Hatena::ブログ(Diary)

星火燎原 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007年06月26日(Tue)

コードギアス 反逆のルルーシュ(小説版)第01巻

サブタイトルは「STAGE-0-ENTRANCE」。STAGE-0だけど第1巻。全3巻の予定らしい。

ラノベっぽく接続詞や副詞一つだけで句点を置いて改行しちゃうという傾向はあるけど、それ以外は特に癖もなく、割と読みやすい文体だった。設定も本編準拠で、アニメから入って読む、という形式。どちらかというと、DVDのピクチャードラマとかSound Episodeまで把握してる人の方が楽しめるかもしれない。

内容は、基本的にゲンブがいかに外道だったかというもの。とりあえずこれを読めばスザクの言動が理解できる、かもしれない。ルルーシュスザクの友情についても、何故親友になり得たのか、というあたりはよく描けてる。二人の一人称が変わるところはちょっと微妙な感じではあったけども。

あと、ゲンブについても、アニメ誌で先行掲載されてた小説とは、微妙に話が変わってる。アニメ誌掲載の方はナナリーの扱いについてちょっと妙な点があったんだけど、文庫にする時にその辺は編集したっぽい。

コードギアス好きな人なら、本編に対する理解を深めるのにいいと思う。一方で、読まなくてもそれほど困るもんでもない。幼少時の事情については本編から拾って想像するだけ、というスタイルも悪くないと思う。小説版のラストがどこまで行くのか分からんけど、大きく外れることはなさそう。

コードギアス 反逆のルルーシュ(漫画版)第02巻

コードギアス反逆のルルーシュ 第2巻 (あすかコミックスDX)

コードギアス反逆のルルーシュ 第2巻 (あすかコミックスDX)

ナイトメアも無く、黒の騎士団も無し。何やら寂しいなこれは。画にも迫力が無いし、ストーリーもやや端折り気味。あまりオススメできない。「スケールダウン」という言葉が一番しっくり来るかな。

この画は、シャーリーを描くのには最高、という気はするんだが。

コードギアス 反攻のスザク第01巻

コードギアス反攻のスザク 第1巻 (あすかコミックスDX)

コードギアス反攻のスザク 第1巻 (あすかコミックスDX)

スザク視点。ナイトメアフレーム無し。その代わり強化歩兵スーツ「ランスロット」がある。アニメにも出てきたランスロット仮面ですよ。てか作者がそのこと書いてる。雑誌掲載時に広告枠だった部分に作者が雑記を書くとか、いかにも少女誌っぽい。そして画風にも少女誌っぽい濃ゆさが…。

セシルを消して登場させたオリジナルキャラのマリエルは、結構好き。それ以外は別に見るところも無し。

コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー第01巻

コミカライズ3作品の中で唯一超改変されたアナザーストーリー。もうなんか…何もかもが違う。

だけど3作品中一番勢いがあって面白い。ナイトメアフレームもあるし、美少女もたくさん出る。というか、ロボ×美少女×異能力という、王道を突き進む作品。「漫画版の中でどれがおすすめ?」と聞かれたら間違いなくこれを選ぶ。それくらい面白い。アニメを前提にしたコミカライズだから登場人物の説明とか省いてるけど、それを抜きにすればアニメ見ないで楽しめる。

コードギアス用語集のタスクにキーワードまとめてみたので、興味があればご覧下さい。