Hatena::ブログ(Diary)

副長日誌 - 私的記録

2008-10-31

「ご近所の恒星系」、地球似の惑星が存在する可能性も | WIRED VISION

 素人考え的には、太陽と比べ質量は85%→軽いぶんだけ恒星系の進化は速い→すでに惑星の表面環境は落ち着いている、とか、恒星としては非常に若い→最近できたぶんだけ重元素が多い→複雑な有機体の材料が豊富、といった展開をぜひ希望したいなぁ。わくわく。

スラッシュドット・ジャパン | おすすめのウイルス対策ソフトは?

 #1447413からの議論が非常に興味深い。何とまぁ、今日日の大規模ユーザー向けファイルシステムって、こんな凄いことになってんのか。すっかりこの手の世界には疎くなってしまったなぁ。

『コラボアンソロジー2 “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る』(ファミ通文庫)

 おいこら、ちょっと待て。これはたとえそのために670円になってしまおうが、竹岡さんのスケジュールの都合で発刊が一月延びようが、カラーページを増やして、コノハちゃんピンナップを折り込まなきゃならん本だろう。どうなっとるんだ、まったく。

 ということで「“文学少女”と殺された莫迦(フール)」がすごすぎました。筆者と原作者のハイテンションなコメントも、それだけでご飯三杯はいけるし。「“文学少女”と乙女に集う召喚獣」のほうは、こちらこのコラボの裏タイトルは「本当はエロい”文学少女”」でいいと思います。この人きっと、心葉の居ないところでBLとか官能小説とかガッツリ摂取してるに違いない……*というコメントに激しく同意。

 それにしてもこのぴー、番外編でも悲惨な目に合うか、あるいは一人で落ち込んでうじうじして誰かに引き上げてもらうか、まるで変わらんのだな。『活字倶楽部』2008秋号のインタビューによれば、今後の「外伝」で心葉がヒロインポジションからヒーローポジションへ、ワトソンからホームズへ変わる予定p.63だそうだけど、この子は大丈夫なのかしら。あと、番外編でも相変わらず不幸な琴吹さんに涙。「外伝」でちょっとは良い目を見れますように。

2008-10-30

火星のオパールは水を指し示す(惑星探査) / 科学ニュースあらかると - 火星探査

 それが発見された渓谷領域が「20億年ほど 前に形成された」より新しい時代の地形だってことは、生命の期待もさることながら、いろんな鉱物の鉱床が存在しうるってこと? じゃあ上手くすれば、火星植民地は自給自足可能になりかもしれないわけか。つい先日、月でがっかりしたところなんで、これはちょっとうれしい。

NASAの火星探査機「フェニックス」、きょうからサバイバルモード入り - Technobahn

 「ラザロ・モード」にも驚いたが、更に「サバイバル・モード」もあるのね。技術的にも予算的にも当初の予定を大きく超えて運用が続かなければ使い道のないモードをいくつも用意してあったとは。いまごろ中の人は「こんなこともあろうかと」(ニヤリ)ってな状態なのかしら。

火星探査機「フェニックス」に致命的な障害、メインコンピューターがダウン - Technobahn

 と思ってたら、「ニヤリ」なんてしてる場合じゃなくなったようで。主系統の「Side A」が完全にダウンして、バックアップの「Side B」の元で「セーフモード」に移行するというのは完全に予想外*だそうで、予想より火星の冬は過酷だったようです。

2008-10-29

NASA、新型月面車を試験 | その他 | sorae.jp

 さて、打ち上げるロケットはグダグダなようですが、ひょっとして先に載せる荷物ができちゃうのかしら。ペネトレーターを待ってるうちに賞味期限の過ぎてしまった可哀想なLUNAR-Aみたいなことになりませんように。

2008-10-28

NASAの次世代有人ロケットで問題発覚、時速13マイルの横風で横転の可能性 - Technobahn

 見るからに頭でっかちなデザインだったわけで、「やっぱり」という感を拭えなかったりもしますが、時速12.7マイル(約20キロ)って、換算すると5.6m/s。風力 - Wikipediaによると風力4、砂埃が立ったり、小さなゴミや落ち葉が宙に舞う*レベルということで、確かに、これでこけたらさすがに情けないよなぁ。

 発射塔の周りを防風壁で覆ったら……整備・組み立てのできたロケットを通すために可動式である必要があるか。すると今度はその可動部分の強度が、とかのオチになりかねん。

 そういえばケープ・カナベラルって、「ハリケーンの強風で延期しました」系のニュースを良く聞くよな。いっそ整備・組み立て棟も発射塔も全部地下につくって、サンダーバード3号かウルトラホーク2号状態にすれば……そんな予算があれば、そもそもコンスティレーション計画のような「ありものの寄せ集めで何とかでっち上げよう」なんていじましいことをせずに済むか。

2008-10-27

米国防総省、特殊作戦用「潜水可能な航空機」開発へ 国際ニュース : AFPBB News

DARPAは報告書のなかで、従来の研究がすべて失敗に終わった理由について、潜水艦を飛行可能にしようとしたからだとした上で、「今回の設計のコンセプトは、空飛ぶ潜水艦ではなく、潜水可能な航空機。重い潜水艦を飛行させるのは困難だとしても、潜水深度を最小限にできれば、航空機のような浮揚性のある乗り物でも潜水可能かもしれない」と述べた。

 目指すのはどうやら、轟天号やマイティジャックよりは、マットアロー1号のほうらしい。

こんなロケットありかよ! 命がけの宇宙観光旅行用ロケット - Technobahn

 どう見ても特攻兵器か棺桶ロケットだと思ってたけど、元ネタの訳を見ると、ちゃんと考えてるようでした。*1 笑ってすまん。ま、これで観光したいとはやっぱり思わんけど。

HEAT(Hybrid Exo-Atomosperic Transporter)
燃料はエポキシ、酸化剤は液体酸素、推力は40kN(=4t)、燃焼時間60秒。
加速度は3G弱、誘導装置なし、空力舵のみ。
打ち上げはノルウェー南部から。
方物軌道頂点付近でロケットモーターを投棄して大気圏に再突入、
ドラグシュートで減速、パラシュートで着地。

MSC(Micso spacecraft)
立ち姿勢だが、腹から下を強く締め付ける耐Gスーツを着用するので問題ない。
体と首と頭は固定され、動かせるのは腕だけ。
座席には非常用パラシュート装備。

生命維持装置は飛行時間+24時間分を搭載。
スキューバダイビング用品などの既製品を転用。
船内環境は80%窒素-20%酸素-1気圧に維持される。
水酸化リチウムによる二酸化炭素除去と湿度制御あり。
予備酸素マスクあり

航法装置は軌道計算機を搭載、着地後の回収を容易にする。
姿勢制御用のコールドガスジェットあり。
【宇宙】こんなロケットありかよ! 命がけの宇宙観光旅行用ロケット >>165

*1:もっとも宇宙飛行士の成り手が見つからない*、つまり開発者自身も怖がってんじゃねーか、という気もするが。

2008-10-26

志瑞祐『やってきたよ、ドルイドさん!』(MF文庫J)

 まずは寝過ごして食パンくわえて走って登校中に本物のクマからベアクローというつかみで笑った。お約束をたどると見せかけておいてそこからズラしたり270°ほど捻ったりするのは、火浦・神坂あたりの系譜に連なる芸風かな。で、そこにセルフノリツッコミ、という新しい味わい。これでちゃんと盛り上がってええ話になるんだからたいしたもんだ。ただまぁ、レーベルがレーベルだけに、ラブコメでもハーレムでもない本作に「次」が出るのかどうについては、ちょっち不安。

 ところでイラストレーター、p.93、吸血鬼コスチュームの胸元にそのアクセサリーはどうかと思うぞ。

やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)

やってきたよ、ドルイドさん! (MF文庫J)

『ウルトラマンシリーズ生誕40周年記念 ウルトラマン 主題歌大全集』

 もちろん分かってた上で買ったんだけど、ネクサスが楽曲の収録がない上に完全に黙殺されてるのが悲しい。「TAKE ME HIGHER」がこの手のCDに初めて収録されたのが確か『ウルトラマン CDツイン』だったから、1996年の放映から8年。同じくらいのタイムラグがあるとすると、「英雄」「青い果実」「いつも心に太陽を」「飛び立てない私にあなたが翼をくれた」「赤く熱い鼓動」がこの手の手に入れやすい媒体に収録されるのは2012年か。先は長いなぁ。

2008-10-25

リチャード・ギャリオット、無事帰還 | ソユーズ | sorae.jp

 どうやら今回は無事に正常な着陸ができたようで何より。ところで爆発ボルトには不具合は発見されなかった*って話があったけど、そうすると結局なんだったんだろう?

露エネルギア社が経営危機、新規のソユーズ宇宙船を建造する資金はなくなった - Technobahn

 政治的ごたごたに目処が付き技術的トラブルが何とかなったと思ったら、今度はお財布のトラブルか。御難続きじゃのう。

城崎火也『渚フォルテッシモ 4』(MF文庫J)

大地を好き勝手にボコボコにしていいのは、この私だけなんだから!
p.215

 いやぁ、ベタベタやけど、いい台詞やねぇ。で、これを「わけのわからないことを言う」と受け取るのもお約束。安定して面白い。イラストも担当交代の割に違和感なくてGood。ところで雄叫びを上げる撲殺人魚、なんでそこにイラストがないねん。

渚フォルテッシモ〈4〉 (MF文庫J)

渚フォルテッシモ〈4〉 (MF文庫J)

NASA - The Shuttle Enterprise

 並ぶみんなが若い若い。1976年ってことは、TOS終了から7年、TMPの企画が動いてた頃、か。てか、この写真の時点ならジョージ・タケイとウォルター・ケーニッグは今の俺より年下なんだ。うはーっ……

昨日のエントリの関連情報追記

小学館:ルルル文庫/ブログ:10月27日(月)からWEB小説が2つスタートします!

プリハ、イラストレーターさんが変わります! 新しいイラストレーターさんは、今をときめく明咲トウル先生!

 via 高殿円4 >>673-。ヽ( ^^)ノヽ(^ ) ヽ(^^ )^-^)ノ 1巻から新絵師で出しなおしてくれないかな*新装版としてぜひ出し直してほしい*というレスに全力で同意。

2008-10-24

マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-067 - 緊急 : Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (958644)

 久しぶりに緊急更新がきたな。リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。Server サービスが特別な細工がされた RPC リクエストを適切に処理しないため、この脆弱性が起こります。ってことで、Blasterタイプの穴か。まだこの手のが残ってるんだなぁ。

ML経由、ありがたいまとめあり。

月の南極に氷見当たらず 衛星かぐやの観測で判明

 これはかなり残念な成果。『私と月につきあって』の実現ならず? それとも今回判明したのは露出した氷はないということだけだ、というあたりに望みを託すか。しかし月面でクレーター底部に氷を溶かさないような温度の何かが溜まるようなメカニズム、無さそうな気がする。とりあえず次のクレーターに期待。

岩本隆雄『夏休みは、銀河! 上』『夏休みは、銀河! 下』(朝日新聞出版)

 えーと、うーんと、六年分の期待は大きかったです、はい。「ル人」とか「ア」なんて、既存の地球言語の語感からのイメージが被らないように丁寧に設定を練ったんだろうな。

 ま、おっさんファン的には、こうやって上下巻同時にきっちり話をまとめて出してもらえるほうが、たとえお財布への一時的ダメージは大きくても、例えば文庫本4冊に分けて一年おきに生殺し的に出されたあげく最後の一冊がいつまで経っても出ない、とかよりは百万倍ありがたいですな。

 しかし考えてみれば今年は、岩本隆雄の書き下ろし長編以外にも、十二国記の新作とアルスラーンの続きとソリッドファイター完全版が出たのか。そりゃ金融恐慌も起きるよな。これで火浦功が何か出してたら、第三次世界大戦が起きてたのかもしれん。

夏休みは、銀河! 上 (朝日ノベルズ)

夏休みは、銀河! 上 (朝日ノベルズ)

夏休みは、銀河! 下 (朝日ノベルズ)

夏休みは、銀河! 下 (朝日ノベルズ)

2008-10-23

NASA - Hubble Status Report #5

 新しいステータスレポート。「この間ずっと調査していろいろ分かってきましたが、22日に改めて会議」より細かいことは俺の英語力では読み取れん。最後のパラグラフを見る限り、各報道で感じるよりは状況は楽観的っぽい気はするんだが……

2008-10-22

ヒマラヤで“雪男の足跡”、日本の捜索隊「撮影成功」力説 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 こういうネタを否定するとすぐに「夢がない」とか言う人たちがいるけど、むしろ信じてる人のほうがよっぽど想像力に欠けることがよくわかる。イエティの正体を類人猿の一種と考えており*、見つかった「足跡」は約20センチで、人間の足のような形*足跡はクマやシカ、オオカミのものとは明らかに異なる*そうだが、本来熱帯性の生物であるサル類が雪山に適応するにあたって足形が変わる可能性すら想像できないんだな。他の雪山に生息する生物に似た形へ収斂進化したり、あるいは意表を突いて(かんじき)っぽくなったりとか、熱帯サバンナに適応したホモ・サピエンスに似ているよりもよっぽどあり得そうだ。

スラッシュドット・ジャパン | 地球外文明の数は、銀河系で37,964個?

 ……有効桁数について気にならないような人に「学者」と名乗って欲しくなかったり。桁数(指数部)があっていればマル*、つまりゼロ桁ならそれはそれでいいから、きちんとして欲しい。

木村航『七本腕のジェシカ 2』(MF文庫J)

 設定を忘れまくってる上に、擬音に違和感を感じすぎて入り込めないうちに、露骨な打ち切り展開、そしてあとがきで打ち切り宣言。うーん、どうしようもなかったんかな、それともすべて計算尽くの幻想小説として読むべきだったか。

七本腕のジェシカ2 (MF文庫J)

七本腕のジェシカ2 (MF文庫J)

2008-10-21

ニュース - 科学&宇宙 - ハッブル望遠鏡、復旧作業でエラー発生 - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

 復旧チームはまったくくじけていないし、現時点では、完全な科学データ通信動作を復旧させることが可能だと楽観的に考えているこれまでに発生した問題はいずれも復旧プランの一部として想像したシナリオの範囲内だ。克服できるだろう……や、なんか初めて日本語の記事で希望的なコメントを見た。ちょっとうれしい。

北山大詩『神聖のレジスタ2 魂のオーバーロード』(富士見ファンタジア文庫)

 こういうネタでこういうストーリー、好きなんだが……なんて言うか、前作でも本作と同じくらいにはややこしく設定が錯綜してはいたけど、一巻目が一冊完結な分と主役二人のバカップルぶりの分、パワーで押し切ってたところが、最初っからシリーズ構成に配慮し主役も脳みそを使うキャラになったかわりに、お話を設定が上回って圧倒しちゃってる? 中5ヵ月じゃなく連続で読めてたりするとまた印象は変わってるんだろうけど、現状、設定を追っかけるのに精一杯って感じ、かな。

2008-10-20

手島史詞『影執事マルクの手違い』(富士見ファンタジア文庫)

 "なんとなく"が便利すぎで、クライマックスになって初めて出てくるネタが多すぎるような気はしないでもないが。ご都合主義と言うには良い具合に気が抜けてる、というよりはちょこっとだけ抜けすぎ、かな。ま、その雰囲気を楽しむ作品な気はする。

影執事マルクの手違い (富士見ファンタジア文庫)

影執事マルクの手違い (富士見ファンタジア文庫)

マーズ・サイエンス・ラボラトリー、予定通りに打上げ | 火星 | sorae.jp

 お、強気。もっともこれもソユーズの追加契約の話みたいに、最終的な予算が付くまでこれからいろいろな話が出たり消えたりするんだろうなぁ。

2008-10-19

ハッブル宇宙望遠鏡が、停止してしまいました(宇宙と天文学全般) / 科学ニュースあらかると - Hubble Space Telescope

 ありゃ、けっこう重症なのか。ググって出てきた最新記事っぽいの自動翻訳した感じでは、NASA - Hubble Status Report #4より新しい情報は出てきてない感じだけど、だとすると、↓のパラグラフから俺が受けた印象が間違ってるのかしら。

The investigation into both anomalies is underway. All data has been collected and is being analyzed. The science instruments will remain in safe mode until the NSSC-I issue is resolved. All other subsystems on the spacecraft are performing nominally and astrometry observations continue.
NASA - Hubble Status Report #4

三浦良『MA棋してる! (1)』(富士見ファンタジア文庫)

 えーと、ごめんなさい。本編よりあとがきのほうが面白かった。ま、そこで語られた発想なりコンセプトなりは気に入ったんで、次も出れば買うとは思いますが。

MA棋してる!(1) (富士見ファンタジア文庫)

MA棋してる!(1) (富士見ファンタジア文庫)

w32timeサービス

w32tm /config /update "/manualpeerlist:ntp1.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp2.jst.mfeed.ad.jp,0x8 ntp3.jst.mfeed.ad.jp,0x8" /syncfromflags:manual
w32tm /resync
w32tm /monitor /computers:ntp1.jst.mfeed.ad.jp,ntp2.jst.mfeed.ad.jp,ntp3.jst.mfeed.ad.jp

2008-10-18

NASA - Hubble Status Report #4

 状況は進行中、らしい。リセットして完了、ってほど簡単な機械じゃないか。機械翻訳に頼って読んだ感じでは、切り替え自体は完了し、各コンポーネントを順次チェックしていっている過程で「ACSの電圧レベル」と「NSSC-Iの"keep alive" signal」に問題があった。その二つについては調査中、それ以外は正常で観測任務も動いてる、*1 ってところかな。

NASA、ハッブル宇宙望遠鏡の機能回復作業に失敗 - Technobahn

 おや? とりあえずTechnobahnなので判断保留。自動翻訳+俺の読解力と、Technobahnの情報収集力+翻訳力+まとめ力の、どちらがマシかなぁ。

海原零『薔薇色にチェリースカ 3』(集英社スーパーダッシュ文庫)

 発行予定を見てたら今月・来月と2ヵ月連続刊行のようなので、買い続けるか否かの判断のために積ん読の山から発掘して読み始めたが……p.115で投げた。1巻に遡って廃棄処分決定。作者も担当編集も校閲者も読者を舐めてるとしか思えん。脳みそ使ってないやろ、「透明のピアノ線」て。

*1All other subsystems on the spacecraft are performing nominally and astrometry observations continue.

2008-10-17

次期OS「Windows 7」のバージョン番号はマイナー・バージョンアップを意味する「6.1」:ITpro

 「Windows 7」、バージョン番号「6.1」の意味するもの:ニュース - CNET Japanの記事だと、メインのバージョン番号を変えると、アプリケーションの互換性の問題を引き起こす可能性がある*とか言う「建前トークの直訳」でわけわかめ状態だったが、*1 こっちの記事でようやく理解。

 ま、正直と言えば正直なのか。Windows 7をメジャー・アップデートと呼ぶMicrosoftの方針Microsoftには,Windows 7をメジャー・アップデートと思わせたい理由があるというマーケティングの要請と、Windows 7には一般的にメジャー・アップデートと考えられる変更を全く施さない計画という技術部門の方針の妥協の産物なわけね。で、「NT系列の7番目」とか言うのは後付けの言い訳である、と。いっそこんなややこしいこと全部止めて、「6.0は無かったことにして、Windows 7は中身を5.3にすげ替えて出します」とでもすればいいのに。

CNN.co.jp:NASA、ハッブル宇宙望遠鏡の「遠隔修理」を実施

 トラブルのリモート対応って、ドキドキしますねぇ。とりわけ障害が通信系で起きてる、つまり展開によっては次の瞬間にコンタクト自体が切れて、もはや現地に行って実物を障らないとどうにもならん、という状態になるかもしれんケースってのは。

追記

 何とかなったらしいです。やれやれ。

最近書いたエントリの内容に関連して、「ご内密に」というメールが届く。

状況は理解できるし特に反抗する理由はないが、ストレスがたまるので叫んでおこう。「王様の耳はロバの耳ーっ!!!」

*1:普通は逆でしょ。互換性に関わるほど大きく変更したらメジャーバージョンを変えるものであって、中身の問題抜きに番号だけで互換性問題が起きるってどうよ。ま、そのレベルのアプリ作者にも確かに心当たりはないではないが。

2008-10-16

こんなメールが来た

rev-9様

突然のメール失礼致します。
私、○○大学にてインターネットに関する研究を行っている○○○○と申します。
卒業論文執筆のために行う調査に協力していただければと思い、
はてなブログにアドレスがございましたので、連絡させていただきました。

現在、卒業論文の執筆にあたり、
インターネット上でのコミュニケーションに関する研究をしています。
今回は、コミュニケーションツールのユーザビリティ(使いやすさ)と言う点で、
実際に書いていただいた文章の内容を分析することで、それぞれの違いや特徴を調べ
たいと考えています。

調査では、SNS・掲示板・メール・ブログの4種類を真似たフォームを用意しまし
た。
これらをこちらから提示したテーマに倣って、順番に記入していただきたいと思いま
す。
その際、普段それぞれのコミュニケーションツールを使っているような言葉で、
普段のコミュニティ、普段の相手に向けた文章を書いていただきたいと思います。

以下URLです。
http://www.example.org

なお、申し訳ありませんが、
こちらの調査はパソコンからしていただくことを想定しています。
お手数ですが、携帯電話の場合パソコンのブラウザより直接入力していただくようお
願い致します。

また、誠に勝手ではありますが、
10月25日頃までに行っていただければと思います。

以上、ご協力お願いします。

 おっさんモード全開だけど、今日日の大学生ってこのレベルか。人にものを頼むにあたって、それに応じることでこちらに何のメリットがあるかを示そうって思わんのかね。例えばそれこそ即物的に謝礼の例示でも良いし、*1 この研究に協力することで、

  • 将来のよりよい製品・サービスの登場に繋がる。
  • 実は「強風-桶屋」効果により、社会を良くすることに繋がる。
  • 人類の知識プールに新たな知見を加える。

とか、何でも良いしはったりで構わんから、意義を語ってくれんもんかなぁ。

 あと、実際にオンラインで書き込みをさせようってのに、プライバシーやセキュリティについて一言も触れてないってのも減点がでかいな。独自ドメイン*2とって調査サイトを準備する時間とコストがあるんなら、大学のドメインの下位を使って節約して、その分をセキュリティの確保なりペネトレーションテストに使えばいいのに。あるいは、はてなブログにアドレスがございましたので、連絡させていただきましたというような層が調査対象なら、「HiromitsuTakagiさんとHamachiya2さんに丸一週間つつき回してもらいましたが、穴は見つかりませんでした」なんてのも面白いかもしれん。てか俺なら、大手有名メーカーの製品でテストしたとかよりは、よっぽどこっちのほうが信頼できるな。

丈月城『カンピオーネ!―神はまつろわず』(集英社スーパーダッシュ文庫)

 「黄金の剣」は蘊蓄の力だな。ま、「前日譚が読みたい」というプレッシャーを跳ね返して突っ走ってくれると面白そうだ。ん、ひょっとしてこの蘊蓄バトルの味わいって、『制覇するフィロソフィア』の風味かな。ま、こちらはどうやら続きが出るようで、善哉善哉。

カンピオーネ!―神はまつろわず (集英社スーパーダッシュ文庫)

カンピオーネ!―神はまつろわず (集英社スーパーダッシュ文庫)

スーパーダッシュ文庫 2008年11月21日(金)発売予定 神楽坂淳『激辛! 夏風高校カレー部(いもうと付)』

 ……おい、『征服娘。』はどーした。SD文庫の打ち切り病が発病したのか、それとも作者が『大正野球娘。』を1年4ヵ月放り出したみたいな、「書いてるものを途中で放り出して別のものを書きたくなる」病気に罹ってんのか、*3 どっちだろう。

*1:ま、卒業論文にそんなコストはかけられんだろうけど。

*2:↑でexample.orgになってるのは、実際には独自ドメインのレンタルサーバーで、WHOISしてもメールの差出人に書いてある名前が出てこない代物でした。自分の匿名性だけは確保してるようで。

*3田中芳樹氏もこれに罹ってるんだろうな。

2008-10-15

葉村哲『この広い世界にふたりぼっち』(MF文庫J)

 優しくて照れ屋な神様の誕生譚、なんだろうな、これは。謎も不思議も投げられるものは投げっぱなしなのがよいね。考えてみれば辻褄を全部合わせて伏線回収率100%、なんて神話なんぞあるわけがないのだ。それにしてもけっこう賛否両論だなぁ。ぶわーっと見た感じ、投げっぱなしなのが受け入れがたいって方がそれなりにいらっしゃるのかしらん。

この広い世界にふたりぼっち (MF文庫J)

この広い世界にふたりぼっち (MF文庫J)

ネット検索は「脳トレ」になる? - ITmedia News

 単純な読書と比べてインターネット検索は選択肢が多く、どれをクリックするかという意思決定が必要となり、それが脳の認知回路を働かせるってことは、サーチエンジン各社が競って「ユーザーの望む結果がトップに出てくる」ように研究開発を進めれば進めるほど、ユーザーは頭を使わなくなりアホになってゆく、ということなのだな。

スラッシュドット・ジャパン | ローブナー賞の決勝、チューリングテストをクリアしそうなロボットが出現

 今年最優秀とされたマシンElbotは審判の25%に人間と思い込ませることに成功した……四人に一人から「人間的だ」という評価を与えられたのか。うむ、俺よりは確実に人間的だなぁ。

2008-10-14

壁井ユカコ『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 5』(電撃文庫)

 相変わらずグダグダうじうじと、なんとも、ややこしい人たちやなぁ。ここからもう一冊だけで収まりがつくんかいな。この人たちならあと十年でも二十年でもうだうだやってそう。ま、山田パパとご一家がそれなりに収まったのと、夢のお話が面白かったんで、良しとしよう。

コードネームそのまま――「Windows 7」、正式名称に決定 - ITmedia News

 内部バージョンと混乱しそうで、止めて欲しいけどなぁ。と文句を付けてたら実は、「Vistaを継承し洗練させたものだけど混乱を避けるため内部バージョンを7にしました」というオチがつきそうな気もするが。ところで

Simply put, this is the seventh release of Windows, so therefore "Windows 7" just makes sense.
Windows Vista Team Blog : Introducing Windows 7

Windowsのリリースって7回しかやってないことになってんのか。さて、どれとどれが黒歴史になってるのかしら。

 それと、はてブのこれ以降のWindowsは「帰ってきたWindows」「WindowsA(エース)」「Windowsタロウ」「Windowsレオ」「ザ・Windows」と続くわけか?*というコメント(および類似ネタ)に激しく噴いたんだけど、そうすると更にその次には「Windows 80(エイティ)」を出すことになるんでしょーか? 15年ほど退化するのか、はたまた2080年リリースか……

2008-10-13

「月をなめるな」 - [間歇日記] 2000年10月下旬

 via 幻影随想: ミヤネ屋が校長会の水伝騒動の一件を取り上げたようです - mieki256's diary - 「月の哲学者」の記事が消えてるな… - Action Potentials。問題を読み終わったところで酸素と水をトップに、方位磁石とパラシュートとライターをとりあえず最下位において読み進むと……これらの品物は宇宙空間仕様になっているのかを考えねばなるまいさらに重要な点として、装着している宇宙服は、外部から食料を供給することが可能なのかという問題があるってポイントをまるっきり失念しておった。いかんな、宇宙開発ファンでSF読みを自称しといてこのざまかい。精進しよう。

大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ アイソレーション・ブラック』(GA文庫)

 ポリ黒版「はじめてのおつかい」かと思ったらマナガの子離れ、と思わせておいて実は主題は絆の強さと特殊さ? 子離れできない親というか、どう見てもマティアに依存してるマナガが可愛い。「楽士に精霊が依存」と言い換えれば普通のことだとあの世界では思われてるのかもしれんが、実は……というあたりがやっぱポリ黒の大ネタなのかしら。

 気弱で神経質で研究一筋型の上司を色香で迷わせながら指一本触れささずに、「女であることを武器にしたことは、一度もない」って、やな被害者やなぁ。割とこれまで、加害者側がよく言えば一途悪くいえば自己中の極みみたいなパターンが多かったような気がするんで、ちょっと新鮮。マナガとマティアが別行動なのもあわせ、本筋的にはちょっと番外編? セルがどうのこうのって話は、そのうち赤で回収されるのかな。

 ところで、アパートで管理人室にしか電話が無くて住人が呼び出されるなんて描写、どのくらいの世代まで通じるのかしら。俺の世代ですら貧乏学生と下宿であればまだしも、社会人の住まうアパートだとちょっと珍しい光景だよなぁ。社会とテクノロジーのレベルは、神曲関連を除くと、1970年代くらいなのかしら。

ソユーズTMA-13、打ち上げ成功 | ソユーズ | sorae.jp

ちなみに、偶然にも第17次長期滞在クルーのセルゲイ・ヴォルコフ(Sergei Volkov)宇宙飛行士も、リチャード・ギャリオット氏と同じく2世宇宙飛行士である。彼の父は、1991年のソ連崩壊の際に、セルゲイ・クリカレフ(Sergei K. Krikalev)宇宙飛行士と共にミール宇宙ステーションにいた、あのアレクサンドル・ヴォルコフ(Alexander Volkov)宇宙飛行士である。

 これはちょっと「へぇ」。まさか、不幸を呼ぶ家系だったり変なジンクスがあったりして、彼が軌道上から「何かの崩壊」を見守ったりする羽目になりませんように(お祈り)。

大決戦!超ウルトラ8兄弟 オリジナル・サウンドトラック

 パクリがどうのこうの、みたいなことじゃなくて、映画を見た時から、繰り返されるフレーズがなんか聞き覚えのあるような音の並びだと思ってたけど、やっと思い出した。「魔法使いの弟子」(さだまさし「私花集(アンソロジイ))だ。「世代を超えて引き継がれる夢」というモチーフも共通な気もしたりして、ちょっとうれしい発見をした気分。

Star Trek: U.S.S. Kyushu - Episode Promenade (TOS-37 The Changeling) 「超小型宇宙船ノーマッドの謎」

 宇宙一の口車男の本領発揮。カークならきっと、ボーグクィーン相手でも口先で丸め込んで退去させるに違いない。筋金入りのアメリカンマッチョのくせに、口車でも宇宙最強って、今風に言えば「厨性能」だよなぁ >カーク。それにしても、赤シャツの命が安い。

電撃文庫記念企画『最後の鐘が鳴るとき』(電撃文庫)

 「学園ホロたん」の破壊力と、それすら取り込んでまとめ上げた成田氏の力量に脱帽。それと上遠野氏があまりにもいつもどおり過ぎて噴きました。

2008-10-12

長谷川裕一『マップス ネクストシート 5』(Flex Comix)

 「60年前の大戦」の記録が明らかになって、王様とのなれ合いが終わって、金子君が置き去りになって、いよいよ本編スタート? もっとも、「第二次銀河大戦の趨勢を決めたのは、マスター・カネコ率いる、宇宙大学製の美少女型宇宙船軍団であった」みたいな超展開でも、それはそれで面白そう、というか長谷川氏の絵で描かれるとなんかそれなりに勢いでOKしそうではあるけど。ところで教授、いつの間に身体を取り戻したんでしょうか。それとも「メカ教授」or「クローン教授」?

マップス ネクストシート 5 (Flex Comix)

マップス ネクストシート 5 (Flex Comix)

2008-10-11

系外惑星の分類に疑問投げかける天体を発見

 観測データにもとづけばCOROT-exo-3bの密度は1立方cmあたり約20gと、巨大な金塊に相当する……ガスや岩にしては重すぎ白色矮星(またはその他の高密度星)にしては軽すぎる。これはほんまに天然ものか? 実はイゼルローンかデススターだったりしないかなぁ。

スラッシュドット・ジャパン | 人間性を競うローブナー賞、今年も開催

 この手のネタにはいつも似たような感想を書いてる気もするけど、5分間のチャットで人間だと認めてもらえる自信……ねーよ、そんなの。

時雨沢恵一『キノの旅 12―the Beautiful World』(電撃文庫)

 いつにもまして、身も蓋も容赦もないお話ぞろい。また、あとがきが普通な替わりの仕込みネタも楽しい。「賭の話」なんか見ると、こてこての繰り返しギャグ方面にも才能がありそう。おまけにいよいよ「証券編」への意欲を見せてくれてるし、さすがやなぁ、どんどんやれ。絵も良いねぇ。特に表紙の凛々しくも愁いを含んだお姿と口絵のキラキラっぷりの落差が。『ヴァルプルギスの後悔 Fire1.』の表紙とp.124にも匹敵するな。もっともこっちのは「炎上」じゃなく、ちゃんとした理由があってのことだけど。

 ところでどうでもいいことだけど、この世界が球形の惑星であることって、ひょっとして今巻で初めて確定したんだっけ? それと最後のトラック、再出演はあるのかそれとも実はこれまでの巻のどこかですでに殺り合ってたりするんだろうか、うー、未読の山を放り出して全巻読み返したくなってきた。

キノの旅〈12〉the Beautiful World (電撃文庫)

キノの旅〈12〉the Beautiful World (電撃文庫)

追記

 読み返してわかった。3巻か。最後のトラックじゃなく残り2台のほうね。7年越しの伏線回収とは、おそるべし。

2008-10-10

岩本隆雄『夏休みは、銀河! 上』『夏休みは、銀河! 下』(朝日新聞出版)

 ついにきた、やっときたヽ( ^^)ノヽ(^ ) ヽ(^^ )^-^)ノ 速攻で予約注文したいような、konozamaが怖いような。どうしようかな、10年待たずにこんなことに悩める日が来るとは思わなかった!!!

夏休みは、銀河! 上 (朝日ノベルズ)

夏休みは、銀河! 上 (朝日ノベルズ)

夏休みは、銀河! 下 (朝日ノベルズ)

夏休みは、銀河! 下 (朝日ノベルズ)

田中芳樹『蛇王再臨 アルスラーン戦記13』(カッパ・ノベルス)

 ようやく『アルスラーン』でも「皆殺しの田中」が始動。それにしても口絵でこういうネタばらしするかね、普通。確かにクライマックスシーンだと言われりゃその通りではあるんだが。本文は、うーん、末期の台詞以外については、さすがにドラよけとは力の入れ方が違い、「伏線の消化なんだろうがすっかり忘れてるな。ちょっと以前の巻をパラパラめくってみよう」と思わせるほどではあった、としか誉めようがないなぁ。鑢で数十日って、なんじゃそれは。ま、末期の台詞が良すぎるんで、次も(もし出たら)買うだろうけど。

蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)

蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)

さながら古代遺跡の発掘作業、NASAが40年前のアポロ宇宙船を調査分析 - Technobahn

 わずか40年で、しかも別に文明を断絶させるような大混乱があったわけでもないのに、「ロスト・テクノロジー」と化すのか。しかし、「金に糸目は付けない」時代の技術だと思うんだが、今になって参考にできるのかしら?

2008-10-09

アドビ、Flash Playerの「クリック乗っ取り」対策を公表:ITpro

 via セキュリティホール memo。やっぱFlashか。それにしてもさすが「セキュリティには定評のあるAdobe」と言わざるを得ない。悪用方法の一つの更に一例である「カメラとマイクへのアクセス」確認ダイアログにおいて、「拒否」ボタンを押したつもりでも、実際には「許可」を押したことになるものについてだけ暫定回避策を示して、あとは2008年10月末まで待てってか。しかもその暫定回避策とやらを施すためには、HTTPSでも何でもないサイトにアクセスしてFlashオブジェクトを動作させなければいけないときた。せめて、ローカルで実行して設定を変更できるツールをHTTPSでダウンロードさせる、ぐらいのことはできんのか。

古賀トロ部屋BLOG: 交響曲イデオン録音+

 via 【ニューロピア炎上】伝説巨神イデオン(再)Part49 >>507。まさか今になって新録音で交響曲「イデオン」を出したら売れる、なんてことを素面で考えるレコード会社があるとは思えないんだが、何だろう? DVDボックスとか劇場版BDとか「未収録BGM集」を含むCDボックスとかを出す予定があってその特典? それとも「すぎやまこういち全曲集」みたいな企画があって、元の音源が権利関係で使えないとかかしら。

2008-10-08

衝突天体パトロール、落下目前の小惑星を発見

 どうか変なものが付着してたり直前に減速してたり、実は金属質だったので燃え尽きずに地表へ到達したりしていませんように。ざっとググった感じでは今のところ、火球そのものは観測されていないっぽい。ま、天文学者が緊急展開できたりアマチュア観測者が大勢いたり、という期待をできる土地柄ではないか。

SpaceWeather.com -- News and information about meteor showers, solar flares, auroras, and near-Earth asteroids

 via 星の情報.jp(2008-10-08)。大した調査力もないくせに火球そのものは観測されていないっぽいなんて書くんじゃなかった……

月探査機「かぐや」の公式成果報告に宇宙ファッションショーも〜国際航空宇宙展「宇宙ステージ」レポート

 必要に応じたオプションパーツを装着する宇宙服!!! すげぇインパクトだ。ぜひパワーアシストモジュールとか長距離踏破ユニットとかのオプションを希望。

仁木英之『薄妃の恋―僕僕先生』(新潮社)

 ここんとこ2冊続けて、「面白くないわけじゃないが期待はずれ」だったんで3冊目の正直にこれを選ぶ。

 うん、口直しに選んで正解。味わいは期待通り、そしてどうやらこの後も続刊が決まってるみたいで、何人かのセミレギュラーと、人語を交わせる旅の連れが登場し、お話自体はそれら新キャラのが主で主役お二人はつかず離れず進展するようなしてないような、例の調子であっちに首をこっちに鼻を突っ込んで。うん、これを今後もせめてこのくらいのペースで味わえるのなら、実にうれしい。

 それにしても、中一年十ヵ月空けてようやく2冊目が単行本で出た作品にプロモサイトとは、気合いが入ってるのか抜けてるのか。しかも開設が発売の一週間後って……仙人時間で進めてたのかしら。ところで「5年間の空白」が思いっきり仄めかされまくってるな。読んでみたいような、先生のいない薬師どの単独の冒険を見てもしょうがないような気もするようなしないような。

薄妃の恋―僕僕先生

薄妃の恋―僕僕先生

2008-10-07

宇宙から地球へ紙飛行機計画 - 中国新聞 地域ニュース

 via ネタ帳 - Space Fighter Now。おお、ほんまに手作りなんや。ところで非常に初歩的で素朴な疑問なんだが、これ、つくってから時間が経つと折り目が勝手に開いたりしないんやろか。いや、高度な折り紙にはそうでないものもあることはわかってるけど、「折り紙飛行機」といわれるとどうしてもそういう単純なイメージが湧くもので。どっかで展開図でも見れんもんかなぁ。

山本弘『詩羽のいる街』(角川書店)

 これもまた、値段分相当程度には充分面白いんだけど微妙。お説教臭さは致死限界ぎりぎりに増加し、かわりにSF分や超自然風味は検出限界以下。p.315を読む限りはわかってやってるように思えるけど、ひょっとして、いわゆる「越境」希望ですか? ま、先日の日記のエントリを見る限り、別にライトノベルにもSFにも飽きた様子はなさそうなんで、これは俺が、よくある「たまには変わったものもしくは新境地狙いの新作」にとまどう、すれて頭の固い古参ファン、なんだろうな。

詩羽のいる街

詩羽のいる街

追記

 ありゃ、本人による解説SFガジェットを一切使わずにSFを書くことは可能か?*に挑戦したものであり、見かけはSFじゃなくても、「心はSF」なのです*と断言されてしもうた。ま、確かに、SFとは筋の通ったバカ話である[asin:489691832:title=*]という定義には沿ってるのかもしれん。しかしSFじゃないよなぁ。あえて当てはめるならSFか。いや、ひょっとすると「S」は正義(Seigi)の「S」? 彼女は善でも正義でもないが、本作は作者の正義の投影ではあるように思える。

TCP/IPに深刻な脆弱性――DoS攻撃の格好の標的に : システム脆弱性 - Computerworld.jp

 いまだ詳細がまるで謎な点を不安がるべきか、はたまた、悪い人に知られる前に対策が進んでそうなのを喜ぶべきか、情報少なすぎ。新しい情報はこんなところか? システムの完全なシャットダウンってのがちょっと怖い。単なるDoSじゃないんかいな。

  • インフラ関連ベンダーのすべてが脆弱性の修正作業に取り組んでいる
  • 米国Microsoftは声明を発表し、「当社でも独自に調査したが、脆弱性を利用した攻撃や、顧客への影響は確認できなかった」と述べた
  • バグは1つではなく、少なくとも5つはあり、そして30もの潜在的な問題があるようだ
  • 想定される被害は、システムの完全なシャットダウンから合法的なトラフィックの遮断まで、実にさまざまである

ISASメールマガジン   第211号 - ISAS | バックナンバー / ISASメールマガジン

 01:天文学者の天体観測時間のお話が興味深い。なるほどねぇ。簡単に使える機材でできる研究なんてのは、すでに枯れちゃってるってことか。良い仕事をしたければしたいほど、実際の観測時間が減るのね。

ところで皆さん。彼らは自分の研究のために、1週間のうち何日ぐらい天体観測をしているか、ご存知ですか?
(中略)
 答えは、
「1年のうち数日、1日も観測できない年もある」
です。1週間に何日、ではないですよ。1年に何日か、です。
(中略)
ある宇宙の謎を解き明かしたい、と考えているとしましょう。その謎はきっと、並みの望遠鏡の性能では調査ができなかったために、今も謎として残っていて、あなたの研究テーマになったのでしょう。たいていの場合、高性能の巨大望遠鏡を使用する必要があります。あなたは何としても、その巨大望遠鏡で観測しないといけません。

2008-10-06

南極で生き抜くための5カ条=英科学者 | 世界のこぼれ話 | Reuters

 真面目で有意義な勉強会だとは思うんだが、数週間にわたる行程の場合、すべての食料を最初に食べてしまわないことって項目に笑ってもうた。英国の科学者ってのは、止められなければ数週間分の食料を一気に食い尽くしてまうほど堪え性がないんかいな。

小川一水『風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記』(角川春樹事務所)

 これはこれで良いんだけど、面白いんだけど、「小川一水の新作長編」として待ってたものか、と言われると……うーん。

風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記

風の邦、星の渚―レーズスフェント興亡記

2008-10-05

スラッシュドット・ジャパン | パソコン泥棒、リモートログオンで特定され御用

 面白い。うちのノートPCにも、立ち上げ時に自宅鯖へちょこっとコネクションを貼るような何かを仕込んでおこうかしら。DDNSにIPを登録するスクリプトをスタートアップに放り込んでおくのも良いかもしれん。いや、ハイバネ中に盗られたり立ち上げ時点ではネットに繋がってないような状況を考えると、常駐して定期的に動くものでないとならんか。

 しかしポルノコンテンツの閲覧に使われていることが多く、容疑者の情報はなかなか得られなかった*って、向こうの法律なり警察機構的にはそこまで自力で突き止めなきゃならんものなのかしら。遠隔操作で盗まれたパソコンにアクセス*できた時点で相手のIPが判明してるわけで、日本なら盗難届を出した署にIPを知らせば、あとは警察がISPに照会してくれるような気がするけど。

2008-10-04

スラッシュドット・ジャパン | swap割り当てルール、やっぱりRAMの2倍?

 参考になりそうなのでメモ。32bit版のWindowsで物理メモリ3GBytes搭載してるうちの場合、1GBytes以上のページファイルを確保しても無意味、という理解で良いんだろうか。それともなんか落とし穴があるのかな?

岡崎裕信『アクマ・オージ』(集英社スーパーダッシュ文庫)

 人の書いた本の続きはまぁまぁな凡作だったけど、*1 オリジナルはさすがに尖ってるな。微妙に同レーベルの某アニメ化作品との類似を感じないわけじゃないが、それなりに面白かった。長編よりもこういう連作短編のほうが向いてるんじゃないかな。エキセントリック分が鼻につく前に中和される感じで。

アクマ・オージ (集英社スーパーダッシュ文庫)

アクマ・オージ (集英社スーパーダッシュ文庫)

*1:って、12巻まで出た上に最終巻も結局御大じゃなく岡崎氏が書いてんのか。ひょっとして世間での評価は高いのかしら。

2008-10-03

JAXA、120時間連続着用できる国産初の宇宙服開発へ:日刊工業新聞

 月から地球への帰還には5日程度かかることから120時間連続で使えるようにするってことは、途中は着っぱなしなのか。ひょっとして、こうすることで宇宙船の構造が簡素化できる、とかの効果を狙ってるのかな。宇宙服だけで5日間持つんなら確かに、アポロのLMにあたるものには外壁も生命維持装置もいらなくなるな。エンジンの上にトラス構造が剥き出しになってて、そこに「120時間服」を着たクルーがしがみついてる絵を想像してみる。

 ところで生命維持装置が120時間持つのはよいとして、その間のお食事と生理的現象への対応ってどうなるんでしょう? 服ではなく舟*でないととてもじゃないが収まりきらないような気がしないでもない。

海原育人『誰かのリビングデッド 2 【愛情】』(C★NOVELS Fantasia)

 生前の記憶がない、というか新たな人格を与えられたアンデッドってことは、こういう出会いもあるわけね。あと、新キャラのうち男性魔法使いが二人とも変態なのがなんとも。この世界でも実は、「おまえ、変態だから魔法使いだろ」という台詞がまかり通ったりするんだろうか。

 それにしてもプラス君がなんかその実力を持って役立つようになってきてしまってるじゃないか。いかんな、もっとヘタレでいてくれないと。ま、↓のように、そもそも横暴に晒されることを前提にしてる時点で、充分に彼らしいといえば彼らしいんだが。

「君たちの横暴に抵抗出来るような、凄腕の魔法使いになってやるから」
「無理でしょ。どんだけ魔法が使えようがプラスなんだし。あたしの敵じゃないわ」
「そうですね。プラスですからね」
p.88
誰かのリビングデッド〈2〉愛情 (C・NOVELSファンタジア)

誰かのリビングデッド〈2〉愛情 (C・NOVELSファンタジア)

TCPにDoSの脆弱性、スウェーデン研究者が攻撃デモ実施へ - ITmedia News

この脆弱性は比較的少ないトラフィックで悪用できるが、ソースアドレスレベルのフィルタリングで回避可能との情報もある。影響が及ぶ範囲や深刻度などは現在検証中としている。

 さすがにこれだけでは、ビビるべきかどうかもわからんな。しかしどうも最近、「凄いの見つけた。後日○○で発表するからね」ってのが、あっという間にクラッカーに漏れたあげくにゼロデイ祭り、ってパターンがあったような気がせんでもない。ま、the vulnerability is based on a denial of service on the TCP connection queue of a target host*ってのを信じる限りは、大規模DoS以上の事態にはなりそうにないのかな?

2008-10-02

清野静『時載りリンネ! 4 とっておきの日々』(角川スニーカー文庫)

 いつも思うが、久高の言い回しや語彙力はもちろん、p.65のGの説明を「具体的で、このテーマになんの予備知識も持たない僕らにとってもわかりやすい」と受け取る小学六年生って、どーなっとるのだ。この子たちの学校での会話を聞いてみたいような恐ろしいような。時載りだの時砕きだの言霊使いだのが存在するこの不思議時空な世界では、我々の時空の例えばラブクラフト著大西尹明訳なんかが、「平易で読みやすいが深みに欠ける」とか評されたりするんだろうかしら。*1

 で、読み終わっていつものようにあちこちの感想を読み歩き始めて、2008-09-30 - Nth Library日記に行きあたる。札幌つながりの本つながりに噴きまくり。夢の共演でした。

「世の中に存在するプログラムの65%はウイルス」、シマンテック:ITpro

 このままでは、フィンガープリントだけでパソコンのメモリーが占領されて、通常のソフトウエアを動かせなくなってしまう……マシンパワーをもっとも喰うのがセキュリティソフト、というのが洒落じゃなくなってんのか。つーか何とかして、我が家の440MXで*2Win2Kなノートを安心してネットに繋げるようにしてくれ。年に5千円くらいならそのために出してもいいよ。

*1:フットサル少年の言動を見る限り、実際には久高とその周囲が特別なのか、または後年成長した久高が当時の記録をリライトする際にそういう文体で書いてるかのどっちかだとは思うけど。

*2:メモリを256MBytesしか積めないんだ。

2008-10-01

冬樹忍『たま◇なま〜生きている、日々〜』(HJ文庫)

 相変わらず日常パートが楽しい。なんかもう大きな話とか謎の敵とかどうでもいいんで、このままこいつらの日常を読んでいたかったり。ま、一気に秋祭りから2月までいったし、そうはいかないんだろうなぁ。とはいえラストの衝撃的な次巻への引きまで日常パートってのが、このお話らしくて良い。

 それにしても仮面の人の正体の話、うっかり読み進めてザクザク古傷をえぐられてしまった。そうだそういえばこの話、特に一巻は「痛い話」なんだった。忘れとった。ところでサブタイ、ひょっとして対称形になってるのかしら。だとするとあと2巻? で、ユニマトリックス・ゼロってことは、すべての破片と欠片とヒトを取り込もうとするボーグ・クィーンがラスボス、だったりして。

  1. 生物は、何故死なない?
  2. あなたは、死にますか?
  3. 生きている、理由(わけ)
  4. ほしいものは何ですか?
  5. こわいものはありますか?
  6. 生きている、日々
たま◇なま?生きている、日々? (HJ文庫 ふ)

たま◇なま?生きている、日々? (HJ文庫 ふ)

スラッシュドット・ジャパン | 個人情報を含む楽天メルマガの設定変更画面、Google経由で第三者にさらされる

 昨日の続き。このコメントの推測が正しければ、セッションIDの有効期限を充分に短くしておかなかった*という予想の更に斜め下をいってたっぽい。だめだこりゃ。

この「k=......」のパラメータ部分ですが、セッションIDではなく、当該ユーザのメールアドレスを何らかのアルゴリズムで暗号化しただけのものっぽいです。
Googleで5個ほどの事例を見てみたところ、この「k=......」パラメータの文字列長は、どれもその人のメールアドレスの文字列長 + 4 となっていました。
4文字は何でしょうね。鍵でしょうか。どうせろくでもない独自暗号ではないかと思われます。もし暗号アルゴリズムがバレていたら、どんなことになっていたか……
……メールアドレスからどのユーザの情報でも引き出せていたと考えられます。Googleにキャッシュされてないものも全部。
個人情報を含む楽天メルマガの設定変更画面、Google経由で第三者にさらされる

追記

 こっちの記事ではその都度ユニークなURLで提供され*としてるな。リリースにはそういう文言は内容だけど、はて、何がどうなってるのかしら。

2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |