Hatena::ブログ(Diary)

TK独り言 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-18

キャンパス禁煙107校―立命館も全面禁煙へ 

asahi.com(朝日新聞社):喫煙の芽、摘み取れ キャンパス禁煙107校に

公共施設禁煙が進む中、大学でも敷地内を全面禁煙にする動きが広がっている。日本学校保健学会の調査によると、健康増進法が施行された2003年度の22カ所から来年度は107大学151カ所と7倍に増える見込み。受動喫煙を防ぐだけでなく、未成年の新入生からたばこを遠ざける狙いもあるようだ。

■不便だと吸わない?

 秋田大の手形キャンパス秋田市)は4月から、敷地内が全面禁煙になった。学生たちは休憩時間、校門を出て路上でたばこを吸う。

 ほかにも鳥取大が昨年10月、福島大が今年1月に踏み切り、広島修道大、日本女子大は来年4月からの全面禁煙を決めた。ほかに、岐阜大や宮崎大がすでに取り組んでいる。

 日本学校保健学会の「タバコのない学校」推進プロジェクトの調査によると、09年度に敷地内禁煙を実施したのは142カ所。今年度は4カ所増えて146カ所、来年度はさらに5カ所増えて151カ所になる見込み。医療看護系の大学や、学生数の少ない地方の国公立大学が中心だ。

 立命館大京都市)は13年4月に敷地内を全面禁煙にする。同大の学生は3万7千人。09年度の調査で、1年生の喫煙率は2%だが、4年生になると21%に跳ね上がることがわかった。広報課の川口隆一課長補佐は「喫煙者を増やさないのも大学の使命。今の1年生が4年生になる13年には喫煙する学生は大幅に減るはず」と期待する。

 敷地内だけでなく、大学周辺を喫煙禁止区域にした大学もある。東北文化学園大(仙台市)は08年、大学の周囲2〜3キロを禁煙区域とした。07年に敷地内を全面禁煙にしたところ、大学周辺の路上でたばこを吸う学生が増え、近隣住民から苦情が来たという。

 職員が1日数回見回り、たばこを吸っている学生に注意する。中には「違う大学です」ととぼける学生もいるが、とにかく声をかけるようにしているという。

■総合大は分煙が主流

 だが、総合大学の多くは、分煙が主流だ。約2万7千人の学生が通う早稲田大早稲田キャンパスでは10カ所の喫煙所を設置している。教授や職員が定期的に構内を巡回しているが、禁煙区域での喫煙はなかなか減らないという。「学生の数を考えると敷地内の全面禁煙は難しい。まずは分煙を徹底させたい」と話す。

 リクルートが発行する高等教育の専門誌「カレッジマネジメント」の小林浩編集長は「大学1〜2年生の多くは未成年。受動喫煙への問題意識が高まるにつれ、今後も全面禁煙にする大学は増えていくだろう。たばこを吸わせない環境を整えることは受験生や保護者へのイメージアップにもつながる」と話す。


百害あって一利なし

これが今タバコの置かれている立場だ。

嫌煙家はますます増加している。


タバコは400円時代に突入しようとしているし、

無煙たばこ「ゼロスタイル・ミント」 - TK独り言も発売された。

会社のオフィスビルも今や屋外で喫煙するタイプのところが多い。


昔は大人の階段の一歩としてタバコは憧れでもあった。

そう大学時代にタバコを吸い始める率は極めて高い。

だから吸わせない環境は喫煙率低下に一役買うのは間違いない。


ただ、大学構内だけクリーンで、校門を出たら火をつけるでは、周辺住民は納得しないだろう。

ましてや立命館規模の大学となれば尚更だ。

その辺の移行期はどのように対処するのだろうか。

やはり分煙化が現実的に思える。

津田敏秀津田敏秀 2010/06/06 13:52 建物内禁煙だけでは、受動喫煙は防止できません。そもそも、喫煙率は下がりにくいままです。「正常な使い方をしてはっきりと身体に害のある唯一の商品」(CDC長官)として学生に分かってもらうには、分煙では無理でしょう。
 キャンパス禁煙が現実的だと思います。

管理人管理人 2010/06/07 09:37 ご意見いただきありがとうございます。
ご指摘はもっともですが、キャンパス禁煙が地域住民に及ぼす影響(少なくとも移行期)を考えると、大学側だけ禁煙というのはいかがなものかと意見を記載しました。
また、喫煙するか否かは個人の判断です。
受動喫煙を防止するため分煙を徹底することを学生に分かってもらうことが、現実的ではないかと思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/reds-suppo/20100518/1274149262