Hatena::ブログ(Diary)

ニュースの真相

2013-10-01

米国の政府機関停止とテロの関係

米国が金欠&債務上限引き上げ協議の行き詰まりのため、
一部の政府機関が閉鎖されるそうです。


米、17年ぶり一部政府機関閉鎖へ 予算協議が行き詰まり
ワシントン=柿内公輔】米国の2014会計年度(13年10月〜14年9月)の暫定予算をめぐり連邦議会は9月30日、大詰めの協議を行った。しかし、与野党の対立は解けず、政府機関の一部が米東部時間の10月1日(日本時間午後1時)から閉鎖される公算が大きくなった。米政府機関の閉鎖は1996年以来、17年ぶり。
野党共和党が過半数を占める下院医療保険改革(オバマケア)の本格施行の1年先送りを盛り込んだ暫定予算案を先に可決したが、上院は30日否決した。
与野党の一部に政府機関閉鎖の回避を最後まで模索する動きもあるが、予算が期限の9月30日までに成立する見込みは薄い。
閉鎖に伴い、連邦職員の最大80万人が一時帰休となる見込み。国防や警察、救急医療など緊急性が高く国民の安全に直結した業務は維持されるが、行政サービスは縮小される。パスポートビザの発給が滞る恐れがあり、日本人にも人気の高い国立公園博物館が閉鎖されるなど、通商や観光など米国のみならず各国にも影響が広がりそうだ。
オバマ大統領は30日、ホワイトハウスで声明を発表し、「政府機関の閉鎖は経済は甚大な打撃を与える」と警告した。
クリントン政権下の1995年から96年にかけても政府機関が計26日間閉鎖された。米財政をめぐっては、10月半ばに連邦債務が法定上限を超過し、米国債デフォルト債務不履行)に陥る危機も迫っている。
産経新聞 10月1日(火)11時5分配信
http://megalodon.jp/2013-1001-1205-31/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131001-00000530-san-n_ame


さてさて、いよいよ情勢に緊張感が増して来ました!
このブログをお読みの方は、もうご存知かと思いますが、米国財政危機と日本の災害はモロに連動しています。


17年ぶりに政府機関が閉鎖されるという事ですが、17年前と言えばクリントン政権の1995年ですよね?
1995年と言えば、阪神・淡路大震災地下鉄サリン事件が起こっています。

どちらも、ユダヤ米国主催のテロであった事は、もう説明の必要もないですよね?


で、どうしてユダヤ米国財政危機になると、日本でテロを起こすのかというと、コレはユダ米が借金と詐欺、略奪とカツアゲだけで食べているという事に関連している訳です。

ユダヤ米国は、借金=基軸通貨詐欺・為替詐欺・株式詐欺で食べているので、米国財政危機で資本が日本に逃げてしまうと、たちまち干上がってしまいますよね?
米国が干上がってしまうと、市民はそこまで困らないのですが、ユダ金ちゃんにとっては命取り!

米国市民を騙して税金で維持させている、最大の私有軍隊米軍』の機能が停止してしまうのですから。

米軍の機能が停止すると、略奪とカツアゲが出来なくなってしまいますよね?

つまり、世界の資本が日本に流入してしまったら、ユダヤ米国の「借金・詐欺・略奪・カツアゲ」という全てのビジネスが終わってしまう訳です。

すると、財政危機の前に、タイミング良く日本で地震が起こる訳ですね。
しかも、その地震は2箇所の震源で同時に発生するという、極めて稀な地震だったりします。

そして、CIAプロデュース 統一教会創価学会付属オウム真理教が、地下鉄サリンを撒く訳です。



で、今度の政府機関停止祭りでは、何を企んでいるのかな?
ねえ、ユダ金ちゃん&愉快な裏社会のみなさん!




※1クリックお願いします!
クリックする事で、より多くの方にこの記事を読んで頂けます。

人気ブログランキングへ


http://richardkoshimizu.at.webry.info/

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証