Hatena::ブログ(Diary)

あのねちょう

2017-12-08

すぐ週末終わっちゃーう

なんやかんやでこんな時期になっておりました。一言で言うならばもう疲れて疲れて疲れてました。まだ完全には終わってないんだなこれが。もうね………思い返してみても特に良いことない。はぁ……ってかんじですわ。

癒しはキスマイバンプとその他もろもろですわ。

備忘録をしたいと思いつつも何も残せてませんね。

年も明けてしまう。前に、ゆっくり書いてゆきましょうね。今年中にやり残したことありそうでやだなー。



まずは備忘録として2017年に観た映画です。

毎年コナンしか観ていない人生だった気がするのですが、意外と観ていました。

▶︎君と100回目の恋

▶︎彼らが本気で編むときは、

▶︎劇場版 名探偵コナン

▶︎劇場版 銀魂

▶︎打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

▶︎君の膵臓をたべたい

▶︎ミックス。

▶︎先生!、、、好きになってもいいですか?

来年のコナンのタイトルや詳細も発表されましたね。赤井さんは出てくれるのでしょうか?メインテーマのアレンジも楽しみ〜。

2017-10-07

自分で選んできたのに

今日も今日とて夜更かししてしまいます。

どうしても現段階の自分にとって何が正解で何が違うかったのかということばかり考えてしまいます。ダメですね。毎日がおセンチな夜です。

おたく的な出来事で言うと何も問題ないんよね。むしろ充実していてうれしい。

でもやっぱり、おたく的な楽しみは普段の日常生活をそれなりに頑張るための糧でもあり、頑張ったご褒美でもあると思っているので、日常生活が苦痛であるとおたく活動も心の底からはしゃげる余裕すらなくなるんですよね。おたく活動するのも体力と精神力がこんなにも必要なのですね。なんとなくはわかってたけど。好きなもの・楽しいものを心から楽しむことのできない自分を自覚しちゃうと辛いですからね。

別に今だけが特別大変な訳でなくて、毎年大変ではあることには違いないんですが、忙しさを上回る充実感とか、一緒に頑張れる仲間とか人間関係の良さとか本当に恵まれてたんですね。それに、自分で良いなと思って選んで今の環境にいる訳ですから、向上心なり積極性は元々あるけど、自分ひとりで突っ走るものではないので。

本当に今年度は常に孤独を感じながら作業する毎日です。一緒に頑張る仲間とか頼もしい先輩だっているし、ふとしたことが微笑ましかったり、全然関係ない話で盛り上がったり、ただご飯を食べに行くだけで気持ちが救われることもあります。

それでも、優先順位みたいなものが人それぞれで変わってきていて、共通の目標に向き合ったとき、温度差を感じるんです。悪気がないのもわかる。将来を見据えて色々と考え始めたいのもわかる。

わかる。んですけど、そういう人たちは○○と両立しながらこっちも頑張ってて偉いねとか言われることもある世界です。

役職とか立場とかそういった背景を踏まえても、私は他のことは犠牲にしてでもなんとかやり切らないといけない作業を抱えているので、あんまり気は緩められません。何なら、大変さも受け止めながらこの役職を全うしてやんよ!って覚悟も自覚もずっとありました。

自分で選んで、多少は評価だってされていて、その上やりたいことをやれている。十分なんです。見返りや賞賛を求めているのではない。立場上無い物ねだりなことを言われたり思ったりするけど、それも背負ってやり切ろうと思ってた。

今までの、色々大変だったけどやってきて良かったなと最後に心から思えたことが自信に繋がれたので。

でも今は、楽しさとか一切なくて早く終わらねーかなーって感情しか生まれてこないんですね。

プレッシャーもあるし、周りからはハードル高く要求される中、自分なりに適切なやり方で頑張ってきたつもりだった。

傷の舐め合いがしたい訳ではないけど、おんなじ立場・境遇の人と愚痴を言い合いながら飲んで、でもまた明日から一緒に頑張るかと思える直属の下の子も欲しかった。

1人しかいない直属の下の子は正直ポカミスしか起こさないので予想外の出来事に追われてフォローをするしかない日々。

でも他の人はみんな楽しそうに見えるし、それだけやること多く任されて羨ましいとか言われたり、普段は別のことに優先順位を置いてる人がたまに何かの作業をしただけで大きく賞賛される日々。

毎日マジメに頑張っている私って何なんだろうか?とか思う訳です。

2017-08-31

なーつのおーわりー

もう8月も終わりですって。気付いたら年が明けてしまいそうですね。

あいもかわらずこの2ヶ月強にもいろんなことがありました。多分いっぱい忘れてることもありそうだけど。悲しいかな体調が常に優れないんだけど、キスマイのおかげで元気だよ。

2017-06-11

ミュ〜コロ

キスマイちゃんのアルバム「MUSIC COLOSSEUM」ことミュ〜コロ。

発売から1ヶ月以上も経ってしまいましたがやっと聴いてます。

予約はしてたので発売日には手元にある訳で、いつだって聴けるんだけど、何せキャパオーバー気味で心から楽しんで聴けるような余裕があまりになくて。おたくとしてもこんな辛いことはないです。好きなものに触れてこそ、元気とかやる気をもらえるのには違いないのに、わくわくした気持ちでCDを開けてパソコンに取り込んでウォークマンにも入れて…。その行動すらする気力もないなんて。でもね、禁断症状じゃないけど、キスマイのアルバム聴いてないからこのダメ〜な暗い感じを打破できてないんじゃないか?!と思って聴きました。やっぱり安心安定のキスマイちゃんのアルバムでした。何で発売日に聴かなかったんだろ。疲れたときこそキスマイだわ。そして何よりも玉森くんのソロ曲を聴いて感極まって泣いてしまった。素晴らしい曲をありがとう。もちろん他の曲も良い曲ばっかり。

そんな感じでまったりミュ〜コロの感想です。特典はまだ見れてないよー。部屋のTVが壊れて早1年。リビングで見ますね。

毎回購買意欲が唆られて、メンバーのことはもちろんファンのことも気にかけてくれ、こまめに更新されているエイベックスブログも、プロモ活動の雑誌やらテレビ番組も全くチェックできてないので、あまり事前知識もなくこのアルバムに触れてみましたが、最高です。

前作「I SCREAM」はカラフルでポップで、それでいてアイドルのアルバム!スクリ〜マ〜ズも可愛いし、夏も感じられるようなキラキラワクワクが詰まったアルバムでした。

このアルバムを提げたツアーが私自身が初めて経験したキスマイのライブだったこともあって、ついつい比較しちゃいそうでやだな〜と思ってました。し、前々作ではコンビ曲が収録、前作では全員のソロ曲が収録されましたので、今回はどんな取り組みがあるのかワクワクしていました。が、今回はフロント3人の各ソロ曲が収録との情報を見たときには正直のところ「逆行しとるやんけ〜」と思いました。せっかくシングルのシャララ〜でも新しいユニット曲も増えたのにさ。

ましてソロ曲がない4人=舞祭組の新曲もない、新曲の「道しるべ」も収録されてないとなるとその在り方には少し凹んだのですが、舞祭組に関してはアルバム発売をいつか信じて待ちます。待ってるからねニカちゃん。

収録順に聴いて、とにかく聴けば聴くほどスルメアルバムに変化していくアルバムだなぁと個人的には感じております。

確かに「I SCREAM」は完成度が高く、とても良いアルバムだ。ライブも良かった。楽しかった。でもそんなところで満足してちゃダメなんですね。「I SCREAM」は素敵な作品だ。これまでのアルバムだって全てがベストオブベストだ。しかし「MUSIC COLOSSEUM」だってめちゃくちゃ良い。

キスマイには常に良いものを目指し、限界や頂点を更新し続けてほしいですね。実際、その都度に新しいことにも挑戦しているし、何より飽きが来ない。

CDデビュー5周年を無事に迎え、6周年目を過ごすキスマイにはいつまで経ってもハングリー精神に溢れていてほしい。そんなキスマイが好きです。

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤A)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤A)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)

MUSIC COLOSSEUM (通常盤)

MUSIC COLOSSEUM (通常盤)

・Overture 〜Music Colosseum〜

いつもは外国人が英語で何か言ってるインスト曲。ですが、今回は歌詞有りですよ。イ、イカすやんけ〜〜!

後半めちゃくちゃ色気たっぷりにジャスファ〜〜↑↑↑↑↑イ〜↑↑って歌ってるのは誰でしょうか。北山くん?ですよね。ここで毎回シビれてます。本当に最高でございます。

「Overture 〜Music Colosseum〜」からの「EXPLODE」の無駄のない流れにはドキドキする。

・EXPLODE

戦闘力7940000を誇る本アルバムのリード曲。WILD & STRONGってチューハイにありそう。炎属性。とにかく強い。

「FIRE BEAT」(炎属性)を父に持ち、

「Tonight」(夜属性)は生き別れた双子の弟。

ライブではどんな演出が見られるんでしょうか。特効映えしそうだなー。

・VersuS

直訳すると、兄組vs弟組のバトルソング。ありそうでなかった歌割り。

横尾さんの声もよく聴こえます。

兄組と弟組で別れて花一匁的な感じで歌うキスマイちゃんのMVが見たいです。

・いいね!

英語タイトルが多い中、シンプルかつ短いタイトルでより際立つこの曲。いいね!

イントロから多幸感に溢れてテンションが上がります。

系統的には「アゲてくぜ!」「ドキドキでYEEEAAAHHH!!」とおんなじ。

C&Rもあるのでライブでは非常に盛り上がりそうでいいね!

基本的に歌詞カードは見ずにただひたすら曲を聴きまくるのですが、ニカちゃんが歌う「ぷちょへんざ〜」のところ、「ぷちょへんざ」ってよく歌詞に出現しがちなあの「ぷちょへんざ」で合っているのか不安になり、確認したらきちんと平仮名表記の「ぷちょへんざ」でした。こう書くとただの知能の低さを晒しているだけで伝わらないので、とりあえず「いいね!」を聴いてその意味を納得して下さい。

こんなにも作詞家が平仮名表記した意味を汲み取って平仮名表記のまんま歌える人っている?二階堂高嗣、只者じゃないですよ……。

というかね、この曲はね、「ぷちょへんざ」に限らずニカちゃんの存在感が強いです。

ウホウホゴリラってる二階堂高嗣も、イイ声で笑う二階堂高嗣も、ラップになるとより輝く二階堂高嗣もいいね!

そして千ちゃんのめちゃくちゃ(×100)イイ声のビブラートも忘れてはいけません。

「いいね〜〜〜〜〜〜いいね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」とあまりにも気持ち良さそうに歌っているので、そんな千ちゃんを養いたくなります。意味が分からないと思うし、自分でもよく分からないけど……そういうことです。

・レッツゴー‼︎

「いいね!」からの「レッツゴー‼︎」。

なんて前向きな言葉たちなんだろう。

さっきまでのバトルファイ!!!な空気は何処へ行ったのかというくらい平和。

全然意識してなかったけれど、ちゃんとタイアップLEGOにかけて、レッツゴーの発音もレ(ッツ)ゴーと歌ってるのが凄い。

優しい雨

この曲を聴いた人はみんな北山宏光の元カノになれる。

今年のライブでも歌ってくれたりするんでしょうか?セトリは見たけどあんま覚えてません。

「今ナニヲ想ウノ」も去年のライブで聴いたときに、思わず泣きそうになってしまったのを思い出しました。

チャラさにも定評があって、オラオラしてるのもカッコいい兄ちゃんに、打って変わってしっぽりラブソングを歌われたらそりゃ北山担でなくとも全人類皆落ちるっしょ。それこそ「みっくん絞め殺して♡」ですわ。

・One Kiss

オシャンティーな大人な恋愛ソング。お酒を飲みながら一緒にいかがでしょうか。人のいない暮れるビーチブレイクで聴こう。

こういうのも似合うくらい、キスマイちゃんもすっかりアラサーなんだよなぁ。

・Camellia

隠れた名曲と言っていい。玉森くんのソロ曲の中で1番好きです。実際、隠れている訳ではないんだけど、何せ通常盤のみ収録というのはあまりにもったいない。

日々を頑張っているすべての人へ向けられた優しい曲。

応援歌なんだけど、しつこくないし、恩着せがましいこともなく、玉森くんの声と歌い方がさわやかで自然体でとても聴き心地の良い曲です。

少し肌寒い帰り道に歩きながら聴いているとほろりときます。ふとしたときに孤独感を味わってしまうときがあると思うんですが、そういうおセンチな心情の琴線にさりげなく触れるような曲です。

最後は「胸を張れ」と、応援してくれていた玉森くんは一歩下がって見てる感じというか、軽く突き放すような感じもいいですよね。ドライな中にある優しさというか。上手く言えないのですが、本当に玉森くんにぴったりだなぁと思っていますし、27歳の玉森裕太だからこそ歌えた曲なのかなぁとも思えます。きっと、20歳とか21歳の玉森裕太が歌っていてもここまで響かなかったと言える。

いつかこの曲のMVを作りたいです。公式でも作ってほしいし、玉森くん自らプロデュースしたものや他のメンバーがプロデュースしたもの、ファンがプロデュースしたもの、何でも見てみたいです。絶対にどれも良いものになると確信できます。

私も含め、勝手ながらこの曲を聴いた人全員に小さな幸せが訪れることを祈っています。そんな素敵な曲です。ありがとう。

Baby Love

Bメロからのハイホーハイホーがたまらなく好きっ。通常盤にしか収録されてないから通常盤も皆買おうね。

あとは舞祭組ちゃんのパート後から最後サビまでの間奏に90年代のJ-POPみをなんだか感じて懐かしくなりました。

・キスしちゃうぞ

好き。好きすぎる………。好きです。

メンバー全員にセリフ付き、拍手もある、メンバー1人ずつのナナナンナナ〜もある。ライブで盛り上がる可愛い可愛いコミックチューンってアイドルおたくの大好物なんですよ。

冒頭の「君のハートを頂きます!」って玉森くんなんですね。気付きませんでした。めちゃくちゃイイ声ですね。みやっちかと思いました。声の雰囲気は似てるし、何よりもみやっちはアイドルアイドルしたセリフが本当に似合うんだもん。マジで王子様だわ。

「どんな夜にしようか♡」に

北山くん(夢オチエンド)、

「Chu♡で起こしちゃおうか」に

玉森くん(こちらも夢オチエンド)、

という歌割りパートを考えた人は神。

朝と夜の違いをよく理解している。この曲のプロデューサー誰ですか?みやっちだよね?誰がプロデュースしていてもこれは言える。神。

北山くんが「今夜は寝かさないぞ」なんて歌うとシャレにならないので、そのセリフは横尾さんが可愛い声で歌っているのですがそれがまた良きです。アラサー最高!!!

そして最後に北山さんの「キスしちゃうぞ」ってあるじゃないですか。

あれ絶対キスした後に言ってそう選手権優勝ですよね。

この人は「Kiss魂」の「キッスだま(しい)」で85億人の女を落とした前科があるので、キスしちゃうぞじゃねーよ💢💢💢またファンを殺す気か💢と思いました。好きです。北山パイセン。

Life is Beautiful 〜大切なあなたへ〜

今作は英語タイトル曲が多くて英語が苦手な身からすると、タイトルが読めない意味わかんないタイトル覚えらんないの三重苦でキツイんですが、そんな中この「Life is Beautiful 〜大切なあなたへ〜」の優しさ。

これなら中1レベルの英語力でもすぐに理解できます。

タイトルだけ見るとちょいダサ!なのですが、ピアノの音色とガーヤの歌声がよくマッチしています。

ライブでは千ちゃんもピアノ弾こうよ。

・Bang! Bang! BURN!

「キスしちゃうぞ」→「君のいる世界」(通常盤であればさらにガヤのソロ曲有り)で油断をさせといて、アルバム後半も“攻め”の姿勢を隠さない!その姿勢が好きです。

サビにカ◯ゥーンみを感じますし、何かのアニメのED曲に合いそうです。

同じくアニメのED曲に合いそうなキスマイ楽曲No.1に「Never End LOVE」を挙げますが、めちゃくちゃカッコいいのにタイアップもない上にライブでも披露される機会が未だにないのは本当にもったいない〜くやしい〜〜と思ってます。

・r.a.c.e

まだまだ攻めまっせ〜〜。

・Dream on



新曲の「PICK IT UP」も聴いたよ。全員のビジュアルが神すぎるし、衣装もイケてるしでCDジャケも直視できません。特典も何から手を付けたら良いのかわからないし、皆を連れて帰りたいです。切実に。

あとはですね、「PICK IT UP」のジャケやらMVでは横尾さんがハーフアップもできるほどの長髪黒髪美男子尾渉なのですが、6/9のMステ披露時にはさわやか短髪黒髪容姿端麗尾渉でした。横顔の美しさが彫刻レベルです。国宝

私も国宝はもちろん、他の天使やら神やら7人と夏を楽しめることが今から本当に楽しみです。そのため現実も地道に頑張ってゆきます。ハァ〜おたくってサイコ〜〜!

2017-05-13

イノウエバッジ

きがついたらもうGWもおわっちゃってました。

新年度も始まりましたが、先月今月と忙しなくただ過ぎて行く感じで、本当にお休みがないです。わたし、これまで多少しんどい方が燃えるタイプで頑張れたんですけど、今置かれている状況はこれまでのしんどさと違う気がする。キャパオーバー気味というか、根性論の問題とかでなくて単純に自分の生活リズムが合っていないと思う。慢性的にしんど〜って思うよりも、ふとしたときにクソ冷静に「…?……?………何をやってるんだろう…?」とか真顔で思うのよ。まずいよね!


キリないし正直改善策がわからないのでこの話も適当に終わらしますが、これでもなんとか必死になって、おたく的な楽しみも探したり予定を入れたりして楽しめるときは楽しんでいます。単純だからそれでいいんです。

ボロボロの身体と荒んだ心を癒してくれるのはおたく活動です。それでもいろいろありましたけどね……決定打はひょいっと出てきた横◯さんのね…ふふふ……

これね、予想以上にキたんですよ。本当にアイドルおたくとして、ひとつ成長した。またこれはいつか書いても良い気もするけど長くなるしやめとこう。それで、目にしたくない情報もわんさか知るのが嫌でキスマイ関連の情報は追わずにいたらリアルな環境も忙しくなって、生き甲斐兼現実逃避でも心の拠り所でもあった趣味にも頼れない!どうしたらいいの!死!?って感じでした。今はもう何もなかったかのように見れるけど。やっぱり依存しすぎもダメですけど、生命力を上げるにはおたく活動ですわ。最高潮はツアーが決まったり、ライブのチケットが取れたりでもしたら、おそらくアドレナリン出まくって日々の生活も頑張れるんじゃないでしょうかね。わたしもそれらを糧に頑張りたいのに、チケットは当たりません。新潟公演行きたかったよ本当に……。チケットが来いというよりもキスマイが来てくれ。頼む。

世の中にはいろいろなお金の使い道があるけれど、美味しいものと素晴らしいものにはお金をかけてナンボだと思います。それでもお金を払っても手に入れられないものもあります。ほら、稲葉も言ってんでしょ。

「人の心はどうしても〜〜何か足りないけれど〜そこんとこ埋め〜るべきなのは〜恋人じゃな〜い親でもな〜い ねえ、そうでしょう〜〜」

ワ、ワカル…………人は何を持って心から満たされていると言えるんでしょうねぇ。哲学ですよね。

恋人でもいたら今の状況もまた違っているのかなぁとも思いますが、そんな浮かれた話はありません。お疲れ様でした。

「love me,I love you」は明るい曲調なくせに歌詞が心に鋭く突いてくる。

そして、自分も含めてみんなを褒めてみようって前向きになれる。デカい心で構えてみればいいやって思える。

小さい頃は何も考えずにデカイ声でラブミーけちってないで〜って歌っていたのにな。

これも大人になってしまったってことにしましょう。


こう見るとテンションの差が激しい人のようですが現実逃避に走る癖が強い根明なので、時間あらばおたく活動をグヘヘと楽しんでいます。

劇場版服部も2回観ました。今年は意識高くサントラを先に買い、かなり聴き込んで観に行きました。コナンカフェにも行きましたよ。というか、ここ数年のGWの大きな目玉はコナンしかない気がする。コナンを通じて、年に1回か2回しか会えない友人と会えるのはいいことだ。

映画もね、レイトショーで見るのがいいんだよ……1日の締めを映画で迎えられるのがいい。

面倒くさい作業を21時頃には終わらして、そのまま足速に映画館に向かう気分は最高だ。

また来週に別の友人とレイトショーでキメてきます。自分もそのときに確認したいことがあって、それが済んだら感想もメモしたいです。


これはふらりと寄ってみたイノウエバッジ店で買ったスラムダンク赤点軍団たち。関西では初出店でした。

かわいいでしょ。

やっぱり湘北は赤ですね。f:id:remoco7:20170513224621j:image

見るのもやるのも何回目?って感じなんですが、AbemaTVで放送してるのを見れるときは見てます。たまに寝オチしちゃうけど。

そして気持ちがより盛り上がったときはアニメ化されていない全国編をコミックスで読んで寝るのですがそんな日はこの上なく幸せな気持ちになれます。こう書くと大げさだけど。

来年なんだけどジャンプ展90年代版のラインナップにちゃんと花道がいてくれて安心しました。見に行きます。

あと今のひそかな楽しみはたまもりくんも出ているリバースですね。

たまちゃん演じる浅見先生が毎週の癒し……。たまちゃんにとってもまさに新境地な感じがします。

キスマイのライブはもうチケット的にもスケジュール的にも諦めかけているのですが周りの方のいろんな感想も楽しみにしてます。妹にはグッズのおつかいも頼んだし。

あとは今年は秋からバンプちゃんのライブもあるようで、今年も怒涛の平日祭りで年が明けないときびしそうな気もするんですが、1回はどこかの公演へ行きたいです。前行ったのはrayの6月23.24日です。さ、3年前、、。


他にもあとは、銀魂実写版が夏に公開なので今からいっぱいタイアップ祭りだとおもので、うれしいです。

これらを楽しみにしながら、本当に今の状況を変えていけるように少しずつ動いてゆきたい所存です……