Hatena::ブログ(Diary)

ニュースの真相

2012-06-23

鳩山グループの決断と野田佳彦ユダ米工作員の焦燥

鳩山グループの幹部、松野頼久氏と初鹿明博氏が、
消費増税法案採決で反対票を投じると明言したそうです。


造反、鳩山グループでも…首相自ら説得の電話
民主党鳩山首相グループで22日、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案の26日の衆院採決で造反する動きが表面化した。
新党を視野に入れる小沢一郎元代表グループ以外にも、造反が広がる可能性がある。野田首相や党執行部は、態度未定の議員の説得に全力を挙げている。
鳩山グループ松野頼久、初鹿明博両衆院議員は22日、読売新聞の取材に対し、法案採決で反対票を投じる考えを明らかにした。初鹿氏は「格差を是正すると訴えて政権交代したのに、法案が修正され、富裕層の負担が減り、低所得者層の負担が増える内容になった。認められない」と語った。松野氏も「反対する」と明言した。
初鹿氏は鳩山グループ幹部にも、こうした考えを伝えた。鳩山氏は22日の鳩山グループの会合後、記者団に「『党を割らない』と言ったのに割れたら、代表(首相)と幹事長の責任は重い」と指摘した。
衆院で離党者が54人以上になると、民主党国民新党と合わせても半数に届かず、少数与党となって政権運営が不安定になる。こうした事態を避けるため、民主党執行部は22日、採決前日の25日に臨時代議士会を開き、法案に賛成するよう首相に呼びかけてもらうことを決めた。首相に近い議員によると、首相は態度未定の「中間派」の若手らに電話で説得を続けているという。野田グループ幹部は「態度未定は約20人」とし、造反議員には厳しい処分で臨むとしている。
読売新聞 6月23日(土)3時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120622-00001569-yom-pol


さー、面白くなって来ましたねー。

鳩山グループの幹部が明言したという事はもう、
グループ全員が法案採決の時は反対票を投じるよ!って事。

すでに、小沢さんのグループで、離党しても反対すると言っている議員が45人!
で、今回の鳩山さんのグループが23人!
合計で68人です。

で、何でしたっけ? 確か54人反対に回ったら、
消費増税出来ないんだよねー?


ホレホレ、どうするユダ米と愉快な仲間達の諸君(笑)

とりあえず、先述の両幹部と鳩山さんを除いた20名に、
野田首相自らお電話で脅しをかけるようですが・・・。

ユダ米のクサれ毛唐どもの脅しに屈した三元豚なんか、
誰が怖がるんでしょうか?(笑)

余計な事はしないで良いから、とっとと養豚場へ帰りなさいっ!

そうそう、鳩山グループのみなさん!
三元豚グループのクズが、偉そうに「厳しい処分で臨む」とか言っておられますが、
豚にお仕置きされるぐらいなら、小沢さんと合流して離党しちゃうなんていかがですか?


つーか、民主党中間派のみなさーん!
いっその事、離党して小沢さんの新党に合流したほうがおトクですよー。

小沢さんについて行けば、次の選挙も必ず勝たせてくれます!
そして、消費増税の反対表明をすれば、国民も全力をもって応援するでしょう!



※1クリックお願いします!
クリックする事で、より多くの方にこの記事を読んで頂けます。

人気ブログランキングへ

シリア内戦の真相とCIAの関与

このところ、国内の消費増税問題についての記事を連投してるのですが、
シリア問題で面白い記事がありましたので、ご紹介します。

シリア反政府組織に、CIAが公然と武器を供与し始めたそうです!


CIA、シリア反体制派の武器供与に関与 米紙報じる
ワシントン犬塚陽介】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、米政府アラブ諸国の情報当局者の話として、中央情報局(CIA)の担当者が過去数週間にわたってトルコ南部に潜入し、トルコなどが実施する複数のシリア反体制派組織への武器供与について、どの組織に提供するのが適切かを決定する秘密作戦を展開していると報じた。
同紙によると、トルコサウジアラビアカタールなどが、トルコシリアの国境地帯から反体制派に自動小銃や手榴(しゆりゆう)弾、対戦車ミサイルなどを供与している。
CIA担当者は、武器が国際テロ組織アルカーイダに関係する組織に渡ることがないよう確かめ、米政府として反体制派の実情を見極める狙いも担っているとしている。
同紙は米政府高官や元CIA職員の話として、米政府シリア反体制派に対し、衛星写真などを基にしたシリア政府軍の動向に関する情報提供も検討していると報じている。
産経新聞 6月22日(金)12時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120622-00000543-san-int


このブログをお読みになっている皆さんなら、もうご存知かと思いますが、
シリアで何が起こってるかを一言で言うと

ユダヤ米国シリアを侵略・支配しようとしてくるので、
シリア政府がそれに抵抗している!というのが真相ですよね?


もちろん、侵略軍に正規の米軍を使ったら、世界中にこの事がバレてしまうので、
金で雇った傭兵部隊を送り込んでいます。

それが、反政府勢力の主力軍になるのですが、
ココにマイノリティー民族であるクルド人が合流するわけです。

マイノリティーを反国家勢力というか工作員に使うという手法は、
ユダ金の常套手段ですよね?

日本だったら、在日・部落・ホモなどの勢力の一部がそれにあたり、
ユダ米の手先として動いている訳です。

そんな、ユダ米の手先の反政府軍が挑んでくれば、
シリアとしては、当然侵略に抵抗するために叩きますよね?

すると、ユダ米軍マスコミ部隊が出動して
シリア政府軍は自国民を虐殺した!」
マイノリティーを虐待した!」
シリアという国は野蛮だ!」
「正義の制裁を加えなければいけない!」
なーんて煽り続けます。

こうなると、裏を知らない方々は、だんだん
シリアって、そんなひどい国なんだ?」
「そんな国の政府、潰れた方が良いかもね。」
なーんて、なってくる訳です。

こんな感じで、機が熟して来ると、
ユダ米は反政府軍への関与を認め始めて、
軍事介入という名の侵略軍として、正規軍を投入!って事になります。

今は、そのあたりの状態なのでしょうが、
今回はリビアの時と、ちょっと事情が違うんですよね?

リビアの時は、同じ手口でしっかりユダ金が侵略してしまいましたが、
今回は、まず第一に金がない!

さらに、ロシア中国が、ユダ米にもうこれ以上侵略戦争させまいと、
軍を動かして、かなりの牽制をしています。


つまり、世界中に手口がバレてるうえに、金がない、
しかも、2つの軍事大国に睨まれて、動きが取れない訳ですよね?

さてさて、ユダ米さん、
関与を認めて今度はどうすんの?(笑)



※1クリックお願いします!
クリックする事で、より多くの方にこの記事を読んで頂けます。

人気ブログランキングへ