Hatena::ブログ(Diary)

remcat: 研究資料集 RSSフィード Twitter

2018-03-21 連続勉強会:「国難」のなかのわたしたちのからだ

書き換えられる女のからだ――またも改ざん? 「女性の年齢と卵子の数の変化」グラフとその言説の検証 (4/1 東京)

次から次へと繰り出される人口増加政策キャンペーン、とても見過ごせません。2年後には少子化社会対策大綱の見直しが行われる予定です。

そこで「少子化対策」にかかわる情報を検討、吟味していく勉強会を始めました。

<連続勉強会:「国難」のなかのわたしたちのからだ> 第1回:書き換えられる女のからだ――またも改ざん? 「女性の年齢と卵子の数の変化」グラフとその言説の検証

「妊娠しやすさは22歳がピーク」グラフのウソが暴かれた……と思いきや、政府・自治体・専門家により「女性の年齢と卵子の数の変化」というおかしなグラフが拡散されています。その隣には「卵子数の減少が妊娠しにくくなる原因」といった怪しい説や、「妊娠適齢期をふまえた」ライフプラン設計の奨めも…。

「22歳ピーク」グラフもそうですが、これは出典どおりのグラフに差し替えればOK、という単純な話ではありません。少子化対策が「結婚支援」を掲げて人口増加政策であることを自ら明らかにしたいま、国家権力はまことしやかに「医学・科学」を騙って、優しい顔つきでわたしたちのからだ、性、生き方に介入してきています。一緒に考えませんか。

日時
2018年4月1日(日)14:00−16:30(開場13:30)
会場
渋谷男女平等・ダイバーシティセンター・アイリス第1・第2会議室 (渋谷駅西口徒歩5分 渋谷区文化総合センター大和田8F http://www.shibu-cul.jp/)
参加費
500円(学生・非正規雇用の方などは300円)
申込み
準備の都合上、なるべく下記へお申込みをお願いします。(先着40名)

プログラム

司会: 柘植あづみ(明治学院大学教員)

報告1
「巧妙になった新・高校保健副教材」西山千恵子(大学非常勤講師)
報告2
「少子化をめぐる政策のその後の動きについて」皆川満寿美(中央学院大学教員)
報告3
「ライフプラン冊子には何が書いてあるのか」田中重人(東北大学教員)
報告4
「卵子数グラフの怪!――女性の人生は「卵」の数にあらず!」高橋さきの(翻訳者、お茶の水女子大学非常勤講師)

主催者・連絡先等

高校保健・副教材の使用中止・回収を求める会
申込み・問合せ先: stopkyouzai* gmail.com (* を @ に変更してお送りください)

協力:女政のえん

ポスター

f:id:remcat:20180321203449p:image
ポスターPDF: http://tsigeto.info/misconduct/poster20180401.pdf