reco-z.com (.c)

宮下智、細野晴臣、Bill Nelson

田原俊彦の名曲「ハッとして!Good」「キミに決定!」「NINJIN娘」「ジュリエットへの手紙」「チャールストンにはまだ早い」や、少年隊、南野陽子、スラップスティックの作品を手掛けた作詞/作曲家、宮下智に関する情報がネット上に少ないようなので今後のために記しておきます。

宮下智(みやしたとも)
本名:盛岡夕美子(もりおかゆみこ)。1956年東京生まれ。4歳よりピアノを習い、学習院女子高1年生の9月に米国留学。ヨルダ・ノヴァックに師事。以後、米国の数々のピアノ・コンテストで1位に選ばれ奨学金を授与される。75年、サンフランシスコ音楽学院入学。79年、同学院を主席で卒業。同年帰国。クラシック音楽の活動のかたわら、81年「宮下智」のペンネームで田原俊彦らの作詞・作曲を手掛ける。87年3月にニューエイジ調のオリジナルアルバム「余韻(レゾナンス)」(ポリドール/H35X-20005・CD/R28X-1005・LP)をリリースしている。

以上、細野晴臣著「音楽少年漂流記」(新潮文庫) (Amazon)より。

YENから出たシーナのソロ「いつだってビューティフル」に収録されている「BEAUTIFUL」の作詞が宮下智で、「なんでかなぁ」と思ってたのですが、この本を読んで理由がわかりました。細野晴臣と知り合いだったのですね。2人はニューウェーヴ華やかなりし頃、六本木インクスティックで出会ったそうです。

また、テクノ系人脈はその後も生きていたのか、ビル・ネルソンの96年作「With CLUTUREMIX」(Resurgence/113) (Amazon)でほとんどの曲を書いてます。この作品はビル・ネルソン名義ですが、2人のユニット作といってもよさそうです。

simadasimada 2005/09/25 17:50 宮下智の記事、興味深く読ませてもらいました。電話が変わったようですね。
現在荻窪在住ですので、気が向いたらまた音楽話を聞かせてください。