Hatena::ブログ(Diary)

副長日誌 - 私的記録

2008-05-31

迷惑メール法の改正案が成立、事前同意無しの広告メール送信は違法に

 手元に届いたspamを総務省のしかるべき窓口へヘッダ付きで転送すると告発完了、ぐらいの簡便な手法を用意してくれると助かるんだが、どう考えても総務省向けDoSアタックになりそうだな。とりあえず、いくつかの業者を見せしめ摘発して萎縮させるぐらいの動きは見せて欲しいものだが。

CNN.co.jp:米商務長官のパソコンデータを秘密裏にコピーか、中国当局

データのコピーは、長官が中国側との会合に出席し、パソコンの前を離れた際に行われたとみられる。コピーは最新技術を用いれば数分で終了するとしている。長官の帰国後、商務省のコンピューターシステムへの不正侵入は少なくとも3回発見されたという。
コピーされたとするデータの種類は不明。米政府高官が、機密扱いのデータをパソコンに入れて中国を訪問するのは異例ともしている。

 今日日、民間企業でもHDDの暗号化と離席時のロック、必要最小限以外の持ち出し禁止はデフォだろう。これはどう考えても、やられた方が馬鹿で間抜けで無能、見方によっては重大な利敵行為、だな。

2008-05-30

「月の土地私有は合法」:法学レビューの論文/土地販売で月開発を推進 | WIRED VISION

 そらまぁ、アメリカ人にとっては、「無主の地」に人より早く唾をつけた者の権利を認めなくちゃ、国家の存立に関わるだろうな。

花田一三六『巡歴者−創世の契約 4』(C☆NOVELS FANTASIA)

 ここに来て伏線の収束開始、これは次回・最終巻での纏めっぷりを楽しめそう。1・2巻のキャラクターの再登場も楽しいし、あとがきでの「桃太郎」呼ばわりに思わず噴いてしまったり。

日本初官民共同開発・GXロケット中止へ…コストなど問題 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 ふむ、あかんもんはあかんということで、ここらで見切りをつけましょうか。

2008-05-29

10年間「動いてしまった」ソフトウエア:ITpro

正直,動かなくなる日がとても怖い。保守作業をしていないので,次に動かなくなったときに,短い時間でデバッグできる自信がない。フルに書き直すことは可能だろうが,その時間を捻出できるかどうか。
(中略)
動かなくなる前に使われなくなって,誰も動かなくなったことに気付かないのが一番望ましい。しかし,いつもそううまくいくとは限らない。「ソフトウエアは,開発者が思っているよりもはるかに長く使われる」。どこかで読んだそんな言葉を反すうしている。

 ……えーと、俺が十年前に納品したあれとかそれとか、契約書にきちんと「買い取り」である旨を明記しておいたっけか。いまさらあんなもんのメンテなりバージョンアップを要求されたらえらいことやなぁ。どうかデータをエクスポートするなりして過去の遺物になってしまってくれてますように(お祈り)。

「脳の柔軟性」は思考によるロボット制御を可能にするか?(コンピューター) / 科学ニュースあらかると - BrainGate,Brain-machine interface

 脳内にprobeを埋め込んで成功率61%か。この調子で研究を進めて、俺が脳卒中の心配をする頃には「埋め込んだら100%」か「侵襲なしに61%」のどちらかぐらいを達成していてくれると助かるなぁ。

asahi.com: 故障トイレの交換部品を搭載へ 星出さんシャトル - サイエンス

 ディスカバリーの積み荷を管理しているNASAの責任者は会見で「トイレは最も優先度が高いと判断し、変更を決めた」と話した。

 最重要任務が飛び込みですね、頑張ってくださいませ。

2008-05-28

宇宙ステーションのトイレ故障、星出さんのシャトルで修理へ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 これは確かに最重要任務だ。今のところは何とか応急措置でしのげてるとのことだが、さほど広くもない密閉空間で本格的にトラブったら……ガクガクぶるぶる。

時事ドットコム:将来の飛行士へDVDの贈り物=地球の芸術作品収録−火星探査機

 こんなお茶目を、と感動するべきなのか、はたまた、かつてはまだ見ぬ異種知性へのメッセージであったのに、今度は「いつか地球人がそこへたどり着けるかも」レベルか、と感慨にふけるべきか……

2008-05-27

日本でフィッシングが急増しない理由は「費用対効果」

 こういうことについても「ガラパゴス状態」なのか。理由はどうであれ犯罪自体が少ないのを喜ぶべきか、はたまた諸外国には見られないフィッシングよりも「費用対効果」の高い犯罪に独自の対策をうたなきゃならんことを嘆くべきか、どっちでしょうね。

「Phoenix」の降下中の画像が得られた!(惑星探査) / 科学ニュースあらかると - 火星探査,Phoenix

 これはすごい!!!

 それにしても、やはりこうして矢継ぎ早に成果をアピールしてくる所が、良くも悪くも、アメリカですねぇ。

JAXAは結果を出さないと予算を削られるが、NASAはパフォーマンスをしないと予算を削られる。
★月周回衛星「かぐや(SELENE)」Part10★

常温核融合は本当だった! その12

 今のところ、頭から否定するには定量的な情報と俺の知識がなさ過ぎ、本当なら面白そうだし興味深いが、肯定的なソースや論者が「相ま」や陰謀論よりに偏ってるようなのが気になって仕方がない、って感じかな。*1 とりあえず、「これまで知られていなかった何かが物理的に起きてる」と「エネルギー収支的にプラス」*2と「商業的なスケールアップが可能」を、そして「やはりフライシュマン=ポンスは正しかった」*3や「科学界or石油業界の陰謀」を更にきちんと分けるよう脳内に分類籠を作りながら経過観察。

*1:あと、ざっとぐぐった感じでは、そもそもD+D→4Heってありなのか? という疑問も。

*2:極端な話、例えば重水素を調達しパラジウムに充填するために必要なエネルギーのほうが大きいなら、工学的には無意味だろうし。

*3:とりあえず今回は電流を流してないようなんで、少なくともユタ大学のあれとは違う現象なのは確実だろう。

2008-05-26

スラッシュドット・ジャパン | 電波で胸が痛む?

 wireless Internet and cell phones*を含むある種の電磁波に非常に敏感*って、特定のタイプの電波に限定の電磁波過敏症? そりゃまた便利な症状だ。きっとテレビ・ラジオの放送波や電子レンジなど、自分たちが便利に使ってるものには感じないんだろうな。

2008-05-25

木星に第3の目玉が出現 ハッブル望遠鏡が撮影 - 中国新聞ニュース

 「このままいくと八月に衝突する。小さいほうが吸収されるか、はじかれるか、どちらかだ」と推測、珍しい天体ショーになる可能性を指摘……れ、どっちになるかわからないぐらい大赤班の類の物理って謎だったっけか。木星だろうが馬鹿デカかろうが大気の渦には違いないんだから、それぞれが右回りか左回りかさえわかれば行く末は予想できそうなもんなんだけど。

2008-05-24

AVG Free Forum :: AVG 7.5 Update Issues :: DEADLINE FOR AVG 7.5 FREE UPDATES 31/12/2008

 via AVG Anti-Virus Version 67 >>663。ヽ( ^^)ノヽ(^ ) ヽ(^^ )^-^)ノ いや、助かった。これでうちのCF-A3*1の寿命がもうちょっとは延びる。

短期集中連載 カミオカンデとスーパーカミオカンデ 物理学を変えた四半世紀 4

 この連載もずっと読んでたけど、なぜか今回のニュートリノ振動の説明が初めて腑に落ちたような気がするのでメモ。

*1:440MXなので256MBytesしか積めない。AVG 7.5よりメモリ消費の多いアンチウイルスを載せると、アプリを一つも使ってない段階でスワップをはじめかねない惨状。

2008-05-23

神戸新聞|社会|2012年目標、「宇宙太陽光発電衛星」打ち上げ 

 神戸大によると、開発チームの計画では、打ち上げた小衛星が、直径五百メートル規模のネットを「投網」のように広げ、後で打ち上げた数メートル四方の太陽電池パネルを載せたロボット数十個を動かし、網の上に並べる。送電電力は約百キロワットとわずかだが、実現に大きな意義があるという。

 こりゃすごい。ひょっとすると軌道上での大型構造物の組み立てとしても、ISSやサリュートに次ぐ規模になるんじゃないかしら。

Voyager

 via スタートレック Voyager 第60章 >>675。ケスの中の人が……ちょうど21日(水)の再放送で第143話 "Fury" 「帰ってきたケス」を見たところなんでちょっと愕然。第4シーズン頭で引っ込んだっきり行方不明になっててくれれば良かったのに、とか思わず暴言を吐いてしまいそう。

2008-05-22

しのび寄る元従業員の影:企業のセキュリティリスクにつながる古いユーザーアカウント - ITmedia エンタープライズ

 ふぅ、そういやあいつら、俺のアカウントは消したんだろうな。こっちはもうとにかくテメエらと関わり合いになりたくねえんだから、なんかあったときにこっちにケツを持ち込むなよ。

Webが存在する世界では、何が「正当な管理」なのだろう?(コンピューター) / 科学ニュースあらかると - プライバシー情報の扱いと法律,Big Brother

 脅威もさることながら、むしろ、「できるのかよ」という興味がどうしてもわいてきますな。対象が「電話と電子メール」の全ての詳細情報*インターネットプロバイダーを経由したIP電話や電子メール*なのか国内で通信されたすべてのデータ*なのかも記事によって違い、*1 それによってデータ量は数桁は違いそうではあるから何とも断定はできないけど、もし後者なら、いったいどのくらいのストレージがいるんでしょうね。ちなみに昨年5月時点で日本の総トラフィックは721.7Gbits/secだそうで、てことは年間で721.7G×60×60×24×365÷8≒2.64エクサバイト。ストレージ自体のコストもさることながら、このサイズのデータを効率的に検索できる技術のほうがむしろオーバーテクノロジーに思えて来たり。

公海に浮かぶ「独立国家」の建設計画、シリコンバレーの資産家達が推進 | WIRED VISION

 1人当たり約28平方メートル*数千人を収容する海上住宅を建設するのに数億ドル*……一人1000万円出せば何処の政府にも煩わされない17畳のスペースか。けっこう魅力的かも。もっとも物流コストを考えれば、俺程度の稼ぎで生活が維持できはしないだろうな。

「政府とは、参入を妨げる非常に高い障壁がある業界のようなものだ。政府の一員になるには基本的に、選挙に勝つか、革命を起こして新しい政府を作る必要がある。これは人々の参入を妨げる滑稽な障壁だ。政府は、顧客の大がかりな囲い込みを行なっている。人々は、2年契約といった携帯電話の料金プランに不満を抱いているが、国籍を変えるのに要する手間を考えてみてほしい」とFriedman氏。
Friedman氏は、数千人を収容する海上住宅を建設するのに数億ドルの費用がかかると見積もっている。費用がその程度なら、多くの都市を建設して、人々がさまざまな政府を選べるようにすることができると、Friedman氏は考えている。間違った政策が採られても、市民は新しい国家に移動できる。
公海に浮かぶ「独立国家」の建設計画、シリコンバレーの資産家達が推進(3) | WIRED VISION

*1元記事は読んでません。

2008-05-21

遠くからPCをスパイする、データ窃盗の新たな手口 : セキュリティ・マネジメント - Computerworld.jp

 結論は「カーテンを開けっ放しだと覗かれるかもしれませんよ」かいな……

[ウイルスを観察してみる]バックドア「BKDR_GUPTACHAR.B」:ITpro

 何か目新しい知見があるわけではないが、なかなか試してみるわけにはいかんし、面白い。

Appleは対処せず:Safariの「じゅうたん爆撃」問題、StopBadware.orgも対処を要求 - ITmedia News

Safariではユーザーの同意を求めることなくリソースがダウンロードされ、デフォルトの場所(Windowsではデスクトップ、OSXではDownloadsディレクトリ)に保存される設定になっている。ユーザーの許可を求めるよう、設定を変更することもできないという。
(中略)
 例えば不正iframeを仕込んだ悪質サイトをユーザーが閲覧すると、自動的にファイルがダウンロードされてしまい、ユーザーの許可なくマルウェアがダウンロードされる恐れもある。
(中略)
 これに対しAppleは「機能強化のリクエストとしてSafariチームに伝える」としながらも、「当社はこれをセキュリティ問題としては扱わない」と述べ、対処するとしてもかなりの時間がかかるかもしれないと返答してきたという。

 相変わらずの対応はさすが。例えばデスクトップにメジャーなアプリの名前とアイコンを騙ったファイルが知らないうちにできてたら、けっこうな確率で引っかかる人がいるだろうが、Windowsを使うような「良いものの価値のわからない馬鹿」がどうなろうと知ったこっちゃないんだろうね。あと、本当にデフォルトの場所にしかダウンロードしないのかしら? 他の脆弱性との合わせ技でスタートアップフォルダへ、とか。

2008-05-20

萬屋直人『旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。』(電撃文庫)

 「日記の極意」に撃沈されました。これは良い! なんかあちこちの感想を見てると、論理で読んでいる人ほど評価が辛いようで、さもありなん。白く消えていく人と世界、誰でもない者と何処でもない所だけが残る、という一点のみで俺なんかにとっては十分なんですが。

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

シスコの偽造品、バックドアは仕込まれていないことが確認 - Technobahn

 怪しいことがなかったのは良いんだが、一部ではシスコ社の正規パートナーもこれらの偽の製品を販売していたって、さて、次のうちどれが正解なんだろう。普通なら当然1.なんだが、こと「Ciscoの正規パートナー」となると、TACの検索すらできねえ単なるバイヤーがゴロゴロしとるからなぁ……

  1. 正規パートナーにも見分けが付かないくらい精巧な偽物だった。
  2. Ciscoの正規パートナーは、真贋を鑑定できるほどに自身の取り扱う製品に精通していない。
  3. 実はわかってて偽物を取り扱ってた。

PSJ渋谷研究所X: アシモフのリスク計算

アシモフは、こっそりと「占星術やヴェリコフスキーが忘れ去られて、自著が生き残る」という未来を語っているわけだ。ものすごい自信だよね。正直びっくりだ。

 自信なりお茶目なりなのかもしれないけど、やがて占星術やヴェリコフスキーを追憶のかなたへ放逐する程度には人類に理性的であって欲しい、という願望にも思える。

HackerSafe、「スーパーハッカーのように侵入します」:スペシャル - ZDNet Japan

Sage Lewis氏:それで、セキュリティというと、具体的にはどういったことを指しているのでしょう?
Cresta Pillsbury氏:あー、われわれはスーパーハッカーのように侵入します。・・・

 via はてなブックマーク - HiromitsuTakagiのブックマーク / 2008年05月20日。McAfeeってこんなにお茶目な会社だったのか。いや、しかしこのフレーズは味わいがあるな。どっかで使うために覚えておこうか。

JAXA|月周回衛星「かぐや(SELENE)」の地形カメラによるアポロ15号の噴射跡の確認について

 素晴らしい!!!

 ついでに、毎日新聞の見出しのあんまりなアレっぽさに絶句……かぐやが観測できたことじゃなく、人類は確かに月面に立っていたがポイントなのかよ。この体たらくじゃそのうち、「かぐや陰謀論」を口走りはじめかねんな。それとも日本の技術に関しては逆に過大評価してるんでそっちには走らないで済むかな? なにしろ彼らの脳内じゃ、宇宙基本法が通った途端に国産偵察衛星の解像度が衛星からのプライバシー侵害などの議論*が必要になるくらいに跳ね上がるらしい。

2008-05-19

南瓜とホチキス(ホッチキス)とその他の事物 - 一本足の蛸異世界に必要な設定は、ニット織機と吸湿性に富む糸 - REVの日記 @はてな狼と桓武天皇 - 一本足の蛸ファンタジーと故事成語 - NaokiTakahashiの日記

 こういう考察を論理的にきちんと展開するには俺の脳味噌は粗雑すぎるんで感想だけ。ファンタジー世界というか明らかに架空の、現実世界と共通の文化的基盤を持たない世界で、どこまで故事成句や人名由来の語が許せるのかについての俺基準。

兵は拙速を尊ぶ微妙、明らかに何かの引用として表現されるならNGかな。
矛盾OK。というかさすがにこれを言い換えられるとその方が違和感がありそう。
南無三OK。由来的にはNGにしたいけど、勢いやニュアンスを優先するならありだろう。
南瓜OK。おそらく生物学的には同一の世界なので、南方産の瓜っぽい何か、だろう。
カボチャ今の今までカンボジアと関係があるとは知らなかった……知ってしまった今ではNGにしたい。15分前までならOK。
ホチキスNG。ん、ひょっとして基準は「俺が知ってるかどうか」なんだろうか。
スパルタ式NG。さすがにこれに違和感を感じない、つまりこの単語の意味を知ってて由来を想像できない読者を想定する方が難しいような。
「muffin」を「饅頭」と訳すむしろ良訳ですね。

 あと、俺基準としては、ハードSFやハイファンタジーでは明らかに厳しくなりますね。少なくとも地球文化圏以外での「キロメートル」の使用は、何らかのエクスキューズが明記されてない限り、むしろ「地球と何らかの関連があるという伏線」と見なさざるを得ない気がします。

史上初、カナダの医療機関がロボットを使った脳外科手術を実施 - Technobahn

 脳外科手術専用に開発が進められてきたものなのか。もちろんこれはこれで非常に有意義だと思うけど、汎用のマスタースレイブシステムみたいな方向へ開発が進むと面白いんだがなぁ。

シアトル『SF博物館』で日本のロボ玩具展覧会:画像ギャラリー | WIRED VISION

 キングジョーとかブロックヘッドとかサンバルカンロボとか、セレクションが面白い。純粋に造形で選ぶとこうなるのか。俺なんかだとどうしても登場作品の評価が混じってしまうだろうなぁ。しかしその鉄人28号、1963年のじゃなく太陽の使者じゃなかろうか。

スラッシュドット・ジャパン | 銀河系内で最も新しい超新星残骸見つかる

 あ、やっぱりあれがこれだったのか。

これ、発表前のニュースリリースがちょっとアレゲ心を刺激する文面だったので、
( http://www.nasa.gov/home/hqnews/2008/may/HQ_M08089_Chandra_Advisory.html/ )
わりと常識的な発表にがっかりしたコメントも寄せられていておもしろいです。
( http://comments-submit.nasa.gov/commenting/Comment.do?uiAction=listCom... )
銀河系内で最も新しい超新星残骸見つかる

2008-05-18

帰宅

 通夜〜葬儀・告別式〜斎場〜中陰のワンセット終了、一人暮らしなので自分で自分に塩を振り、(内蔵の)アルコール消毒大会開始。困ったことに、すっかり身内の葬式に慣れてしまって、宗派ごと・会場ごとの式次第の進行を比較して考察を巡らしてみたり、やはりヒト→遺体→もの(骨)→シンボル(位牌や遺影)へと対象が順に移り変わっていくことで、生きてる人間の側に心の区切りをつけさせるための儀式なのだな。タイフーンや大震災と違い、とりあえずは落ち着いて形式通りに儀礼を進めることのできる境遇に感謝しつつ、泥酔。

2008-05-17

スラッシュドット・ジャパン | バチカン天文台長、宇宙人の存在について語る

 神によって作られ原罪を背負わない知性って、天使かしらね。ま、なんか発言と社会的影響とポストとの間に色々と複雑怪奇な関係があるらしいけど、どう見ても法王猊下こそが宇宙最強のキャラである今なら、いろんなことが自由に言えるのかもしれないな。

2008-05-16

欧露、6人乗り有人宇宙船の共同開発で正式契約 - Technobahn

 欧露方面では相次いで面白そうな動きが。シャトルがへたばりオリオンが立ち上がってくる前に実績を上げよう、とかの目論見かしら。しかし相変わらずTechnobahnのセンスは微妙。なんでここであえてクリッパーの写真を使うんだろう。

 一方本邦は……ダメだダメだと囁かれてたものが、やっぱり本当にダメみたい、ですね。

コ・サンさん「宇宙船の操作技術を学ぼうとして交代された」 | Japanese JoongAngIlbo | 中央日報

 搭乗宇宙飛行士から予備宇宙飛行士に交代されたのは、もう少し多くの有人宇宙技術を学ぼうとしたため訓練当時に最も学びたかった技術は、二重・三重の安全装置が故障した時に宇宙船を直接操作する飛行技術……おやおや、家族にテキストを個人的に送ったとか何とかの言い訳はどこへ行ったのやら。ま、「愛国無罪」のお国柄だし、国内向けにはこの言い訳のほうが通るんだろう。韓国側の認識はどうあれ、ロシア側としては「旅行者」にそこまでクリティカルな部分を触らせる気はないってことだったのかな。もっとも結果論から言えば、乗ってたのが「旅行者」じゃなくそこまでのトレーニングを積んだまともな「飛行士」であれば、あの事故ももうちょっと軽く済んだのかもしれないが。

スーパーダッシュ文庫

 via 集英社スーパーダッシュ文庫総合スレッド19 >>172-180。「これはひどい」以外になんと表現したものか……

『紅 公式ファンブック』
手前みそですが、おもしろい。五月雨荘自治会よくやった。原作の小説と、SQ.のマンガ、アニメの違い、共通性、それぞれの秘密(?)が満載。片山憲太郎書きおろしの短編小説『祭の後』も絶品でした。醜悪祭(下)のあとでどうなったかが「なるほど、そうだったのか!」とジーンと来ました。

米国税関が新制度を近くスタート、入国者が所持するPCのデータを丸ごとコピー - Technobahn

 こらすごい。シンクライアント業界から賄賂でももらったんだろうか。はたまたコピーしたデータを保存するためにストレージ業界からか。

追記:はてなブックマーク - 米国税関が新制度を近くスタート、入国者が所持するPCのデータを丸ごとコピー - Technobahn

 ちゃんと元記事を読んでくださった方の解説によれば、"入国者一律にPCの全データをコピーする制度"とはどこにも書いてない。税関が必要と判断すれば"できる"ということ”全部コピーすることもできる”ぐらいの感じだそうで、ストレージ業界からの賄賂はなかったようだ。

2008-05-15

高遠豹介『藤堂家はカミガカリ 2』(電撃文庫)

 「代返の達人」誕生で噴いた。いや、上手いとか良くできてるとかとは思わないし、続巻展開に向けたネタの仕込み方なんかはけっこうぎこちないように思えるけど、こういう「イイ性格」とか「疑似家族」の話は、見事に俺のツボだな。「ボケたもの勝ち」なところもポイント高し。伏線とか大きな話とかは適当に流してでも、この雰囲気で続いて欲しいなぁ。

【動画】ロボットがオーケストラの指揮者に 国際ニュース : AFPBB News

 ともかく可愛い。わたしたち演奏者がアシモ(の指揮)に反応するのであって、アシモはこちら(演奏者)に反応してくれない*とのことだけど、ひょっとして、頭部全面の黒い一枚板の代わりに、左右に二つ点が並んでたりするだけでかなり印象が変わるんじゃないだろうか。こういうデザインのロボットを(実物/二次元絵問わず)見慣れてるせいか、それなりの感情表現が読み取れてしまう俺なんかだと、現状でも十分人に反応してるように見えてしまう。

「タンク培養の人工肉」普及は間近?:培養食肉シンポジウムからのレポート | WIRED VISION

 動物愛護系火病患者とかなんにでも「温暖化対策」と冠を載せればいいと思ってる類の寝言かと思ったら、

「私たちが現在食べている食肉を作る際、骨格や神経組織といった食用に適さない部分や代謝のために、家畜に与えた飼料の75〜95%が失われる。食肉の培養なら胴体は必要ない。最終的に食べる部分だけを作ることになる」

こういう視点か。これは面白いな。骨や皮膚、腎臓、心臓といった生物組織の人工培養を試みる生物医学的な「生体組織工学」の1つの形態だってことは、医学的にも有意義な気がするし。

2008-05-14

米国のセキュリティ研究者、新タイプのルートキットをBlack Hatで発表へ : セキュリティ・マネジメント - Computerworld.jp

 SMMで動作ってことはハードウェアを直に叩くわけだから、マイナーなハードウェアで固めてるほど安全だったりして。いっそPC-98Windows 2000を載せて使ってれば、少なくとも2010年7月13日までは安心かも。

Japan Aviation & Railway News (航空ニュース JAN) -Japan Aviation Newsは新聞よりも速く、雑誌よりも詳しく-: 太陽電池使用の無人機「オデッセウス」、5年間の滞空を目指す

 3機が合体し太陽の向きに合わせて変形。信じられんもんを考えつくもんだ。しかしどう見ても至近弾一発で崩壊しそうなくらいに脆弱な気がするが、大丈夫なんかいな。

米軍大佐が「軍事ボットネット」提唱、F-Secureが反論 - ITmedia エンタープライズ

 どっちもなんだかなぁ。他人のコンピュータを乗っ取って操るのではなく、「自分たちのリソースで十分な威力を形成できる」と主張している側は、botの一番の防ぎにくさがIPアドレス空間内に広く分散してる点にあることすら理解できずに提案してるようだし、犯罪者は世界各地で盗んだリソースを使っているため出所を突き止めるのは難しいと言ってる側は、軍が動く動機を犯罪者に限定してるのが謎としか思えない。

英国判事のローブがデザイン変更、18世紀式から「スタートレック」風に 写真4枚 国際ニュース : AFPBB News

 なんだ、英国の判事がTNG第1話Q並みにやかましく変人になるって話かと思った。それにしても、高等裁判所が金で高等法院が赤って、ちゃんとえらい順なのかなと思ってイギリス最高裁判所 - WikipediaImage:English court system JA.png - Wikimedia Commonsを見たら、あまりのややこしさにくじけそう。

英国防省、UFO目撃に関する旧機密文書を公開 | 世界のこぼれ話 | Reuters

 未確認飛行物体(UFO)の目撃情報については、1977年に米映画「未知との遭遇」が公開されて以降倍増UFOの形状や大きさ、色はさまざまである一方、地球外生命体は一様に緑色……存外、オリジナリティはないんだな。俺の中ではすっかりモンティパイソンと面白ニュースの国なんで、もっと意表を突いた素っ頓狂な話が多いのかと思った。

2008-05-13

スラッシュドット・ジャパン | 現在も使われている、最も古いプログラムは?

 我が家だと、pathの通ったディレクトリに1985/09/07のnomore.comが入ってるのが最古かな。*1 あと1986/03/10〜11のタイムスタンプでwc, cat, uniq, chcase, ftree, ls, mid, tree, wordなんかがあるな。確か、アスキーから「MS-DOS Software Tools」だったかのシリーズで発行された、B5版で黄色い表紙の本の付録FDだったような気がする。

3つの隕石が同時に同じ場所に落下する確率 - Technobahn

 どう考えてみても「万に一つ」の確率で、こういったクレーターは火星に1つもあるか、ないか位の確率でしか起こりえない……ん? 薄いとはいえ大気のある惑星なんだから、衝突直前に隕石が分裂するケースはそれなりにありそうだけど。あと、それよりはかなり確率は落ちるだろうが、宇宙空間での(小|微)惑星同士の低速な衝突でできた欠片が、遠くへ飛び散らずにそのまま近くを漂い続けることもあり得るはずだし。

 どうも書き方からするとNASAのリリースにある表現じゃなく「Technobahn理論」っぽいし、Mars Odysseyのサイトを見た感じでは、該当するリリースも見当たらないなあ。

*1:もっとも最後に使ったのは……フロッピーを常用してた時代だから、10年近く前になるか。

2008-05-12

空港での遺失物、オークションで新しい持ち主のもとへ 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News

 3月にオープン直後の英ヒースロー(Heathrow)空港の第5ターミナルで大量の手荷物が行方不明になったのは記憶に新しい。あと数週間で、同ターミナルを使用している唯一の航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)がそれらの遺失物を販売できるようになる。同社広報は、ほとんどの遺失物は所有者のもとに戻っているとしているが、同社はしばしばオークションで遺失物を処分しており、売上の一部を慈善基金に寄付していると述べている。

 ……これがなんか「ええ話」のように伝えられるとは、イギリス人のセンスってわかんねぇ。*1 多分、日本で空港なり航空会社なりの不手際により大量の荷物が散逸したりしたら、「100日経ったらオークション」どころか、「最後の1個までお客様の手元に返せ」という大合唱が起きるんじゃなかろーか。

google:ヒースロー空港 第5ターミナル 混乱

サイバー戦争を試験する空間:多数の模擬人間による仮想領域を作成 | WIRED VISION

 うーむ、目が点になりそう。作戦時のネットワークに存在する役割と同様のユーザー役割を複数実行可能全事象の80%で人間並みの行動を示すことができ現実的で高度な、国家的なクラスでの、攻撃および防衛の敵対軍事力を演じられるレプリカントって、なんかあっさりチューリングテストに通りそうだし、現実のネットワークに接続したらそのままサイバー戦争の戦力になりそうなんですが。こんなものをいきなり外注して作らせるって目算が立ってるのかしら。

【科学】届け宇宙人への電子メール 25年前に送信、7年後にも返信来る!? (1/2ページ) - MSN産経ニュース

 しかし最後は、なぜかエタノールの分子式と「乾盃(かんぱい)」の文字。お互いの出会いを祝福する“暗号”だ。平林さんは「水割りを飲みながら思いついた。ここだけは宇宙人も、理解できないでしょうね」と笑う。遊び心もたっぷりだ。

 こら、なぜその一番「美味しい」画像を載せんのだ。それとも、長く所在不明になっていたが、昨年秋、森本さんが顧問を務める兵庫県立西はりま天文台で見つかったってことで、全部が出てきたわけではないのかな? ちなみに検索して出てきた記事によると、そもそも電波による異星人へのメッセージは過去に2回だけだそうで、つまりアレシボ・メッセージに並ぶ歴史的出来事かもしれないそうな。

痛いニュース(ノ∀`):2015年に「アルタイル星」からメールの返信が来るかも?

 いろんな反応が楽しい。特に>>119の林: まさかとは思いますが、メールが返信された宇宙人というのはに噴いた。けど、マジレス的には、このスレで出てくるような反応については既に↓で予見し尽くされてるような気はする。

 パイオニア10号の金属板の、より大きな意義は、宇宙のかなたへのメッセージであることによりはむしろ、ここ地球に向けたメッセージであることにあるのである。
カール・セイガン『宇宙との連帯』(河出文庫) p.59

*1:さすが、核戦争で放射能より紅茶不足を心配する人たちだけのことはある。

2008-05-11

火星の砂嵐はなぜ地球よりも大規模になるのか? 風洞を使った実証実験で明らかに - Technobahn

 研究グループはこのナゾを解明するために、実際に火星の環境に似せた環境で風洞実験を実施。その結果、火星の「saltation」の場合は砂の粒子が風の影響で舞い上げられた後、地球よりも弱い重力環境のために、地球の場合よりも長く空中に滞在できることが、結果的に砂嵐の規模が地球に比べて大規模になることに大きな影響を与えていることが判ったとしている。

 風洞実験地球よりも弱い重力環境が効いてくることがわかったですと? 結果より、どういう実験系を組んでこういう結果を導き出せたのかのほうが興味あるなぁ。どっかに日本語での詳報が出てこないかしら。

文字コードとかエスケープとか

 初歩的なしょーもないことにいまさら引っかかってちょっと鬱。↓の各号の責任者出てこい。小一時間とはいわねぇ、てめえの短慮が招いた歴史的災害について、たっぷり説教してやりてぇ。

  • JIS X 0201の制定時、「どうせ日本じゃバックスラッシュなんてほとんど使わないだろう」と、円通貨記号を0x5cに割り当てた奴。
  • MS-DOS 2.0の仕様策定時、「スラッシュはコマンドラインオプションの記号に使っちゃったし、ディレクトリ区切りはバックスラッシュでいいや」と判断した奴。
  • Shift_JISの作成時、2バイト目から除外するコードに0x5cを含めなかった奴。

支倉凍砂『狼と香辛料 8』(電撃文庫)

 胸をコルと比べてどーする……

 それにしても、なんかここのところ、「○○の運命やいかに、待て(次|下)巻」が多すぎてお腹いっぱいになりそう。『文学少女』に『闘う司書』に、『メグとセロン』も既に7月の予定があがってるってことは、今巻では「続く」のか。そういや『封仙娘々』も待ってるんだっけ。ま、あとがきによれば下巻も一旦は相当部分ができてるってことで、それほど待たずには済みそうだけど。

狼と香辛料〈8〉対立の町(上) (電撃文庫)

狼と香辛料〈8〉対立の町(上) (電撃文庫)

2008-05-10

三菱電機 DSPACE/2008年5月コラムVol.1[「宇宙は地上より身体にラク」。土井流宇宙適応術とは:林公代]

 や、これは素敵。気に入ったところを引用しようと思ってコピペをはじめたら、ほとんど全文になってしまったのでリンクのみ。

物議を醸すセキュリティ研究者の「バグ探しコンテスト」 (1/2) - ITmedia エンタープライズ

 ↓この程度のことを理解できない奴がセキュリティ研究者を名乗るなよ。ゼロデイ脆弱性を突くコンセプト実証コードを自分のブログに埋め込み、読者にこのバグを見つけてみよと挑戦この挑戦を、ラフ氏は、イスラエルの独立記念日の伝統に調和するものだと語っているって、イスラエルのイメージダウンを狙うアラブ側のスパイじゃなかろうな。

 情報非開示によるセキュリティだけに頼るのは悪いことだが、それでも秘密にすることは常にセキュリティの重要な部分を占めるとペスカトーレ氏は付け加えた。
 「パスワードが書かれたTシャツを着るわけがないだろう?」と同氏は大げさに問いかけた。「どの情報をWebサイトで公開するべきかについても同じことが言える。政府の建物の電子図面を持っているからというだけの理由で、それをWebサイトに載せるべきだろうか?」

動的に変化する「合体ウイルス」の脅威:ニューストレンド

 悪性コードがメモリ上にしか存在しないウィルスのお話。いよいよ、「毎日パターンファイルが更新されるIDS」を各端末ホストに入れなきゃならんご時世なのかしら。

2008-05-09

スペースシャトル・コロンビアで行われた実験、5年ぶりに研究成果が論文発表 - Technobahn

 改めて、黙祷。それにしても、この状態のHDDからデータを取り出せるのか。普通の民生品? それとも宇宙用特別耐G仕様だったりするのかな。

追記

 スラッシュドット・ジャパン | 空中分解したコロンビア号の実験データ入りハードディスクを復元のコメントによると、3枚プラッタで400MBのものだとのこと。2003年にこのスペックなら、まさかシーゲートが保守用在庫を持ってきたとかじゃない限り、NASA向けスペシャルっぽいな。

「Firefox」のベトナム語言語パックに悪質コードが混入:ITpro

 Bug 432406 – Virus found in Vietnamese language packによると、野良拡張とかじゃなく、addons.mozilla.orgに挙げられてたものとのこと。これは怖い。コード署名による検証がまともに機能してない現状では、「信頼できるサイトに置いてあるか」が拡張機能の安全性を判断する最大のポイントだと思ってたんだが、addons.mozilla.orgでもこのていたらくか。どうすればFirefoxを信じられる?(翻訳) - outsider reflexの批判、3年半経った今も有効なんだなぁ。

タダこそが世界共通の価値:Sunが買収とオープンソースでねらうこと:ニュース - ZDNet Japan

 うわ正直だ。SUNにとってオープンソースの価値は「タダ」にあると言っちゃったよ。原理主義の人たちの反応が楽しみ。

Rauru Blog » Blog Archive » NASAが何か発見したらしい

  • 我々の銀河系の中にある
  • 天文学者達が50年以上に渡って探してきたもの
  • X線望遠鏡で見つけられるような類のもの

 ふむ、なんだろう。for more than 50 yearsを文字通りに受け取ると、地球外知性って線はなさそう。Wikipediaによれば、SETIの起源は1959年、科学雑誌『Nature』上にフィリップ・モリソンとジュセッペ・コッコーニが初めて地球外生命体に言及する論文を発表*したことだそうで、49年前。そもそも1958年以前から探査されてたものとなると、かなり限られるよな。なんだろう、わくわく。

雪乃紗衣『彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく』(角川ビーンズ文庫)

 細切れのように情報があとからバラバラに出てきて、いつまでもさっぱり全体がわからない。p.149という一文に苦笑。期せずしてこの作品自体への批判に見えてしまったり。それとも作者の人の意図としては、それこそが劉輝や秀麗たちがおかれて闘ってる状況を読者にも共感させようとする手法なのかな? だとしてもとても成功したというよりは、読者にイライラを募らせかねない紙一重のところだと思うけど。

 とはいえそろそろ大状況が動き始めてきて、さすがに「実はこんな設定が」が話の大きな原動力になるようなことは減ってくるだろうし、待て次巻、早く来い。とにかくうーさまと悠舜が気になって仕方がないよぅ。

2008-05-08

ダウンロードの詳細 : Japanese ClearType fonts for Windows XP

 ライセンス的にヤバいことに手を出す気はないし、これだけのためにVisual Studioってのも敷居が高すぎるんでこれまで手を出してなかったが、公開を機に入れてみた。確かに見やすいが、縦・横ともに余裕がとられすぎて間延びして見える。そこでググると、当然ながら同じことを思い、かつ、対策まで公開してくれてる方がいらっしゃった。

 8倍速対応 | XPでVista搭載フォント"メイリオ"を使う(&文字幅はMS Pゴシックと同じに)-MeiryoKe_PGothicで紹介・配布されてるパッチがそのまま使えた。内部バージョンの変化等はないようだ。ClearTypeはデフォルトの設定+うちのモニタ+俺の目ではかなり滲む感じがしてこれまで使ってなかったが、ClearTypeフォントの表示方法を調整する − @ITで紹介されてるClearType Tuner PowerToyで調整してみたところ、Advanced -> CleearType Contrast SettingをLighter側(2.0以上ぐらい)にするとちょうど見やすいようだ。

 レジストリをいじるシステムフォント変更は……ちょっと怖いので様子見。きっと今回の公開を受けた人柱があちこちでトライしてくれるに違いない。

ボーランド、CodeGearツール部門を売却:ニュース - ZDNet Japan

 売却先のEmbarcadero Technologiesってのがどんな会社か知らないんで憶測でものを書くけど、ボーランドよりもi18n/L10Nに熱心で経験豊富、ってことは無いだろうなぁ(ボーランドのそれがとても素晴らしかったとも言わないが)。さようなら、Turboシリーズにはお世話になりました。

2008-05-07

お役所ルールとのつき合い方を小型ロケットの新規開発から学ぶ - Imamuraの日記

 カムイロケットまつりのレポート。↓のお役人様とのやりとり、むしろこちらが相手=お役所の世界観を理解し、それに沿って話をするのが、結局はいちばんの近道なのじゃないだろうかと綺麗に締めてらっしゃるけど、なんというか、理屈は分かるんだけどその「世界観を理解」してしまうと人として大切なものを失ってしまうんじゃないか、みたいな嫌な考えになってしまったり。

「技術的にはすばらしい、また今後産業として成り立っていく可能性もある。んだけれども、ロケットは文科省の管轄なので不採択」。縦割り行政パワー全開。
この結果は、CAMUIロケット計画の急所を突くものだった。ロケットだからと話を文科省へ持っていけば、「産学連携の計画は経産省の管轄です」と言われるからだ。産学連携で進めようとしていた計画を「経産省の管轄ではない」と言われたため、持っていく場所がなくなった。計画は完全に、宙に浮いてしまった。
さらにすごいのはその審査中、永田先生のところに経済産業局の担当者から電話がかかってきた。「審査はほぼ通りそうだが、もうひと声必要だ。そこで、このロケットを使うと石油の節約になります、ということを書いたペーパーを出してくれないか」。
(中略)
永田先生自身が「誰が読んでも嘘だとわかるでしょ」と言うペーパーであるが、これのおかげで経済産業局の審査は通ってしまったのだった。しかも「省エネルギー枠」という、思いもよらない割り当てである。
CAMUIロケットの特徴のひとつが、火薬をまったく使わないこと。火薬類取締法にしばられるのを嫌ったからだ。ほかにも、高圧ガスやらなにやらの法律からも完全にフリーなロケットである。「でもそれだと役人さんは不安になるらしく」(永田先生談)、また経産省がロケット計画に手を出すということで文科省(ロケット担当の元祖)や防衛省(ミサイル担当)にも「大丈夫大丈夫」と言える理屈を作ろうとした。
「そこで永田先生、ひとつお願いがあって…少しでいいので、どこかに火薬を使ってくれませんか」。無火薬が売りのCAMUIロケットなのに!
でもなんとか火薬を使わないと、というので永田先生、「パラシュートを開く機構にちょっとだけ火薬を使うことにしました」。

XP SP3インストールでIE 7が削除不可能に、MSが注意 - ITmedia News

 「IEはOSの一部」「マイクロソフトの製品はOSもミドルウェアもアプリもユーティリティもパッチも全部合わせて、リリース順に入れろ」という鉄則が正しいことが再確認されました。

迷信の発生

 via PSJ渋谷研究所X: わかる呪術2。なるほど、論理や科学よりも、因果関係を見出す能力のほうがまず先にあったんだなぁ。

空腹のハトを実験箱に入れて、その行動にかかわりなく15秒ごとに餌を出すようにすると、餌が出る直前に頭を上げたり、 実験箱の中を一回りするといった特異な行動が現れます。1948年にこの現象を観察したスキナーは、ハトはあたかも 「その行動が餌出現の原因である」かのように振る舞ったとして、これは人間の迷信と同じメカニズムで形成されたものだと考えました。
(中略)
迷信行動を消失させるには、 行動しないでみる、他の行動をしてみる、のように行動に変化を持たせることが重要なのですが、ただそれが結構難しいのです。 たとえば、毎朝自分が「東の空に向かって礼拝しているから夜が明ける」と信じている人に、「一日止めてみたらどうですか」と勧めても、「世界人類のためにそれはできない」と断られるでしょう。

2008-05-06

道産子衛星「最後の声」 月内にも大気圏再突入 燃え尽きるまで信号発信 - 環境・自然・科学 北海道新聞

 via ネタ帳 - Space Fighter Now地上二百八十キロでロケットから分離された軌道だと2年経たずに落ちてきて大気圏内で燃え尽きる、と。これこれをわざとごっちゃにして騒いでた人たちの感想を聞きたかったりして。

The Home Planet: NASA's View of Earth

 via フォトレポート:宇宙から見たボクらの地球--NASA画像より:ニュース - CNET Japan。さっとスクリーンリーダーの使用の有無をチェックしてるところにも感動してみたり。お気に入りはありきたりではあるけど、EarthriseHome Sweet Homeだな。

2008-05-05

なんでも評点:タカに捕食されたスズメが体内からタカの腹を蹴破り、壮絶な相討ちに

しかし、ほかにどんな可能性が考えられるのだろう? たとえば、飛行中のタカの口の中に偶然スズメが飛び込んだとかいう可能性も完全には否定できないということか?

 はい、否定できません。

eetimes.jp 抵抗、コンデンサ、インダクタに次ぐ 「第4の受動素子」をHP社が実現(2008/05/02)

 via メモ:memristorについての解説記事(コンピューター) / 科学ニュースあらかると - memristor

これまで知られていた電子回路理論には、ある誤解があった」と述べる。その誤解とは、受動回路の基本的原理は電圧と電荷の関係であるという考え方だ。しかしChua氏とWilliams氏によれば、「実際には、電圧の変化と電荷の関係、すなわち磁束と電荷の関係が基本的原理である。
(中略)
この状況は、『アリストテレスの運動論』に似ている。古代ギリシャの哲学者であるアリストテレスは、力は速度に比例するとしたが、後世になってこれが誤りであることが明らかになった。アイザック・ニュートンアリストテレスの運動論は誤った物理量に基づいていると指摘するまで、2000年もの間、人々はこれを正しいと思い込んでいたのである。ニュートンは、力は加速度に比例すると指摘した。加速度とは、すなわち速度の変化率である。これはまさに現在の電子回路理論と同じ状況だ。電子回路理論の教科書はこれまで、つじつまの合わない現象を例外だと弁明しながら、電圧と電荷という誤った組み合わせの物理量の関係性に基づいて論じてきた。教科書が伝えるべきだったのは、磁束と電荷の関係に基づく回路理論である
(中略)
メモリスタの動作原理は、ヒステリシス現象にある。「オン」から「オフ」、もしくは「オフ」から「オン」といた具合に、ある状態からもう1つの状態に切り替わる際に、変化速度が増す。Chua氏とWilliams氏によれば、ヒステリシス現象は受動回路の基本的な特性であるにもかかわらず、電流回路理論においては例外として扱われてきたという。

 むぅ、かなり基本を忘れかけてるな。運動論の例えはなんか分かったような気にはなるけど。書き換わった教科書が出てくるのを待つか。

山形石雄『戦う司書と終章の獣』(集英社スーパーダッシュ文庫)

 眼鏡のお針子「お嬢」が……何ともはや、時の流れは残酷な、いや、本性は変わってないのか? エンリケはいつの間にか復讐転じて世界を救おうとする第一人者、マットアラストもやっとやる気を出しそうな今、やはり最大の怪物はこの人か。それともこの状況から更に「誰かに殺されたい」で突っ走るのだろうか。それと、227ページの“"「燃える展開」がとんでもなく格好良いだけに、わずか5ページで潰える様がかなりくる。いや、情け容赦のない作者だとは知ってはいるんだが。

 それにしても、これもまた寸止めで「クライマックス! 待て次巻」だな。滞りなく次が出てくれますように。

戦う司書と終章の獣 BOOK8 (集英社スーパーダッシュ文庫)

戦う司書と終章の獣 BOOK8 (集英社スーパーダッシュ文庫)

2008-05-04

林トモアキ『ミスマルカ興国物語 II』(角川スニーカー文庫)

 長谷部の末裔(しかももう一人別の主要キャラの血も入ってるし)にスズラン条約と、単に臭わせるだけじゃなくがっつり同じ時間軸上の話になってきたようで。「スズラン条約」ってのが怪しげだしマップと地名もアレアレで、色々と『マスラオ』の今後の展開について深読みしてしまいそう。今月の『the Sneaker』誌でもなんか大きな展開があるらしいけどまだ手に入れ損ね中なのが残念。

 パリエルにはなんか色々曰くがありそうだし(ただしラストのキレっぷりはちょっと、かも)ジェスと彼の西域での体験(それと「マジカル、バイオニカル、サイバネティカル」という表現)も興味深いのだが、ゼンラーマンのインパクトで全部忘れてしまいそう。平和主義と帝王学を極めると、人はここまで壊れるのか (違

 ところで微妙に『タイラー』や『でたまか』を連想してしまったんだが、魔王と魔物に対して平和主義と言葉のマジックは通じるんだろーか。ジェーンやザナックスに比べれば、多少は人語を解すのだろうけど……

ミスマルカ興国物語 II (角川スニーカー文庫)

ミスマルカ興国物語 II (角川スニーカー文庫)

「Nooglerを徹底教育」「悪意ある攻撃は歓迎」――Googleは社内にセキュリティ文化を作る - ITmedia エンタープライズ

 脆弱性への攻撃を受けやすいGoogleでは、これらの攻撃をセキュリティ対策への意識向上に利用している。「外からの攻撃はセキュリティを高めるための教訓ととらえている」――ペトリ氏は言う。

 とりあえず格好良いので何となく引用。この記事じゃ具体的なことは何一つ分からんけど。

2008-05-03

近く登場予定? イスラエルが開発中の無人偵察車両「ガーディアム」 - Technobahn

 軍事車両としての性格上、攻撃が加えられてきた場合、応戦のための目標物の認識も自動的に行うことが可能なように開発が進められているというから驚きだ。

 さらっと怖い一線を越えてるような。さすが最前線国家だなぁ。それとも目標の認識までは自動だけど発砲の指示だけは人間がリモートでやるんだろうか。

水星の地形に名前がつけられた

 なるほど、商業神/技芸の神の星だけあって、有名な建築物芸術家や音楽家、作家などの名前でいくのか。

小学館::ガガガ文庫:ガガガ編集部ログ: そもそもなんでガガガ文庫に?

担当「韜晦されていますが、移籍の経緯を聞かないほうがよろしいということでしょうか?」
浅井「言っていいのですか?」
担当「ただし!! 私たちと先方とは全く良好な間柄ですよ。そこをふまえて、どうぞ」
浅井「それは、将軍様一休さんに出すとんち問題なみに難しいですね。原告側弁護士が被告側の弁護をしながら事実を明らかにせずに勝訴し、なおかつ原告と被告は仲良しになれるように、と同じ注文ですよ?」

 いやぁ、小学館の担当さんとはものすごく相性が良さそうですな。これならきっと、作品内容や人気とは関係のない別次元のごたごたで新刊がなかなか出ないなんてことは二度と起きますまい、善哉善哉。

英ラベル電波望遠鏡、閉鎖の危機 写真7枚 国際ニュース : AFPBB News

 イギリスは信頼できない国、科学振興予算の大幅削減で国際プロジェクトでの地位が低下 - Technobahnの件の具体的な影響が出てきはじめたのか。しかし金食い虫になってるとされるDiamond Light Sourceって放射光施設、ググって出てきた資料を見た感じだと、性能的にどっこいのものが欧州含む世界各地に既に複数稼働し、更に増えるような感じで、歴史と実績があり、更に今後も活用の計画がある施設を閉鎖してまで進める理由ってなんだろう?

2008-05-02

スラッシュドット・ジャパン | 数学は「発見」?それとも「発明」?

 素朴な直感としては「発見」と言い切りたいが、SF的には「πの十一進表記のある桁以降に真円が現れるよう『構成』されたもの」*1 とか「『ソラリスの海』タイプの知性にとっては、固形種の離散数学は恣意的な『発明』に見えるだろう」*2 とか「ブルーウォーターのスラージの行為を数学と呼ぶか否かは『解釈』の問題だ」*3 とか、いろいろな立場がありそう。

追記:via はてなブックマーク - ブはブックマークのブ / 2008年05月02日

 タイミングよくこんな話題を見つけた。あとでゆっくり読もう。

オポチュニティー、ロボットアームのモーターが不調

 なるほど、アームで埃を払うことができなくなったので、あんなリリースを出したのか。

*1:ネタ元が何かを説明するとネタバレになるのでパス。

*2ネタ元は未読なので、こういうメンタリティの海なのかどうかは知らない。分子論にまで到達した知性であったら自然数の概念もあるかも。

*3山本弘『サイバーナイト―ドキュメント 戦士たちの肖像』(角川スニーカー文庫)

2008-05-01

空飛ぶクラゲロボ Festo AirJelly - Engadget Japanese

 これは素敵。ペットロボットとして部屋の中に放したいかも。もっともヘリウムで浮くとのことなんで補充のコスト的にえらいことになりそうだが。二つめの動画のほうは水の中らしいので、できるだけ小型に作って水槽の中に入れるのも楽しいかもしれん。しかし「いかにもメカ」なリンクとカムで動かしてるところが俺的にはやや興醒めで減点一だな。それこそ糸とゴムでも良いからヒレの中に細くて目立たない柔軟なアクチュエーターを組み込む方向に進化して欲しい。

スラッシュドット・ジャパン | 老化防止レタス? ヒトチオレドキシンをレタスで作る

 遺伝子組換え植物であるのが気になるところ安易な栽培がされないことを祈るばかり……何が気になってどうやれば安易でないんだか。「遺伝子組換え」に「安易」に脊髄反射しているとしか思えないのが「気になるところ」。たれこみ者or編集者のIMEは、操作してる人間よりまともなようですけどね。

スラッシュドット・ジャパン | 硫化水素の発生方法が、傷害行為につながる有害情報に指定

 このストーリーでもH2Sという硫化鉄に塩酸を入れれば終了となる極めて単純な化合物の発生方法 にまで検閲を加えられる*なんぞと煽ってるところを見ると、このnabeshinという編集者の資質っぽいな。ぜひ編集者モデレート制を導入して欲しいものだ。

憲法9条と911陰謀論、または安斎先生はどう考えておられるのだろう(追記あり4/30)

 #16. takagi-m ― April 29, 2008 @23:24:29と追記にちょっとショック。きくちゆみとかいうのはどうでもいいんだけど、安斎先生って「水商売」の人でも9条堅持を唱えてればOKなのか。リン・マーギュリスinダークサイド以来の、そしてそれよりも更にガックリくる話だなぁ。もちろん冷静で理性的な大人の判断として、「この人とネタAについては意見が異なるがネタBについては一致するので、Bに関する行動に限定しては共同歩調をとる」ってのはある意味でむしろ誉められるべきなんだと思うけど、それでも、あの安斎先生がよりによってエセ科学で儲けてる御仁とってのは……

野村美月『“文学少女”と神に臨む作家 上』(ファミ通文庫)

 ある程度は予想してたことだけど、ラスト1頁半で奈落の縁に送り込まれた気分。この状態で下巻待ちか。「なんとか止め」みたいな伝説にならない程度のインターバルで続きが読めますように(お祈り)。竹田さんはこのまま黒い狂言回しで行くのか、そして必死に引き止めてあれとは、どうも言動も怪しげになってきたし、やはり妖怪の眷属なんだろうか。

 なんというか、決して得意なタイプの雰囲気じゃない、むしろ苦手なんだけど逃れられず引きつけられるようなこの感じ、ネット上のいろんな方の感想を読み歩いて、↓で腑に落ちました。そうか、その香りだったか。

またお前か・・・
って何の事だかさっぱり分からないと思いますが、この感覚は何度か味わった事がありますね。
結構懐かしいと言えば新井素子とか、あるいは冴木忍とか、今でも元気な壁井ユカコとか、最近では紅玉いづきの作品で、この匂いを嗅いだ事があります。
”文学少女”シリーズ7 ”文学少女”と神に臨む作家<上> - いつも感想中
“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)

“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)

プレ・パンデミックワクチン - くねくね科学探検日記

3000万も接種すると、たぶん10人くらいは死ぬか重傷副作用が出る。もっと多いかな。
30人でも、0,0001パーセントね。
体質とかアレルギー反応とか未知の作用でこれくらいのことが起きるのは全く不思議じゃない。
そうすると、薬害だ、業者と癒着だとか、マスコミはそういう話を煽り立てることは間違いないね。

 まったく、リアルにその状況が思い浮かぶ。そのときに、「それでもこれは必要なことなんだ」と行って押し切れる覚悟あっての決定であることを、切に祈りたい。

プレパンデミックワクチンについて:朝日・読売・産経「パンデミックの脅威を軽減する一助になれば」、毎日「副作用が問題だ」

 ざっとニュースを検索してみたら、予想通りというかなんというか、毎日新聞の記事だけには必ず副作用の心配があるんだな。さすが、そのブレのない一貫した姿勢はお見事と言うほかない。ひょっとすると毎日新聞には、「医薬品について触れる際には必ず『その効能に限界があること』『副作用の恐れがあること』『その際の責任は医学界・医薬品業界・厚労省にあること』を明記すべし」みたいな内部規定でもあるんだろうか。で、その隣には「医療『事故』など存在しない。全ては医者や公務員による『事件』である」とかの項目があったりして。

japan.internet.com Webマーケティング - McAfee のスパムまみれ実験が順調に進行中

McAfee が世界中から50人のボランティアを選び、各参加者に対してノートパソコン (実験終了後に参加者へ報酬として提供) や、実験用のメールアドレス、場合によっては実験用の身元情報を提供し、できるだけたくさんのスパムメールを受信してもらう、という内容だ。
(中略)
McAfee は、一部の参加者にクレジットカードを渡しており、該当の参加者たちはスパムの売り込みに応じ始めている。この実験の真の妙味はここにある。

 面白いことをやってるな。ぜひ結果のレポートを読みたいので覚えておこう。

2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |