100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2007-04-30

[] 離風霊船 / 光あれ!

2007年4月30日15:00 ザ・スズナリ

隣接地にビルができ外が見えなくなった職場舞台に社会派コメディ。飛び降り自殺の謎を探る展開も笑い満載。オフィスの窓から工事現場見せ得意の舞台装置も冴え。注目の神谷麻衣子はOLエビちゃん楽しく演じハマリ役。(やま)

2007-04-29

[] ふれあい / ふれあいバカ

2007年4月29日14:00 ウエストエンドスタジオ

林ゆう子による超ど級前説で開幕。職場旅行で温泉へ出かけるも迷ってしまう間抜けな一行描くコメディベタな笑いも意外にキマる。派遣役の太田幸絵がハケンの品格の加藤あい的な柔らかさで野糞エピソードも楽しい。(やま)

[] Rising Tiptoe(作・演出:宇吹萌) / Her

2007年4月29日18:00 遊空間がざびぃ

庭で娘の自殺発見しながら隠し友人夫婦を招く茶会強行する設定面白いが、女役で女優不足が致命的。手間かけるも凡庸な舞台美術もマイナス。低調キャストも、友人の大学生の娘=朝美役の石原夏実が一人輝き作品救済。(やま)

2007-04-28

[] クロムモリブデン / マトリョーシカ地獄

2007年4月28日15:30 サンモールスタジオ

前作不振も殺人テーマのディープコメディが会心。出来心から文房具万引きし罪を重ねてしまう女性を奥田ワレタが魅力的に演じ素敵。捕まえる店員と捕まる女性の2人の多様人格を複数役者で葛藤、暴走させ世界広げた。(やま)

2007-04-24

[] ENBU★フェスタ 前田司郎クラス / 俺のお尻から優しい音楽

2007年4月24日20:00 笹塚ファクトリー

出演者減らしフランスの音楽学校舞台にゼミ生卒業公演。クラスで実力トップのオオヤマは尻から音楽出す前田ワールド。許婚のクリスやマキャベルなど欧州風味も楽しい。メタボリック=教師役で黒田大輔が会場沸かす。(やま)

2007-04-22

[] モダンスイマーズ / 回転する夜

2007年4月22日14:00 THEATER/TOPS

オーナー跡取り兄弟から同時に愛される魔性な家庭教師役に高田聖子迎えニートな弟の過去を何度もやり直させる実験性が成功。どういじっても変わらぬ現実、資金繰りの事実提示しホームセンターで働き出す結末に救い。(やま)

[] Perfume

2007年4月22日19:00 青山CAY

面影ラッキーホール前座で登場のテクノアイドル3人組は登場即で場内アゲアゲ状態。Capsuleの打ち込みに合わせ派手な銀河系振付けで圧倒。ジューシーフルーツと嬉しい邂逅。広島弁全開のMCは愛嬌たっぷりで笑いも溢れる。(やま)

kenhokenho 2009/01/09 13:00 やまさん、Perfume見に行ってたんですね(笑)!

やまやま 2009/01/21 02:00 そうなんですよ。1回だけ。この時点で、すごい人気でしたよ。また、行けるかどうか。

2007-04-21

[] 競泳水着 / 別れても好きな人

2007年4月21日14:00 早稲田大学新学生会館B203

初の再演はエロサワな代表作で、コンドーム風船飛ばしシモネタ満載に過去・現在・未来が交錯する構造と平易な恋愛劇で成功。別居中の夫婦と妹=山口温の性遍歴含めた恋愛話を軸に、上手、下手など複数舞台も面白い。(やま)

[] 扉座 / ドリル魂―ガ・ガ・ガ・ガ・ガ―

2007年4月21日18:00 厚木市文化会館小ホール

念願のミュージカル初挑戦は建設現場舞台に各種道具巧みに轟組のアンサンブル見事。訳あり女性への純愛など筋立て骨太に横内謙介劇作腕力確認。アクロバットな空中ショーを演じた小梅=桧山宏子の活躍が目を引く。(やま)

2007-04-19

[] ENBU★フェスタ 赤堀雅秋クラス / アメリカ

2007年4月19日18:00 笹塚ファクトリー

若手劇団の崩壊前後を退屈な日常もたっぷりに描いた代表作に挑戦も、素人役者には荷が重かった。劇団員が集ったアパートの一室に残された輪ゴムの謎が解ける感涙必至の切なく美しいラストシーンも空振り気味で残念。(やま)

2007-04-17

[] 花緑まつり(柳家花緑の「子別れ<通し>」)

2007年4月17日17:30 鈴本演芸場

事件直後で正蔵の祝儀袋ネタ多く、彦いちが笑いにしたのに対し、小朝はしっかり擁護し吸血娘ネタ。もちろん圧巻は花緑のガッツ溢れる「通し」で、強飯の女郎買い、子別れ、子は鎹と場内は笑わされ泣かされ感涙の嵐。(やま)

2007-04-16

[] 演劇キック(作・演出:江本純子) / 天国と地獄演劇ぶっく社創立20周年記念公演)

2007年4月16日19:00 シアターアプル

2幕4場構成のオペレッタは破廉恥ミュージカルで、これぞ毛皮族。低調1場に危ぶむも、2場からギアチェンジ。ムーランルージュを新宿歌舞伎町に持ち込む心意気に拍手。田口トモロヲが熱演。羽鳥名美子は魂を体現。(やま)

2007-04-14

[] 四月大歌舞伎 中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露(実盛物語/口上/角力場/魚屋宗五郎)

2007年4月14日16:30 歌舞伎座

勘三郎=宗五郎の名人芸に尽きた。妹の冤罪知り絶っていた酒を飲み始める際の芸の細かさに感嘆。おかわり要求する仕草で場内沸く。殿様=錦之助とも巧みに絡んだ。口上は先代の思い出、二代目の頑張り誉めて暖かみ。(やま)

2007-04-12

[] 乞局 / 媚励(ビレ)

2007年4月12日19:45 こまばアゴラ劇場

アゴラ初進出となる新作はムリせず持ち味出し成功。やる気ないシコマ家の姉妹が運営する女子専用ハイツ舞台に乱れまくる内実を次々見せ本領発揮。怪しい保存会や出入りする人々、昼から酒呑む伊東沙保ら役者陣充実。(やま)

2007-04-11

[] 森見登美彦 / 夜は短し歩けよ乙女

2006年11月30日初版 角川書店 

理想的天然キャラな黒髪の乙女と純情片想いな先輩の少し間抜けな奇行を交互に描く大学生たちの青春小説。出町柳で先斗町で吉田神社で京都を舞台に出会いの嵐。森見得意のユニークな登場人物満載に文句なしの楽しさ。(やま)

2007-04-08

[] 青年団国際演劇交流プロジェクト2007 / 別れの唄 Chants d'Adicu

2007年4月8日13:00 シアタートラム

平田オリザ新作はロラン・グットマン演出で東京の和室舞台にフランス人妻の通夜を描き会心。日仏の文化の違い具体的に笑い満載。5人登場のフランス人もリアリティ十分。夫婦、親子、兄弟の関係性も巧みで息を呑む。(やま)

[] AAPA / LF(ロストフィッシュ衝動を支配する残酷な魚を切り落とす物語

2007年4月8日17:30 ZAIM本館屋上

スタジアムや市役所など暮れゆく横浜の夕景を背後に振付も担当した注目株の酒井幸菜&永井美里中心に4人での舞いも見事に圧倒的な成果。風吹くなか水の使い方も大胆。少数客席ならではの試み。企画構成で上本竜平。(やま)

2007-04-07

[] 演劇キック(作・演出:ブルースカイ) / レミゼラブ・ル(演劇ぶっく社創立20周年記念公演)

2007年4月7日14:00 シアターアプル

スクール水着盗む廣川三憲=Jバルジャン主役に3時間超の入魂ナンセンスミュージカル大作が成功。猫ひろしミーツ猫ニャーも。原発ネタでいとうせいこう存在感。吉本菜穂子&高木珠里が娘役も◎。辻修ミスチル熱唱。(やま)

2007-04-05

[] 風琴工房 / 紅の舞う丘

2007年4月5日19:30 ザ・スズナリ

化粧品ベンチャーに取材した新作は女性企業家の苦闘描き好感。時間割いた総務男の必要性は結局伝わらず苛立ち残る。経営危機のエピソードでもう一段の書き込み欲しいが、販売員笹野鈴々音の登場は流れ生み出し奏功。(やま)

2007-04-02

[] 東京タンバリンenfants / 彼岸花

2007年4月2日20:00 西荻窪・カフェカノン

店内に2列席並べ激狭空間での公演は、吉祥寺シアター公演を遥かに上回る仕上がり。ミギタ明日香ら若くして死んだ者たちの物語はやはり切ない味わい。カフェに集まる生きた者たちへの死者からの眼差し、感想に実感。(やま)

2007-04-01

[] 蜻蛉玉 / 頂戴

2007年4月1日15:00 こまばアゴラ劇場

期待のアゴラ進出作は残念な仕上がり。前説からの芝居の導入は名人芸の域で、神林裕美のヒロイン抜擢も嬉しいが、女の妄想を広げた世界は全体に低調。曖昧な点多く個々の場面も魅力不足で、暗く地味な舞台がウラ目。(やま)

[] ラッパ屋 / 妻の家族

2007年4月1日18:30 紀伊国屋ホール

義母の危篤で駆けつけた実家は日本家屋で複数義父がいてお約束なコメディ展開も全体に現政権迎合な台詞満載で居心地悪し。不似合いな紀伊国屋ホールで一体感失い魅力半減。懐かしき和を造りこんだ舞台美術は依然◎。(やま)