100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2006-05-31

[] 燐光群 / 民衆の敵

2006年5月31日19:00 俳優座劇場

時節捉えたイプセン作上演で意義深い仕事。前半ダラダラも吹き飛ぶ圧倒的クライマックスに感嘆。温泉町で毒菌混入告発する博士を大浦みずき熱演。無知の大衆と絶対多数前に変節する新聞の姿生々しく日本の今を象徴。(やま)

2006-05-30

[] 青年団+文学座 / 職さがし

2006年5月30日19:30 こまばアゴラ劇場

青3+文1の4人芝居は仏アルノー演出で職失い娘妊娠するヘビーな筋立て。家族と会社の台詞が絡み男の混乱象徴も面接面白くなく抽象舞台で白服&裸足で眠くなる一方。シンポジウムで平田オリザ登場し植民地批判痛烈。(やま)

2006-05-29

[] 花よりもなほ

2006年6月3日公開 松竹 監:是枝裕和 演:岡田准一、宮沢りえ

是枝注目作は、野田版研辰に通ずる仇討懐疑を軸に、殺生せず長屋の貧民と共生する優しい時代劇。岡田は時代劇初主演を逆手に男根的武士像から乖離した役作り奏功。今や松竹の看板女優となった宮沢の清楚で可憐な和服姿。(飯野形而)

[] 東京デスロック(CARAVAN) / 3人いる!

2006年5月29日20:00 下北沢CAFÉ PIGA

萩尾望都「11人いる!」に着想得た3人芝居が30席の激狭空間で上演。見知らぬ自分と部屋で出会う展開を夏目慎也&佐山和泉&多田淳之介が複数役演じ役者ぶり堪能。語られる日常生活の行動や過去がリアルに笑え見事。(やま)

2006-05-28

[] ワワフラミンゴ / ファーブル旅行記

2006年5月28日14:00 下北ファインホール

アパート角部屋な空間で自然光+蛍光灯で窓開閉巧みに45分の不思議時間堪能。ベタポ系女子7+男子1で日本に1年間以上滞在中の外国人の日々がガーリーなナンセンスギャグ全開に展開。こだわり世界観徹底が見事。(やま)

[] 南河内万歳一座 / お馬鹿屋敷

2006年5月28日15:00 ザ・スズナリ

不眠症の人たちに敷布団役と掛け布団役が3人セットで舞台上ずらり並べた、内藤の作風の良い面が出た佳作。安くて、そこで眠ればバカになる「大和屋別館」は、現在の自民政権を妄信する日本世論を暗示しているよう。(やま)

[] 三条会 / 砂の女

2006年5月28日18:30 1010ミニシアター

安部公房代表作舞台化再々演は堀状センターステージ設け覗き込む仕掛け流石。中央に縄梯子置き、砂の女による昆虫採集男の監禁劇が各3人で見事な抽象化。70年代アニソン多用しギミック全開の動きで飽きさせない。(やま)

2006-05-27

[] ローラン・プティの「こうもり」

2006年5月27日15:00 新国立劇場オペラ劇場

ヨハン・シュトラウスオペラをプティがバレエ化は驚くほど演劇的。ベラ役で真忠久美子など日本人ダンサーで構成の夫婦コメディは群舞の楽しさ抜群。カンカンダンスや食事場面ユニークにパリのエスプリ強烈で珍味。(やま)

[] BATIK 稽古

2006年5月27日19:00 森下スタジオC

無料開放稽古は休憩挟んで長時間。黒田育世演出家ぶり目撃が収穫で7人へ次々と振り付けるなか、一瞬見せる黒田の手本が流麗で抜群。全体に動き拙さ目立つなか声張り上げ激しい動きで田中美沙子が強烈な個性披露。(やま)

[] ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜

2006年5月26-27日21:00 フジテレビ

創立50周年の渡辺プロダクションと戦後史辿るドラマ企画はニュース映像過剰。晋=柳葉は手堅いも美佐=常盤貴子が大正解。フジ制作のためかドリフターズ一切触れず、離脱森進一も抹消。日本テレビ関連ゼロも残念。(やま)

2006-05-26

[] 遊園地再生事業団プロデュース / モーターサイクル・ドン・キホーテ

2006年5月26日19:00 赤レンガ倉庫1号館3Fホール

シェークスピア幻の戯曲「カルデーニオ」が鶴見バイク店舞台に大胆復活劇。イージーライダーな60’sロック炸裂。小田豊のヒッピー世代店主最高で若き妻高橋礼恵などキャスト絞って大正解。京浜工業地帯映像も効果抜群。(やま)

[] 五反田団 / ふたりいる景色

2006年5月26日19:30 京都芸術センター フリースペース

即身仏になる妄想描きゴマしか食べず恋人に依存するダメ男と、それでも別れられない女による無気力世代の現在形同棲時代は、金も性愛も描かず、人とのふれあいを気恥ずかしくなるほど率直に訴え、切なく心に沁みる傑作。(飯野形而)

2006-05-25

[] ロリータ男爵 / エプロンの証

2006年5月25日19:30 駅前劇場

ロボット任せで全人間がニート化した近未来舞台ロリ男ワールドがじわり。名物の歌&ダンスは脱力感抜群で永遠の仔秀逸。ヒロイン健気で勤勉なメイド役でベタポ吉原朱美が抜群の輝き。ニート王役今林久弥も存在感。

[] 宮崎学 / 六代目山口組司忍組長と小泉純一郎首相にケンカを学ぶ

2006年5月27日初版 太田出版

2人にケンカの仕方学ぶムリ企画で司組長と小泉首相交互に登場させるも大半はヤクザの交渉の巧みさ示す事例充実で面白い。200ページ未満とコンパクトだが05年9月の山口組東京進出の成功理由詳細に政治も裏事情豊富。(やま)

2006-05-24

[] 文学座+青年団(作・演出:松井周) / 地下室

2006年5月24日19:30 アトリエ春風舎

健康食品工場舞台に異常コミュニティの生態を描き高完成度で状況説明もしたたか。連赤髣髴の総括シーン見事で儀式やおしぼり等の性的挿話も強烈。1時間半の尺に出来事詰め過ぎ組織描写簡略化惜しい。貴重な対談付。(やま)

2006-05-22

[] 危婦人 / 大部屋女優 浜子 〜至福のランデブー〜

2006年5月22日19:30 サンモールスタジオ

前半は質感出ず抑制効かぬ演出に難も苦節40年の蘭浜子初の座長公演初日迎えた楽屋での後半は出色。女優陣皆が見せ場こなし荻原もみぢアイドル女優役ハマリ過ぎで小劇場界のあやや誕生ダンスも素晴らしくギザ萌え。(やま)

2006-05-21

[] 井上三太 / TOKYO TRIBE 2

1998〜2006年 祥伝社

「Boon」誌9年間連載作が全12巻で完結。東京主要都市カタカナ化し近未来のグループ間抗争が展開。ストリート細部描写こだわり、ヒップホップキャラも抜群。圧倒的前半部に比し後半間延び気味も生活に戻る結末よし。(やま)

2006-05-20

[] lovepunk / GIRLS HATE PURE

2006年5月20日14:00 シアターグリーン

高原秀和の劇団結成旗揚げ作は女優のみ9人で親子孫3代の恋愛を並列に描く大胆設定。21歳へ若返るおばあちゃんの純愛見事。普通志向サークルの描き方80年代風で陳腐な演出も永田奈津子&佐藤祐香ら女優陣が大健闘。(やま)

[] 五月大歌舞伎 團菊祭(傾城反魂香/保名/藤娘/黒手組曲輪達引)

2006年5月20日16:30 歌舞伎座

菊五郎が矢鴨に化け2001年宇宙の旅カーリングで股潜り等ギャグ集で新喜劇の様相。菊之助白玉は悪女ぶり見事に吉原。助六の江戸の屋根上の仕返し幕切れ鮮やか。三津五郎の又平は吃り丁寧に演じ結末じんわり。(やま)

2006-05-19

[] 第280回 市民寄席

2006年5月19日18:30 京都会館第2ホール

文太の八五郎出世は人情噺色薄く爆笑でもなくサゲも冴えず、上方への移植に無理を感じる中途半端な仕上がり。鶴瓶汗だくの愛宕山は六代目譲りの旦那に媚びない無愛想な幇間が印象的。春団治が怪我のため福団治代演。(飯野形而)

[] 征木高司、北沢夏音、赤田祐一 / 未来は後方にあり−−「団塊パンチ」の60年代考現学

2006年5月19日18:30 東京堂書店神田本店6階

赤田編集長雑誌団塊パンチ」発刊記念イベントは缶ビール並べ冒頭編集長の征木&北沢紹介秀逸も全体に酔った征木が精神論全開に暴走し厳しい中身。北沢による的を射た情報と資料提示、R25など批判は刺激的で救い。(やま)

2006-05-18

[] 本谷有希子 / ぜつぼう

2006年4月25日初版 講談社

待望の新作中篇は引きこもり不眠症生活送る電波少年的没落芸人がホームレスと出会い意外な展開。小劇場直系キャラで笑い追求しエンタメ路線。表紙イラスト黒田硫黄装丁祖父江印と2000年代カルチャー旗手期待に応答。(やま)

2006-05-17

[] 近藤良平、黒田育世 / 私の恋人〜暇さえあれば体当たり〜

2006年5月17日19:15 吉祥寺シアター

1日限り増強再演は充実2部構成。屋外からバイクで2人登場鮮やか。ダンスで黒田が圧倒も楽器奏で跳躍し近藤が応戦。部屋風舞台よく小島麻由美&Jジョプリンマッチストロー刺し、すいか割りなど味付け楽しい。(やま)

[] UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナ×アーセナル

2006年5月17日27:45 スタッド・フランス

小雨降るサンドニでの決戦はシナリオあるかの如き好ゲーム。無失点記録中のアーセナルはGK退場もアンリ→キャンベルで高打点ヘディング先制。ゼロ封神話流れ変えたのは交代投入ラーションとベレッチで逆転劇圧巻。(やま)

2006-05-16

[] 古屋兎丸 / ハピネス

2006年3月1日初版 小学館(IKKIコミック)

十代の喪失感を危ういエピソードで描く短編集は各8編が重厚で完成度高く兎丸らしさ発揮。自殺したビジュアル系歌手伝説の地での少女と少年の出会い描く表題作はじめ持ち味の美少女キャラが痛みとともに妖しく躍動。(やま)

2006-05-15

[] 主権在民! 共同アピールの会 / 個人情報保護法を糺す!緊急討論

2006年5月15日19:00 ネイキッドロフト

吉岡忍、森達也石坂啓吉田司に各紙誌記者ら発言し問題点出すもピント外れ気味で事例乏しく停滞。客席塩見孝也ら豪華で後半論争モードも。権力に迎合するNGO、世論つかず効果的な運動方法に悩む姿が痛ましい。(やま)

2006-05-14

[] 第三回 鶴瓶、銀瓶をしごく会

2006年5月14日14:00 西ノ宮プレラホール

韓国語落語のみならず古典にも着実な成果上げる銀瓶のくっしゃみ講釈は修羅場読みも巧み。堪忍袋のマクラで鶴瓶暴走。倦怠期の夫婦の話からミス・ワカナ、スジナシまで展開し30分間場内大爆笑の後、本編やや尻すぼみ。(飯野形而)

[] アイサツ / サマン

2006年5月14日14:30 早稲田どらま館

早大演劇倶楽部新ユニット旗揚げ作はポツドールで演出助手務める尾倉ケントの作演出で鬼出る町にパン工場路上と兄妹暮らす部屋繋ぎ見事な時代感覚。今井理恵や石澤彩美ら女優陣中心に充実。Jロック味付けも奏功。(やま)

[] 沢木耕太郎 / 危機の宰相

2006年4月10日初版 魁星出版

77年発表の幻の長編第一作は60年代の所得倍増演出した首相池田勇人、エコノミスト下村治、宏治会の田村敏雄の元大蔵負け組官僚3人の人生辿る力作も若さ目立ち構成に難。政策説明不足で会報の引用目立つ素直さも辛。(やま)

2006-05-13

[] 五月大歌舞伎 團菊祭(江戸の夕映/雷船頭/外郎売/権三と助十)

2006年5月13日11:00 歌舞伎座

復活團十郎外郎売は武具馬具と早口鮮やかで舌回り感嘆。菊五郎と二人口上も團菊祭の意義。大仏作は海老蔵松緑の大詰弱いも脇役陣健闘し維新の江戸人情話成立。菊五郎三津五郎の籠やは長屋井戸替えの挿話見事。(やま)

2006-05-12

[] 東演PIC(作:堤泰之×演出:松本祐子) / 見果てぬ夢

2006年5月12日19:30 東演パラータ

堤×松本の強力タッグで病院裏庭舞台群像劇が成功。役者陣の力量も確かできちんと芝居。入院中役者やがん告知できない新米医者ら個性しっかり。パチンコ店経営者親子もアクセント。看護婦役の江上梨乃可愛く彩り。(やま)

2006-05-11

[] 吉岡忍、魚住昭、森達也、野中章弘、吉田司、保坂展人、篠田博之、他 / 5・11共謀罪の新設に反対する市民と表現者の院内集会

2006年5月11日12:00 衆議院第一議員会館 第1会議室

強行採決も噂される緊迫情勢の中開催の反共謀罪集会は制限入場も立ち見出る大盛況。社民、共産、民主の各議員登壇し経緯説明、表現者から問題点的確に突くコメント次々出てイメージ喚起。意義深く切実激烈アピール。(やま)

[] 大人の麦茶 / ネムレナイト

2006年5月11日19:30 シアターグリーン

客演に保田圭迎えた注目再演は寺を舞台幽霊たちとの切ない定番ラブコメベタな演出苦しい。たいせい音楽陳腐も歌シーンは正解。保田は意外な汚れ役に積極挑戦、ハンバーグ刑事がキャラよし。次公演アヤカ出演。(やま)

2006-05-10

[] Stylist Meets 〜8組のスタイリストとクリエイターによる展覧会

2006年4月26日〜5月10日 ラフォーレミュージアム原宿

飯嶋久美子、伊賀大介、岡本純子、スズキタカユキ、奥原しんこ、辛酸なめ子ら集結の異種コラボはともに高い感性が組み驚くほどセンスいい試みが8部屋で展開され成功。全体ガーリーな雰囲気、映像使用法もユニーク。(やま)

2006-05-09

[] 柿喰う客 / 他人の不幸「弔問客」編

2006年5月9日19:00 早大学生会館B203

王子劇場進出の若手劇団新作は暴力団の抗争描く妄想エンタ。20人超の大量キャストで組長の死後に起きるありえない展開を最後まで見せる力評価も全体しょぼくグダグダ感。大森茉利子の特異な体もつ娼婦はヒット。(やま)

2006-05-08

[] 森達也村上賢司、水木ゆうな、松江哲明山下敦弘、安岡卓治、他 / ガンダーラ映画祭

2006年5月8日19:30 ロフトプラスワン

イメリン企画が再爆発。テレ東「ドキュメンタリーは嘘をつく」舞台裏制作スタッフ集い暴露し面白さ強烈。森達也を前面に冒頭から飛ばす展開が成功。安岡×松江の緊張師弟映画紹介も面白く山下のウブさ微笑ましい。(やま)

2006-05-07

[] 團菊祭 昼の部

2006年5月7日11:00 歌舞伎座

当代團菊がその名跡に相応しい江戸歌舞伎の真髄を存分に披露。團十郎外郎売りは病後を感じさせない鮮やかな口跡。菊五郎の権三は軽やかさと同時に、勘三郎には出せない凛とした江戸前芸。脇に徹した三津五郎も秀逸。(飯野形而)

[] 大人計画 / まとまったお金の唄

2006年5月7日14:00 本多劇場

万博開催中の70年の大阪舞台に母子家庭ホームドラマで松尾喜劇の真骨頂。妹役で市川実和子起用が奏功、バランスつき姉役の阿部サダヲと母役の荒川良々が思い切り暴走でき魅力爆発。当時風俗盛り込み歌舞伎囃子も笑。(やま)

[] モーニング娘。コンサートツアー2006春 〜レインボーセブン

2006年5月7日18:00 さいたまスーパーアリーナ

アリーナ級会場では後方席まで届かない娘。の非力痛感。本公演の主題・紺野、小川の娘。単独最終公演よりも会場限定CDを早々に完売させた前座℃-uteにインパクト。ピンクのハンカチによる紺野聖誕祭も本人に伝わらず。(飯野形而)

2006-05-06

[] 五月大歌舞伎 昼の部

2006年5月6日11:00 新橋演舞場

丸本世話の傑作・夏祭浪花鑑を台無しにしたのは、幕開6日目で未だ台詞入っていない段四郎。舅殺しに至る経緯を構築する重要な三婦内が段四郎のためにグダグダで、長町裏の緊迫感が出ず最悪。ひと夜の歌昇が好演。(飯野形而)

[] 寿団 / おとこたちのそこそこのこととここのこと

2006年5月6日14:00 大塚・萬スタジオ

鈴江俊郎の作・演出で男優のみ7人によるリストラ廃部の実業団野球部舞台プロ野球に届かない男たちのドラマが展開。2人ずつ登場シーンつくり各事情挿入巧みも全体ドタバタ演出は逆効果。半裸男が暴れて居心地悪。(やま)

[] 團菊祭 夜の部

2006年5月6日16:30 歌舞伎座

助六パロディの黒手組曲輪達引で菊五郎がまたも悪ノリ。ツァラトゥストラ序奏で矢鴨のかぶりもの、恋のダウンロードの下座も難なく場内爆笑後、男伊達と華麗な立廻りで見事な〆。海老蔵藤娘は踊りは拙いが意外な美しさ。(飯野形而)

[] 五月大歌舞伎(増補双級巴石川五右衛門/京鹿子娘道成寺/松竹梅湯島掛額)

2006年5月6日16:30 新橋演舞場

吉右衛門福助染五郎亀治郎揃えるもやや期待外れ。五右衛門は葛籠抜けの宙乗りから山門は迫力だが配役無謀でバランス悪。福助の道成寺は手ぶりの所作よく女形の面目。紅長はお土砂面白いがTV系ギャグは空回り。亀治郎が意外に女形決まり変形文楽も充実豪華。(やま)

2006-05-05

[] 五月大歌舞伎 夜の部

2006年5月5日16:30 新橋演舞場

歌舞伎座の團菊に対し新橋は一日三狂言出演の吉右衛門祭。つづら抜けはじめ石川五右衛門は鮮やかながら、松竹梅ではニンに無い無理なギャグが痛々しく辛い。成駒屋・萬屋・明石屋の御曹司勢揃いした道成寺は数十年後の財産。(飯野形而)

2006-05-04

[] 本谷有希子アウェー / 密室彼女

2006年5月4日15:00 スズナ

逃げ場無い都会の空隙に墜ちた男女の物語と死体遺棄目撃し監禁された女と犯人の物語とが交錯し、微妙に捻じれる秀作ミステリー舞台よりも映像向き。緊迫感も奇妙さも可笑しさも出せず凡庸な仕上がり。(飯野形而)

[] 劇団、本谷有希子アウェー) / 密室彼女

2006年5月4日15:00 ザ・スズナリ

乙一のムリな設定の2原案を巧みな人物造形で肉付けした手腕に脱帽。固有名詞の使い方、性格のユニークさ、女子の凶暴性で本領。常連の吉本菜穂子がヒロイン役で新境地。監禁される側の狂気、意識の変化も演技巧み。(やま)

[] マッスルハウス

2006年5月4日19:00 後楽園ホール

演出家を明記する潔いファイティング・オペラの後楽園進出第2弾は満場の観客千人も仕掛人となりレスラー騙すドッキリ。標的マンモス半田の空気読めないダメ人間ぶりに企画失敗も後半は宙乗りバルコニーダイヴ等見事な出来。(飯野形而)

2006-05-02

[] FIVE DEEZ / "kommunicator" Release Party!!

2006年5月2日23:30 代官山UNIT

エレクトロニカ路線の新作ひっさげFat JonとPase Rockの2人編成ライブは2時半開始も会場埋めたB-BOYには不評でクラブならではの期待の一体感あるインタープレイも消失。ライブ後4時を回る2人のDJヒップホップ感溢れ安堵。(やま)

[] 宮内勝典 / 焼身

2005年7月10日初版 集英社

1963年のサイゴンで焼身供養を遂げたX師の足跡を辿り、ベトナム各地の仏教寺院を訪ね歩く小説は、カンボジア編は想像記述多くくどいも、自身の焼身経験、NY等での生活織り込み高みへ。事実を探り当てた仕事も評価。(やま)