Hatena::ブログ(Diary)

あのねちょう

2018-05-20

世の中には

Kis-My-Ft2を好きな人とこれからKis-My-Ft2を好きになる人の2種類しかいないと思った2018年の5月です。

2018-04-03

沖(田と)神(楽について考える)

昨日発売された週刊少年ジャンプ18号。

読んでない人はとにもかくにも読んでくれ。アフィリサイトとかで概要だけ読むんじゃなくて、コンビニコーヒーとお菓子1つでも我慢して270円を本誌にあててやれ。ついでにアンケも出してやれ。コミックス派だろうがアニメ派だろうがしらねーがどうせ数ヶ月したらみることになるんだからもう読んでくれ。

で、18号を読みまして。

フィルターかかってるんでしゃーないんですが、巷で沖神と呼ばれる2人の公式同人誌か?と思うほどでした。270円とか安っ!それと同時に、今まで好き勝手に楽しんでいたのを、読者の入る隙がないくらいにひとつも無駄のない答え合わせをされたようでした。

沖神だけの話に限らず、応援している男女カプに求める最後のゴールは、紆余曲折がありなからも(時にすれ違っている様子などを外野は楽しみながら)やっぱり2人が成就することを願っていると思うのですけど、今号676訓を読んで、この2人の落ち着く先が別に♡な関係でなくても、それは決して落ち込む必要はないんじゃないかと思いました。

最終回ってね、しゃーなし尺の都合で読者はその先をみれなくなってしまうだけで、その作品世界の中では最終回とか関係なく、これからも日常が続いていく訳ですよ。メタ的なそもそも論だけど、作品の登場人物たちは最終回とかそういう概念とはかけ離れたところで生きているもんだから関係ないけど、作者もいろんな思いを込めて最終回を書くに違いないので、最終回には程度はあれど読者に希望とか夢見せてくれるし、終わっちゃった寂しさよりも読んだ後の幸福感が上回るんなら読者にとってそれってめちゃくちゃ本望じゃないですか。で、それのよくあるパターンが所謂最終回発情期と呼ばれるやつで、銀魂はこれさえネタにできるという怖いものがないほんとにやべえ作品なので、いつかは訪れる最終回で神楽ちゃんの未来も沖田の未来もどう来るのかそのへん不安の塊だったんです。オタクとは欲深い生き物ですから、フラグがへし折られるのも辛いけど、フラグの可能性が何も感じられない描写どころかなんにも触れられないのも非常に辛いんですね。最終回発情期って言葉が出た670訓あたりから覚悟を決めていたのです。が。

2人がどういう関係に落ち着いても、あるいはそんな描写が一切なくても、お互いがどんなことを考えてどんな風に成長してどんな将来を目指していても、これまでの話も含めて沖田と神楽の2人の関係性を振り返ってみたときに、676訓が沖(田と)神(楽)の真髄なのではないかと思ったのでした。

18号読んで、おっ沖神回や!とか思ったけど、別に直接的な♡の矢印なんかが見えるセリフはひとつもないし、(これまでにもねーよ)

下手にバナナネタを本人から仕込まれるとか、フラグどうこうネタをいじられる展開なんかよりも、おなじみの憎まれ口叩きながらバトってるからこそ、むちゃくちゃ興奮しました。めちゃくちゃムラムラしました。

沖田が神楽(流)に対して発するセリフの言葉選びのひとつひとつに、いつもの憎まれ口だってわかってても、どこか彼なりの優しさなのか思いやりなのか情けなのか、なんかうまくいえないけど、深読みをしざるを得ない"何か"も感じた。それが恋愛フラグな感情があるから出てきたのかどうかは神のみぞ知るが、因縁の関係だろうがそれならに関係を築いてなきゃ出てこない言葉だと思ったんですよね。つーか冒頭のアオリの「因縁(?)の衝突ッ!」、神。

肝心な言葉は言わないくせについつい憎まれ口叩きながら偽悪者ぶって、実は彼なりの優しさなのか思いやりなのかが隠れてるんだけど、それが相手に伝わらないこともあるのは銀魂の男性陣が大体こんなかんじでした。This is 空知節。

おそらく、漫画を読んでてアニメを見てて、セリフや表情から深読みをしざるを得ない"何か"を感じたとき、見えないものを見ようとしたとき、そこではじめて二次創作的な萌えへのカギになると思うのだけど、今回この空知節(公式)で、一言では言い表せない2人の関係がそのまんま理想で完成形なセリフとともに形容されていて、すとんと納得ののち完全に落ちちゃったよ。こんなん原作者にされたらこれを超えるものは産み出せねーわ。考えられるならこんなの考えて作り出したいもん。創作意欲が湧き出る燃料でもあるけど、悔いなく成仏できる燃料でもあるんじゃないか?とか思いましたけど。まだまだ死ねるかよ。昨日はときかく朝から興奮冷めやらず過ごして、帰宅してもこれまでの激アツな単行本を参考書萌えを再認識してたわ。

やっぱり676訓は改めて読んでみても、萌えがじわじわと脳内に到達して致死傷となるってかんじだ。

今回この話に新八がいる(=沖田と神楽の2人だけの空間で成り立っている会話ではない)のも萌え的にも重要だす。沖田なんかよりも比べ物にならないくらい神楽から好かれてて、最早家族同然って関係性の仲で、神楽のことをよ〜く知ってる新八でも、神流の存在には童貞拗らせてアタフタしてるけど、神流=神楽っていう可能性とか疑心の目とかは全く持ってないんだよ。まぁ新八はここ2ヶ月くらいは読者の目線にいるのもあって、ギャグ除けばホントにしんどい立ち位置だと思うのだけど。(それも萌えるが)

そんな新八を目の前にして、新八は気付いてないのも構わずに、勘鋭く沖田が饒舌に喋って神流を煽ってるって構図がやっぱり萌えになるのかなぁ。

豊富な二人称のレパートリーや、言葉選びには彼なりの愛を感じますね。

沖田は登場して以来、一貫して神流=神楽だと確信していて、神楽を登場させるために神流に煽りをかけまくるんですが、(絵面的に沖田が幼女いじめているというサイテーな絵面なんだよな)

自称神楽の娘でガキの神流に対してのセリフと、神流=神楽だと確信しているからこその目の前にいる神楽に対してのセリフをきちんと言葉を選びながら、彼なりに神楽(流)のことを思いやっているのが伝わるセリフだと思うんですよ。

2018-03-12

坂田銀時さん

銀魂の表紙巻頭カラー(10号)なんてもう最後だろうなぁとビビってアンケ職人をやって早1ヶ月。‬

‪11号ではメタ的な発言とは言え最終回って単語が出てるし、あと●話とかのカウントダウンもアオリに書かれてしまうのかと覚悟して毎週生きている。‬

‪で、15号。神流ちゃんがマジできゃわゆい……。何か一挙一動のたびに効果音ついてそう。きゃわわ。

そんで、72巻コメと先週号の高杉の傷のアレ、に加えて、今週号‬終盤、新八が神楽ちゃんと定春の行方について神流に聞いたところで応える暇なく次の演出があったので、まだ神楽ちゃんが登場できないのならもう少しだけ銀魂は続いてくれるのか?と思いました。銀さんも万事屋のことを気にかけてはいるけど、高杉関連は片付いてないものな…。次号は取材で休載ってのも建前的な理由かなぁって。

もちろんオチは気になりますが、決して早く終わってほしいとかではなくて、今までいろんな漫画を読んできたけど、円満連載終了のハードルの高さは読者でも身に染みて知っているので、せっかくなら最後まで作者の納得のいくように書きたいように書いてほしいし、読者はそれを受け入れて最後まで読むのが筋かなと思っている。

いまんところの展開の全部がウソ展開とかはないと思ってるし、耐性もそれなりにあるけど、オチがどう転がるのか明日が見えない感じの怖さがある。けど、

やっぱり背格好が変わっても万事屋の3人と1匹は必ず再会してほしいので。

そんなこんなで2月頃から、終わってほしくはないけど覚悟も入れとくか的な感じでジレンマ抱えながら銀魂の単行本も一気に読んだり、溜めに溜めてたアニメを見たりしてました。

アニメは深夜になるまではリアルタイムで見ていて、そのあと烙陽篇は全く見れてなくて、ポロリ篇はちょいちょい見てました。幾松さんの家族の話、初期から出てるけどご無沙汰すぎるキャラが登場ってだけでも嬉しいのに、設定まで回収した人情話にくぅ〜んって感じで大好きなんですが、何よりも好きなのは銀さんの下ネタがキレッキレなところ。この話は、銀さんと桂さんとの関係性も垣間見えたよい下ネタの使い方(とは?)だと思います。「今回コイツが本当に突っ込みたいのは〜」とか、好きなセリフ回しランキングの上位に入りますね。って何を言ってるんだろう。

で、単行本も1巻から読んでると色々とエモくなってきて沸き上がってどうしようもないので書いとこう。こういう勢いを創作意欲とでも言うのだろうか。本とか出せばよいんだろうか。

続きを読む

2018-03-07

禁煙失敗乙

14号。土方さん、なんか服装はモサくなってたけど色気ダダ漏れでかっこよかったです。あざ!あざ!あと今回のモサ方さんの台詞で沖田は確実にどっかで生きてると確信した。

銀さんもいつもの着物こそは変わってますけど、特に外見的な変化はなく流浪人さが増してかっこいいですね。2年間、どこで何をやっていたんだろ……神楽ちゃんの登場はまだ引っ張るっぽいし、万事屋の3人と1匹がまた再会できたらもう言うことない。

銀さんと土方さん、いつものようなやりとりしててクッソ和やかでしたね。序盤の高杉とのやり合いからの落差よ。しかも鼻クソほじる銀さんがまた見れるとはwww

高杉もどういう目的があるんだろう、なんだか先が見えなくなってまいりました。あ、早く終わってほしいわけではないですよ、もちろん。

2018-03-01

ライブの日を空けておくのではないライブの日に予定がねじ込んでもライブありきで日付を調整してもらうのだ

キスマイドームツアー決定!!!ホントにキスマイはシャブい!!!!!!(語弊あり)

ウェーイ!3月もがんばろう。たまちゃんせんさん誕生月ですし。個人仕事も舞祭組ちゃんのドラマもホクホクです。嬉しいです。お金貯めとくからね。あとジャンプ13号読んだ。銀さんって何気に天パがアイデンティティみたいなところあるけど実はあの着物(と着崩し方)だったのかもとおもたよ。おわり。

Connection: close