ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

大人になったら肺呼吸 RSSフィード Twitter

2015-12-31

Mac OS X El Capitanで確定申告(e-tax)を行う方法(2015年12月版)

はじめに

Mac OS X El Capitanで確定申告(e-tax)をするための準備をしてみました。

ざっくり言うと、

  • El Capitanに対応したICカードリーダがまだない
  • El Capitanで導入されたSIPがかなり厄介
  • リカバリモード起動、SIPをOFFにしてドライバをインストールする

など、多数の落とし穴がありますので、Mac OS X El Capitanでe-taxで行うのはオススメしません。

必要なもの
  • 住民基本台帳カード(電子証明書も必要になります)
  • 住基カード対応のICカードリーダ
僕の環境
  • Mac OS X El Capitan(10.11.2)
  • Safari 9.0.2 (11601.3.9)
  • Java Version 8 Update 66
  • ICカードリーダ(SCR3310-NTTCom)

NTTコミュニケーションズ  接触型ICカードリーダー・ライター e-Tax Win&Mac対応 SCR3310-NTTCom
NTTコミュニケーションズ (2007-07-24)
売り上げランキング: 3,252

ICカードリーダのドライバをインストールする

ICカードリーダライタ ユーザーサポート(ドライバソフトのダウンロード) SCR3310-NTTComの主な仕様/ダウンロード|NTT Com 法人のお客さまICカードリーダライタ ユーザーサポート(ドライバソフトのダウンロード) SCR3310-NTTComの主な仕様/ダウンロード|NTT Com 法人のお客さま

f:id:replication:20151230100304j:image

【重要】
SCR3310-NTTComは、2015年12月現在MacOS X v10.11をサポートしていません。今回は、MacOS X v10.10用のドライバをインストールします。

詳しいドライバのインストール方法は、インストールマニュアル(MacOS X v10.10対応)に記載があります。各機種ごとのフォルダにファイルが格納されているので、その中からSCR3310_NTTCom_Reader.bundleをdriversフォルダにコピーするだけです。

f:id:replication:20151230100711p:image

ドライバがコピーできない

/usr/libexec/SmartCardServices/driversにドライバファイルをコピーしようとしても、コピーができません。

アクセス権が不足しているのかと思い、アクセス権限を追加しようとしても「必要なアクセス権がないため、操作は完了できません。」のエラーが出てしまい、追加することができません。

El Capitanから導入されたSystem Integrity Protecton

どうやら、El Capitanから導入されたSystem Integrity Protecton(SIP)によってセキュリティが強化され、重要なファイルシステムの変更ができなくなったようです。

以下のページを参考に一時的にSIPを無効し、再度ドライバファイルのコピーを試したところ、コピーすることができました。

elcapitan - Mac OS X El CapiptanでSIPを無効化する - Qiitaelcapitan - Mac OS X El CapiptanでSIPを無効化する - Qiita

1.リカバリモードで起動する

command + r を押しながらMacを起動します。

2.コマンドを打つ

ユーティリティ -> ターミナルで、ターミナルを開き、

csrutil disable

と入力。再起動します。

SmartCard Servicesをインストールする

以下のサイトから、SmartCard Servicesのv2.1.2 for OS X El Capitan v10.11をインストールします。

SmartCard ServicesSmartCard Services

f:id:replication:20151231110446p:image

以下が、そのインストール画面です。特に迷うことなくインストールできると思います。

f:id:replication:20151231105931p:image

f:id:replication:20151231110001p:image

f:id:replication:20151231110019p:image

f:id:replication:20151231110048p:image

f:id:replication:20151231110103p:image

JREのインストール

以下のページからJavaをダウンロードして、インストールしてください。

無料Javaソフトウェアをダウンロード無料Javaソフトウェアをダウンロード

JPKI利用者クライアントをインストールする

以下のページからMac用のJPKI利用者クライアントをインストールします。

Macintoshをご利用の方 : 公的個人認証サービス ポータルサイトMacintoshをご利用の方 : 公的個人認証サービス ポータルサイト

1.ダウンロードしたファイルを右クリックから開くを選択して、インストーラを起動します。ダブルクリックで開いてしまった場合は、以下のメッセージが表示されます。

f:id:replication:20141228135123p:image

以下、インストールの経過です。

f:id:replication:20141228135234p:image

f:id:replication:20141228135252p:image

f:id:replication:20141228135305p:image

f:id:replication:20151230101447p:image

「電子証明書」の有効期限の通知をするか聞かれます。

f:id:replication:20151230101514p:image

f:id:replication:20151230101533p:image

ルート証明書をインストールする

以下のページからルート証明書ダウンロードします。

e-Taxをご利用になる場合の事前準備:平成26年分 確定申告特集e-Taxをご利用になる場合の事前準備:平成26年分 確定申告特集

f:id:replication:20150114075630p:image

JPKI利用者クライアントを起動する

1.JPKI利用者クライアントを起動すると、以下のような画面が表示されます。動作確認(S)ボタンをクリックします。

f:id:replication:20151230102340j:image

2.以下の画面が表示されたら、ICカードリーダを接続し、住基カードを挿入します。

f:id:replication:20141228135807p:image

3.実行(E)ボタンをクリックすると、動作確認が開始され、以下のような画面が表示されます。

f:id:replication:20151230102856j:image

各ステータスがOKになることを確認してください。うまくいかない場合は、USBの差し直しや住基カードの入れ直しを試みてください。

4.「自分の証明書(U)」ボタンをクリックして、電子証明書の内容を確認します。

5.以下のように自分の個人情報が表示されたらOKです。

f:id:replication:20141228140439p:image

6.この電子証明書には有効期限(発行から3年)があります。「有効性確認(V)」ボタンをクリックすると、電子証明書の有効期限を確認できます。

f:id:replication:20141228140637p:image

おわりに

とりあえずJPKI利用者クライアントで住基カード内部の情報を読み取るところまではいけました。

e-Taxのサイトは、平成28年1月4日(月)にオープンする予定なので続きは次回の記事で書きます。

e-Taxをご利用になる場合の事前準備:平成27年分 確定申告特集(準備編)e-Taxをご利用になる場合の事前準備:平成27年分 確定申告特集(準備編)

トラブルシューティング

以下のようにe-taxのサイトでJavaがブロックされることがあります。この場合は、Javaの実行を許可するサイトにe-taxのページを追加します。

f:id:replication:20150114074609p:image

1.システム環境設定からJavaを選択します。

2.Javaコントロール・パネルからセキュリティタブを選択します。

3.例外サイト・リストにhttps://www.keisan.nta.go.jp/を追加します。

f:id:replication:20150114074916p:image

SafariがJPKI-card #2のパスワードを要求してくる

ときどき、SafariがJPKI-card #2のパスワードを要求してきます。

その場合には、市役所の端末で登録した電子証明書のパスワードを入力します。

f:id:replication:20150114075204p:image


関連エントリ

タカちゃんタカちゃん 2016/01/29 08:56 OS X El Capitanで住記カードを使って、e-Taxを利用したかったのですが、NTTコミュニケーションズからはサポートされていません、との回答で困っていたのですが、貴殿のブログを見つけ光明がさしました。
できるんですね!(もちろん自己責任ですが)
1点教えていだだけますでしょうか。
SIPをdisableにしリーダーのドライバーをコピーされていますが、
作業を終わった後、SIPをenableに戻しても、動作しますでしょうか?

replicationreplication 2016/02/02 23:15 >タカちゃん さん
申し訳ありません。SIPをenable状態で動作するか試していないので回答できないです。

namnam 2016/02/07 07:41 この記事を読ませていただいて、El CapitanでのeTAXに成功しました。ありがとうございました。もっと簡単にできるようにならないものですかね〜。

replicationreplication 2016/02/07 09:11 >namさん
eTaxうまくいったようで良かったです。そうですね、毎年苦労させられます。

コンポステーラコンポステーラ 2016/02/07 13:40 SnowLeopardから思い切ってElCapitanにして今年もe−taxが出来ました。(NTTのドライバは入れずに) 大変参考になりました。ありがとうございます!

replicationreplication 2016/02/07 18:54 >コンポステーラさん
参考になったようで良かったです。

hyounomakotohyounomakoto 2016/02/11 13:51 おかげ様で先ほどel capitanで成功しました。私の失敗の原因は自分のブラウザで表示されたhttp://〜を例外サイトに入力してしまいアプレットが起動しなかったことです。https://〜を入力し直したらなんの障害もなく通りました。ありがとうございました。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証