Hatena::ブログ(Diary)

ニュースの真相

2013-07-16

不正選挙とロシア軍の極東軍事演習

7月13日から、ロシア軍が極東で大規模な軍事演習を開始したそうです。


ソ連崩壊後最大の極東軍事演習=サハリン上陸作戦も―ロシア
モスクワ時事】中国国境や太平洋を管轄するロシア軍の東部軍管区(司令部ハバロフスク)は13日から、極東でソ連崩壊後最大となる16万人規模の陸海空の緊急軍事演習を行っている。サハリン樺太)への上陸作戦、オホーツク海での対潜水艦作戦などの訓練を実施。日本の防衛省も、宗谷海峡北方領土ロシア軍の艦艇や航空機の動きを把握している。
軍事演習は、最高司令官のプーチン大統領が12日、ショイグ国防相に緊急点検として「抜き打ち」で命じた。期間は20日までで、プーチン氏自身も16日にサハリンの演習場を視察する。
発表によると、東部軍管区全体で戦車や装甲車など1000両、艦艇70隻、戦闘機爆撃機を含む航空機ヘリコプター130機が参加。「ソ連崩壊後で最大規模の緊急点検」(国営ロシア通信)とされている。
日本列島周辺では、5〜12日に日本海中国海軍と合同演習を終えたばかりの太平洋艦隊が、宗谷海峡を通過してオホーツク海に入った。ミサイル巡洋艦、大型対潜艦、大型揚陸艦駆逐艦が参加して14日に対潜水艦訓練などを開始。サハリン東岸で15〜17日、南岸で18、19両日に射撃訓練があるとの航行情報も出た。
時事通信 7月15日(月)17時33分配信
http://megalodon.jp/2013-0716-0830-42/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130715-00000054-jij-int



さてさて、記事の詳細を追って行くと、そもそもこの演習は・・・

プーチン大統領の抜き打ちの命令だったそうです。

しかも、訓練の規模はソ連崩壊後最大規模で、
16日にはプーチン氏自らが演習場を視察し、衆目を集めるようにアピールするそうです。

さらに見て行くと、演習の期間はナント参院選直前の20日までで、
14日以降からは、対潜水艦訓練が行われているそうです。


ここまで読んでくると、なるほどですよね?


プーチン大統領、どうやら日本に巣食っているユダヤ朝鮮&同和連合軍
パニック醸成&ちゃぶ台返し計画の情報を事前にキャッチ。

そして、いつものように無言でパトロールしてくれてるって感じでしょうか?


参院選と不正選挙と人工地震
http://d.hatena.ne.jp/rebel00/20130703/1372816869


ただし、今回はユダ米軍側も、いつものような散発的な地震テロや気象テロなどではなく、
かなり大規模な計画があったようです。

ロシア軍も、いつものように対潜爆撃機戦闘機の編隊で、日本を周回し、
「おい、ユダ公、バレてるぞ!」というアピールするだけでは済まないようです。

世界中のユダ金が相当な金欠に陥っている情勢の中。

ユダ公の財布である日本を
「パニックと不正選挙をからめて、短時間で改憲そして、戦争ビジネスへシフト」
なーんて強引な計画でもあったのでしょうか?

そんな事をさせてしまったら、
せっかく虫の息になっているユダ金ちゃんが息を吹き返してしまいます。

反ユダ金最右翼のプーチン大統領としては、絶対に阻止したいところですよね?

もちろん、プーチン大統領としては、ロシア国益第一で動いている訳です。

ただし、プーチンさんのスゴイところは、
そのロシア国益が、そのまま隣国日本の国益にも繋がり、
果ては世界の利益に繋がる!

つまり、問題が起きた時に、世界中の人間が良いようなポイントに、
落とし所を見つけ処理する能力ではないでしょうか?

それに引き換え、ユダ金の浅ましい思考回路!
隣国同士で殺し合いをさせて、自分達だけ利益を得よう!だって(笑)

いずれにしろ、プーチン大統領の「おい、ユダ公、絶対やらせねーぞ!」
という気迫が伝わってくる大規模演習です。



※1クリックお願いします!
クリックする事で、より多くの方にこの記事を読んで頂けます。

人気ブログランキングへ


http://richardkoshimizu.at.webry.info/