Hatena::ブログ(Diary)

BPM125くらい。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2009-06-14

[]mac起動せず。再び。

前回、再インストールというか、Time Machineからの復元を行ってからわずか、1ヶ月半。今度は何の前触れも無く、電源を入れても起動しなくなってしまった。

そういや、アクセス権の修復で、毎回同じエラーが出てたっけ。前触れはあったのか・・・

今度はWindowsが起動することも無く、起動音がして、落ちて、起動音がして、落ちての繰り返し。とりあえず、落ちた瞬間にOptionキーを押して、起動ディスクの選択を試みる。これはいける。Windowsの起動もOK。ここまでで、HDDの物理的な故障ではないと判断。

次は、電源投入時にShift+Sキー長押しで、シングルユーザーモードの起動を試みる。起動途中で落ちて、これは失敗。

シングルユーザーモードでも起動しないとは・・・あぁ、残るは再インストールのみか。と肩を落としながら、WEB検索

Leopardクリーンインストール - KoshigoeBLOG

Time Machine を信じてはいけません: タマシイノクドウタイ

上のブログを見て、Time Machineからデータの移行をするかどうか迷った。クリーンインストールした方がいいことは分かるけど、環境を再構築するのは面倒極まりない。万一、Time Machineからデータが取り出せなかったら大問題だ。

そこで一度、Time Machineからの復元を行って、正常起動時のHDDのコピーを作る。その後に、Time Machineからのデータの移行を試してみることにした。

でも、今使ってる外付けHDDは、前にMacについてた80GBのHDDを再利用したもので、既にTime Machineのデータでいっぱい。コピーを作る空き容量がない。

うーんと悩んで、新しい外付けHDDを購入。購入したのはこれ。理由は安いから。

安いんだけど、USBブートも出来るという代物。(もしかして普通?)今までFirewire接続じゃないとブート出来ないと思い込んでた僕にとっては目から鱗でした。買ってからamazonレビュー見たけど、全然正常に動いてくれます。

とりあえず復元して、買ってきた外付けHDDにコピーを作成。コピーからブートできるのを確認してから、Time Machineのデータの移行をして再インストール。インストール後に、各種アプリの起動チェック。僕の環境ではまったく問題ない。ブラウザプラグインも正常、Traktorアクティベーションも正常だし、各種デバイスも問題ない。次にアクセス権をチェック。これも問題なし。

で、Apple Software Updateを実行。全部アップデートが終わったあとに、再度アクセス権のチェック。すると、見慣れたエラーメッセージが・・・なぜだ・・・助けて!Google先生

http://kjx130.blog19.fc2.com/blog-entry-746.html

要するに、気にするなって事らしい。あやうく、クリーンインストールするところだった。

前回は、「不具合まできっちり保存してんじゃねー!」とか悪態ついたけど、Time Machine君は出来る子でした。ごめんね。悪態ついて。

ちなみに、前回行ったのが「復元」で、今回は「OSの再インストール」ってことになるみたいです。調子が悪い時は、再インストールってのはWindowsでもMacでも一緒ですねぇ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/resound/20090614/p1
 |