ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

神々の風景 - religious scene このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-08

[]自由の女神像 (吉祥寺・ホテルニューヨーク)

1f8b32a0.JPG 一昔前、今から十数年前くらいだろうか、中央線に乗って吉祥寺から新宿方向へ走る列車の進行方向左側には、ある名物の彫刻が見えていた。吉祥寺、自由の女神像である。これはホテルニューヨークというラブホテルの屋上に設置されたものであり、白い大きなもの。大きさは数メートルほどあるのではなかろうか。 


 今はホテルの目の前に大きなビルが建設されてちょうど女神像を隠すようにそびえ立っているので全く見えない。逆にビルのテナントの人たちにとってみれば、気持ちが悪いほど目の前に迫ってくるのであろうが、付近の人間からすると近づいて顔を上に上げないと気がつかない。


 私は詳しく知らないが、こういうラブホテルというものは85年の風営法改正で新規に建てて営業できなくなったらしい。だから、ブティックホテルとか何とか変わった名前にしているようである。


 かつてこのホテルニューヨークの自由の女神像がでかでかと目だっていた頃のこのあたりは、「近鉄裏」といわれて完全に風俗街であった。青少年は近づいてはいけないエリア。風紀は決して良いものではなかったが、しかし、今、このあたりは劇的な変貌を遂げ、吉祥寺あさひ病院や吉祥寺シアター、ラーメン屋、しゃれたデザイナーズマンション、回転寿司、カフェ、焼肉屋、コンビニ、古着屋など全くちゃんぽん状態。わずかに混じるパブ、スナックなどがかつての様子をかすかに伺わせる。


 ホテルニューヨークは施設の老朽化がかなり激しい。私の予想では、この自由の女神像もあと数年で消え去るような気がする。 

 

 ホテルニューヨーク

 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31

 0422-21-1536

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/religious/20060808/1154974052