えなと!

2012-09-07-Friday

夏の思い出2012〜静岡編〜

| 23:59 |

 何故静岡に行くのか。そこにさわやかがあるから

f:id:reinakira:20120830140252j:image

f:id:reinakira:20120830134037j:image

 相変わらず赤い!パンがおいしかった。

f:id:reinakira:20120830122127j:image

 空!雲!夏だ!

f:id:reinakira:20120830145117j:image

 まえだちょ!

 テンション高い風に書いてますが前日の雨に打たれたせいでめちゃくちゃ体調悪かったです。
 しか富士山を目指す!なぜか?そこに富士山スカイラインがあるから

f:id:reinakira:20120830153506j:image

 霧すっごい。

f:id:reinakira:20120830155753j:image

 五合目に到着。ロン、2400。

f:id:reinakira:20120830155937j:image

 五合目から景色
 白い。灰色寒い頭痛い。帰りたい。

 頭痛有頂天に達したので下山中寝る。旅行なのに寝る。

 三島ホテルチェックインし、痛い頭を抑えながら散策。

f:id:reinakira:20120830191842j:image

f:id:reinakira:20120830192109j:image

f:id:reinakira:20120830193009j:image

f:id:reinakira:20120830193101j:image

 頭痛くなかったら寂れてるような寂れてないような面白そうな雰囲気は醸し出している街だなと思うも頭痛すぎて薬局へ。

f:id:reinakira:20120830193145j:image

f:id:reinakira:20120830193852j:image

 居酒屋唐揚げを胃に押し込みナロンエースを飲みとっとと一人部屋に帰り寝る。

 寝て起きてちょっと体調を戻すも心なしか具合悪い。
 最早完全に病状日記

 そして次の日。
 起きる!
 結構回復!

f:id:reinakira:20120831095759j:image

 天鳳…うっ頭が。

 今日はビャクシン樹林を見に行く。何故か。他に何もないから

f:id:reinakira:20120831111857j:image

f:id:reinakira:20120831113115j:image

 あーおもしろかった。おもしろかったなあ。おもしろかったぞビャクシン。

f:id:reinakira:20120831131555j:image

f:id:reinakira:20120831131620j:image

f:id:reinakira:20120831132054j:image

 びゅうお
 沼津旅行に行くとなって最初に決まった目的地。
 それがびゅうお

 一体なんなのかこの建物は。
 びゅうお

f:id:reinakira:20120831132400j:image

 びゅうおから望む富士山
 今回は終始こんな富士山富士山に登ったにもかかわらず富士山を見ることはありませんでした。

f:id:reinakira:20120831142059j:image

 びゅうお近くの漁港的なポイント昼ごはん
 美味しそうなエビフライ
 頭痛かったので一本残してグレゴール・ヨハン・メンデル君にあげました。
 頭痛いのに油物を注文してはいけない。

f:id:reinakira:20120831160258j:image

 そして今回の旅行のメインイベント
 野球、という名のキャッチボール
 このためにわざわざ大阪からグローブを持って来ました。

f:id:reinakira:20120831162359j:image

 木々の生い茂る公園キャッチボール
 めちゃくちゃ楽しかったですがめちゃくちゃ疲れました。
 しかしめちゃくちゃ楽しかったのでまたやりたいです。
 野球したい。

f:id:reinakira:20120831175924j:image

 おわり。
 夏のおわり。

2012-09-04-Tuesday

夏の思い出2012〜自転車編〜

| 22:46 |

 細かい理由は置いといて山口まで行って来ました。
 最大の目的地は角島大橋
 一緒に行った友人のたっての希望で、角島大橋に行きたがるなんてどうせ2ちゃんかなんかのまとめサイトで見たんだろうなと思ったら全くその通りでした。

 新山口駅からスタート。

f:id:reinakira:20120828114050j:image

 どうせなら秋吉台も通ろうと思っていたところに山口秋吉台公園自転車道という非常に都合のいい道を見つける。

f:id:reinakira:20120828130222j:image

 じわじわと登ってカルスト台地
 思ってたより気持ちいい!

f:id:reinakira:20120828130758j:image

 周りに木の無い坂道外国山道走ってるみたいで面白かったです。

 あとはだらだらと走って旅館に到着。楊貴館。

f:id:reinakira:20120828164016j:image

 角島周辺の旅館が空いてなかったり開いてなかったので少し手前の旅館
 疲れたし雨も降ってきたのでちょうど良かった。

 館内綺麗だし温泉景色が良くてなかなか良い所でした。

f:id:reinakira:20120904221727j:image

 1日目77.98km。

 寝る。

f:id:reinakira:20120829065317j:image

 台風の影響で前日の天気予報では雨だったけど晴れる。

 そして角島大橋到着。

f:id:reinakira:20120829101509j:image

f:id:reinakira:20120829102839j:image

f:id:reinakira:20120829113040j:image

 どこで何撮っても2ちゃんのまとめで見たことあるような写真になってしまう!駄目だここは!

f:id:reinakira:20120829103730j:image

 橋を見るのがメインであって橋渡っても何も面白く無いだろうと思ってたけど結構気持ちよかったです。

f:id:reinakira:20120904215833j:image

 橋を登り島に渡っても登る。

 島一周して去る。
 また来たい。次は車とかで来たい。

f:id:reinakira:20120829154027j:image

 下関まで特に難所もなく関門海峡到着。
 渡る。潜る。

f:id:reinakira:20120829155338j:image

 トンネルの壁。
 触ったらどうなるというのだ。
 怖い。

f:id:reinakira:20120829154352j:image

f:id:reinakira:20120829154910j:image

 トンネルTOPPAして福岡へ。

 小倉を目指してラストスパートだけど途中で大雨に見舞われる。

f:id:reinakira:20120829163425j:image

 結構な量の雨だけどゴールも近いし仕方なく5km程全力で回してゴール。

f:id:reinakira:20120829173250j:image

 アレを失くす。(おそらく10月1日筑波山以来2回目)

f:id:reinakira:20120904221728j:image

 2日目93.60km。
 合計171.58km。

 雨に打たれたせいかこの後思いっきり体調を崩しました。

 おわり。

2012-05-19-Saturday

六甲のおいしい山

| 22:59 |

 サイクルジャージやレーパンなど自転車用品が続々と見つかったのでテンション上がって六甲山へ。
 逆瀬川駅から登って行くのがメジャーらしい。


f:id:reinakira:20120519125410j:image
 スタート地点の踏切
 ヤビツは序盤緩やかで下りもあったりするけどいきなり登り続ける。
 しばらく住宅地信号多め。車も多め。

f:id:reinakira:20120519134826j:image
 当たり前だけど自動車が走るために整備された道路自転車の走行は考えられてない感じ。
 エンジン積んでたら12%も登れるよね?といったマジキチ標識
 登れません。押します

 4.6km地点と早々のリタイアドリンクの残りも少ないしもう帰っちゃってもいいんだけど残り7kmくらいだしなんとかなるんじゃなかろうか、もっと緩い坂になるんじゃなかろうかと信じ続けて乗ったり降りたり頑張る。

f:id:reinakira:20120519142619j:image
 それ以降edge500の表示はずっとこんな感じで俺に隙を見せない。
 斜面壁なんですけど。

 最後トンネルを抜けると人がわらわらといるところがありゴール。
 1:50:12
 やったね2時間切り。

f:id:reinakira:20120519145844j:image
 一軒茶屋できつねうどん
 関西は味が薄いって言うけど確かに薄いかも。
 でも東京はなまるうどん以外のうどんを食べたことがないから違いが分からない。

 自販機で売ってる水は六甲のおいしい水…ではなく富士山バナジウム天然水。

 さら登山者用に最高峰への道300mがあったけど流石に自転車で行く気力も押して登る気力も無いので今回はスルー
 またいつか。もう二度と登りたくないくらい疲れたけど。

 帰りのダウンヒルは地面の凹凸で上下ガッツガッツン揺れてブレーキから指を離しそうになり怖い。
 寒い
 途中いつの間にか道を間違える。

 というわけで疲れました。
 ヤビツより「ちょっと」斜度大きいだけでこんなにきつい事になるとは。と思い帰って調べ直す。

ヤビツ

距離11.7km、標高差659m、平均勾配5.6%

六甲山逆瀬川ルート

距離11.4km、標高差828m、平均斜度7.3%

 「ちょっと」じゃねええええええ。