がないのねってことにはならないだろうしね。ここからカープサンフレッチェの買収とかなったらかなりのストーリーになるのにな。


選挙に勝とうが負けようが、ポータルサイトへの集客数は一時的であっても集まることから、主要のモバイルソリューション事業、ネットワークソリューション事業、ネットメディア事、イーコマース事、イーファイナンス事は集客数アップによる単純露出度があがり、ネット証券の口座開設者も増えるでしょうね。


一方、自民党はホリエモンが当選しようが落選しようが、ひょっとしたら、無党派若年層の比例票がいくらかは集まるし、相手の大将が落ちたらもうけもんだしね。


もう少しプロレス的な戦いがみたい。

今は完全にベビーフェイスとヒールがはっきりしすぎだし、一方の対象は覆面をかぶるとか美人マネージャーとか参戦させればいいと思うよ。もしくは身内の裏切りがあって、反対側につけば面白いのに。


カブログ

人気blogランキング