100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2007-07-31

[] 扇田昭彦 / 唐十郎の劇世界

2007年1月30日初版 右文書院

朝日新聞中心に各種媒体に掲載の唐に関する記事や批評の集大成。60年代の草創期や70年代の黄金時代の輝きが豊富な情報盛り込み圧倒的臨場感。日本列島南下へ寝食共にした日々や少女仮面誕生立ち会う至宝の記録満載。(やま)

2007-07-29

[] 小指値 / Mrs Mr JAPANESE

2007年7月29日14:00 王子劇場

新鋭待望の新作は演出・ドラマドクター・振付を分業でチーム力発揮。渋谷で再会した同級生の格差の表現が面白い。外人女性も入り大胆ポップな変な動きで笑いも満載に新鮮。野上絹代や大道寺梨乃らキャスト陣も輝く。(やま)

2007-07-28

[] 劇団♪♪ダンダンブエノ / 砂利

2007年7月28日14:00 スパイラルホール

昔いじめた同級生からの復讐におびえ引きこもる中年男役に三津五郎を迎えた本谷有希子の新作は倉持演出に物足りなさあるも、片桐はいりが見事な存在感。復讐魔としての期待に応えられず悩む女の弱気を巧みに演じた。(やま)

2007-07-26

[] ハイバイ / ポンポン お前の自意識に小刻みに振りたくなるんだポンポン

2007年7月26日19:30 アトリエヘリコプター

小学生役に黒田大輔迎え大成功。友達宅のファミコンで遊ぶ少年の卑屈さ巧みに描き、ひょうきん族に心理描写挿入のTV映像も抜群の効果。岩井登場のゲーム店でやり取り楽しい。稽古場など大久保亜美ら母親陣も存在感。(やま)

2007-07-25

[] 小川洋子 / 海

2006年10月30日初版 新潮社

04年発表作中心に7つの短編収め、婚約者の弟がもつ謎の楽器を描く表題作に味わい。和文タイプ事務所の懐古的な創作も見事で「糜」「睾」「膣」など言葉遊び巧みに意味の膨らみ。が、全体春樹色強く作家性出ず残念。(やま)

2007-07-24

[] 三条会 / 秘密の花園

2007年7月24日19:30 千葉公園内 特設三条会屋外劇場

月を背景に斜度あるツルツルの黒い特設舞台唐十郎中期代表作に挑戦。日暮里での一葉と双葉の間で揺れるアキヨシのドラマ不冴えもフリンジで丁髷に海パン姿の久保田芳之が健闘。休憩時に特製煎餅お茶配布に拍手。(やま)

2007-07-22

[] 毛皮族、初夏の軽演劇 / おっぱいファミリー1、2、3

2007年7月22日14:00 リトルモア地下

ファミレスに集うマフィアのファミリーの抗争劇楽日は脱線少なく意外にシリアスに展開。町田マリー青年役になりきり、声質維持。おっぱいバズーカの見せ場あるが、全体にルーズだが、女優陣豊富に並べた点は評価。

[] 超歌劇団 / どらえも のびと肉体慕情

2007年7月22日18:00 木場公園多目的広場

照明が何度も落ちる蒸し暑いテント内でどらえも&コロス登場しキテレ巡るダークな格闘劇展開。情けなさ全開のチープな芝居も静御前の妖艶な踊りが底上げ。ゴキコンから友情出演のオマンサも熱演。見事に次へ繋げた。

[] ゴキブリコンビナート / my life as a punishment-game 〜人生これ罰ゲーム

2007年7月22日19:30 木場公園多目的広場

絶対的肉体の躍動。東京臨海部の被差別地区舞台に沖縄民とアイヌの抗争描く意欲作は野外に2台の軽トラ用意。櫓組み火と水を大胆に使い小劇場の奇跡的空間現出。遠藤留奈とヒロインの姉妹に抜擢の若人あきこ輝いた。(やま)

2007-07-21

[] ブラジル / 天国

2007年7月21日14:00 ザ・ポケット

自動車工場で働く期間労働者が集う居酒屋という魅力的な設定活かせず惜しい仕上がり。女将の過去軸に展開で半端感。舞台丁寧だが落ち着き過ぎてパワー不足。暗転時「喝采」「ひなげしの花」など昭和40年代ヒット曲。(やま)

2007-07-19

[] 毛皮族、初夏の軽演劇 / 四姉妹

2007年7月19日19:30 リトルモア地下

モスクワを離れ現在は千葉ニートな引きこもり生活送る元貴族の4姉妹の退屈で貧乏な日常。チェーホフ色なくし沈黙劇やポツドール、珍しいキノコパロディ盛り駄弁劇の極北。町田マリーナチュラルな動きに輝き。(やま)

2007-07-16

[] 木村紅美 / 風化する女

2007年4月10日初版 文藝春秋

下北沢の書店員だった作者による文学界新人賞受賞の表題作は孤独に死んだ43歳の職場の先輩女性社員との交流の思い出、遺品を片付けるなかで明らかになる数々の事実を巧みに織り込み筆力確か。地味な世界にこそ輝き。(やま)

2007-07-15

[] 蜻蛉玉 / たいくつな女の日

2007年7月15日15:00 プーク人形劇

メジャー化途上の自身の立ち位置の悩み客観視した内容で会心。居心地いい下の世界から上の世界へ上ると単純な「いい」「悪い」で判断されるヘビ世界。美味しいもの多いが問題点も顕在化、上下の行き来繰り返し成功。(やま)

2007-07-14

[] 渡辺源四郎商店 / 小泊の長い夏

2007年7月14日14:00 ザ・スズナリ

温暖化進み東京が水没した近未来の青森舞台に、難民たちによる偽装家族サービス。栽培されるのが林檎からバナナに変わるなど背景面白いが、抽象的な舞台美術が味気ない。難民各自のエピソード充実も空回り気味残念。(やま)

2007-07-13

[] ポツドール+三鷹市芸術文化センター / 人間♡失格

2007年7月13日19:30 三鷹市芸術文化センター 星のホール

バイトさぼり朝から2ショットダイヤル利用するダメ人間の1日をミニマルな作風で描き成功。金銭トラブルを母の入金に頼る展開リアル。終盤現実と理想の2場用意もともにダメな結末。古澤裕介演じた男の友情に感涙。(やま)

2007-07-12

[] 珍しいキノコ舞踊団 / あなたの寝顔をなでてみる。

2007年7月12日20:00 吉祥寺シアター

ビルエバンス「マイフーリッシュハート」等ジャズ多めに使いバリエーション豊かに退屈しない展開。カーテンごしにシルエット使いも見事。吉祥寺の店やセールについての会話巧みに盛り込み、久々に楽しいキノコ風味。(やま)

2007-07-10

[] 青年団リンク 青☆組 / おやすみ、枇杷の木

2007年7月10日19:30 アトリエ春風舎

畳敷いた舞台で父を喪失した母と娘3姉妹の女性だけの家族の現在と過去を巧みに行き来し味わい。露出狂のエピソードを柱に、教師続ける母の元、ニートな娘たちの退屈と心理もリアル。岩井秀人のゲストトークが炸裂。(やま)

2007-07-09

[] 古谷実 / わにとかげぎす 

2006〜2007年 講談社ヤンマガKC

全4巻44話で完結は夜間警備員で働く30男の新たな人生。無為に過ごした日々を悔い、友達を探すなか、後輩ができ、ヤクザの女絡む前半のヤマ場のあと、後半は職場変えて新展開も用意。意識変革への希望のメッセージ。(やま)

2007-07-08

[] 五人+ホルモン狂 / 五人くらい(CRY)

2007年7月8日14:30 サンモールスタジオ

女優5人ユニット新作は作・演出にフラクタルの野呂彰夫を迎え成果。得意の死をテーマにオムニバス風。4姉妹と死刑囚ら絡み、男優陣には下ネタ用意し笑いも満載。登場人物が次々死ぬ展開は嬉しい初期野呂テースト。(やま)

2007-07-07

[] 吉田大八 / 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

2007年7月7日12:30 シネマライズ

舞台小説で輝いた本谷有希子代表作映画化は、石川の田舎町の一家の残酷ドラマに奥行き与え、CM畑の持ち味もしっかり。待子の不在理由を眼の病気に変えリアリティ。勘違い女・澄伽をサトエリが抜けた演技で好演。(やま)

2007-07-04

[] NODA・MAP / THE BEE

2007年7月4日19:00 シアタートラム

家族を人質に取られた男が犯人家族を人質に取る報復劇を4人の役者で巧みに演じ鮮やかな仕上がり。テロへの報復の応酬の行き末暗示。子役も演じた近藤良平の意外な役者力、秋山菜津子も貫禄。野田秀樹ダンスが圧巻。(やま)

2007-07-03

[] 森見登美彦 / 【新釈】走れメロス 他四篇

2007年4月20日初版 祥伝社

中島敦、芥川、太宰、安吾、鴎外の有名作を京都舞台に大胆リミックス。森見作品お馴染みの大学周辺の人たち登場するが文体変え新境地。なかでも秀逸は桜の下で謎の女性と出会い人気作家となる男の東京暮らしの絶望。(やま)

2007-07-02

[] 東京タンバリン / 鉄の纏足

2007年7月2日19:00 駅前劇場

2場面組み合わせるスタイルが完成の域。村上春樹小説に似た構造で資本主義的なレンタル屋と穏やかな図書館の対比が鮮やか。組織内人間関係の難しさ、厭らしさも巧みに表現。大田恵子や島野温枝ら若手の伸長も顕著。(やま)

2007-07-01

[] はなとゆめ

2007年7月1日14:00 阿佐ヶ谷アートスペースプロット

吉原朱美、吉田麻生らを生徒、教師役に佐伯さち子、森田ガンツを据えて、官能小説家育てる女子校の設定だが、教師への愛が主題の心地いい脱線。豪華キャストでも新劇団の息吹もしっかり。吉原の低い声が強烈な印象。(やま)