100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2006-10-29

[] 野鳩 / アイム・ノット・イン・ラブ

2006年10月29日14:00 ウエストエンドスタジオ

大きな牛のいるのどかな村を舞台に母捜す3兄弟が地元の3姉妹と出会う叙情派純愛もので砂糖多めにこれぞ野鳩。舞台に橋を置き遠近感。恋人の精気奪う怪病もつ次女役佐伯ちさ子が確実に輝き佐々木幸子も要所で仕事。(やま)

2006-10-28

[] 東京デスロック / 再生

2006年10月28日15:00 アトリエ春風舎

実験作連発する多田淳之介がホームに戻り成功。畳敷いた部屋での男女混成宴会見せ、RC→モー娘。→電グル等3連続ループ挑戦が奏功。恋愛レボ21完フリ楽しく、ラスト血吐き集団自殺とわかるオチ付けた点が勝因。(やま)

2006-10-23

[] smartball / My Legendary Girlfriend

2006年10月23日19:30 王子劇場

早大演劇倶楽部の体張った意気よいが、愛人バンク運営に関する陳腐な世界観の筋立てと説明多い展開が残念。舞台上に3場創るも見づらく役者の動き縛り負の効果。石澤彩美の女優魂発揮で観客動員貢献も残念な起用法。(やま)

2006-10-22

[] 劇団白井 / 香りEXPRESS

2006年10月22日14:00 阿佐ヶ谷アートスペースプロット

長谷川幸平ダウンで作・演出の吉田友則が急遽出演しシベ少色強め。主演白井暁子が指こすり香り生む魔法使うヒロイン役で個性的な魅力爆発。南米に飛び活躍も反政府勢力絡む筋立てコントロールできずまとまり欠く。(やま)

2006-10-21

[] ひょっとこ乱舞 / でも時々動いてるわ

2006年10月21日14:00 こまばアゴラ劇場

女子中心のキャスティングで首絞め合うチョーキングゲームをテーマに話が進むが、何といっても3組に分かれ出演者総出で踊る群舞が最高。テクノダンスチューンで激しい動きが効果的で複数回繰り返した点もプラス。(やま)

2006-10-19

[] THE SHAMPOO HAT / 津田沼

2006年10月19日19:30 ザ・スズナリ

旗揚げ10周年の記念作は津田沼の部屋を舞台に高校時代と10年後の現在を交互に見せる青春もの。若者のダメさ、凶暴さを巧みに表現、随所に見せる時代のリアリティもよし。偏執的演出の到達点で1年後の変化が楽しみ。(やま)

2006-10-17

[] チャリT企画 / アベベのベ

2006年10月17日19:30 王子小劇場

ファミマ&サンクス合併店舞台に憲法改正国民投票前夜を一幕4場で巧みに見せた。バイト店員ばかり登場させ近未来ワーキングプア。米田弥央&内山奈々ダベリ最高。時間経過見せ方ポツ的も安倍晋三プロフ挿入は意義。(やま)

2006-10-15

[] 芸術祭十月大歌舞伎(葛の葉/寿曽我対面/熊谷陣屋/お祭り

2006年10月15日11:00 歌舞伎座 

享保年間な清貧の傑作葛の葉で魁春が二役こなし健闘。続く対面は静の団十郎=工藤祐経に対し動の菊之助海老蔵=曾我兄弟が見事な対比でケレン溢れる動きも圧巻。一ノ谷低調も仁左右衛門の踊りは華あり流石の芸道。(やま)

[] 劇団、本谷有希子 / 遭難、

2006年10月15日19:00 青山円形劇場

人気沸騰即日完売の注目新作は松永玲子つぐみ&吉本菜穂子&佐藤真弓と絶妙抜群の配役。問題発生中の中学校職員室舞台に自己愛と保身に走る教師を松永熱演。つぐみもMキャラ見事、自殺未遂生徒母役佐藤も持ち味。(やま)

2006-10-14

[] シベリア少女鉄道、地点、休もうと雅子、鉄割アルバトロスケット、砂連尾理、小浜正寛、他 / 吾妻橋ダンスクロッシング

2006年10月14日15:00 アサヒアートスクエア

全編鉄割配し康本雅子が妹姉でダンス魂。シベ少は篠塚茜アナ×前畑ヒルマン日ハム監督の珍ネタNANA主題歌に変貌しグラマラスの振りに爆笑。地点は安倍聡子の犬養毅発言集凄まじく後半音響に震撼。粒揃い充実度最高。(やま)

2006-10-13

[] ピチチ5 / おさびしもの

2006年10月13日19:30 駅前劇場

コント5本のオムニバスで底辺な男たちのブルース。オマンキジェットシティと植田裕一という個性炸裂の「隻腕くん」は仕事帰りに風俗へ向かう男3人による口論が空前絶後の情けなさ。ラストは自転車宙乗りを披露。(やま)

2006-10-12

[] 宇宙堂 / 夢ノかたち(第ニ部)緑の指

2006年10月12日19:30 シアターグリーン

客演使わず劇団での大作2部はホールの平凡さに呼応し半端感。引き続きミシンを中央に置き洋裁学校=精神病院が続くが、話は82年に舞台移り小劇場ブームにのり劇団旗揚げする若者たちの姿は感慨。歌のシーンは見事。(やま)

2006-10-11

[] 岩田規久男 / 「小さな政府」を問いなおす

2006年9月10日初版 ちくま新書

日本が採るべき経済政策を理論的に提案。各国の経済政策を詳細に分析解説し明快。英国モデルを支持し、結果の平等より機会の平等目指すが、累進税率解消を手放しに評価しカネ持ち優遇の現在税制に無批判な点は不満。(やま)

2006-10-09

[] 二兎社 / 書く女

2006年10月9日14:00 世田谷パブリックシアター

台本完成が初日2週間切った労作は樋口一葉の19歳から24歳までの作家生活を凝縮した3時間15分で流石にダレ感。トーク付き4時間ステージ寺島しのぶの魅力が爆発。短期間で、この多い台詞、役づくりの確かさ輝く。(やま)

2006-10-08

[] アジアの女(作・演出:長塚圭史

2006年10月8日13:00 新国立劇場/THE LOFT

近未来地震後の東京片隅の破損激しい家舞台近藤芳正と富田靖子の病んだ兄妹の日常。中国人に関して渦巻くデマは関東大震災時より現代的リアリティ。二村周作の美術よく峯村リエの女衒的な悪役見事だが全体弱いか。(やま)

[] 唐組 / 透明人間

2006年10月8日19:00 三鷹の森ジブリ美術館横 木もれ日原っぱ

当地初日は四演なる代表作でオールド状況劇場歓喜の怪優十貫寺梅軒復活。女教師役の唐十郎との絶妙コンビに爆笑。沸き起こるインタープレイに興奮。焼き鳥舞台に休憩10分、場面転換なしも紅テント本来の熱気堪能。(やま)

2006-10-07

[] ハイバイ / 無外流 津川吾郎

2006年10月7日14:00 ギャラリーデコ

冒頭公民館映像から面白くスクリーンもつ役者の生掛け声楽しい。本編へ円滑導入で強烈な老人キャラ放つ津川吾郎に爆笑、餅松亮は名人芸の域。劇団の間抜けな稽古シーンも妙にリアルで、家族ネタも豊富に世界観満喫。(やま)

[] 日本昔話のダンス(近藤良平「ねずみのすもう」、伊藤千枝「へっこきよめ」)

2006年10月7日17:00 彩の国さいたま芸術劇場 大稽古

日本の昔話発掘する2本立て企画は巧みな抽象化で山田郷美&篠崎芽美が愛らしく楽しく尻突き出し放屁ポーズ舞うキノコダンスに対し、男3人でベタで下品なギャグで具体性強いコント集に仕上げたコンドルズと対照的。(やま)

[] 七里ガ浜オールスターズ / 双魚

2006年10月7日19:30 OFFOFFシアター

イキウメ前川SFを巧みに演出し近未来の昼と夜の世界でしっかりドラマ。狭い場内にセンターステージ、出番待ちの役者も場内に設けユニークも、母役挑戦の荻原もみぢは後姿ばかりで残念。日替出演ゲストはアン山田。(やま)

2006-10-05

[] 乞局 / 廻罠(わたみ)

2006年10月5日20:00 王子劇場

ゴミ溢れる都内の地下舞台に廃棄される人たちの必死な姿を描く意欲作で新境地。得意のグロさも大胆設定に前半こなれぬ展開も人間関係の複雑化、対立描く後半は上手く、捕らえた都職員への狂気に満ちたS行為が迫力。(やま)

2006-10-01

[] むっちりみえっぱり / 表へどうぞ

2006年10月1日15:00 アトリエヘリコプター

ブランク後8ヶ月で実現の復活第2弾は伊豆諸島の小島「千葉の島」舞台にディズニーランドへ行き人生の目標変える女の子軸に島民の話展開。会話の面白さ抜群で笑いどころ豊富もブログ炎上に繋がる現代の怖さで新味。(やま)