100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2006-09-30

[] 水性音楽 / 透明の人

2006年9月30日14:00 OFFOFFシアター

急遽決定の解散公演は2時間超で別れ=忘却。期待の松本奈緒大抜擢、ダンス場面はやはり見事。16時半より2日限定「ファントムさん半生」はミニ座長公演で舌回らない細川を村上寿子が絶妙サポートで見事な看板ぶり。(やま)

[] 渡辺源四郎商店 / 背中から四十分

2006年9月30日19:30 こまばアゴラ劇場

東北のホテル舞台に宿泊客=山内健司と訳ありマッサージ師=森内美由紀の基本2人芝居は、ともに自殺望む事情の見せ方したたかに上質仕上げ。期待の再演もありがちテーマで、アクセント弱く退屈感も。新作で勝負を。(やま)

[] 純情きらり

2006年4月3日〜9月30日8:15 NHK

津島祐子の谷崎賞受賞作を岡崎へ舞台移しドラマ化は、宮崎あおいヒロイン桜子が大当たり。姉役の寺島しのぶ、井川遥もよく、戦中戦後の姉妹奮闘劇。映画畑中心に池田鉄洋、村杉蝉之助ら小劇場役者も積極起用奏功。(やま)

2006-09-28

[] オリガト・プラスティコ(作:ウディ・アレン 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ) / 漂う電球

2006年9月28日19:00 本多劇場

Wアレンが45年ブルックリンの4人家族描いたシリアス戯曲ニート&引きこもりと現代風。座長広岡由里子が母親役も多い台詞に初日舌回らず苦戦も熱演でラスト感動。本多連続登場の町田マリーは愛人役面白く輝き。(やま)

2006-09-27

[] ヨーロッパ企画 / ブルーバーズ・ブリーダー

2006年9月27日19:30 ザ・スズナリ

待望新作は青い鳥を探す間抜けな人たちのドタバタ劇。「ムーミン」的森の中の舞台に出演者溢れ、ムダ会話で持ち味出すも、のらりくらり進行でさすがにダレた後感。組織絡めた点面白いが、さらなる捻りと事件欲しい。(やま)

2006-09-26

[] 小田部雄次 / 華族 近代日本貴族の虚像と実像

2006年3月25日初版 中公新書

明治時代の華族誕生から敗戦直後の廃止まで78年間1011家をめぐる初の本格通史。公・侯・伯・子・男の爵位を巡る暗闘も具体例豊富に紹介され、文句なしの面白さ。資料乏しい朝鮮華族の明暗激しい歴史に触れた点は特筆。(やま)

2006-09-25

[] 平成中村座 / 十八代目中村勘三郎襲名披露(本朝廿四孝/口上/身替座禅)

2006年9月25日13:30 同朋高等学校体育館(名古屋市中村区)

400年ぶりの里帰り公演は、前代未聞の体育館での襲名披露。場内に溢れる大量女子高生がTVカメラ独占。口上で挑戦的スケジュール披露。勘太郎&源左衞門欠く苦境も勘三郎の山蔭右京が楽しいお家芸披露し場内沸かす。(やま)

2006-09-24

[] 珍しいキノコ舞踊団×ジャスティン・カレオ / 3mmくらいズレてる部屋

2006年9月24日16:00 金沢21世紀美術館シアター21

Jカレオ制作の部屋で井出雅子山田郷美、佐藤昌代、篠崎芽美、伊藤千枝の5人がキノコダンスに魅了。サザン流れてからが圧巻で流石のユニークダンスを展開。舞台が黒壁空間で21美の魅力出せず、要現地撮影映像。(やま)

2006-09-22

[] チェルフィッチュ / 体と関係のない時間(「Freeing the Mind、抽象再訪」演劇公演)

2006年9月22日19:30 京都芸術センターフリースペース

小山田徹作品上での3人芝居は「抽象」に縛られ台詞分断&シャッフルで難解至極な実験作。会話交換壊す試みいいが物語伝わらず残念。山縣太一の場内雑音に反応する動き楽しい。大谷能生の現音っぽい音響ハマリすぎ。(やま)

2006-09-21

[] イデビアン・クルー / 補欠

2006年9月21日19:30 世田谷パブリックシアター

今年初の本公演は井手出演せず意外にスタイリッシュな印象。繰り返されるオーディションがショービジネスを巧みに象徴し見事。無駄台詞入れて演劇風もコミカルさは後退だが「夜のヒットスタジオパロディなど秀逸。(やま)

2006-09-20

[] つかこうへいゴールデンシアター / 蒲田行進曲〜城崎非情編

2006年9月20日19:00 青山劇場

銀ちゃん錦織一清&ライバル中村屋に佐藤アツヒロで全面ジャニーズ世界で30代女性中心客席へ奉仕。城崎中村屋話新機軸も大抜擢ジャニーズJr. 風間俊介の不似合いなヤス役で冗長な演技が残念。小夏役で黒谷友香は健闘。(やま)

2006-09-19

[] 庭劇団ペニノ / アンダーグラウンド

2006年9月19日19:30 ザ・スズナリ

ジャズトリオが「枯葉」演奏し黒いOL路線で病院インスタレーション。台詞・筋なしでNs’あおいな看護師7人による開腹手術激烈。吉原朱美以外、安藤玉恵、横畠愛希子ら女優陣はマスク着用贅沢。医師役マメ山田天晴れ。(やま)

2006-09-18

[] 中野成樹+フランケンズ / 暖かい氷河期

2006年9月18日14:00 STスポット

ゴルドーニの「二人の主人を一度に持つと」の巧みな誤意訳でさすがはフランケンズ。ベネツィア舞台に2人に仕えることなった召使いによる古典コメディが現代口語使い軽快演出で大成功。松村翔子が面白アクセント。(やま)

2006-09-17

[] マシュマロウェーブ / HOME

2006年9月17日15:00 シアターグリーン

20周年公演は東京で大地震起き埼玉の家まで歩いて帰る群衆を上手から下手の流れ徹底で表現し成功。川越までの道々のエピソードが可笑しくリアル。小学生役の嶋崎朋子や若きおばあちゃん役小林麻子ら外部役者も輝く。(やま)

[] 砂連尾理+寺田みさこ / I was born

2006年9月17日19:30 こまばアゴラ劇場

松田正隆戯曲「Jericho」を切れ目見せない8部構成でダンス化。寺田が箱を被って登場し手足の動き強調、チョークの使い方が巧み。バッハクラシック中心の選曲に何とsim。「0101」流れる時間が2人とも動きよく迫力抜群。(やま)

2006-09-16

[] 蜻蛉玉 / ヘ音記号の果物

2006年9月16日15:00 テルプシコール

妊婦4人で出産準備教室。妊娠時の不安や性描き抜群の仕上がり。カント=あそこ絵描く場面衝撃的。モモンガ白神振付楽しく自然光も効果。島林愛も梨ぱくつく怪演で染色体検査に悩む神林裕美ら好演でガーリーパワー。(やま)

[] スロウライダー / Maggie

2006年9月16日19:30 駅前劇場

親元追い出されたニートが先輩宅へ転がり込み始まる生活を現実と妄想ダブらせ巧みに描き感覚+上手さも獲得。挿入されるブローティガン小説の虎=右傾化若者と捉えれば見事な現代社会性。妹役の松浦和歌子が新魅力。(やま)

2006-09-15

[] ゴキブリコンビナート / アンドロゲンレインボー

2006年9月15日20:00 中野光座

頭上の板が落ちてきてモグラ叩き的に客頭だけ出る客席設定に驚愕。漁場、皇室黒田夫婦生活、ブス専と過激ネタ全開でボボジョ貴族ら奮闘も、頭上での動き、うどんコーラ醤油降り動揺。生きた鼠蠢くラストに衝撃。(やま)

2006-09-14

[] 宮沢章夫 / 演劇は道具だ

2006年4月5日初版 理論社(よりみちパンセ!)

期待の演劇書は基本動作への素朴な疑問にこだわり既存テキストへの批判性抜群。「みる」「すう・はく」「ふれる」「たつ」の意識改革重視、直接演劇に触れず大胆なまで遠回り。具体的劇団名を事例に挙げた書も希望。(やま)

2006-09-13

[] クロムモリブデン / 猿の惑星は地球

2006年9月13日19:30 ザ・ポケット

ネタバレ殺人モチーフに、オレオレ詐欺、デスノートら旬テーマ散りばめるも舞台遠くキャスト増で全体散漫。ナンセンスギャグも空振り。近未来SARU描けず難も振込み詐欺の組織化描写は見事。森下亮と高嶋ひとみに存在感。(やま)

2006-09-12

[] シス・カンパニー(作・演出:青木豪) / 獏のゆりかご

2006年9月12日19:00 紀伊国屋ホール

閉鎖危機の動物園舞台に現実鋭く描く青木の持ち味出た見事な人間ドラマバク誕生日の1日をバツイチ職員の杉田かおるに副園長高橋克実と元亭主段田安則が求婚話軸にコメディ風。セルビデオ店員の思考回路も楽しい。(やま)

2006-09-11

[] パパタラフマラ / 僕の青空

2006年9月11日19:30 ザ・スズナリ

小池博史、松島誠、池野拓哉、菊地理恵4人とキャスト絞った新作は無国籍に抽象的な5シーン創造。小道具の使い方巧みにノスタルジックで異国情緒染みた衣装に、松本淳一の音楽よく動きのバランス、配置にもセンス。(やま)

[] 前田司郎 / 恋愛の解体と北区の滅亡

2006年6月30日初版 講談社

三島賞候補作は宇宙人支配進む現代の東京舞台に、新宿から五反田をひたすら徘徊する文学。細かな感情を拾い不思議なリアリティ。北区で起きた宇宙人殺害とその報復やSMクラブに入る展開も基本無関心な様が新鮮。(やま)

2006-09-10

[] 大人計画フェスティバル / 珍×珍トークショー「ボタ山の二人」(リリー・フランキー×松尾スズキ

2006年9月10日12:15 旧西落合中学校野外ステージ

炎天下での北九州出身2人のトークは傷痍軍人にボタ山、アグネスラムなど古いネタ満載で思い出話最高。山本圭一にも深く言及。「東京タワー」の作者と脚本、司会頑張った池田鉄洋がオーディション落選と見事な因縁。(やま)

[] 大人計画フェスティバル / クイズ☆フェスダス

2006年9月10日13:45 旧西落合中学校野外ステージ

校舎入る列が長蛇状態で池田鉄洋佐藤貴史司会の大人計画カルトクイズ。観客全員参加も歴史ネタで数絞りステージ上げてから松尾スズキ登場、解答場面での見事なユルいダンス披露。池鉄も細かくネタ拾い頑張り好感。(やま)

[] 大人計画フェスティバル / パネルの“ディスカッション”

2006年9月10日15:00 旧西落合中学校野外ステージ

宮藤官九郎、顔田顔彦、河原雅彦、片桐はいりでパネルディスカッション。公募した悩みをやる気なく語り合うが、池鉄ダウンでクドカンが司会役に回って大人なコメント連発。どう脱げば面白いかのお題に河原の目輝く。(やま)

[] 大人計画フェスティバル / 平岩紙の“紙オケ

2006年9月10日15:45 旧西落合中学校体育館

フェス用結成のブラバンは平岩ホルンに少路勇介サックス近藤公園、ノゾエ征爾らはえぎわメンバーなど30名で映画音楽を演奏。役者的味付けなく残念も3日前にCDから譜面起こした「ラブラブ♡マンハッタン」感動的。(やま)

2006-09-09

[] 枇杷系 / FOOL'S PARADISE

2006年9月9日16:00 吉祥寺シアター

主宰山田せつ子が演出外れ、天野由起子も出演せず、演出グループに加わり出演の尹明希が前面。「ダンスの発明」でのソロデュオ・グループの創作実験を発展、いびつ&切実なダンス前進。ラストの3人でのバラバラな群舞が見事。(やま)

[] 五反田団×とうもろこしの会 / 五反田怪団

2006年9月9日19:00 アトリエヘリコプター

廃工場で怪談を聴く共同企画は低コストも細やかな演出で成功。前田吉田会長ら4人で交互に語る都市伝説。ブックオフ写メスタバなど新ツール使った現代の怪談、東邦製作所舞台の創作怪談も見事に充実の3時間。(やま)

2006-09-08

[] 大人計画フェスティバル プレスプレビュー / 池津祥子の“課外授業”

2006年9月8日12:45 旧西落合中学校3年5組

池津が迫力満点にマドンナ先生に扮し細川徹脚本で仕上がり見事な学園コメディ。生徒役武沢宏が進行務め岩鬼な葉っぱ咥えた番長荒川良々も登場しアハ体験、父兄参観者に潜んでいた及川ミッチーも絡み充実度圧倒的。(やま)

[] 大人計画フェスティバル プレスプレビュー / 松尾スズキと“ママさんコーラス

2006年9月8日14:00 旧西落合中学校体育館

一般公募ママさん見事に演出し指揮者役の松尾もオドケ抜群に笑い渦。面白歌詞のオリジナル曲が「オバアチャンのおそば」から「はめころしの窓屋さん」で毒気満タン。尾崎「卒業」ソロパートも用意し乱れて大団円。(やま)

[] 大人計画フェスティバル プレスプレビュー / 宮崎吐夢の“オータム・カルチャースクール”

2006年9月8日16:00 旧西落合中学校図書室

毎回異なるプログラム用意したが大人計画フェス見どころ紹介する企画は失敗。木の実ナナをイメージした大胆衣装で登場も歌のみで終了。舞台裏ネタ数点披露しフェイドアウトで。準備不足否めず宮崎本人も恐縮しきり。(やま)

[] 「カルカル」プロデュース / うす皮一枚

2006年9月8日19:00 本多劇場

舞台初挑戦の山崎静代と劇団ひとり起用し話題の公演は女性客中心にぎっしり会場埋め超満員。鈴木おさむの拙い演出で散々な展開も、殺人の過去あるしずちゃんが首絞められるクライマックスは場内グズグズで感涙の嵐。(やま)

2006-09-07

[] 下北サンデーズ

2006年7月13日-9月7日21:00 テレビ朝日

河原雅彦中心にベタすぎるホン祟り堤幸彦演出も冴えず視聴率悪く9回で打ち切り。主演の上戸彩は03年「ひと夏のパパへ」に続く辛酸。小劇場実名スゴロクも、メインに劇団系不在で三宅弘城やケラ、池鉄、辻修も端役。(やま)

[] 伊藤たかみ / 八月の路上に捨てる

2006年8月30日初版 文藝春秋

芥川賞受賞作は、自販機のルートセールスのバイトする男と女性先輩との1日を軸に離婚話。新宿周辺での作業描写よく、全体に欠点少なく減点法なら受賞納得も、同候補の本谷作品のような煌きなく、全体に地味な印象。(やま)

2006-09-06

[] 赤坂治績 / 江戸っ子と助六

2006年8月18日初版 新潮新書

江戸っ子に人気の歌舞伎助六」を通し江戸の性格と成り立ち、歴史を、興味深い事例豊富に描き見事な江戸論完成。吉原、侠客と歌舞伎の関係、材木商から札差へ富の移転、改革の影響など経済的側面も触れた5章見事。(やま)

2006-09-05

[] 青年団リンク 二騎の会(作:宮森さつき 演出:多田淳之介) / 直線

2006年9月5日20:00 アトリエ春風舎

共同で2作公演した宮森×多田コンビの新ユニット始動第一弾は多田暴走し大失敗。自爆テロ絡め葬儀での三角関係描くが、登場人物3人に対し出演者5人の大胆アイデアを「別」ほど消化できず面白みなく低調な幕切れ。(やま)

2006-09-04

[] 双数姉妹 / トリアージ

2006年9月4日19:30 THEATER/TOPS

日本人が経営する南島リゾート施設舞台に爆破事件の前後交互に描き罪と罰問うデリケートな筋立ても意外にミュージカル劇伴の質高く歌も本気。椿組で光った吉田麻紀子が現地ヒロイン、今林久弥は難役の通訳で貫禄。(やま)

2006-09-02

[] 経済とH / 北限の猿

2006年9月2日14:00 明石スタジオ

佐藤治彦新ユニット第1弾はアン山田演出で平田オリザの傑作上演も新味なく、生物学研究室に見えない工事現場な貧弱舞台セット辛い。寄せ集めキャストも意義見出せず、青年団公演のクオリティの高さ、偉大さ再確認。(やま)

[] イキウメ / PLAYeR[プレイヤー]

2006年9月2日18:00 サンモールスタジオ

死者の声再生装置=プレイヤー生む近未来のカルト集団の狂気描き魅力的なプロットも前時代的な凡庸ベタ演出に苦笑。キャッチーな題材の魅力とわかりやすさで吉祥寺シアター→青山円形進出と拡大で絶対王様的危険性。(やま)

2006-09-01

[] トリのマーク(通称) / -ギロンと探偵の冒険-ハリスさん新聞社

2006年9月1日19:30 にしすがも創造舎2階ギロンと探偵のいる2年1組

廃校教室使い1公演限定20人で人気シリーズ新作上演。やま天国の新聞社舞台に柳澤明子演じる探偵と犬のギロンによる迷推理。知的に洗練され、手作り感溢れる小道具も用意し、紙芝居タイムなどバリエーションも豊か。(やま)