ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

reponの日記 ないわ〜 404 NotFound(暫定) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-08-25

マッチョと詐欺師

マッチョ」と「ウィンプ(弱虫)」の対比で、はてな的にウィンプ認定されている俺ですが、マッチョと詐欺師はかなり違う。


詐欺師とは。


以下の小話がわかりやすくて面白い。ちょっと長めですが。


当然、「ユダヤ人」「ポーランド人」は、お話の中の人物にすぎず、特定の誰かを揶揄しているわけではない。

これは「小話」です。


今世紀の初め、ポーランド人とユダヤ人汽車に乗り合わせ、向かい合わせに座っていた。ポーランド人は落ち着きなく体をもぞもぞとさせながら、じっとユダヤ人を見つめていた。何かに苛立っているらしい。とうとうそれ以上我慢できなくなって、こう切り出した。「あんたらユダヤ人は他人から最後の一銭まで引き出し、そうやって財産を貯め込むそうだが、一体どうすればそんなにうまくいくんだね」。ユダヤ人は答えた。「わかった、教えてあげよう。だが無料じゃだめだ。まず五ズオチ払いなさい」。その金額を受け取ると、ユダヤ人は話し始めた。


「まず、死んだ魚をもってきて、頭を切り落とし、水を入れたコップにはらわたを入れる。そして満月の晩、夜中の十二時に、そのコップを教会の墓地に埋めるんだ」。「それじゃ」とポーランド人がじれったそうに言った。「その通りにすれば、おれも金持ちになれるのかね」。「あわてなさんな」とユダヤ人は答えた。「やらなくちゃいけないことはまだある。だが、この先を聞きたければ、もう五ズオチ出しなさい」。ふたたび金を受け取るとユダヤ人は話の続きをはじめたが、しばらくするとまた金を要求し、しばらくするとまた……。とうとうポーランド人は怒りを爆発させた。「このいかさま野郎め、お前の狙いが何か、このおれが気づかなかったとでも思っているのか。秘密なんて最初からありゃしないんだ。おまえはただ、このおれから最後の一銭まで巻き上げようとしているんだ」。ユダヤ人は諦めの表情を浮かべ、落ち着き払って答えた。


「さあ、これでわかっただろう。われわれユダヤ人がどうやって……」


(「イデオロギーの崇高な対象」p.101-103)


ほら、いるじゃないですか、こういう人。


このままでは生き延びられない。われわれは(わたしたちは、日本は、若者は、◯◯世代は、人間は……)、今、グローバル化の(機械化の、デフレの、二極化の、ホワイトカラー激減の、雇用の流動化の、小さな社会の、レッドオーシャン化の、コモディティ化の……)荒波に直面している。このままでは生き残ることはできない。


どうしたら生き残れるのか?


『まずは5ズオチ払いなさい(この本を買いなさい、この文章を読みなさい、この行動をしてみなさい)。今すぐに。』


そして、「本当のことを知りたければ……」と、「ここをクリック」に誘導される。


「自分の頭で考えよ−」と、「考えられるためのヒント」として自著を掲げる。詐欺師は9割の本当に1割のウソを混ぜる。


問題なのは、要するに散々命を削ったあとで、そこで見つけられるのは「自分がなにを欲望していたのか」しかない、という、空っぽの自分だってことです。


空っぽの自分をなんとかしたいから、「ユダヤ人の魅惑的な話」に引きこまれ、もっともっと話して、と、せがむのです。

そこにあるのは、何の解決策でもなく、欲望を前にして逡巡している自分の姿。

そんなこと、詐欺師は十分承知しています。


さて、では詐欺師はなんでこんなことをするのか。


詐欺師がやりたいのは「動員」です。


人が動けば、再配分が発生し、手数料が手元に入ってくる。ブランドが身につく。「信者」をはべらせられる。


「富」とは、

  • カネ(貨幣空間での力)
  • ヒト(友情空間での力)
  • ブランド(政治空間での力)

です。


金じゃなくてもいいんです。

というか、金とは人を動かすツールの一つです。

詐欺師がなんで「単著」にこだわるのか。

ヒトとブランドがついてくるからです。


だいたいキーワードが出ましたね。

sonja-ne


……この物語の要点はもちろん、ユダヤ人ポーランド人を騙していないということだ。彼は約束を守り、他人から金を巻き上げる方法を教えた。ここで要となるのは結果、すなわちポーランド人が怒りを爆発させる瞬間と、ユダヤ人の最後の言葉との間の距離の、二重運動である。ポーランド人が「秘密なんか最初からありゃしないんだ。おまえはただ、このおれから最後の一銭まで巻き上げようとしているんだ」。と怒鳴ったとき、かれはすでに真理を述べている。ただし彼自身はそれに気づいていない。つまり、彼にはユダヤ人の巧妙なやり口がただの詐欺にしか見えない。彼が気づいていないのは、まさにその詐欺によってユダヤ人が約束を守り、金をもらった分だけのもの(ユダヤ人が……する秘訣)をあたえたのだということだ。ポーランドはたんに見通しを誤っただけだ。彼は、どこか話の最後のほうで「秘密(秘訣)」が明かされることを期待する。つまりユダヤ人の話を、最後に明かされる「秘密」にいたる道と見なしている。だが、真の「秘密」はすでに話それ自体の中にある。すなわち、ユダヤ人がその話によってポーランド人の欲望をいかにして捉えたか、ポーランド人がいかにしてその語りに吸い込まれ、それに金を払う気になったか、ということの中に秘密があるのだ。

したがって、ユダヤ人「秘密」はわれわれ自身(ポーランド人)の欲望の中にあるユダヤ人われわれの欲望の捉え方を知っているという事実の中にあるのだ。……怒りを爆発させたとき……彼はまだ空想を通り抜けていない。それは、ユダヤ人が詐欺によって約束を守ったのだということを理解したときにはじめて達成される。われわれは魅惑的な「秘密」を求めてユダヤ人の話に夢中で耳をかたむける。……この対象は欲望の原因であるが、同時にーこれがこの対象のもつパラドックスなのだがーこの欲望によって遡及的に設定されるものである。「空想を通り抜ける」ことを通じて、われわれは、この空想ー対象(「秘密」)がわれわれの欲望の空虚さを物質化したものにすぎないことを体験する。

(同書、強調筆者)


詐欺師は何も欲していない人は騙せません。

欲望を持つ人の前にニンジンをぶら下げ、走らせます。


けれど、何も欲していない人に「欲望」を教え、喚起させるのも彼らのやり口の一つですよね。


「時間泥棒」のはなし。


金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

わたしたちは「恐怖」に突き動かされ、ラットレースを続けている。

そして、ラットレースから抜け出るための、別のラットレースにエントリしている。


イデオロギーの崇高な対象

イデオロギーの崇高な対象


チベットリンク

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

web拍手、そこでのコメントありがとうございます。
とても励みになります。

web拍手ボタン