Hatena::ブログ(Diary)

ニュースの真相

2012-06-28

小沢夫人の離縁状、やっぱり偽物と発覚!

このところ、マスコミ国会議員の事務所、
そして小沢さんの支援者にバラ撒かれていた「小沢夫人の離縁状」とされる
バカバカしい怪文書、あっさり偽物と発覚したそうです(笑)


やはり謀略なのか 紙爆弾小沢夫人「離縁状」の怪しい中身

f:id:rebel00:20120626173947j:image

民主党小沢一郎元代表の妻・和子さんが書いたとされる「離縁状」11枚のコピーが、大量にバラまかれた問題。14日発売の週刊文春が最初に掲載した後、マスコミ各社に出回り、先週21日ごろから、与野党国会議員事務所に差出人不明で届いた。さらには、小沢の全国の支持者の自宅にまで送られる“異常事態”に発展。もはや、ただの手紙ではなく「紙爆弾」。「怪文書」の類いである。
そんな怪しい手紙を、天下の読売新聞が23日朝刊で〈小沢氏資質 妻が告発放射能怖くて逃げた」〉と見出しを付け、そのまま報じたのには驚いた。文春掲載から1週間以上も経過している。なぜこのタイミングで報じたのか。なぜこの時期に大量にコピーがバラまかれたのか。26日の消費増税法案の採決を控えた“小沢潰し”を狙っているのは明らかだろう。
手紙の真贋について、小沢事務所は読売の取材に「手紙は本人の字ではない。放射能を恐れて逃げたという事実はない」と明確に否定していた。確かに、手紙にはおかしな点がいくつもあるのだ。
(1)筆跡が本人のものではない疑い。
写真は、ジャーナリスト民主党参院議員有田芳生氏が、和子夫人と親しい女性からはがきを入手し、筆跡を比べたものだ。非常に似ているが、〈和〉の「のぎへん」のハネが違う。
「〈し〉や〈た〉の文字は筆跡が全く違いました。永田町周辺には議員の代わりに文字を似せて書く『代書屋』がたくさんいます」(有田氏)
(2)手紙の本文では〈小沢〉なのに、最後の署名だけ〈小澤〉になっているのも不自然だ。
(3)句点や読点がまったくなく、手紙らしくない。11枚の長文なのに、書き損じが1カ所もない。
(4)〈数年前から小沢は京都から出馬したいと言い出していた〉という記述があるが、それは一部マスコミ誤報で、事実ではない。
(5)〈3月25日に旅行カバンを持って逃げ出した〉とあるが、「小沢さん東京にいましたし、離れて住んでいる夫人にわかるはずがない」(有田氏)。
(6)そもそも和子夫人は「こういう長文の手紙を書く人ではない」(30年近く夫人を知る関係者)。
和子夫人本人が言葉を発していない以上、手紙の真贋はわからない。ただ、11枚もの手紙を大量にコピーし、封筒に入れ、複数の郵便局の「消印」で大人数に送りつけるという行為は、組織的な力が必要であることは間違いない。マスコミ永田町で「官邸の仕業」と囁かれるゆえんである。
どんな謀略組織が暗躍しているのか。
2012年6月27日 掲載
http://gendai.net/articles/view/syakai/137267


さすが、日刊ゲンダイ、事実をしっかり報道してくれます!
バラ撒かれ方や筆跡・内容、どれをとっても、偽物以外の何物でもありません(笑)

小沢一郎氏の人物破壊工作の一環なんでしょうが、発想がショボ過ぎますよね?
ただ、数といい規模といい、日刊ゲンダイさんも指摘している通り、
大きな人数が組織的に動いているのは確かでしょう。

と言うよりも、女性スキャンダルが政治生命に関わる!なんて発想、
まるでどこぞの国みたいですねー。
ねえ、ユダ米ちゃん!(笑)


って事は、このショボイ工作、CIAさんの作品ですか?
それとも、下請けの統一教会創価学会にでも投げたのかな?



※1クリックお願いします!
クリックする事で、より多くの方にこの記事を読んで頂けます。

人気ブログランキングへ