ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

大人になったら肺呼吸 RSSフィード Twitter

2015-02-24

VS2013(C++) + Subversion開発でバージョン管理から外すファイルたち

f:id:replication:20150224215353p:image

はじめに

Visual Studio Community 2013(C++)で開発して、Subversionでソースコードのバージョン管理をしているプロジェクトで、Subversionで管理すべきでないファイルについてまとめました。

Microsoft Visual Studio Professional 2013  通常版
マイクロソフト (2013-11-29)
売り上げランキング: 176

Subversionで管理すべきじゃないファイル

Subversionで管理すべきじゃないファイルは、Visual Studioが吐き出す一時ファイルや環境の情報などを格納したオプションファイルです。

なくても起動できるファイルやソリューションを開いた際に自動生成される、以下の拡張子のフォルダとファイルはバージョン管理対象から外して問題ないと思います。

Debugフォルダビルド時に自動生成されるためフォルダごと不要
Releaseフォルダビルド時に自動生成されるためフォルダごと不要
ipchなくてもOK
.sdfソリューションを開き直すと自動生成される
.suoソリューションを開き直すと自動生成される
.vcprojx.filtersなくてもOK
参考にしたサイト

関連記事

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証