100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2006-03-31

[] 山川冬樹sim、恩田晃、OPTRUM、ドラびでお / スポンティニアス・コア:パフォーマンスを超えて

2006年3月31日19:00 代官山UNIT

simスマートに見えるほど異端でエッジ効きまくるイベントで意義。圧巻はドラびでおキルビルBRコラージュし1人ドラム叩きビートと映像融合で爆笑。テーブルに機材並べた恩田や蛍光灯のOPなど視覚的にも刺激的。(やま)

2006-03-30

[] "77 MILLION" ブライアン・イーノ音楽映像インスタレーション

2006年3月24日−4月3日 ラフォーレミュージアム原宿

イーノ自身初となるPCアプリケーション作品「77 MILLION Paintings」素材に抜群の効果を発揮。じわり変化していく抽象絵画がアンビエントな音響と組み合わされ陶酔。大小多様サイズ用意し複数の部屋で異なる見せ方して新たな発見。(やま)

[] ASA-CHANG & 巡礼、康本雅子イデビアン・クルー井手茂太 / JUNRAY DANCE CHANG

2006年3月30日20:00 Super Deluxe

A&巡のライブ主体の企画でダンスは控えめな印象。コスチューム凝り、各パートで着替えも。個別ダンス多いが群舞が最高。垣間見せるイデビアンの輝く個性に興奮。康本もらしさ発揮。全体に統一感欠き物足りなさも。(やま)

[] 阿部和重 / プラスティックソウル

2006年3月10日初版 講談社

99〜00年「批評空間」連載の幻の連載小説は、アシダイチロウら作家の卵4人による共同創作企画を軸にドラッグ山盛りで妄想の嵐。話者の転換激しく物語がぐるぐる回る実験性に酔うも、世紀末の東京舞台に面白さ抜群。(やま)

2006-03-29

[] 金魚モモンガコンプレックス、中野成樹+フランケンズ、矢内原美邦、C.I.co.、廣井陽子、吉福敦子、能美健志&ダンステアトロ21 / 横浜ダンス界隈#3

2006年3月27日19:30  BankART1929〜馬車道周辺〜BankART Studio NYK

横浜各所でダンスを巡るオリエンテーリング。生憎の寒波もモモンガ路上ダンス圧巻で馬車道の商店に入り込むパフォーマンス最高。ラウンジでの矢内原×藤瀬のりこ×佐川智香のチョコレートも素晴らしく大きな収穫。(やま)

2006-03-27

[] コクーン歌舞伎 東海道四谷怪談 南番

2006年3月27日18:30 シアターコクーン

03年以来で襲名後は初となる勘三郎コクーン歌舞伎は、その第一弾作の強力再演。橋之助との名コンビ発揮し各場じっくり迫力満点。平場席に水飛沫溢れ、お岩が炎の提灯から登場する場面が圧巻。冴える串田演出に感嘆。(やま)

2006-03-26

[] うずめ劇場 / 我が闘争

2006年3月26日13:00 森下スタジオ

人気ユダヤ人戯曲家タボリ作の日本語初演出作は3時間の大作も個々の台詞長く一本調子で睡魔襲う展開。ウィーンで若きヒトラーをユダヤ人ヘルツルが面倒みる展開面白いが、生きた鶏を舞台上に放置させた演出が最高。(やま)

[] 尾上松緑 / 夏ノ夜ノ夢

2006年3月26日15:00 松竹座

松緑シェイクスピア劇で厚遇された保田圭は腐っても元娘。芝居は松緑並に拙いが、ダンスとヲタ動員力で地力発揮。松緑のパックは、いたずら妖精の無邪気さ皆無で、忠義の奴にしか見えず。終始沈鬱な加納演出も魅力無し。(飯野形而)

[] Ord-d.d / 冬の花火、春の枯葉

2006年3月26日17:00 にしすがも創造舎

開場時のクラブ斜陽が圧巻。昭和初期のカフェ再現し女給&踊子が場内揺らし期待の開演も太宰治3編連作は原作の欠点に嵌る悪夢。空間見事に音楽マッチも長台詞真面目演出は課題。トークで宮沢章夫登場は嬉しく救い。(やま)

2006-03-25

[] 珍しいキノコ舞踊団 / また、家まで歩いてく

2006年3月25日15:00 スパイラルホール

05年作の続編というより再演。ロングラン公演も会場広くステージ奥行き効果的だが客席との一体感出せず苦戦。随所にキノコワールド展開しジャングル動物たちな要素は新味。楽しい歌パート継続も個々キャラは後退。(やま)

[] アーノルドシュワルツェネッガー / ゲルニカ

2006年3月25日19:00 OFFOFFシアター

学校とコンビニ舞台に現代のコミュニケーションの危うさ描き好調持続も空っぽの舞台は裏目。道具使ってこそ持ち味出そう。オタクインテリな二人に現実味。水野顕子はザコキャラへ後退し女子高生役の幸田尚恵に輝き。(やま)

2006-03-24

[] 身体表現サークル、たかぎまゆ、HINOBI(日野武道研究所)、ピンク、ボクデス、ぼくもとさきこ、康本雅子+岡本真理子、山賀ざくろ、室伏鴻 / 吾妻橋ダンスクロッシング 

2006年3月24日19:00 アサヒアートスクエア

面子がやや地味もレギュラー陣が奮闘。とくに康本雅子が抜群に動きよく、1部で岡本真理子、2部で常樂泰と共演し圧倒的躍動感。期待のピンクはやや体が重い感じで昨年末のよさ出ず残念。身体表現Cは計算しっかり。(やま)

[] 夜王

2006年1月13日〜3月24日22:00 TBS

ロミオへようこそジュリエット」全ての女性を幸せに。昨年単発より連ドラ化。ホストクラブ舞台で癸韻鮟笋衫鵬陲叛嗣蕕箸修稜蛭響茲ぜ瓦忙纏の真髄描き飽きさせぬ展開に。最後は派閥を超え互いに高めあう姿に感動(しも。)

2006-03-23

[] 中川家寄席

2006年3月23日21:45 末広亭

中川家2本に若手とろサーモン挟みゲストトークで締める構成で1時間1500円。往時の漫才雰囲気味わう空間で1本目はトリノ五輪WBCと時事ネタで若年層きっちり笑わせ2本目は古典的火事ネタで王道に即興性も見事。(やま)

[] 絲山秋子 / 沖で待つ

2006年2月25日初版 文藝春秋

芥川賞受賞作は併録作とも持ち味十分の傑作。バブル世代の著者の時代見る眼の確かさ、描き出す技量再認。総合職入社の会社の歳月を時間軸巧みに描き、好不況の仕事変転、同期や仲間との交流鮮やかに我ら世代の日々。(やま)

2006-03-22

[] 3月歌舞伎公演「猿之助十八番の内 當世流小栗判官」第二部

2006年3月22日18:30 国立劇場劇場

低調の第一部に比べ見せ場多く美濃での青墓宿からの場面が秀逸。小栗判官巡り笑也の照手姫と春猿演ずるお駒の切ないまでの明暗が見事。渋谷勢に比べ天馬の宙乗り含め全体の舞台は迫力欠けるが二部構成の試みは支持。(やま)

2006-03-21

[] 森口豁 / だれも沖縄を知らない 27の島の物語

2005年7月15日初版 筑摩書房

黒島から浜比嘉島まで30あまりの離島を取材し、各島固有の問題を浮き彫りに。浜辺の少年の41年後を追った伊是名島が最高。全体に公共事業漬けの実態くっきり。基地問題から市町村合併の弊害まで多様に捉えた労作。(やま)

2006-03-20

[] THE SHAMPOO HAT / 恋の片道切符

2006年3月20日19:30 ザ・スズナリ

在日朝鮮人集まる零細パチンコ店控え室を舞台に真夏の午後の一コマを見事に作品化。草野球チームの会合とアルバイト面接重ね警官が何度も顔出すヤバい雰囲気。停電に電話まで止まる緊張が見事。大堀の店主ぶり秀逸。(やま)

2006-03-19

[] パパ・タラフマラ / 三人姉妹 

2006年3月19日14:00 中野スタジオSAI

相次ぐ再演に世界ツアーまで実現の人気作が再登場。あらた真生ら中核3人の女全開の1時間。チェーホフ作から飛躍も痛快に成熟艶技。台詞効果的にほぼ全編流れる松本淳一音楽に反応したダイナミックな動きが圧倒的。(やま)

[] 大谷能生のフランス革命(RIOW ARAI

2006年3月19日19:00 UPLINK FACTORY

これぞ大谷仕事で80年代からの機材の変遷から始まる見事な楽器進化論メモリーなく1発録りで苦労した当時の宅録事情鮮やか。MIDI以降も劇的なテクノロジーの変化を実感。サンプリング実演も嬉。完成定義も興味深い。(やま)

2006-03-18

[] 劇団八時半 / 完璧な冬の日

2006年3月18日15:00 こまばアゴラ劇場

新空港建設に反対する3人の苦闘の日々描き意義深い傑作。周辺住民も見放す彼等のブログ対応等些細な悩みは取材では得られぬリアルさ。マザコン40歳地権者を鈴江が情けなさ抜群に、元教員29歳キャバ嬢を長沼が熱演。(やま)

[] 離風霊船 / ゴジラ

2006年3月18日19:00 シアターアプル

20年前の岸田戯曲賞受賞作再演は80年代全開のイタいホームドラマ。巨大空間にムリが生じ、冬ソナ等新ギャグ加えるも時代遅れなベタさ辛い。障害乗り越えゴジラと純愛貫く神谷麻衣子とモスラなど円谷怪獣ネタは救い。(やま)

2006-03-17

[] 『SIX STRATA :ROPPONGI HILLS DEFINED』刊行記念 ホンマタカシ×堀江敏幸トークショー 

2006年3月17日19:00 六本木ヒルズ森タワー49階「アカデミーヒルズ49」

東京文化シーン最注目の顔合わせ。超異色コラボ写真集刊行で2人のトーク実現。ラフなホンマに対し初ヒルズの堀江は地味に真面目でコントラスト強烈。「私」やヒルズ族や総て創作は嘘という話題で後半に盛り上がり。(やま)

2006-03-16

[] AKB48 

2006年3月16日19:00 AKB48劇場

ほぼ毎日250客限定1000円の「会いにいける」ライブは、全体とユニットの配分巧みに充実の1時間20分。秋元康入魂の全編オリジナルで好楽曲揃え、夏まゆみの振り付けが抜群に機能。アップフロントは資本参加検討すべし。(やま)

2006-03-15

[] 3月歌舞伎公演「猿之助十八番の内 當世流小栗判官」第一部

2006年3月15日13:00 国立劇場劇場

昼夜ぶっ通しで猿之助の十八番、小栗を花形公演で実現も若手の力量に課題。気合い十分の渋谷勢に対し凡庸な舞台が残念。古典なら欲しい質感が出ず、トリノ五輪などギャグコーナーも空回り。見せ場多い第二部に期待。(やま)

[] ほろほろ号 / るる ざざくろ 

2006年3月15日19:30 BankART Studio NYK

ほうほう堂代表作を山賀ざくろ迎え男女デュオで再演。新鋪美佳は振付専念し福留麻里のキャラ急浮上。母親と宮沢りえCD聴いた今朝の出来事語る場面から最高でBGM効果的にぴょんぴょん跳び30分1ドリンク付1500円の満足。(やま)

2006-03-14

[] ヨーロッパ企画 / Windows5000

2006年3月14日19:30 THEATER/TOPS

近未来の集合住宅舞台に画期的ソフト開発したアイデアの勝利。舞台上に8世帯の激狭部屋並べた断面図が圧巻。役人が立ち退きリサーチで観察し個々の間抜け生活にツッコミを入れる展開秀逸で20回記念の彼等の最高作。(やま)

2006-03-13

[] 大森立嗣 / ゲルマニウムの夜 

2005年3月13日19:00 一角座

荒戸事務所特設映画館上映復活は花村萬月芥川受賞作映画化で期待大も強烈変態映画に焦る。国立博物館内で文化庁支援入れながら男同士のフェラ連発。石橋蓮司院長ヤバすぎ。全体インモラルの中、早良めぐみ肢体輝く。(やま)

2006-03-12

[] THE・ガジラ / ひかりごけ

2006年3月12日14:00 ザ・スズナリ

公演連発で制度疲労気味も武田泰淳作得て確実ヒット狙うが苦しい。センターステージで遭難漁師たちが仲間を食い始める衝撃展開も眠さ抜けず。若松武史の声は存在感。松田洋治の食われ役よし。鍋使う演出は効果あり。(やま)

2006-03-11

[] フーベルト・ザウパー / ダーウィンの悪夢

2006年3月11日12:10 BS1(オーストリア=ベルギー=フランス・2004)

ビクトリア湖の生態系が外来魚ナイルパーチの放流で大打撃を受ける実態を紹介してアフリカの厳しい現実を描写。魚輸出し武器を輸入する悪循環。エイズ蔓延し搾取横行、ウジまみれの魚不要部分に群れる姿を映し衝撃。(やま)

[] 第3回セントパトリックス・デイ・パレード横浜元町

2006年3月11日14:00 横浜元町通り

春の到来実感の陽気に恵まれ期待のアイリッシュパレードも関連飲食店の店員など日本人がダラダラ歩くのみでパレード感覚味わえず、時間も短く残念。唯一の救いは大量に配布のグリーン風船。緑の装いキメた犬も人気。(やま)

[] チェルフィッチュ / 三月の5日間  

2006年3月11日20:00 Super Deluxe

岸田戯曲賞受賞作再演は空っぽな舞台で本領発揮し見事な時代感覚。03年イラク攻撃時の六本木渋谷の若者群像劇が超リアル。ラブホ2人にデモ参加2人もいいが、キョドるミッフィ演じた松村翔子のノイズ全開ぶり圧巻。(やま)

2006-03-10

[] 西村賢太 / どうで死ぬ身の一踊り

2006年1月29日初版 講談社

芝公園で凍死した作家藤澤清造へ執着し東京と石川を往復する中卒港湾労働者の日々が赤裸々に語られ衝撃的。父の逮捕、買淫、DVなど私生活の恥部全開で身につまされる三十路男の吐露3編は芥川賞候補も落選残念。(やま)

[] 時効警察

2006年1月13日〜3月10日11:15 テレビ朝日

時効事件を趣味で捜査するオダジョ好演。毎回豪華脚本ゲスト陣を迎え演劇好きは垂涎。ピーポー君似そーぶ君の抜け加減も良し。第5話”男十四匹”は傑作。三木+元ビシバ西田&ふせ共演や各キャラも魅力満載で終了(しも。)

2006-03-09

[] ポツドール / 夢の城  

2006年3月9日19:30 THEATER/TOPS

岸田戯曲賞受賞第一作は台詞ゼロもTV音声効果的で失敗ANIMALのリベンジ。男5人女3人で共同生活するワンルームを夜朝昼夜と眺め、これぞポツな圧倒的時代性。男全裸でセックス連続も皆で鍋つつく夕食とラストで感涙。(やま)

[] 溺死JOURNAL471

2006年3月発行 名阪人権文化センター/溺死ジャーナル高速道路公団

嬉しい松本亀吉編集の溺ジャ復刊は豊田道倫メール頻出語、小林賢輔マンガ、金野篤バンブルCDら執筆陣も豊富に期待に違わぬ面白さ。「新着スパムメールレビュー」が最高で涙出る激笑。ヘッドラインNも毒性圧巻。(やま)

2006-03-07

[] PARCO歌舞伎 / 決闘!高田馬場  

2006年3月7日19:00 PARCO劇場

三谷幸喜作演出で市川染五郎の堀部安兵衛。勘太郎亀治郎の若手3人が各自複数役で早替わり休憩なし2時間超で圧倒。舞台仕掛けも凝り新しい歌舞伎。廻り舞台ぐるぐる回しトリノ五輪ネタなど笑いと疾走感溢れて幕。(やま)

2006-03-06

[] 五反田団 / ふたりいる景色

2006年3月6日19:30 こまばアゴラ劇場

強引だった前作から格段に完成度上げ恋愛テーマの4人芝居で新境地。前田自身彷彿の即身仏目指し引きこもる男をMONO金替康博が怪演、恋人ヒトミ役で後藤飛鳥役者魂。ゴマの精の立蔵葉子も魅力爆発。望月も健闘大成功。(やま)

2006-03-05

[] Co.山田うん / 「IN SIDE OUT」「W.i.f.e.」 

2006年3月5日15:00 茅ヶ崎市民文化会館小ホール

出身地での凱旋公演は2本立て。1本目は2人構成で抽象的にデザイン感覚見事で電灯使う舞台マッチ。2本目は山田含む3人編成でチェーホフ書簡集取材し文字遊び巧。学生時代の思い出話満載のアフタートークも○。(やま)

2006-03-04

[] ロマンチカ / PORN

2006年3月4日15:00 スフィアメックス

待望の新作公演はエロかっこいい真髄。脱ぎまくるお洒落エロティック世界全開で圧倒的多幸感。豊かなイメージ次々展開し飴屋法水音楽も抜群。横町慶子を筆頭に女性キャスト魅力的で見事な身体に仕上げた点も拍手。(やま)

[] オトギノマキコ・岡本真理子・クリウィムバアニー・鈴木ユキオ・高野美和子・手塚夏子・蹄 ギガ・杏奈・種子田郷、他 / 横浜ダンス界隈 番外編 SITE 5 

2006年3月4日16:45  ZAIM

旧関東財務局で12のダンス同時開催する贅沢無謀企画。ギャラリー巡る感覚も全部が中途半端になり残念。上演時間ずらす工夫欲しい。最多人数のクリウィムが会場の使い方も最高。手塚の観客の要望に応える試みも意義。(やま)

[] ほうほう堂 / 横浜ダンス界隈 番外編 SITE 6 

2006年3月4日17:50 JAGAR/LAND ROVERのショールーム

ギャルリー・パリ前に集合、移動し辿りつくと、車のショーウィンドウの中で踊る2人。まさに10分の至福。英国製高級車も巧みに使い、この日のハイライトともいえる瞬間。この空間活用こそ彼女たちのセンスの見事さ。(やま)

[] 川野眞子with Frei MusiKapelle / 横浜ダンス界隈 番外編 SITE 7 

2006年3月4日18:05 開港広場

渋さ知らズOのメンバー特別編成楽団FMKのパレードが導いたのは日米和親条約締結の地。川野が演ずる古き良き日本女性・幸子が踊る郷愁のジンタは噴水が冷たさ倍増。居留地横浜タイムスリップし港町の風味全開。(やま)

[] 白井剛×菊地純子 / 横浜ダンス界隈 番外編 SITE 8 

2006年3月4日18:20 JACK CAFÉ

1933年建築のビルの2棟続きカフェ利用した2つのソロダンス=パフォーマンスが同時上演され扇動的。ビール頼みJackと叫び続けた白井の振る舞いが熱い。カバン抱えての疾走は迫力あったが、トータル10分で終了。(やま)

[] 室伏鴻 / 横浜ダンス界隈 番外編 SITE 9 

2006年3月4日18:40 東西上屋倉庫2号倉庫前

どっぷり暮れた海風吹くフェンスにしがみつく半裸室臥の迫力ダンスが炸裂。クルマ通るたびに道開け新鮮。移動しての続きは戦時中零戦格納庫だった倉庫前でのハード野外空間ソロパフォーマンス。種子田郷の音も効果。(やま)

[] クリウィムバアニー / 横浜ダンス界隈 番外編 SITE 10 

2006年3月4日19:30 馬車道駅コンコース中二階

改札前で着替え登場するシーンがかっこいいが「横濱モボ・モガを探せ!!」内での演目のためか短時間で終了。打ち上げ会場の緩い空気で集中力欠きZAIMでのダンス見事だっただけに残念至極。松浦和香子は存在感しっかり。(やま)

たこたこ 2006/03/09 12:12 横浜ダンス界隈 番外編 SITE 5 & SITE 9 の種子田郷は、
種子ではなく、”種子田郷の音も効果。(やま)”とある通り、
音楽家の種子田 郷 http://suara.jp/ です。

2006-03-03

[] 水と油 / 均衡

2006年3月3日19:30 シアタートラム

10年目の本公演で活動休止となった新作は、本来の20世紀初頭欧州風、タキシード姿で水と油スタイル。ワイン使ったコントなど楽しい場面散りばめ幕。オムニバス前作で方向性の違い鮮明だった彼等のソロ活動にも注目。(やま)

[] 作:サン=テグジュペリ、訳・絵:辛酸なめ子 / 「新」訳 星の王子さま

2005年12月10日初版 コアマガジン

権利切れで続出の新訳本ラッシュの中、最異端な「新」訳登場。ストーリーそのままに辛酸流の超現代語訳で、新たな世界観創出。オリジナル使うケース多い挿絵まで描き下ろし賛否両論も取っ付き難さゼロの異作に拍手。(やま)

2006-03-02

[] オリエンタルラジオまちゃまちゃ、ニブンノゴ!、アップダウン、吉本新喜劇、他 / 1じ3じ

2006年3月2日13:00 ルミネtheよしもと

平日昼間でエース欠き観客入り6割程度で漫才。注目オリラジはじめユルいネタで適当に笑わすなか、ニブンノゴ!がファストフードコントで健闘し最多の笑い獲得。新喜劇は温泉旅館舞台に人情ドラマでたっぷり1時間。(やま)

[] 花森安治と「暮しの手帖」展

2006年2月4日−4月9日 世田谷文学館

48年の創刊以来30年にわたる圧倒的な編集力見せつける展示。花森自ら描いた表紙の数々。当時の割り付け、自社作成の新聞広告など手づくり感抜群。志賀直哉武者小路実篤ら生原稿も並べ当時の執筆陣の豪華さに驚く。(やま)

[] シベリア少女鉄道 / ここでキスして。

2006年3月2日19:30 サザンシアター

旅館舞台に帳尻合わせ。前半代議士息子と仲居の恋路助けるべく奮闘の2人に対し後半間違った動き修正するゲームで立場替わるアイデアいいが、お約束なウェルメイドに説得力ない演出は課題。内田慈熱演も空回り残念。(やま)

2006-03-01

[] 動物電気 / 豆ざむらい

2006年3月1日19:30 駅前劇場

2006年本公演は吉本新喜劇プロット被る温泉宿買収劇。窮地の老舗旅館救うのが辻修演ずる落ちぶれ芸人実は豆ざむらい。場面転換繰り返し小林健一独演会強烈で笑い徹底追求は潔いほどだが、完成度の低さやはり課題か。(やま)