(保存版)retifの都市探検日記(高層ビル編)

2009-01-20 丸ノ内線方南町駅(パークシティ杉並セントラルタワー)

パークシティ杉並セントラルタワー

西武新宿線新宿へ。

丸ノ内線に乗る。

丸ノ内線新宿駅は、比較的、北側にあるので、西武新宿線新宿駅とは近い。

都営新宿線だと、南側にあるので、乗り換えるためには、結構、歩くのだが。

もっとも、新宿丸ノ内線に乗る、なんて、あんまりないんだけど。

とくに、今回は、丸ノ内線新宿の西側に向かうのだが、本当に、何年かぶり、なんじゃないかな。

中野坂上駅へ。この駅で方南町行きに乗り換える。

ホームに降りると、反対側に扉の開いた方南町行きの車両が待機している。

そんな風にいうと、ある程度、大きなターミナル、という風だが、実際は、ちょっと幅広なホームの真ん中に、単線分だけ、隙間が開いていて、その隙間に方南町行きの車両が入ってくる、そんな感じなのだ。

方南町駅行きの車両に乗り込み、終点の方南町駅で下車。

改札を抜け、地上に出ると、空がまぶしい。

今日は、最近にしては、珍しく天気がよいのだ。

五月晴れなのだが、ずっと梅雨のような空模様だったので、梅雨明けかと思ってしまうな。梅雨明けでないとしても、初夏の陽気だ。

地上には、交通量の非常に多い、南北に伸びる環状7号線と東西に伸びる方南通りとの交差点がある。

何度か、クルマで、井ノ頭通りから方南通りへ入って、新宿に向かったかことがあるが、この環状7号線を境にして、西側は、静かな住宅街、東側は、ちょっと下町っぽい。

杉並と中野の違いなんだろうな。

初夏の強い日差しの中、環状7号線を北へ歩いていく。

かなり歩いたところ、環状7号線の東側にパークシティ杉並セントラルタワーがある。

竣工は、失われた10年の終わり頃だ。

神田川沿いの高層ビル、と同時に、環状7号線に対する遮蔽物、というところか。

環状7号線の東側、中野側(実際の住所は杉並区だが)、つまり、下町側に高層住宅が建つ、というのが興味深い。

また、延々と環状7号線を南に歩いて、方南町駅に戻る。

(2008年5月記)