ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

大人になったら肺呼吸 RSSフィード Twitter

2011-02-28

Mac OS X Snow LeopardにMacPortsをインストールする方法

f:id:replication:20110226152825p:image

はじめに

このエントリでは、Mac OS X Snow LeopardにMacPortsをインストールする方法について書いています。MacPortsは、Macで利用できるパッケージ管理システムで、UNIX 向けソフトウェアのインストールが簡単にできるようになっています。

MacPorts は MacOSX 上で利用可能なパッケージシステムの一つで、主に UNIX 向けに開発されたオープンソース・ソフトウェアを手軽にインストールすることができます。 以前は DarwinPorts と呼ばれていましたが、OpenDarwin プロジェクトの休止に伴い、MacPorts と改称(2006 年 8 月〜)されました。

MacWiki - MacPorts はてなブックマーク - MacWiki - MacPorts

検証環境
  • Mac OS X 10.6.6 Snow Leopard
  • MacPorts 1.9.2
MacPortsのダウンロードとインストール

1. 以下のサイトからMacPortsをダウンロードします。

f:id:replication:20110226153243p:image

2. ダウンロードしたMacPorts-xxx-10.6-SnowLeopard.dmgをダブルクリックすると、インストーラが起動するので、ウィザードに従ってインストールしていきます。

f:id:replication:20110226153638p:image

f:id:replication:20110226153637p:image

f:id:replication:20110226153636p:image

f:id:replication:20110226153635p:image

f:id:replication:20110226153633p:image

f:id:replication:20110226153632p:image

この画面が表示されたらインストール完了です。

f:id:replication:20110226153629p:image

MacPortsを使ってみる

ターミナルを起動して、sudo port selfupdateとコマンド入力するとMacPortsを最新の状態にすることができます。

sudo port selfupdate
--->  Updating the ports tree
--->  Updating MacPorts base sources using rsync
MacPorts base version 1.9.2 installed,
MacPorts base version 1.9.2 downloaded.
--->  MacPorts base is already the latest version

The ports tree has been updated. To upgrade your installed ports, you should run
  port upgrade outdated

MacPorts を最新の状態にするには、

$ sudo port selfupdate

としてください。これにより ports のデータベースが更新されるだけでなく、ベースシステム (MacPorts 本体のプログラム) がアップデートされていた場合には、自動的に MacPorts 本体のコンパイルとインストールもおこなわれます。

HowTo/UseMacPorts - MacPortsWiki-JP はてなブックマーク - HowTo/UseMacPorts - MacPortsWiki-JP


以下のエントリもあわせてどうぞ

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close