100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2016-06-12

[] シベリア少女鉄道 / 君がくれたラブストーリー

2016年6月12日13:00 赤坂RED/THEATER

闇社会な会話でカードゲーム興じる人たち描くも種明かし後は学園舞台の恋愛ドラマに持ち込む70分が見事。強引な手口や手持ちカード有効に使えずNG音出る設定楽しく多数女性客から歓声多発。明快なアイデア奏功。

2016-06-05

[] 木ノ下歌舞伎 / 義経千本桜ー渡海屋・大物捕ー

2016年6月5日14:00 東京芸術劇場シアターイースト

演出に多田淳之介迎えた話題作リビルドは保元&平治の乱まで遡り因縁しっかり見せて渡海屋突入。安徳天皇役で立蔵葉子がミラクル連発、歌舞伎の仕掛けとダンスミュージックが見事に融合。記号的に羽織る衣装も奏功。

2016-06-01

[] 5454(ランドリー) / カタロゴス「洗」についての短編

2016年6月1日19:30 こまばアゴラ劇場

短編集とはいえ5つのエピソードを巧みに融合だが「デトックス」のアラサー女子の奮闘が面白く二葉演じた森島縁が面白く抜群の存在感。洗濯機絡んだ残酷な展開も終盤の舞台中央に水溜めた足湯な光景が意外に面白い。

2016-05-29

[] ロロ / あなたがいなかった頃の物語と、いなくなってからの物語

2016年5月29日14:00 東京芸術劇場シアターイースト

豊かすぎる想像力と凝った構成の寓話に前半置いてけぼり感でもヒロイン花びら役に伊藤沙保迎えて母と子の歩み見える終盤はしっかり感動で素敵な世界観。村の怪しいおっさん登場させノスタルジーな味わいもしっかり。

[] 堀川惠子 / 原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年

2015年5月25日初版 文藝春秋

大宅賞受賞作は元広島テレビ放送の記者による労作で広島の戦後史の意外な現実に興奮。名簿の住所を訪問し浮かび上がる被爆者と遺族たちの時間が強烈。供養塔の世話し語り部活動もした佐伯敏子の生き様と奇跡に感動。

2016-05-27

[] 離風霊船 / ゴジラ

2016年5月27日19:30 ザ・スズナリ

主宰還暦公演は岸田戯曲賞作2016年版。三原山舞台ゴジラと純粋無垢な少女のラブストーリー楽しく、円谷ネタ満載も嬉しい。「シンゴジラ」意識し現代ネタも奏功。田中奈緒もいいがレポーター進藤理恵がいい味。

2016-05-15

[] 下鴨車窓 / 渇いた蜃気楼

2016年5月15日14:00 こまばアゴラ劇場

心理描写鮮やかな3人芝居は渇水に悩む小都市アパート一室を舞台に旧友がNHKの勧誘に現れる展開面白く傷口な過去が明らかにされヒリヒリ感。アラフォーの現実感全開。エクササイズDVD踊るなど大沢めぐみ良い。

2016-05-12

[] 子供鉅人 / 真夜中の虹

2016年5月12日19:30 駅前劇場

劇団員のみ本公演はスタジオ、パーティー、ホテルなど真夜中のシーン巧みに構成し繋げて大成功。関西弁のドタバタも勢いに笑い満載で叙情性たっぷり。浮気男を怒る真夜中の彼女や真夜中の兄妹の珍客など名場面多め。

[] 平田オリザ / 下り坂をそろそろと下る

2016年4月20日初版 講談社現代新書

日本の新しいかたち考察した新作は自ら携わった城崎や小豆島など事例豊富に地域再生のヒント満載。「坂の上の雲」など司馬遼太郎作品引用多めに古い考え方改め衰退する国の生き方探る。韓国の厳しい現実も興味深い。

2016-05-09

[] Wけんじ企画 / ザ・レジスタンス、抵抗

2016年5月9日19:30 こまばアゴラ劇場

作・演出の山内ケンジが山内健司筆頭に青年団の豪華役者陣贅沢に使い同姓同名企画が大成功。本社不祥事で混乱のVWな職場舞台にモテながら不能に悩む男を山内健司が楽しく演じ部下の坂倉奈津子や鄭亜美も魅力爆発。

2016-05-04

[] 渡辺源四郎商店 / 青森に落ちてきた男

2016年5月4日15:00 ザ・スズナリ

1945年7月28日の青森空襲モチーフに憎しみ乗り越えることへの考察も全体にヘビーな印象。攻撃的なエピソード重ね膨らみが抑えた点は残念だが米兵との遭遇やコミュニティの異常さは十分に伝わり意義深い一本。

[] 巻来功二 / 連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏

2016年2月22日初版 イーストプレス

1980年前後に「少年ジャンプ」などで活躍した作者の実録奮戦記が興奮。編集者が次々交代し翻弄される様やタブー破る行為も告白。「少年キング時代や「メタルK」誕生舞台裏も興味深く自身の心理描写も奏功。

2016-04-27

[] 月刊「根本宗子」 / 忍者女子高生(仮)

2016年4月27日19:30 ザ・スズナリ

極度なマザコン3兄弟集う安曇野家舞台に一人忍者となり奮闘する妹役で根本宗子が躍動。母第一の気持ち悪さ巧みに笑い変え、最悪な環境に馴染む長男嫁で大竹沙絵子がハマる。ただ、終盤のチャンバラシーンは蛇足か。

[] 九龍ジョー / メモリースティック

2015年2月20日初版 DU BOOKS

音楽映画演劇プロレスまでインディシーンについて各誌掲載記事を構成巧みにまとめて意義深い仕事。松江哲明との交流が興味深く韓国ルポも新鮮。インタビュー集にせずきちんとレポートしている点が素晴らしい。

2016-04-19

[] ブルドッキングヘッドロック / スケベの話〜オトナのおもちゃ編〜

2016年4月19日19:00 ザ・スズナリ

陸軍部隊の士官専用住宅地にあるサルマン中佐の邸宅を舞台に兵士たちの会話の曖昧さに卑猥な暗喩込めるもエロさ少なく微妙な世界観。奥様同士、メイド間の力関係の描き方など面白いが、公演時間長く冗長な点は残念。

2016-04-14

[] ハイバイ / おとこたち

2016年4月14日14:00 東京芸術劇場シアターイースト

男4人の生き様描く人気作再演は6人の役者が複数役を見事にこなし演劇の可能性拓く傑作。松井周も加わり思い通りにいかないダメダメ人生を生きる男たち面白く魅力的で残酷な老後での「太陽と埃の中で」熱唱に感涙。

[] 渋谷直角 / 奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール

2015年7月30日初版 扶桑社

奥田民生に憧れる35歳の中途入社編集者コーロキを中心にライフスタイル雑誌の混乱描いて迫力。ネットで叩かれたり切実さ抜群。プレス天海あかり巡る男たちの存在明らかにする展開面白く、シニカルなラストも見事。

2016-04-06

[] 三条会×百景社 / ヴェニスの商人

2016年4月6日15:00 ザ・スズナリ

不振続いた三条会が百景社と組み有名作を大胆演出で見せて関マジック再び。舞台を2つの陣営に分け秤置く様面白く、調理器具用意しご飯炊く展開に興奮。終盤の肉の奪い合い、多数派工作楽しくカレー仕上げて大団円。

[] 前田司郎 / 私たちは塩を減らそう

2015年5月31日初版 キノブックス

各誌に掲載した小説を中心とした短編集めた一冊は異色作満載。女性視点の軽い語り口の前半の作品群面白いが群像新調文学界掲載作は実験色強め。巻末のエベレスト方面への紀行文が意外に面白く文化人交流も興味深い。

2016-04-01

[] カミグセ / 隣の芝生の気も知らないで

2016年4月1日14:00 王子小劇場

佐藤佐吉ユース演劇祭での桜美林系劇団新作は太宰「女生徒モチーフに女子キャスト奏功。舞台上の着替えなど格好よく、バレー部美術部、教室内階級などエピソード効果的だが、全体プロット弱く抑制演出で退屈感。

2016-03-31

[] 劇潜サブマリン / きぐるいドワーフ

2016年3月31日18:30 下北沢小劇場楽園

大阪芸大発過激アート系の下北沢進出作はベタサーカス舞台設定、髭もじゃのむさ男を前面に出して残念。ただ、随所でキャラ輝きミュージカルシーンに見せ場。山田メアリー美貴の覚悟、水田千聖らのダンスも光る。

[] 川上未映子 / あこがれ

2015年10月20日初版 新潮社

4年ぶり長編小説は麦くん視点とヘガティ視点の2作収めた連作。スーパーで働くミスアイスサンドイッチへの憧れの描写絶妙。微妙な家庭環境も見事でネットで父の再婚を知る展開さすがで、まだ見ぬ姉探す場面に興奮。

2016-03-25

[] あひるなんちゃら / ドロボー・シティ

2016年3月25日19:30 駅前劇場

泥棒仲間のアジトに空き巣に入った者たちを巡るコメディは役者も揃って会心の仕上がり。アジトで暮らす女子4人組が楽しく宮本奈津美の飛ばしキャラ最高。娘役で新人の野村梨々子も仕事。山田百次&根津によるタイガー&ドラゴンも新味。

2016-03-19

[] 家庭内失踪(作・演出:岩松了

2016年3月19日14:00 本多劇場

M&O企画で実現の「蒲団と達磨」後日譚は風間杜夫&小泉今日子を夫婦役にじっくり濃厚なホームドラマ。公演時間長く冗長な印象も岩松了の家庭内失踪なふざけたキャラ救い。再婚相手と出戻り娘との微妙な関係よし。

[] 東村アキコ / かくかくしかじか

2012年7月-2015年3月 集英社

マンガ大賞受賞の傑作自伝が全5巻で完結。在宮崎の恩師の強烈な個性への追憶深く、金沢での美大時代、二股三股で始めるマンガ家生活など細かなエピソード設け抜群の臨場感。デビューまでのいきさつも興味深く丁寧。

2016-03-18

[] イデビアン・クルー / ハウリング

2016年3月18日19:00 世田谷パブリックシアター

約1年半ぶり新作公演は大谷能生率いる四管編成の生演奏使い充実。藤田桃子入りコント充実で笑い満載。見合いから奇天烈結婚式のラストはブーケ投げならぬ高島田角隠し投げ繰り返し演奏リピートでにやにやな大団円。

2016-03-15

[] 遊園地再生事業団+こまばアゴラ劇場 / 子供たちは未来のように笑う(ワークインプログレス

2016年3月15日19:00 こまばアゴラ劇場

青年団役者陣も混じり妊娠や出産巡るエチュード集が奇跡的な面白さ。役者の持ち味十分に発揮し多ジャンルの文章を次々朗読しゲーム的な楽しさ。中央柱が視界邪魔も、近年稀に見る出来映えで本公演も遊び重視を期待。

2016-03-13

[] MONO / 裸に勾玉

2016年3月13日14:00 シアタートラム

弥生時代舞台の新作は邪馬台国との戦争間近な狗奴国で迫害受ける一族の話面白く刺激的。好戦ムードな国民の怖さ抜群で現代に見事繋がる。松原由希子演じたアマリ格好よく、絶望的な終盤美しい。ラストのオチも巧い。