Hatena::ブログ(Diary)

BD-1的東京Life Ver.2(仮) RSSフィード

旧ブログBD-1的東京Lifeはこちら
2006.12.15〜2009.11.1 BD-1購入から2代目のロードバイク購入まで

2013-12-01

雨の日の季節別対策

小雨や降ったり止んだり…なら良いのですが、一日降り続く本降りの雨はメッセンジャーにとって最大の敵と言っても過言ではありません。

気温が18-23℃程度の場合、半袖のジャージとインナー、薄手のアームウォーマー。下はレーパンとショートパンツ。(場合によってはニーウォーマー)で十分です。要するに濡れます(笑)

23℃以上の場合、ウォーマーも不要。ただ、キャップは必須です。サングラスは水滴でほぼ役立たなくなるし、あるとなしでは全然目の疲れが違いますよ。靴もどうせ濡れます。靴下に防水用なんて使ったらムレてしょうがないので、普通のレース用の速乾ソックスが一番。


問題は、それ以下の気温の時…

例えば春先の15℃程度の気温であれば、長袖のジャージか半袖ジャージにウォーマー+ニーウォーマーで十分な季節ですが、雨が降り続く一日の体感気温をナメてはいけません。

できればGOREなどの透湿性のある、そして耐水深圧が高いハイテクなレインウェアを身につける必要があります。ただし、下半身はニーウォーマーもしくはレッグウォーマーで大丈夫。

袖口や首元が水の侵入ポイントなので、フード付きのレインウェアを身につける人が多いです。袖口は、ウェットスーツ素材の袖口を取り付けられるモデルがあったりしますので、それがあれば完璧。体幹に近い部分を冷やすと急激に身体が冷えるので、とにかく下に着ているウェアを濡らさないことが一番。足元は濡れていたほうが、身体を温めようとする力が働くという研究があるらしいですね。

手も素手ではキツイ。SealSkinなど、防水性のあるグローブか、オーベスト西谷さんの紹介で大分市民権を得てきたバーミットが活躍します。


10℃を下回る場合はもう地獄。

どうやっても寒いのですが、手元はバーミットと防水グローブを重ね、足元はSealSkinやゴアソックスを使用。場合によってはゴアでカバーした冬用のシューズを。

自分の場合は、レインウェアの下に、会社のユニフォームジャージ、更に2UXのメンブレンジャージなど、ある程度耐水性を持っているジャージまで着込んでいました。それでも、濡れてしまえば何枚着ていようと寒いので、とにかく水の侵入に細心の注意を払いますが…それでも、みんな凍えて帰って来ます(笑)



今年は秘密兵器を発注してます。

f:id:redboot:20131201221034j:image:medium

GABBA CONVERTIBLE JERSEY

今年のヨーロッパの春は寒波に見舞われて、相当ひどい環境のクラシックレースが続きましたが、その中で評価を上げたこれ。

会社で発注できたので、買ってみました。フードがないのでちょっと心配だけど、重ね着の動きづらさから開放されるならば…と。

また、春秋には、袖を取り外して半袖のレインウェアになるので、それも恐らく有用ではないかと期待しています。

もう、冬用アンダーが必要な季節になってきました。

まとまった雨が降る前に届かないかなぁ…。もちろん届いたらインプレ書きます。

SWRVE durable cotton shorts skinny

ピュアロード乗り(?)な方には関係ないお話なのですが…。

一昨年の夏から表題のショートパンツを仕事で愛用してきました。

f:id:redboot:20130716172644j:image:medium

色は青。

ストレッチ具合が非常に絶妙で、レーパンやパッド付きインナーを下に穿いて使えば、街乗りでは最高の一品だと思います。

詳しい仕様は、輸入元・購入店のBlueLugさんのページに譲るとして。。

斜めに付いた後ろポケットは、スマホやU字ロックを挿してペダリングの妨げになることなく、且つ取り出しやすいというこれまた絶妙な位置。

汗を良く吸い、ある程度の雨も(初期の頃はですが)良く弾く。また、乾きも早いので、雨が降り、夕方に止むような一日も快適に使えました。


スキニーと、レギュラーの2つシルエットがあるのですが、スキニーだと170cm/56kgの自分の体型でもW30サイズが適切。W28サイズだとキツかったです。シルエットも非常に良いと思う。余りダボついてフィット感の無いショートパンツ自転車に向きません。

ちなみに2シーズン夏使い込んだところで、まるでジーンズのように白く色あせ、そして生地がところどころ、段々と裂けてきてしまったので引退。(ちょうど仕舞いこんでしまって写真がないのですが)


といっても、月2000km、一日9時間のライドに耐え続けた2年なので耐久性は十二分です。

ちなみに7分丈の旧モデルも使っていますが、こちらもなかなかに優秀です。来春にはもう一本同じものを購入してまた活躍して貰いたいと思っています。

2013-07-25

Vipros muon

f:id:redboot:20130726001410j:image

オイルには拘ります。ヘタして、一日中雨に降られながら走ったりしますので。。

同じViprosのグレッサージュ、話題になったナスカルブとどちらも使い果たしてしまったのでこのmuonを購入して使ってみています。

今週の集中豪雨込みで、4日間500km程度走りましたが、まだ何とか効果を保っています!!(掃除しろよという感じですが 笑)

グレッサージュはチェーンに汚れが付くというよりは、黒い塊が付着してきます。ただ、その塊の除去が結構厄介。晴天時だったら、潤滑は相当持ちます。雨にさえ降られなければ一番よいかも。muonと比べると持ちは悪いですが、それでも雨天にも強い。

ナスカルブは、もっと粘度が高い。muonよりも音鳴りは少なくなるほどで、雨天での持ちもかなりのもの。確かにチェーンは汚れますけどね。

muonは意外とサラッとしていたので驚きましたが、雨への耐久性は意外にも一番だと思いました。あの豪雨に打たれて、まだ潤滑を保っているのは相当凄いですね。体感的には雨を挟んでの距離も一番乗れるように思えます。


しばらくは泥除けも付けっぱなし、いつ夕立がきても対応できる体制で走らなければいけないので、夏が終わるまではmuonで行こうかなと思っています。雨の中のブルベを走る方などにはオススメしておきます。晴天時のみの走行だったらオーバースペックかも知れません。しかし、この3つはどれも良いオイルですねー。

2013-07-23

7年目のレーパン探し

f:id:redboot:20110704113023j:image:w360

パールイズミ コールドブラック&シームレス ビブパンツ


少し前に迎えました誕生日祝いということで、嫁さんが買ってくれました。


昔はほとんどレーパンに頓着しないで済んでました。股ずれもケツの痛みもあんまり気にしたことがありませんでした。


ただ、仕事で安物(しかもビブは使えない)を使ってみると、やっぱりダメですね。

フラットシーマ縫製でないものは長時間履いていると、脚にくっきりと縫い目の跡がついてしまう。また、裾の滑り止めのシリコンが肌に合わないと、途中でかぶれたように痛んできます。(何故かももの肌だけ弱いのです)

また、パッド。安いものは縫い目が脚の付け根の部分に来るものがあって、スレて股ズレを起こします。また、変に凹凸があるものも肌が引っかかって痛い。最悪なのはパッドの縫製がほつれてくる物も…。


今からライドをしようと思うと、Boot-legジャージの上下で行けばいいのですが、一人でフラッと走る時なんかはもう少し地味な格好がいいなと。

でも、残ってるマトモなレーパンは、数年前のパールプレミアムビブパンツ(何故か真っ白)しか無いのですww

上に合わせるジャージも無い(じゃあ何で買ったんだろうと…)ので、黒いごく普通のレーパンが欲しいなと思って早ウン年だったわけです。


最近欲しいと思ってたRaphaやAssos(またはWiggleのdhbなども考えましたが)、いかんせん価格が高く、そしてサイズ感が解りません。サイズが合わないレーパンなんて、どんないいものでも最悪の使い心地になりますからね。で、取り敢えずはMサイズが文句なしにピッタリのパールにしてしまったわけです。ホントは真っ黒が良かったんだけど、メーカー感も薄いし。


ーーーーーーーーーーーーーー<以下初期インプレ>

まだ長距離を試したわけではありませんので悪しからず。

-パッド(3D-Neo+)

今は一つ下のグレードになっている3DNeoもすごく良かったですが、これは極上です。パッドの存在を忘れますね。手触りもいい。厚みもあるけど、変によれる感じも無い。耐久性はどうなんでしょうね。

-コールドブラック素材

4℃涼しい体感!との事ですが、地味に効果があります。黒い素材なのに日差しを浴びても熱くならない。地味にありがたいです。

-裾

一応シリコンなのですが、素材に工夫がされているのか、痛みは感じませんでした。

-ビブの造り

これもよく考えられていると思います。乗車姿勢ではもちろんの事、立っていても苦しくない絶妙な作り。また、腹圧を掛けて乗っても圧迫感もなくこれも優秀。

-シームレス縫製

ホントに縫い目がない。フラットシーマー縫製でも充分だと思いますが、縫い目が全く気にならないのでチョット感動。でも、外から見てテープで貼りあわせてあるように見え、そこがちょっと安っぽい感じがする。そういう縫製なので仕方ないですけどね。


デザインも白い部分の主張もごく少なく、どんなものでも合わせられそう。非常に満足です。BMCやアルゴス・シマノなんかにウェア供給も始めて、パールイズミも侮れないですね。

2013-07-22

4種のフォーム考察(バイシクルクラブ9月号)

f:id:redboot:20130723001613j:image:w360

非常に面白い記事でした。

-最近までの主流だった「曲」タイプ

  • やまめ理論で表舞台に出た「直」タイプ
  • ボーネンみたいな乗り方「S字」タイプ
  • 1%しかいない「反」タイプ

-----------

これは本当に面白い記事だなと思いました。今回の特集は特にハンドルの握り方やパーツのセレクト、乗らずにただ立っている時の姿勢の意識までタイプ別に解説されていて、かなり分かりやすいと思います。



自分が自転車を始めた頃は、「曲」タイプの乗り方が全盛だった。当然、自分もそれに添ってこう乗るもんだ!と頑張ってきたわけですが、どこか違和感があったわけです。


そのうち、乗り込むようになって自分のフォームを見ても、どうもそれじゃ乗りにくいんだよなぁって。


最近ですよね、対になるやまめ理論「直」が着目を浴びたのって。受けたことはないけれど、色んな人の記事を見る限り、スペシャのBGフィットも近い理論でフィッティングが行われているイメージ。(実際どうなんでしょうか?)


2つの簡単なテストをするのですが、やってみたところ、自分は「直」「反」のどちらかであることは間違いなさそうです。十中八九「直」だと思います。(もうひとつのテストの結果が今ひとつ分かり難かった。)


人の体は凄いもので、メッセンジャーを始めて、2年半をかけて少しずつ変化させてきたセッティングは、結局前にガッツリ乗っていた時のセッティングとほとんど同じでした(笑)


そして、記事にある「直」のフォームの作り方は、ほぼ、自分の頭のなかで作ってきた乗り方と同じです。でも、理屈に後押ししてもらうとスッキリしますよね。フォームが崩れてきた時の立て直しも理論的に出来ますし。


ただ、少し前下りが合うとされているサドル。自分はコンコールじゃないとダメで、理屈には合わなかったり。ブラケットは水平か前下りが良いとされているけれど、自分は昔から逆で、しゃくった方が乗りやすかったり。まだまだ、疑問は残ります。


でも、こうやって理論と実践のすり合わせをしていくのもまた楽しかったりしますよねー


というわけで、この記事は一読の価値有りです!

ブログ再開のお知らせ。

どれくらい放置していたでしょうか。

長らく読んでいただいていた方もいらっしゃるというのに、突然の放置で申し訳なく思っております。(今更ですが…)


最後の方の記事にもある通り、様々複雑怪奇な理由がありまして(笑)都内を走るメッセンジャーの仕事を続けております。


自転車を仕事にすることは、やはり趣味としての自転車の時間を大幅に減らす事にもなり、今まで頻繁にお会いしてモガキあった仲間や、まだまだこれから親交を深めていこうとしていた皆様とも、随分と疎遠になってしまいました。


半強制的に月に2000kmを超えるライド時間が確保されるとはいえ、逆にメインの週末には疲れきってしまっておりまして…。

パーツの購入もどちらかと言うと仕事に使う消耗品の購入が殆どになってしまいました。

それにしても、一日雨の中をライドしたりしますので、恐ろしいほどにパーツの磨耗が激しいです。駆動系はもちろん、ワイヤーやブレーキシュー、タイヤなどはいくつあっても足りないです。


まあそんな中ですが、無性に懐かしくなってきたんです。

レースイベントに参加するワクワク感、いい大人が集まってもがく朝練。気の知れた仲間とのロングライド。

もういい年になりまして、そんなに週末元気一杯とは行きませんが、無理の無い程度に復帰を考えております。

その際は、どうかまたローテの端くれにでも加えてやってくださいませ。


長い前置きになりましたが、素晴らしい自転車の世界に自分を引っ張っていってくれたこのブログを再開することから、また始めてみようと思います。


また、ライドに関すること、パーツやケミカルのインプレ等もまた少しずつやっていければなと思います。

どうぞ、宜しくお願いします。

2011-07-03

新しいサイクルキャップ

f:id:redboot:20110703215620j:image

サイクルキャップは今や欠かせないアイテム。

髪がぐちゃぐちゃになってお客様の前に現れるわけにもいかないので、これらを被っていきます。

また、いくつかメリットがあります。

  • 汗止めになる
    • 大量の汗をかく夏も、額からの汗をある程度止めてくれます。
  • 日差しを遮ってくれる
    • 直射日光から目を守ってくれます。まあ、サングラスがありますけどね。
  • 雨が眼に入るのを防ぐ
    • これは重要。サングラスは曇ってしまったり、水滴がつくと光を反射してしまったりしますが、キャップを被っていると、直接目やサングラスに雨滴が当たるのを防いでくれるので、かなり走りやすいです。
  • サングラスの置き場所
    • 帽子がないと汗でサングラスが汚れてしまうので、これも実は重要なんです。

これらはAPISのキャップで、昔のチームキャップ。これが自分にはジャストサイズで、心地良いかぶり心地。自転車を降りた後つばを上に上げやすいのもいい。また、価格も1000円前後とリーズナブルなんです。

夏は正直無いほうが涼しいですけどね。そこはお仕事ということで。。

2011-05-14

1ヶ月半経過

ブログを最後に書いてから、1ヶ月近く経ってしまった。。

メッセンジャーの仕事は日々続いています。覚えることが沢山あって、日々勉強。大手町・丸の内はだいぶ分かってきたな〜と思っていたら、

  • 神田方面(内神田・神田錦・駿河町・三崎町・外神田・神田練塀町・神保町・小川町・淡路町・須田町・岩本町等)
  • 日本橋方面(京橋・日本橋・室町・本石町・日本橋本町・伝馬町・新川・人形町・堀留町・茅場町など)

など、エリアの外側がまだまだ手ごわい…。

歳のせいでしょうか、元からのうっかりな性格のせいでしょうか。ミスもまだまだ多くて、やってしまった後は本当に凹みます。

走り

大型メッセンジャーバッグは重く、どうしても重心が左に偏るので、右側のクリートがいつまでも決まりません。時には膝の痛みや筋のハリに苦しむことも。走りもどうも今ひとつです。でも、速く走るよりもどこを走るか、そして建物の攻略のほうが大事なんだなーと分かりかけてきました。

今週2日間の結構な降りで苦しさはよく分かりました。

ウェアをしっかり着込んでいれば身体は濡れませんが、シューズカバーの下から水が入ってシューズの中はぐちゃぐちゃになるし、なにより荷物を濡らさないよう神経を使います。

また、モバイルやペンなど、何時もの場所(ウェアが変わるので…)から位置が変わることが結構ストレスです。慣れるまで仕事のスピードはやはり落ちてしまいます。

ベテランの方達から貴重なアドバイスを頂きながら、まだまだ日々が挑戦です。

センスは微妙な気がするから努力でカバーしなきゃな…。

2011-04-16

3週目終了

先週末の風邪を引きずって、1週間だいぶしんどい思いをしました。疲れてると集中力がなくなるダメな人なせいか、まずいミスもしてしまいました。

一度行ったことがあって、仕組みを把握しているはずのビルで無駄な動きをしてしまったり、荷物を取り違えそうになったり…。慣れてきた頃なので、気が抜けてしまいがち。大いに反省しました…orz

仲間のメッセンジャーはみんな気のいい奴で、休みの前の日などは、新人仲間とつい1時間くらい話し込んで帰ってきたりしてます。自分の年でこの生活もどうなんだろなーと思ったりもしますが、大きなストレスもなく、楽しく働いています。

走る距離

その日どの辺を重点的に走るかにもよるのですが、少ないときは40km程度しか走らないこともあります。走る時は100km超えますので、大きなビルの中でのロス時間(?)がいかに大きいかよく分かりますよね…。

疲労対策

自分の場合、距離を乗らない日は逆に疲れます…。(別で体を動かしてる時間が多いから?)今週は風邪の後遺症もあってボロボロに疲れました。本業の仕事もあって、そう早く眠れないので一日の睡眠時間は5,6時間がいい所。

今までのロード経験を活かして、コンプレッションウェアを使ってみたり、マッサージ・ストレッチをまめにやったり工夫しています。

メッセンジャーの平均的な知識

皆が自転車に詳しいわけでもなく、スポーツ自転車を持たずに始める人もいます。

チェーンの掃除の仕方、パーツに対する知識、オイルの話など、人によって知識はマチマチです。その辺りの知識は今まで趣味でゆっくりと覚えてこれましたので良いアドバンテージなのですが、走りと合わせて、まだそれを生かせる段階にありません(笑)

2011-04-10

U字ロックホルダー・ミニコンパス他

f:id:redboot:20110410173029j:image

HEADS U lock holder

幡ヶ谷にあるBLUE LUGさんにお邪魔して購入してきました。こういったピスト系のお店に行くことがあるとは思いませんでしたが、いいセンスの小物やウェアがあって楽しかったです。

これはベルトに通してU字ロックを差して使用するもの。ポケットに突っ込んでおくのももちろん良いのですが、そのうちボロボロになってしまいそうなのでちょっと気になっていました。お値段も2940円と非常にお手頃。

多彩なカラーがあって迷いましたが、お店にあるのは一部だけ。割と地味なのを選んでしまったかな・・。

f:id:redboot:20110410200141j:image

こんな感じで使用します。

より抜き差ししやすくなるので、更なる仕事のスピードアップを狙います!

===========

風邪っぴきでしんどいっす。

先週に仕事以外で強いストレスを受けてしまったのと、慣れない仕事の疲れ、大きな気温差で身体がやられてしまったようです。土日でだいぶ復活しましたので、今夜も良く寝て明日からまた頑張る!

ついでに、昔使っていたミニコンパスとSIGMAサイコンも復活させました。

時々碁盤の目状になっている京橋・銀座・日本橋などで方角を見失うので、これで少しカバーです…。

2011-04-08

風強過ぎでメットがお亡くなりに・・。

今日は大変な強風。荒川ヒルクライムを頭に描きながら・・・とか言ってる場合じゃなくて、大手町のビル街は本当に吹っ飛ばされるかと思うくらいのひどいビル風でした。

今日は東京駅付近のグランタワーから。ここは鬼門で、エレベーターが中々来なかったり、手続きがやや煩雑だったりで厄介。それだけでなく、警備員が厳しいw

車道側に停めてくれと指示されたので、樹の根元に立てかけ。(地球ロックする場所がなかった)

20分近く掛かって帰ってきたら、見事自転車が倒れている!!そして、アゴヒモを止めておかなかったメットが車道で無残な姿に・・。風で車道のど真ん中に飛ばされていた。

ショックと急いでたので写真も取れず、回収もできずクラトーニとお別れでした。。。

===========

その後は小川町や神田、飯田橋方面を巡り、京橋を彷徨って、また丸の内方面。今日はそこそこ走った気がします。走りは今までの経験値がかなり役に立っているのですが、書類の扱いスピードや住所・ビル名からの場所の推測、道にも迷うし、まだまだダメすぎるところが多くて悪戦苦闘です。

2週目にしては良くやっていると、日替わりで変わったディスパッチャー(配車係)にも連続で言って頂けましたが、課題はものすごく多いです。半端にやれない性分なので、日々色々工夫しています。他社も含めて、メッセンジャーは路上で会ったら会釈で挨拶してくれたりするし、話しかければみんないい人で色々教えてくれたり、迷っていたら助けてくれたりして。

また、いい警備員さんや親切な受付・配送先の方に触れ合うと、凄く感謝の気持ちが芽生えます。昨日はミスを発見してくれた仲間に助けられたし、今日はわざわざ本部からメットを運んでもらったり。

お金とか未来とかそういう心配もあるけど、気持ちいいお仕事です。メッセンジャーの世界も、ここ10年で大きく変化したみたいな話もあるみたいですが、元々は興味もなかった世界なので余り関係ないかなと思います。ストリートな感じでなくて、あくまでスポーティーにローディーのイメージでメッセンジャーをやって行きたいなと、勝手にイメージしておりますw

機材

ピストは意外と少なく、始めたばかりの人はクロスバイクフラットロードも多いです。

LOOK555でも「十分にいい自転車乗ってるね〜」と言われるので、元の世界からすると感覚が狂います。(レースの世界は金額の桁が違いますよね・・)

なんとオルカを使っている猛者もいますが、盗まれる危険性がいつもあるのでちょっと怖いです。自分もサーベロを導入する気にはなれないな。LOOK丈夫だし。(今日も倒したし・・)105のシマノコンポも仕事には最適じゃないかと。

ポジションやハンドル(相変わらずJ-FIT)はバッチリなので、当分機材はこのままで!

2011-04-07

U字ロックの鍵はどこに付ける?+業務日記

f:id:redboot:20110407215114j:image

写真右のオレンジの、昔の電話のコードみたいな輪っかに鍵を取り付けて使っています。これを腕に通して持っておくわけです。

ポケットから取り出すのも時間のロス。人によって鍵の付け所はマチマチみたいですが、会社に売ってる位便利な手段です。

ちなみにその他の鍵は、まとめてバッグに入れてあります。

また、写真左は昔買ったチョークバッグ。(むかーし流行った時ありましたよね)

仕事用モバイル、領収印など良く使うものを入れてあります。ポケットに入れておいてもそう支障はないのですが、落とすと怖いので導入してみました。

==============

今日は神田・九段・秋葉原方面を重点に回してもらう。

番地は、原則的に皇居に近い方が若い番地になるのですが、この辺りその法則が当てはまらないようで、非常に覚えにくいっす。

走り慣れた皇居の東側を抜け、平川門や竹橋。錦町河岸のタリーズ前などを走れたのは感慨深かったです。九段下の交差点付近にある喫茶店でご飯。ゆったり座らせて頂き、何だかあったかくて凄く美味しいお店で癒されました。

20℃まで上がるというので、レギンスなしでパンツだけ、半袖ジャージにウォーマーで過ごしましたが、風が強くてハッキリ言って寒かったです…。

昨日の夜中に身体を冷やしてしまい風邪気味、強風と距離を乗れたせいもあって今日はやや疲れました。

2011-04-06

最初に必要になったモノたち

お仕事も2週目の半ばに入り、色々教えて頂きつつも元気に走りまわっております。何より、愛車と共に仕事が出来るというのは最高の喜びで、仕事独特のストレスは殆どありません。行き帰りの通勤+9時間半走っています。もちろん、通勤に関する設備はバッチリなのでストレスフルです。(何故か交通費も出ます)

さて、ローディ装備は揃ってるワタクシですが、そのまま使うわけにはいきません。

服装(上下)

上はウェアが支給されていますので問題なし。(但しアンダーウェアは自前です)

下は、ビブタイツというわけにいかないので、御用達のDickiesを1着購入。安く、丈夫で良いです。是非何着か揃えたいなと思う。

f:id:redboot:20110406201344j:image

メッセンジャークロップドパンツ…7部丈

(これはストレッチ性のある素材に変更され、尻の部分が二重になった自転車用モデル。)

このパンツの下に、現在のところはフルレングスのレギンスを着用。ウォーマー類も一応使ってみましたが、ずり下がってきたりするのでストレスになります。

キャップ

f:id:redboot:20110406201250j:image

髪が乱れたままお客様の前に行くわけにいかないので、キャップを着用する人が多いです。今まで買ってあったものに、ちょっと買い足してすっかりサイクルキャップはお気に入り。上2つはKNOG。投売りされてました。

ロック

初めはこんなワイヤーロックを使っていましたが…。

f:id:redboot:20110406203148j:image

巻きつける所にやや困り(メッセンジャーバッグに巻きつけると足に当たる)これは柔軟性があるのでフレームにぐるぐる巻きに出来たりしますが、時間がかかりすぎます。

そこで、これまた御用達のU字ロックを購入。1500円位で売ってます。

f:id:redboot:20110406201310j:image

これが、Dickiesの後ろポケットにぴったり収まり、意外とペダリングも妨げません。それに、ササッとロック・取り外しが出来ます。だいぶストレスがなくなりました。。やはり、皆が使っているモノはそれなりの理由があるようです。もっとも、鍵をかけないメッセンジャーも多いみたいですが…。



とにかく、ストレス(走行中も、降りてからも)無く、素早く駐輪して乗り降り出来る道具が必要ですね。慣れている人とか一瞬で走りだすのですが、一体どうやっているやら。。

2011-04-02

近況と新たなチャレンジ

とてもお久しぶりなブログ更新になります。

大地震以後、東京の様子も一変してしまいましたね。それ以前に僕は(いつもブログを見てくださっていた皆様、そして、自転車仲間の皆さんは御存知のとおり)、少々ローディーな生活から離れておりました。

仕事等で物理的な問題も合ったのですが、自転車生活が本来の自分の楽しみ方とズレてきたように思えていたから、というのもあります。

折しも大地震以降、ライブハウス業界は世の隅で大打撃を受けました。僕の仕事は自由な代わりに大して儲かってもいませんでしたが、やはり例外ではなく。(止めないですけどね。)

という2点を合わせて、新しいチャレンジをはじめておりました。

それは、”メッセンジャー”です。自転車は趣味でなく、ライフスタイル。という考え方。そして、金銭的な問題(笑)

後は、元々すごく興味があったということ。

実はとある会社にご縁があり、すでに先週から毎日お仕事をさせて頂いています。(早速地震の余波で開始が少し遅れたのですが)

もう32。年的にはすごく遅いメッセンジャーデビューだと思いますが、皆さんに揉んでもらって身につけた走行技術・走力と、自営業経験を活かして初心に戻って頑張っております。何より、会社全体が現場を大事に、そして、自分たちの仕事にプライドを持っているところがすごく良かった。得てして、仕事として毎日通勤含み10時間を自転車と共に過ごせて、今のところは慣れないながら毎日が幸福感でいっぱいです。今週は新橋や汐留、銀座といった辺りを駆け巡っておりました。


このブログも、もう5年目。僕がBD-1と出会って自転車に目覚め、感動し、仲間ができ、パーツを買い揃えて改造に目覚め、ついにロードへ。本格的にローディーらしい走りをするようになり、レースも経験しました。事故も経験し、2台目のロードも買いました。

これからは、自転車を職業で使う人間として、何を考え、何に悩み、また何を買ってみたか(笑)など、また違った視点でブログを続けていこうと思います。

すでに必要に迫られ、ロック・ウェアなど、ローディー時代とは違った買い物を始めておりましてそれをご紹介できるのが楽しみです。

もしも会社に勤めていらっしゃる方で、僕が来訪することがありましたらその際はどうぞよろしくお願いします。


しばらく、週末は本業仕事とプライベートでツーリング・練習会・レースには行けないと思います。この生活に慣れてきましたら、またご一緒して頂ければ嬉しいです。

今後とも宜しくお願い致します。

2011-03-20

LOOK555の復活

f:id:redboot:20110315153526j:image

ずーっと吊るしてあった前のフレームLOOK555ですが、必要に迫られて組みなおしてみました。

事故の際にエルゴパワー(ケンタウル)が壊れていたりするので、無事だったパーツ、主に使っていなかった古い105のコンポと、懐かしのRADIUSホイールで。

3日でちょっとずつ自分で組んでしまいました。完全にバラから組んだのは初めてですが、個別の作業はひと通り経験してきたのであっさり完成。実際は、これまたLOOKを買った時に付けていたSPDペダル(A-520だったかな・・)に変えて、ちょっと贅沢な街乗り仕様です。何に使うのかはまた追々・・。

ホイールが柔らかめなので、ちょっと加速はにぶい感じが否めないですが、フレームは今乗っても乗り易くて十分良いものですね。

ブログネタが無いくらい、何も買って無ければほとんど乗れていません。地震の仕事への影響もありましたが、ちょっと転換期です。Cerveloくんが可哀想ですが、こいつの出番が増えそうです。

2011-02-10

尾根幹練

9日の事。

2月始めからがっつり風邪を引いてしまってぐったりしていた。

寝込んでしまったのとか久しぶりかもしれない・・。

気管支をやられたらしくて、復帰はさらに遅れた。

尾根幹練 : 68.1km

寒々しく、雪の散った朝だったが、昼から晴れ間が刺してきた。時間は限られていたが、今年初になってしまった尾根幹へ。行きの甲州街道、すごく苦しいかと思ったが、思ったよりは酷くなかった。

サボったツケは確実にやってきているだろうが、持久力を除いたら思ったほどは衰えないものなのか?

楽に走ろうと思っていたが心拍的にはすぐ上がっちゃって難しい。連光寺もスキップして、淡々と尾根幹を走った。現状、タレないように走れるのはどれ位の出力なのかをPTで計りながら。

もはや60kmでぐったり、脚もそれなりの疲労。特に腕は慣れるまでしんどい・・。

また一日時間が空いたらちゃんとLSDから距離積み上げないとダメだなと思った。ツーリングに付いていけません、これじゃ・・。

2011-01-27

荒川ショート

f:id:redboot:20110127131214j:image

昼に帰宅してそのまま即座に出発。暖かく風も穏やかで気持ちよい冬の昼下がりだった。

荒川練 : 63.5km

急にハッと気が付いて、GarminでPTのキャリブレーションを行う。今までやっていなかった・・・。外を10分ほど走ってから実行するのが良いらしい。今回は荒川の手前で気づいて実行。今まで多少控えめにワットが表示されていた模様。逆じゃなくて良かった。

往路は20分メディオ、最後に0発進スプリント

メディオは、都合上今までよりも15W程高い目の出力が出た。(それでも全然低いけど)それにしてもパワーを出しながら回転数を上げるのってすごく難しい。今までと真逆で、重めのギアで85rpm程の方がパワーが出る。1週間丸々乗ってなかったので、心拍は175とLT心拍まで上がってしまう。。

スプリントはまるっきりダメ。

復路はメディオはやめて30分間のテンポ走。強度を落とす代わりに、90回転以上をキープ出来る回し方を研究しながら帰ってきた。

荒川を出る頃になると、やっと心拍数が落ち着いてきた。行きの一般道は、止まっても心拍がなかなか落ち着かなくて焦った。

がんから復帰して、前以上のパフォーマンスを発揮した人だっているのだ。半年のさぼり位、努力すればすぐ取り戻せるはず。だが、中々状況が許してくれないのだよな・・・。


follow redboot_bootleg at http://twitter.com