100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2006-04-30

[] マイノリマジョリテトラベル / 東京境界線紀行「ななつの大罪」

2006年4月30日 都バス(小滝橋車庫〜高田馬場)、space EDGE

羊屋白玉指輪ホテルと障害パフォーマーで3部構成の作品作り一日限定公開。都バスのルート短か過ぎ物足りず2部自由行動で企画放棄も3部はテーマ合致の意義深い公演で舞台に車椅子の出演者が並び圧巻、境界越え。(やま)

2006-04-29

[] マテリアルママ(作・演出:岩松了

2006年4月29日 新国立劇場 THE PIT

舞台中央、家の中にクルマ置き「物質と精神を等しく考えた話」も筋立て曖昧でキャラも立たず失敗。期待の仲村トオルは自動車セールスマン役で登場も機能不全。娘のクルマ守り続ける母役倉野章子好演しただけに残念。(やま)

[] モーニング娘。コンサートツアー2006春 〜レインボーセブン

2006年4月29日19:00 フェスティバル・ホール

前夜の紺野、小川卒業発表にも意外に動じないヲタと娘。が織り成す至極の多幸空間は、MC抑えた疾走レイヴ。ナマの重ピンク以上の衝撃はミラクル天然小春の大阪いぇー!!ミュージカル控えた高橋の本気ダンス・歌唱に圧倒。(飯野形而)

[] 武満徹「Visions in Time

2006年4月9日〜6月18日 東京オペラシティ アートギャラリー

作曲家の回顧展越えその深い関心領域を多層的多面的に展示。初期の湯浅譲二らと活動した実験工房の資料展示が興味深く当時作成の映像やポスターも。ミロやジャスパージョーンズ、ケージらの展示もあり豊かな世界。(やま)

2006-04-28

[] Dance Colloquium #4 / 処女作 virgin

2006年4月28日19:30 アサヒアートスクエア

回ごとに振付家を変えるダンス境界越え企画第4弾は山崎広太が振付構成。ライヒ、Tライリーら現音に乗り7人の女性ダンサーが躍動。ダンスとパフォーマンスの激しい動きに好感もラストの股間血まみれはやり過ぎ感。(やま)

2006-04-27

[] 西島大介 / アトモスフィア

2006年4月30日初版 早川書房(ハヤカワSFシリーズJコレクション)

1巻から1ヶ月空け全2巻完結。自分の分身が無限に増え続けるドッペルゲンガーな展開もユル目な絵とシベ少的オチを用意する大胆SFで、むしろこれが現代のリアル。戦略的な余白の多い、絵の少ないマンガも西島流。(やま)

[] 奥田英朗 / サウス・バウンド

2005年6月30日初版 角川書店

元過激派の父をもつ小学6年生の少年の目を通し現代社会が面白く描かれ「邪魔」以来の傑作。中野ブロードウェイで遊ぶ日々から不良と内ゲバに巻き込まれ四谷と西表島へ飛ぶ大活劇。アナーキーキャラ炸裂で痛快至極。(やま)

2006-04-24

[] 劇団鹿殺し / SALOMEEEEEEE!!!

2006年4月24日19:30 タイニイアリス  

東京進出1周年で有名作挑戦は料理法誤り戯曲拙さ致命的もハードロックな歌シーン見事で全曲オリジナルの楽曲も高品質。ロングランで充実舞台に雨降らす演出も効果的で空回りの役者陣も終盤菜月チョビがんばり帳尻。(やま)

2006-04-23

[] ENBU×五反田団 / ノーバディー

2006年4月23日14:00 笹塚ファクトリー

前田司郎クラス卒業公演は黒田大輔、端田新菜、後藤飛鳥も出演し学園舞台に謎のウィルスで全員死ぬバトルロワイヤルな大作。死迫る中の日常会話面白く、客席前に女性中心の大量キャストの死体次々並べ起用法抜群。(やま)

2006-04-22

[] 劇団上田 / 10ピース

2006年4月22日14:00 王子劇場  

期待したギャグ控えめに夜明け前の公園舞台に直球マジドラマで退屈。平和運動進めるカップル軸に不条理ファンタジー咬ませるも面白さなく、ヒロイン萩原もみぢ頑張るも無残、客演陣も機能せず、方向性の誤りが敗因。(やま)

[] Berryz工房コンサートツアー2006春 〜にょきにょきチャンピオン!〜

2006年4月22日18:30 大阪厚生年金会館大ホール

着実な成長遂げるアンファン・テリブルと暴走ヲタ集団の絶妙インタープレイにより構築される今最も熱い現場でひときわ光彩放ったのは、舞台上で紅いランドセルを置く唐十郎的演出で大人への階段を一歩昇った熊井友理奈。(飯野形而)

[] 新生快楽亭ブラック毒演会 大阪編 借金はつらいよ「浪花の春」の巻

2005年4月22日14:00 トリイ・ホール

またも歩行困難となり反対俥回避も、あくび指南のエロリミックス新作「女女(オナニー)指南」含め、たっぷり4席2時間半の黒世界。にわか落語ブームで「カラオケ寄席」の末広亭不入りという自虐設定に難が出たことに感慨。(飯野形而)

2006-04-21

[] 陽春大歌舞伎 昼の部

2006年4月21日11:00 御園座

当月公演中に上演800回達成した幸四郎の弁慶以外観るべきもの無し。染五郎は口跡軽過ぎ、型も決まらず、石切梶原、富樫は不適。かつての芸処も見巧者少なく台詞にかぶる大向や妙な間の拍手で客席まで拙劣。(飯野形而)

2006-04-20

[] ナイロン100℃ / カラフルメリイでオハヨ〜いつもの軽い致命傷の朝〜

2006年4月20日19:00 本多劇場

異例の四演なったケラ自身の父の死を書いた代表作は茶の間と妄想の病院脱出劇の2重構造で大倉孝二ナイロン豪華役者陣も往時風体現、ギャグ古めで近年の劇作と異質世界。構成面拙さあるも暖かく観劇後に爽やかさ。(やま)

2006-04-19

[] 菊地成孔大谷能生 / 東京大学のアルバート・アイラー東大ジャズ講義録・キーワード編

2006年3月15日初版 メディア総合研究所

青アイラーから10ヶ月経て登場の東大講義録は各月で異なる4キーワード設け各最終週ゲスト入れ濃厚構成な赤アイラー。ダンス編秀逸で野田努ゲスト講義含め新視点。即興大友良英招き質疑応答も意外な裏面史に驚愕。(やま)

[] 唐十郎 / 演技者放浪武勇伝

2006年4月19日19:30 精華小劇場

隣接校庭で公演控えた唐が建設中の紅テントから登壇し、若松孝二大島渚ら他分野とのコラボ体験を映像交え語った60分。初対面時に、君に飲ませる金のためとミシン質入のパフォーマンスを行う土方巽の噺は秀逸。(飯野形而)

2006-04-18

[] 花組芝居 / ザ・隅田川

2006年4月18日19:00 草月ホール

「隅田川もの」因縁劇を大胆シャッフルした旗揚げ公演作を素ネオかぶきで再構築もフレンチ音楽に乗ったユルい踊りで、なんちゃって歌舞伎なイタさ全開。救いは口上からの役者キャラ使ったギャグでベテラン勢頑張る。(やま)

2006-04-17

[] 野鳩 / なんとなくクレアラシル(愛蔵版

2006年4月17日19:30 こまばアゴラ劇場

代表作再演はドラえもん「きこりの泉」モチーフも仕掛け少なく青春の甘酸っぱさ出ずやや眠い展開。佐伯さち子も輝けず80年代テースト効果薄。水谷×天野天街トークが収穫で方言の巧さ確認、マンガ元ネタ披露も嬉。(やま)

2006-04-16

[] 小熊英二 / 日本という国

2006年3月30日初版 理論社(よりみちパンセ!)

アカデミズム気鋭の論者からの新国家論は会心の仕上がり。漢字にルビふり、100%ORANGEの絵に祖父江慎+cozfishの装丁でポップに近現代史の新たな提案。とくに明治と戦後に注目し事実の積み重ねで説得力見事。アジア関係も鋭い考察。(やま)

2006-04-15

[] モダンスイマーズ / ゆきてかえらず〜寄るべない稲上荘の日々〜

2006年4月15日14:00 ザ・ポケット

主演の六角精児輝き扉座色。映画監督の若き日々とAV撮り日々過ごす現在の挫折を2人の役者でコントラストに描き大成功。ボロアパートの舞台も凝り圧倒的完成度。隣部屋カップルなどフリンジも丁寧で堂々たる劇作。(やま)

2006-04-13

[] ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団 / 「カフェ・ミュラー」「春の祭典

2006年4月13日19:00 国立劇場

来日20周年記念公演で代表作2作実現。カフェピナ自身のダンス堪能。ストラヴィンスキー作に独自の解釈加えた春の祭典が壮観で土敷いた奥行きある舞台で30名超すダンサーが迫力、現代芸術の最重要傑作目撃に感激。(やま)

2006-04-12

[] シティボーイズミックスPRESENTS マンドラゴラの降る沼

2006年4月12日19:30 池上本門寺境内特設テント

稽古不足か全体散々の仕上がりだが、桜咲く境内の特設テントは意義深く、音楽SDPのシンコ起用嬉しい。常連の中村有志に加えゲスト出演いとうせいこう&銀粉蝶で原発ネタなど秀逸も大半の笑いマンネリ気味辛い。(やま)

2006-04-11

[] 小林エリカ / 終わりとはじまり

2006年3月16日初版 マガジンハウス

ギリシャのリッツォス、ポーランドのシンボルスカ、宮澤賢治、イラクのアル・ブライカーン、仏デスノスの詩5編をマンガに融合し新風味。詩と連動しない学生の青い日々のスケッチで、余白多いコマ割りも意外な効果。(やま)

2006-04-10

[] 浪花花形歌舞伎 浪華騒擾記 大塩平八郎

2006年4月10日19:00 松竹座

大阪に相応しい素材に友情、恋愛、忠義を巧みに盛り込んだ好脚本ながら心打たない凡庸な芝居。二十代中心の浅草花形に比して、教授された型の継受は十分だが、新歌舞伎での芝居の自発的創出は未だ尚早か?(飯野形而)

[] 風琴工房 / 砂漠音階

2006年4月10日19:30 ザ・スズナリ

1936年3月12日の中谷宇吉郎が弟子たちとともに人工の雪の結晶を作った1日を描き真面目な劇作。中谷研究室を訪れる者たちのエピソード詰めすぎで1日にこだわった悪影響出て惜しい。当時の北大の雰囲気再現はOK。(やま)

[] 赤い奇跡

2006年4月9日-10日21:00 TBS

ホリプロ「赤い」シリーズがフィギュアスケート&深田恭子で実現。ビッグマネー蠢くスター選手の殺人前科あるタクシー運転手との純愛描き70年代風味再現。ヒロインスケート拙さつらいも竹中直人コーチ役好演。(やま)

2006-04-09

[] 土田世紀 / ノーサンキューノーサンキュー

2005年12月1日初版 小学館IKKI

土田節炸裂の96〜04年の作品集めた傑作短編集は時代を映す負け組もの5本。IT長者の没落など時代スケッチが見事。地方都市を舞台に懐かしき男たちのブルース全開で本領発揮。作品毎に作者コメント入るサービスも嬉。(やま)

[] 浪花花形歌舞伎 伊勢音頭恋寝刃

2006年4月9日12:00 松竹座

正月の義賢最期での壮絶な芝居に続き大役福岡貢演じた愛之助が大当り。歌舞伎座で同月同役演ずる叔父・仁左衛門と瓜二つの正統継承でピントコナ適格十分。妙見町宿屋からの通しで万次郎、青江下坂の意義も明確に極上芝居。(飯野形而)

[] 浪花花形歌舞伎 土屋主税

2006年4月9日15:00 松竹座

地味な座組ながら浅草の歌舞伎ごっことは水準の違い見せる一世代上の上方花形による芝居は、翫雀がお家芸で堂に入った殿様ぶりの健闘。浅草で惨憺たる斧定九郎見せた亀鶴が大高源吾で思わぬ成長遂げ面目躍如。(飯野形而)

2006-04-08

[] 宮島達男 / FRAGILE

2006年3月3日−4月8日 SCAI THE BATHHOUSE

谷中の銭湯再びで3次元にこわれやすいフォルムが登場。奥の部屋で3点展示は宇宙の星雲の如く、近くで見るとデジタル感、遠くからだと綿的に暖かみ感じ異なる印象。水槽に埋めた数字に数秒ごと泡の出る作品も綺麗。(やま)

[] 蜻蛉玉 / マトリョーシカの鞦韆

2006年4月8日15:00 プーク人形劇

集合住宅舞台に住人の交流描き高完成度。兄妹の部屋中心に兄のBF含む3人で展開。ネコの餌でもめる場面が秀逸。全体脱力系で感触よし。恋人の子産みたいと願う兄と邪魔する妹の関係よく不条理を写実的に描き成功。(やま)

[] 古井由吉堀江敏幸 / 朗読会

2006年4月8日19:00 新宿 風花

文壇バーで2人朗読。古井は近況語り連載中の短編の一部読み2人で思い出語った後に堀江。「貯水池のステンドグラス」固有名詞など解説つけ丁寧な朗読。進行は島田雅彦、店内に中原昌也も。60人満杯で好雰囲気の夜。(やま)

2006-04-07

[] あなんじゅぱす / んぐまーま

2006年4月7日20:00 こまばアゴラ劇場

平田オリザダンス演出作は谷川俊太郎の詩に曲つけるひらたよーこユニットで実現。ダンサーに招いた岩下徹が貫禄で会場沸かせる。客席の子ども笑い声も味方につけたのは流石。只野の音がベタ過ぎで洗練さ向上期待。(やま)

[] Happy!

2006年4月7日21:00 TBS

浦沢直樹の人気テニス漫画海野幸役に「どんまい」キャラ炸裂の相武紗季起用し2時間ドラマ化。脚本に土田英生抜擢し兄役で荒川良々、そば屋店主で温水洋一と小劇場並ぶも、脇役が浜田雅功鶴瓶哀川翔ら超豪華。(やま)

2006-04-06

[] 大谷能生のフランス革命(西島大介

2006年4月6日19:30 UPLINK FACTORY

この日最終ゲラをチェックしたという最新作「アトモスフィア」中心も結末が話せず焦れる展開。後半の雑談モードからSF界とジャズ界の類似性議論が最高に面白く、西島のサブカル全般への興味の深さが滲み出て好味。(やま)

2006-04-05

[] 陣野俊史 / フランス暴動−−−移民法とラップ・フランセ

2006年2月28日初版 河出書房新社

時機逃さず出たフランス暴動ものは若者たちの意識をラップのリリックから探る試み。時事的側面の説明足りず編集に欠陥。詩の迫力も伝わらず1〜2章鈍いが、3章に入った降神志人インタビュー面白く意外な読後感。(やま)

2006-04-04

[] NONFIX / 路上未来〜「ビッグイシュー」とホームレスライフ

2006年4月4日2:35 フジテレビ

3度目の放送となった傑作ドキュメンタリー。ホームレスが販売員を務める200円の雑誌ビッグイシュー」の街頭での販売現場を追いかけ、彼等のこれまでの経緯と生活の現実を丁寧に描いた後藤訓久の番組づくりの拍手。(やま)

[] ミナモザ / 夜の花嫁

2006年4月4日19:30 サンモールスタジオ

連合赤軍の一行が夜のない地に迷いこみ始まる怠惰な日常が見事。別荘に住む美人姉妹のサチコ&川島早貴がいいし革命戦士も見事なリアリティ。ケーキの食事続ける日々は現代の隠喩か。意外な結末入れサービス精神も。(やま)

2006-04-03

[] 青年団若手自主企画(多田企画) / 別

2006年4月3日19:30 アトリエ春風舎

山内健司青年団主力役者揃え大雨後の避難生活お別れ会の一夜描くも、男=チン、女=マン、浮気する=マタガルなど架空方言創り理解不能な会話劇見せる大胆な試み。浮気現場からの展開はポツ的で面白く新たな別人。(やま)

2006-04-02

[] スロウライダー / トカゲを釣る

2006年4月2日14:00 こまばアゴラ劇場

またも突飛な設定でトカゲ通し自分の蝸牛育てる者たちの集団生活がヤバイ。建物2階分見せる舞台で吹き抜け効果的に相次ぐ飛び降り自殺にもリアリティ。男のみ出演でダークなトーンと鳴き声不気味に意味不明も成果。(やま)

[] 坂東玉三郎 / 言の葉コンサート 泉鏡花 天守物語

2006年4月2日15:00 浪切ホール

舞台のみならず自ら映像化も行った天守物語を素舞台で笛と玉三郎の朗読だけで表現する大胆な試みは観客に高度の想像力求める試練の場。前半イメージ喚起できず挫折するも後半は視覚押し付けられない自由な幻想世界。(飯野形而)

2006-04-01

[] マンションマンション / キング・オブ・心中

2006年4月1日14:00 下北沢OFFOFFシアター

富岡晃一郎、今林久弥、瓜生和成ら小劇場界の有名役者迎え横畠愛希子組第2弾は、ピチチ5福原充則と再度組み見せ場満載の異常愛。カレー屋開店する夫婦描くが浮気癖の妻を高木珠里が爆演、宝船に続き激しく見せた。(やま)