100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2012-12-29

[] ろりえ / 年末

2012年12月29日15:00 池袋シアターグリーン BASE THEATER

ユニット員公演は4人のキャラ発揮。同性愛カップル軸の年末の出会い&別れ描き成功。徳橋が2人の間で揺れる主人公好演。地元で再会する同級生を梅舟しっかり。志水のハイなバンド内恋愛楽しい。斉藤の抱擁感見事。

2012-12-22

[] Q / 虫

2012年12月22日14:00 アトリエ春風舎

マームな吉田聡子の別の顔見える桜美林系新興劇団は、女子の残酷な生態に困惑。まずい弁当屋で働く女たちのヒエラルキー。女子力低い関ジャニ好きへの蔑視が怖い。が、筋と関係なく変な動き繰り返すダンスな魅力○。

[] 宇仁田ゆみ / うさぎドロップ

2006年5月〜12年3月 祥伝社

全10巻で完結した子育てマンガの傑作は意外な結末に唖然。6歳児のりんを育て始めるダイキチの奮闘描く前半が素晴らしく1〜4巻は完璧。高校生になる後半は強引な連載の弊害か。出会って7日目描く番外編もいい。

2012-12-20

[] 競泳水着 / すべての夜は朝へと向かう

2012年12月20日19:30 サンモールスタジオ

劇団員が脇を固める格好で複数の恋愛ネタ交錯うまいが、武子太郎による安易なモノローグは禁じ手。ベタ感増して完成度落とす。ただ、団員の女優陣充実で、予備校教師振り回す女子高校生ヒロイン相楽樹が魅力爆発。

[] 平田オリザ / 幕が上がる

2012年11月7日初版 講談社

小説挑戦は文句なしの青春小説で現代口語の新たな傑作誕生。北関東の高校演劇部舞台な躍進がリアルで興奮。ローカルな味醸し、主人公さおりの奮闘が素敵。高校演劇大会や東京小劇場演劇シーンの盛り込み楽しい。

kunonkunon 2013/01/03 21:34 演出家の器が口の巧みさを生かした。

平田オリザさんの新作、ほんと面白かったですね。
こんな面白い作品かけるくらいだから、過去にも小説書いていたのかと。
平田オリザさんを解説するサイトまで見つかりました。
http://www.birthday-energy.co.jp

離婚が新たな挑戦への第一歩になったとか。
何がきっかけになるか分からないですね。

2012-12-16

[] ヨーロッパ企画 / 月とスイートスポット

2012年12月16日13:00 本多劇場

得意のタイムスリップものは10年後の落ちぶれヤクザの残酷な現実。遡れば甘く緩い思い出の場所で行き来が楽しい。半端なチームの未来の明暗を笑える仕掛けにし流石。土佐和成の重厚な役作り奏功。望月綾乃も健闘。

2012-12-15

[] 大人計画 / 生きちゃってどうすんだ

2012年12月15日14:00 ザ・スズナリ

松尾スズキ独り芝居は100歳の角田鈴乃介消息を関係者コメントで追う100分で圧倒。痴漢容疑で尋問受けるゲイ彫刻家楽しい。大人計画役者陣映像参加のゾンビ役者編も悲哀抜群。ラストは福島原発ネタに繋げ圧巻。

2012-12-13

[] 珍しいキノコ舞踊団 / 動物の○(えん)

2012年12月13日19:30 VACANT

4人編成で挑む新作は小空間に複数舞台設け冒頭の影絵表示からセンス抜群。客席間にもどんどん飛び込み飲み食いしながらの曲芸ダンスも披露。シカゴなど既存曲使いが奏功。いろいろな動物に化けて階段活用も楽しい。

[] 角田光代 / 紙の月

2012年3月8日初版 角川春樹事務所

銀行の契約社員が1億円横領しタイに逃走するまでの歳月描き抜群の面白さ。田園都市線沿線の舞台設定意義深く、生真面目な女性が不正に走る瞬間を丁寧に捉え、罪重ねる展開もスリリング。入れ込む若い男の変貌怖い。

2012-12-08

[] プロジェクト大山 / ホルスタイン

2012年12月8日17:00 あうるすぽっと

半年で新作登場は乳牛イメージ抜群にミルクなトイレットペーパー出し合う動きに圧倒。中盤のMモンローな牛乳飲み楽しく新味。アイドルパート入れ、アラビアンなテーストもらしさ。青から黄に衣替えラスト群舞圧巻。

2012-12-03

[] 城山羊の会 / あの山の稜線が崩れてゆく

2012年12月3日19:30 こまばアゴラ劇場

悪夢な状況に追い込まれ家族散開迎えるまでシュールな展開で描き傑作誕生。浮気な妻を石橋けい好演だが、今回は父娘で起用の古屋隆太と岸井ゆきのが大当たり。刑務所帰りの実の父登場から面白さ加速し親子の別れに感涙。

2012-12-02

[] 松本竣介展 生誕100年

2012年11月23日−2013年1月14日 世田谷美術館

36歳で夭逝した近代洋画家の回顧展は驚くほどモダンで欧風。戦前の東京を描いても洋風感。<都会>での大胆なモンタージュぶりと見事な構図カッコよく青い色合いに感服。工場を描いてピカ一、人の気配抑えクール

2012-12-01

[] 山田裕介、中谷ミチコ吉野もも、他 / 黄金町バザール

2012年10月19日−12月16日 日ノ出町駅から黄金町駅の間の高架下スタジオ、既存の店舗など

ヨコトリなくても連続開催の人気企画も魅力的な日ノ出町会場を再開発で失いトーンダウン。チョンの間名残の安普請空間で場の魅力発揮できず。が、山田0+0+0+0のゴツゴツ異空間ぶり見事。中谷の鳥の部屋も美。