Hatena::ブログ(Diary)

remcat: 研究資料集 RSSフィード Twitter

2016-05-28 高校保健副教材「健康な生活を送るために」国会質疑

「妊娠のしやすさ」改竄グラフ作成者は吉村泰典氏であることを内閣府が確認

5月25日(水) 参議院行政監視委員会で、高校保健副教材「健康な生活を送るために」(2015年版) についての質疑がありました。委員会の動画は http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?sid=3704&type=recorded でみられます (委員会開始後38分20秒あたりから)。質問者は神本美恵子委員(民進党)。副教材全体の改訂のいきさつのほか、38ページの「子供はどのような存在か」のグラフと、40ページの「女性の妊娠のしやすさの年齢による変化」のグラフを取り上げています。

38ページの「子供はどのような存在か」のグラフについては、まだちゃんとまとめていません。概要と問題点は https://twitter.com/twremcat/status/647607430730268672 前後のツイートをごらんください。

40ページの「女性の妊娠のしやすさの年齢による変化」のグラフに関しては、重要な点はつぎの3つと思います。

作成者は吉村泰典氏

これまで、「女性の妊娠のしやすさの年齢による変化」グラフを提供したのが吉村泰典内閣官房参与 (慶應義塾大学名誉教授、元日本産科婦人科学会理事長) であったことは、有村内閣府特命担当大臣 (当時) 2015年10月2日の記者会見 などであきらかになっていました。しかし、誰がこのグラフをつくったのかは、政府側の見解としては示されていませんでした。今回の質疑では、内閣府からの回答として、当該グラフの作成者は吉村泰典氏であることを確認している、と明言されました。

グラフの元データは「正しい」ほうのグラフなのか、という質問に対しては、吉村氏がグラフをどのような経緯でどの時点でどのようにして作成したかは把握していないとの回答。質問者 (神本議員) からは、もし元のグラフを正確に写そうとして作ったグラフならこんなラインには絶対にならないだろう、という主旨のコメント。

文部科学大臣の評価

馳浩文部科学大臣からは、この教材について、早く産んだほうがいいという印象をあたえることはまちがいないと思う、という旨の答弁

厚生労働省の動画サイトについて

副教材40ページの「妊娠のしやすさと年齢」グラフの訂正前とおなじものが厚生労働省の動画サイトで使われている問題 (現在は視聴不可。http://d.hatena.ne.jp/remcat/20160331/falsified 追記部分のほか、http://d.hatena.ne.jp/remcat/20160528/mhlw の書き起こしを参照) についても質問あり。厚生労働省からは、今後、閲覧者が必ず見る冒頭のページに「正しい」グラフを掲載して訂正の説明を加える、との回答。

なぜまだ訂正していないのかという重ねての質問に対しては、誤ったグラフが使用されていたことの把握に至っていなかったとの答弁 (おい)。質問者 (神本議員) から、誤ったグラフが政府の他のウェブサイトや広報資料で広く使われているのではないか、調査が必要との指摘。

雑感

この質疑で、政府側見解をいろいろ確認できたのはよかったと思います。ただ、質問者が「正しいグラフ」と言っちゃっているのはどうか。「訂正」後のグラフもおかしいのであり、本来、こういう形で参照すべき研究ではないので。→http://d.hatena.ne.jp/remcat/20160331/pr

特に、厚生労働省が動画に入れると回答した訂正文がどうなるのか。つぎのようなものであればまあいいと思うのですが。

6分30秒からの「妊娠の適齢期」セクションに出てくるグラフは、改ざんされていることに加え、そもそもデータ操作がおかしい研究結果だという批判を受けているものです。ビデオ中では講師の吉村泰典氏が具体的な数値をあげながら女性の「妊娠の適齢期」について説明していますが、この部分は信用しないでください。

あとは、当該部分にさしかかったところでも、画面に同様の字幕表示を出すべきですね。

[2017-09-23 追記]

  • リンク切れになっていたURLを修正

厚生労働省 動画「妊娠と不妊について」書き起こし (一部)

5月25日の国会質疑 のせいか、Youtube 上の厚生労働省動画サイト MHLWChannel にあった「妊娠と不妊について」の動画が閲覧不能になっている。どんな内容だったのかを紹介するために、全体の構成と問題部分の書き起こしを掲載しておきたい。

f:id:remcat:20160528203037p:image

URL
https://www.youtube.com/watch?v=mgW51MUELqI
作成者
厚生労働省
表題
妊娠と不妊について
日付
2014-03-05
再生時間
12分5秒

登場人物は2人:

  • 松本 亜樹子 (NPO法人 Fine 理事長)
  • 吉村 泰典 (慶応義塾大学 教授)

f:id:remcat:20160528203036p:image

動画の内容は、基本的に、松本さんが質問し、それに吉村さんが答えるかたちで進んでいく。

目次

  • 妊娠のしくみ (0'34)
  • 不妊の原因 (1'18)
  • 不妊症の検査 (2'20)
  • 少子化の問題点 (4'10)
  • 高齢者の妊娠・出産の問題点 (5'30)
  • 妊娠の適齢期 (6'39)
  • 妊娠する能力の低下の原因 (7'19)
  • 不妊治療による妊娠の可能性 (8'36)
  • 不妊治療の助成制度の変更点 (9'44)

「女性の年齢と妊孕力」グラフ使用箇所の書き起こし


この動画では、22歳をピークとして、加齢とともに直線的に妊孕力が低下するよう改竄されたグラフ が登場する。このグラフの解釈にかかわる部分 (6分40秒から7分40秒くらい) について書き起こしたのが以下。

f:id:remcat:20160528203035p:image

見出し
妊娠の適齢期 (6'39)
松本亜樹子
先生、そうすると、いくつぐらいが女性の妊娠の適齢期といえるんでしょうか。
吉村泰典
〔「女性の年齢と妊孕力」のグラフを指しながら〕このフィリップに、女性の年齢と妊娠する能力、というのがかいてあります。女性が妊娠する能力を妊孕力と申しますが、22歳をこの妊孕力を1といたしますと、年齢とともに妊孕力は下がり、ま、35歳前後になりますと40%前後、40歳になりますと20%前後まで低下いたします。

f:id:remcat:20160417210518p:image

見出し
妊娠する能力の低下の原因 (7'19)

f:id:remcat:20160528203034p:image

松本亜樹子
先生、妊娠する能力は、なぜ低下してしまうんでしょうか。
吉村泰典
それは、卵子の数の減少と、一個一個の卵子のクオリティの低下が非常におおきな原因となってくると思います。ここに、卵子の数の変化をこのフィリップにしめしておりますが、〔以下省略〕

f:id:remcat:20160528203033p:image

参考資料