100字レヴュー

100字レヴューご投稿はこちらまで。

2018-09-07

[] 水素74% / ロマン

2018年9月7日19:30 こまばアゴラ劇場

駅前劇場キャンセルの幻公演が早くも実現。マザコン家庭の密かな欲望リアルで、シニカルな笑いも切れ味抜群で見事な仕上がり。息子ラブな母役で兵藤公美が好演。息子の小遣い騙し取る日高ボブ美の怪優ぶりも衝撃的。

2018-08-25

[] ホエイ / スマートコミュニティアンドメンタルヘルスケア

2018年8月25日18:00 こまばアゴラ劇場

中学校教室舞台に狂気の注目作再演は日教組へのシニカルな笑い炸裂。複式学級の複雑な上下関係も面白い。朝日新聞大好きの暴走教師役で永宝千晶の怪演光る。同時上演「ずんだクエスト」の菊池佳南のヲタ芸にも拍手。

2018-07-26

[] DULL-COLORED POP / 1961年:夜に昇る太陽

2018年7月26日19:00 こまばアゴラ劇場

谷賢一が生まれ故郷描く福島三部作第一弾は、原発導入決めた時代の浜通りの空気感にリアリティ。身分隠し調査する者登場させ3兄弟立ち位置の違い面白く、当時の流行歌散りばめ昭和な街灯を効果的に使った演出見事。

2018-06-08

[] 日本のラジオ / ツヤマジケン

2018年6月8日20:00 こまばアゴラ劇場

女子校演劇部の夏合宿描く好評作再演は「津山三十人殺し」を巧みに使い「さわやかな惨劇」が奏功。十代の危うさ、対立し上下関係もある微妙な人間関係、行方不明の1年生、始まらない稽古と宙ぶらりんな時間に興奮。

2018-03-28

[] ミナモザ / Ten Commandments

2018年3月28日19:00 こまばアゴラ劇場

原子力学ぶ者を取材した新作は伏せた部分多いのか、言葉話さなくなった劇作家の生活を中心に描く70分。ユダヤ人物理学者レオ・シラードの十戒軸にマンハッタン計画に絡む話面白く、この部分膨らましたもの見たい。

2018-02-06

[] トリプルビル(プロジェクト大山「てまえ悶絶30s」、モモンガ・コンプレックス「勘違いの庭。」、MOKK「Dum Spiro,Spero」)

2018年2月6日19:00 こまばアゴラ劇場

30代ダンサー中心の3カンパニーの合同公演は、オリジナル衣装で登場の大山が冒頭から圧倒。顔芸まである面白さ追求も拍手。モモコンはコミカルに鼻鳴らす男性2人と不思議世界。激しいMOKKの後は緩めトーク。

2018-01-14

[] 青年団リンク ホエイ / 郷愁の丘ロマントピア

2018年1月14日14:00 こまばアゴラ劇場

三菱大夕張炭坑で働いた者たちの戦後史を扱い大きな成果。現地取材で最盛期の様子や南地区への移転、閉山、ダムに沈んだ現在まで人間関係リアルに描き出し圧巻。老人役で山田百次や武谷公雄ら味わい。長野海も輝く。

2018-01-06

[] 渡辺源四郎商店×(一社)おきなわ芸術文化の箱 / ハイサイせば〜Hello-Goodbye〜

2018年1月6日15:00 こまばアゴラ劇場

沖縄法人との合同公演は太平洋戦争末期の外務省を舞台に琉球語を津軽弁使った国際電話巡るシニカルドラマ。沖縄と青森の役者の顔合わせ面白く、リンゴ栽培中止や方言札、沖縄に連隊ない現実など語られ問題意識鋭い。

2017-10-31

[] いいむろなおきマイムカンパニー / doubt-ダウト-

2017年10月31日19:30 こまばアゴラ劇場

待望東京公演はストーリー性抜群にサスペンスタッチの世界観奏功。マスクのいいむろが訪ね歩き、すぐ眠る女など笑い満載。複数車掌登場する車内シーン秀逸で、終盤台詞ある場面は異国語の応酬最高に楽しく爆笑の嵐。

2017-09-21

[] HEADZ(作・山下澄人、演出・飴屋法水) / を待ちながら

2017年9月21日19:00 こまばアゴラ劇場

ゴドー待ちモチーフに山下&飴屋親子共演で実験色全開。楽屋通っての入場から楽しく喋らない飴屋面白く血だらけ一輪車の佐久間麻由登場もインパクト抜群で前半中心に斬新で興奮。終盤冗長も全編で宇波拓演奏嬉しい。

2017-07-15

[] (劇)ヤリナゲ / 預言者Q太郎の一生

2017年7月15日14:00 こまばアゴラ劇場

千葉・手賀沼周辺を舞台にQ太郎の幼なじみ芦原みちるの半生が激烈。ヒロイン演じた永井久喜の熱演見事で、いじめグループに参加しアイドルになりリベンジポルノに遭いゴーストいる小説家として成功する展開に興奮。

2017-06-17

[] はなもとゆか×マツキモエ / WORM HOLE ワームホール

2017年6月17日14:00 こまばアゴラ劇場

京都の新鋭ユニットの東京進出作は女子4人でバリエーション豊か。花本松木メインで踊るが伊藤彩里&山田春江の近未来な造形面白く抜群のスパイス。中で踊るビニールの筒状の美術よく西野カナらヒット曲使用も奏功。

2017-05-21

[] うさぎストライプと義父ブルースブラザーズ / バージン・ブルース

2017年5月21日14:00 こまばアゴラ劇場

2人の父親と歩くバージンロードの設定にリアリティ。志賀廣太郎が巨乳男の役どころ愉快も走馬灯な展開切ない。学生運動エピソード効果的で、男役も演じたボーイッシュな娘で小瀧万梨子好演。父と娘の想い溢れ感涙。

2017-03-21

[] 鳥公園 / ヨブ呼んでるよ

2017年3月21日19:30 こまばアゴラ劇場

旧約聖書「ヨブ記」モチーフに藁重ねた重厚な舞台で引きこもりシングルマザー軸の話が展開され新鮮。抽象度高めも世話役の兄と後輩の訪問シーンのデフォルメ動き新鮮。黒岩三佳も効果的で終盤立ち退き迫る場面強烈。

2017-03-06

[] ロロ / いちごオレ飲みながらアイツのうわさ話した

2017年3月6日19:30 こまばアゴラ劇場

60分縛りのいつ高シリーズ最新作は女優3人のみで描いて軽音活の音BGMに放課後の時間がリアル。ベンチの裏に短歌見つける展開が巧く、HIGH-LOWS「青春」も効果的。森本華が最高の演技でロロ魂を体現。

2017-02-18

[] 東京ELECTROCK STAIRS / いつかモンゴリと眠る

2017年2月18日15:00 こまばアゴラ劇場

3人のみという異例の少人数本公演は横山彰乃&高橋萌登らが短めの髪で気合い抜群の健闘。舞台装置が意外に凝ってスタイリッシュ。寝る自由などユーモラス部分うまく、KENTARO!!ソロも汗たっぷりに充実感。

2017-02-08

[] 庭劇団ペニノ / ダークマスター

2017年2月8日19:00 こまばアゴラ劇場

代表作三演は大阪に舞台移しての大幅改訂が大成功。3年かけて現地俳優と構築したあべの附近の洋食屋「キッチン長嶋」の復活と挫折が会場充満する料理の匂いとともに表現され見事。イヤホンで聞く関西弁に異次元感。

2017-01-20

[] 木ノ下歌舞伎 / 隅田川 娘道成寺

2017年1月20日19:00 こまばアゴラ劇場

注目の新作公演は白神ももこ&きたまりと女性振付家による独舞2本立て。隅田川の観光案内から始まる白神ワールドは後半の狂気で新境地。30分版から格段に迫力増した60分版道成寺はきたまりの身体表現が絶好調。

2016-09-05

[] 遊園地再生事業団+こまばアゴラ劇場 / 子どもたちは未来のように笑う

2016年9月5日19:30 こまばアゴラ劇場

高完成度のリーディング公演経た本公演は出産巡る見事なエピソード集。書物や雑誌のテキスト読み様々なシーン描くが、中心舞台をカフェ店舗に位置づけ店員日常見せ深み出す。青年団役者陣輝き増し終幕ダンスも奏功。

2016-08-20

[] 青年団国際演劇交流プロジェクト キノサキノマトペ(作・演出:ロラン・コロン)

2016年8月20日14:00 こまばアゴラ劇場

パリ出身の演出家が温泉街に滞在し猿やマッサージ師と交流、シャンプーや容器と会話し、派手めの衣装の青年団役者陣が演じ違和感抜群。井上みなみもメイクきつく誰だか不明状態。全体退屈感も公演時間の短さは救い。