Hatena::ブログ(Diary)

nami no ue

[日常2007]  

 

-category

-Q??????

-hi ma tsu bu shi

 

0000*00*
2004*02*03*04*05*06*07*08*09*10*11*12*
2005*01*02*03*04*05*06*07*08*09*10*11*
2006*01*02*03*04*05*07*08*
2007*08*10*11*12*
2008*03*05*

2008-03-18

[]青色一号、無事終わりました。

わざわざ来て下さった人、どうもありがとう。

昨日はほぼ終電で帰ってからすぐに泥のように眠り、そして遅めの朝に起きてからけだるく適当ヨガをして、家の近くを軽くジョギング。それからドカッとしばらく分の食料を買い出しに行ったら一日が終わりました。月曜日だけどいい休日!

準備不足で(主に私が日本にいなかったせいで)ドタバタの準備になってしまったけれど、青色一号というユニットは最初から最後まで!とても楽しかった。

日頃は彫刻を彫っているイウラチサちゃん(木とイウラちゃんの関係がそのまま作品に表れている彼女の木彫が私は好きです)と私が最初に会ったのは確か私がお手伝いをしていたイルコモンズアカデミーでで、一緒に食べ物で何かを作ったりするのはそのイルコモンズアカデミーで給食を振る舞った時がはじめて、そして今回が2回目です。二人のお互いに出来ることがいい感じにかぶらなくて、二人でやったことでいい具合にかけ算で結果につながったことがとても嬉しい。

青色一号、というコンセプトはイウラちゃんが考えたもので、「70キロのおよそ健康な成人が一日に0.8グラム食べる分には害はない 」と言われているけれど本当のところはグレーゾンな青色一号を摂取していただこう、と。「おにぎり」と「毒入りあんみつ」のメニューをそれぞれ100円と200円で売りました。分かっている限りの全ての原材料を表示して、これでもかという感じで容器や包みにも隠さず全部印刷して、しかも名前にも毒入りと冠して(毒なし希望の人には毒なしで)。「毒入りなんか売るもんじゃないよ」と真剣に言ってくれたお客さんもいたけれど、青色一号のケミカルな、透き通ったブルーは単純にかわゆい。そして私以外にも着色料の青とか赤とかそういう色に美味しさを感じちゃう人もいるから積極的にシャケをさらに赤くしちゃったりするわけですよね。敢えて「毒」と積極的に触れ回ることでそこの矛盾に感覚的にもだえてもらえれば、、、ということだと私はイウラちゃんのコンセプトを解してます。

2much crewはなんだかいつもよりかっこよさ割り増しの演奏だったし、やけさんの最後のスマーフ男組の"Stop, Look, Listen"は出来過ぎなくらいハマり過ぎだったし、いいイベントだった。企画のmiya-zくん、お疲れさま!


2008.03.16

2008.03.16

2008.03.16

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rev/20080318
119227