Hatena::ブログ(Diary)

ヰタ・デテスタビリス (reuniの研究日記)

2014-05-25 アラビア文字版アルファベットの歌(きらきら星ver)伴奏・背景付き

アラビア文字版アルファベットの歌(きらきら星ver)伴奏・背景付き

以前作ったアラビア文字の歌(きらきら星ver)に、さらに伴奏とか背景とか付けてみたもの。

D

ついでに韻律も、本家のアラビア文字の歌(alif ba ta songとかで適当にググって)に合せて、「ガインー、ファー。」とか「ヌンハワウヤー。」とかにしたりとか、一部変更しています。

2014-04-12 交響詩 藤原京

交響詩 藤原京

D

第一楽章 藤原の宮の役に立てる民の作れる歌

やすみしし わが大君(おほきみ)

高照らす 日の皇子(みこ)

荒栲(あらたへ)の 藤原が上に

食(を)す國を 見(め)したまはむと

みあらかは 高知らさむと

神(かむ)ながら 思ほすなへに

天地(あめつち)も 寄りてあれこそ

石走(いはばし)る 近江の國の

衣手(ころもで)の 田上山(たなかみやま)の

真木(まき)さく 桧(ひ)のつまでを

もののふの 八十(やそ)宇治川

玉藻なす 浮かべ流せれ

其(そ)を取ると さわく御民(みたみ)も

家忘れ 身もたな知らず

鴨(かも)じもの 水に浮き居て

我(わ)が作る 日の御門に

知らぬ國 寄(よ)し巨勢道(こせぢ)より

我が國は 常世にならむ

図(あや)負へる くすしき龜も

新代(あらたよ)と 泉の川に

持ち越せる 真木のつまでを

百(もも)足らず 筏に作り

泝(のぼ)すらむ いそはく見れば

神(かむ)ながらにあらし

第二楽章 明日香の宮より藤原の宮に遷居(うつ)り給ひし時、志貴の皇子の作りませる御歌

采女(うねめ)の袖 吹きかへす

明日香風(あすかかぜ) 都(みやこ)を遠(とほ)み

いたづらに吹く

第三楽章 藤原の宮の御井の歌

やすみしし 我(わ)ご大君(おほきみ)

高照らす 日の皇子

荒栲(あらたへ)の 藤井が原に

大御門 始めたまひて

埴安(はにやす)の 堤(つつみ)の上に

あり立たし 見(め)したまへば

大和の 青香具山は

日の經(たて)の 大御門に

春山と 茂(し)みさび立てり

畝傍(うねび)の この瑞山(みづやま)は

日の緯(よこ)の 大御門に

瑞山(みづやま)と 山さびいます

耳成(みみなし)の 青菅山(あをすがやま)は

背面(そとも)の 大御門に

よろしなへ 神(かむ)さび立てり

名ぐはし 吉野の山は

かげともの 大御門ゆ

雲居(くもゐ)にぞ 遠くありける

高知るや 天(あめ)の御蔭(みかげ)

天(あめ)知るや 日の御蔭の

水こそば とこしへにあらめ

御井のま清水

(第三楽章 コーダ)

藤原の 大宮仕へ

生(あ)れ付くや 娘子(をとめ)がともは

羨(とも)しきろかも

2014-02-22 「古地図の竹島」は日本の竹島領有の決定的証拠か?

「古地図の竹島」は日本の竹島領有の決定的証拠か?

日本の竹島領有の決定的証拠として、しばしば「日本の古地図に竹島が描かれている」ことが挙げられる。しかし、これが本当に日本の竹島領有の決定的証拠となるかについては、やや疑問がある。というのも、それらの地図には鬱陵島も一緒に描かれているからである。

鬱陵島は、17世紀に日朝間で領有権を巡る争いが起こったが、1696年に実質的に朝鮮領ということで決着した*1。この時、日本は鬱陵島は放棄したが竹島は放棄していない、というのが日本側の立場であるので、もし「鬱陵島が日本領となっておらず、竹島のみ日本領となっている古地図」が存在すれば、それは日本の竹島領有の決定的証拠と言える。

しかし、実際の古地図では、竹島鬱陵島はセットで描かれており、両者で所属が違うとした地図は無い。以下にいくつかの古地図を見てみる。

竹島(地図上では松島)と鬱陵島(地図上では竹島一云磯竹島)の描かれた地図。両島は実際よりもずっと接近して描かれ同じ色に塗られている。日本の地図に描かれているから日本領という立場もありうるが、地図上には朝鮮の東莱(現在の釜山付近)も描かれており、竹島鬱陵島がこの地図でどちらの領土と主張されているかにはやや曖昧さがある。いずれにせよ、竹島・鬱領島はセットで描かれている。

竹島(地図上では松シマ)と鬱陵島(地図上では竹シマ)を両方とも日本領とした地図。竹島・鬱領島はセットで描かれている。

竹島(地図上では松シマ)と鬱陵島(地図上では竹シマ)を両方とも日本領とした上で、竹島隠岐中間近くに描かれている地図。竹島鬱陵島をセットとしていない例と見ることも可能かもしれないが、縮尺の関係上こうなっただけとも言える。いずれにせよ、竹島鬱陵島の双方を日本領としている。

鬱陵島竹島とともに日本領としている件については、ひとつには「必ずしも鬱陵島朝鮮領と認めたわけではないという意志のあらわれ」と捉えることもできるが、一方で「鬱陵島竹島はセット。したがって鬱陵島朝鮮領なら竹島朝鮮領」という主張を補強するものとも捉えられる。

なお、韓国側の古地図には、そもそも竹島と思われる島は描かれていない。韓国の地図では、鬱陵島の近くに「于山島」という島が描かれており、韓国側はこれを現在の竹島であると主張している。特に古い時代の地図に見られるこの島の正体は実際のところは不明であるが、時代が下ってくると、この島は明らかに鬱陵島近傍の竹嶼(韓国名:竹島*2)として描かれている。韓国側は、これら時代の下った地図の「于山島」についても現在の竹島であると主張しているが、これは強引であると言わざるを得ない。また、韓国側では1905年頃には現在の竹島を「独島」と呼んでいたが、当時の韓国で「独島」と古代の「于山島」を同じ島とする認識があったかどうかも不明である。韓国側が古くから竹島の存在を正確に認知していたとは言い難い。

しかしながら、ここで問題がある。17世紀の鬱陵島領有問題に関連する事情で、朝鮮側は「日本の言う松島朝鮮領の于山島」という認識を持つようになっていた。当時の日本では「松島」は現在の竹島を指す。当時の朝鮮はそもそも現在の竹島の存在を知らなかった可能性が高いが、ともかくも朝鮮側は現在の竹島を、その実態を知らないまま自国領と考えていたのである。一方の日本側においても、竹島の存在こそ知ってはいたものの、その実態を正確に把握していたかどうかは怪しく、明治初頭には、恐らく不正確な知識に基づいてではあるが、明治政府島根県に対して「松島朝鮮領」と回答したことがある。

つまり、ある時期においては、いずれも不正確な知識に基づく国内向けのものではあるが、日本と朝鮮の双方が「松島朝鮮領」としていたわけである。ここでいう「松島」を具体的にどの島と捉えるべきかにはおおいに曖昧さがあるが、解釈によっては「ある時期においては、日本と朝鮮の双方が竹島朝鮮領と考えていた」と取ることも可能である。

個人的には、韓国側が19世紀以前に竹島の存在を知っていたとは言い難いので、総合的に見れば竹島は日本領とするのが良いと思う。しかし、立場によっては、「不正確な知識に基づくものとはいえ、日本と朝鮮の双方で同じ意見のことがあった」という点を重視し、竹島韓国領とするのを良しとする見方もあるかもしれない*3。この問題を解決するには、第三者の判断を仰ぐしかないだろう*4

*1:名目的にはやや曖昧な決着としたようである。

*2:「たけしま」ではなく、「チュクト」、「チュクとう」、「ちくとう」などと読むべきだろう。

*3:なお、このことを根拠として竹島韓国領とするのは、現在の韓国政府の立場とは異なる。

*4:この具体的な実現法のひとつが、日本政府の主張する国際司法裁判所への提訴だろう。

2014-01-14 アラビア文字版アルファベットの歌(きらきら星ver)

アラビア文字版アルファベットの歌(きらきら星ver)

D

最近百人一首関連の動画ばかり投稿していましたが、久々に別の動画も。

アラビア文字版アルファベットの歌(アリフバーの歌)を作ってみました。

アリフバーの歌としては、アラビア語圏には独自のメロディーのものがあるようですが、ここではABCの歌と同様に「きらきら星」のメロディーに乗せてみました。

2014-01-10 The most famous 100 Japanese Waka poems

Hyakunin Isshu: The most famous 100 Japanese Waka poems by 100 poets

D

日本文化を世界に発信すべく(?)、百人一首の英訳付き動画を作ってみました。

今のところ、海外からもアクセスあるけど、一番多いのは日本から。もっと海外にアピールしたい。。。

Connection: close