100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2016-10-09

[] 栗コーダービューティフルハミングバード

2016年10月9日14:00 世田谷区笹原小学校体育館

2ユニット合同で5人編成による休憩挟んだ2部構成のファミリーコンサートはピタゴラ組曲などたっぷり披露。マット上に体育座りで鑑賞も帝国のマーチ第三の男など渋い選曲で大人も満足。女性ボーカル起用が奏功。

2013-08-11

[] スチャダラパー柴咲コウ大貫妙子キリンジ奥田民生レキシ、他 / ワールド・ハピネス2013

2013年8月11日 東京・夢の島公園陸上競技場

猛暑での観客年齢高めフェスは、趣味のいい面子揃う。SDPサマージャム2013など充実セットリストに興奮。柴咲舞い、大貫に癒されるもキリンジが持ち味出ず不発。民生ソロコーヒーやさすらいで場内一体感

2012-01-29

[] 大谷能生、The Italian Bear’s Spit Ball、ag、竹尾八品 / Sunday Sunset Vol.4

2012年1月29日18:30 渋谷 bar Shifty

久々の渋谷企画はスモペー名曲満載。全曲解説付き嬉しく野球予想&ダル弟情報も。竹尾八品は新宿で鍛えた安定ぶり。agにも参加したchiromix大車輪に拍手。トリは大谷能生のCDJ+エレクトロニクス炸裂。

2011-06-11

[] ザ・プーチンズ / 川島さる太郎の自己破産

2011年6月11日19:30 アトリエヘリコプター

演出協力に前田司郎頼みワンマンは2時間の大作で一部ダレ感も楽曲秀逸でポップセンスも披露。パラパラなダンスも奏功。サルやメイドロボット登場させドラマチックに魅せた。前田とのPトークは出会いなど歴史紹介。

2010-08-22

[] Wednesday_Eve、コントラリーパレード、昆虫キッズ、Killdisco、他 / スカム・セレブ2

2010年8月22日17:00 渋谷HOME

松本亀吉主宰の伝説のイベントが東京で復活。女子中心のバンドCPが50分たっぷり満喫。東京では珍しいW_Eはトリで何とピチカートカバーでKEN-HOが歌も。DJキルdも八品竹尾登場で局地的大盛り上がり。

2009-07-12

[] 大谷能生テプ発ライブ(chiromix、八品+竹尾、シケンビシャ、真部脩一 + やくしまるえつこ、pasadena、Q's、DJ lp、他)

2009年7月12日17:30 渋谷shifty

開演時間押すも冒頭から豪華ちろみライブに圧倒。チェルネンコや広末ネタの歌も素晴らしく爆走ダンスミュージック。相対性理論2人の初DJもレア度満載で大谷指導も。Q'sのアイドルポップDJで盛り上がり頂点。

2009-01-10

[] イルリメ、shiken-bisha、クリトリック・リス、モノポリーズ、雨宮まみ、他 /溺死ジャーナル501発売記念ザーメン

2009年1月10日18:30 K.Dハポン

溺ジャ企画は松本亀吉のプロデュース力冴え魅力的な布陣で盛りだくさんを堪能。海パン姿のクリトリに驚き、スカが素敵なモノポリーズら抜群の個性発見も嬉しい。3人編成のshiken-bishaも歌交え新境地。

2008-09-27

[] オムトン / BankART Cafe Live 

2008年9月27日20:00 BankART NYK 

横トリに書き下ろした新作「omu-life」発売記念ライブは運河脇倉庫の立地生かす嬉しい一夜。グロッケン2人弾きも効果。ボンゴなどパーカッションも絶妙。新曲「G-rock 」ではメンバー飛び撥ね興奮。

2008-05-04

[] HALCALI(Midtown SHOW CASE)

2008年5月4日14:00 六本木ミッドタウン(プラザ ミッドタウン・ビジョン前)

30分のフリーライブはDJにKiMJUN、ギターにgolf関根入る4人編成で多幸感溢れる感動。綺麗なハルカ、ユカリの健気MCも好感。3rdの曲中心で歌もの多いがラップ&ダンスが最高。真心「愛」も披露。

2007-04-22

[] Perfume

2007年4月22日19:00 青山CAY

面影ラッキーホール前座で登場のテクノアイドル3人組は登場即で場内アゲアゲ状態。Capsuleの打ち込みに合わせ派手な銀河系振付けで圧倒。ジューシーフルーツと嬉しい邂逅。広島弁全開のMCは愛嬌たっぷりで笑いも溢れる。(やま)

kenhokenho 2009/01/09 13:00 やまさん、Perfume見に行ってたんですね(笑)!

やまやま 2009/01/21 02:00 そうなんですよ。1回だけ。この時点で、すごい人気でしたよ。また、行けるかどうか。

2007-01-12

[] 劇団未来劇場 / シャンテ ラ レビュー PART15

2007年1月12日19:00 新宿シアターモリエール

元祖ガーリー女王の水森亜土が可愛く歌いまくるレビュー企画が12年連続で実現。SKD風ダンス場面連続でジャネット曲使ったカツラ着用シーン素敵だが全体に髪引っ詰め系残念。江戸家まねき猫ゲストに演芸&コント用意。(やま)

2006-08-12

[] スモールサイズペンドルトン

2006年8月12日20:00 大阪日本橋R/H/B

b大高、g前田、g青木、dr松澤のレアな4人編成によるワンマン。F800復帰で期待も「リハビリ」的に20分で終了は残念。ビルゲイツから覚悟まで黄金列。金森アンコールでオータカソロのダムミーやや乱暴も嬉しい対応。(やま)

2006-08-04

[] jenny on the planet、森田正明トリオ、あらかじめ決められた恋人たちへ、やらずぶったくり

2006年8月4日19:00 なんばBEARS

jotpは女性ボーカルで世界観もライブ的にパワー不足。森田正明の絞ったボーカルは味でブルース。あら恋は1人登場で空回り&ピアニカ苦痛もパフォーマンスに可能性。トリYBがこの日のベストで初期ストーンズ的大暴れ。(やま)

2006-06-11

[] ハロ☆プロ パーティ〜!2006 〜後藤真希キャプテン公演〜

2006年6月11日18:30 なら100年会館

各地で空席祭作った問題ツアーは、後藤が過度に自己主張せず石川、ののを引き立てながらも要所を締める見事な座長ぶり示し、序盤からアゲアゲで疾走する好レイヴ。翌週岐阜ののの聖誕祭控え暴走ギャグのプレのの誕。(飯野形而)

2006-06-10

[] 安倍なつみコンサートツアー2006春 〜おとめちっくBANK〜

2006年6月10日19:00 大阪厚生年金会館大ホール

空席目立つもグッズ軒並み売切れ、客席は秩序ある熱気保ち、真正なっちヲタだけが残った濃密な空間。ベルリン・天使の詩の如く天使の羽を捨てた女優なっちが市井の同世代OLの恋愛譚をミディアム・テンポで綴る好ライヴ。(飯野形而)

2006-05-07

[] モーニング娘。コンサートツアー2006春 〜レインボーセブン〜

2006年5月7日18:00 さいたまスーパーアリーナ

アリーナ級会場では後方席まで届かない娘。の非力痛感。本公演の主題・紺野、小川の娘。単独最終公演よりも会場限定CDを早々に完売させた前座℃-uteにインパクト。ピンクのハンカチによる紺野聖誕祭も本人に伝わらず。(飯野形而)

2006-05-02

[] FIVE DEEZ / "kommunicator" Release Party!!

2006年5月2日23:30 代官山UNIT

エレクトロニカ路線の新作ひっさげFat JonとPase Rockの2人編成ライブは2時半開始も会場埋めたB-BOYには不評でクラブならではの期待の一体感あるインタープレイも消失。ライブ後4時を回る2人のDJはヒップホップ感溢れ安堵。(やま)

2006-04-29

[] モーニング娘。コンサートツアー2006春 〜レインボーセブン〜

2006年4月29日19:00 フェスティバル・ホール

前夜の紺野、小川卒業発表にも意外に動じないヲタと娘。が織り成す至極の多幸空間は、MC抑えた疾走レイヴ。ナマの重ピンク以上の衝撃はミラクル天然小春の大阪いぇー!!ミュージカル控えた高橋の本気ダンス・歌唱に圧倒。(飯野形而)

2006-04-22

[] Berryz工房コンサートツアー2006春 〜にょきにょきチャンピオン!〜

2006年4月22日18:30 大阪厚生年金会館大ホール

着実な成長遂げるアンファン・テリブルと暴走ヲタ集団の絶妙インタープレイにより構築される今最も熱い現場でひときわ光彩放ったのは、舞台上で紅いランドセルを置く唐十郎的演出で大人への階段を一歩昇った熊井友理奈。(飯野形而)

2006-03-31

[] 山川冬樹、sim、恩田晃、OPTRUM、ドラびでお / スポンティニアス・コア:パフォーマンスを超えて

2006年3月31日19:00 代官山UNIT

simがスマートに見えるほど異端でエッジ効きまくるイベントで意義。圧巻はドラびでおでキルビルやBRコラージュし1人ドラム叩きビートと映像融合で爆笑。テーブルに機材並べた恩田や蛍光灯のOPなど視覚的にも刺激的。(やま)