Hatena::ブログ(Diary)

ちぇ・ゲバ男のメモ

2009-05-04

twitterの発言をGoogle Readerで確認する方法

twitterが続かない。


まず見るのを忘れてしまう。


忘れないようにどうしたらいいかなと、

クライアントツール試したがイマイチだし、

いろいろ見てみたがこれといっていいのがない。


あまりfirefoxのアドインとか増やしたくないし

クライアントツールをインスコするのも何となく嫌だ。


なのでど〜しようかなぁと思っていたのだが、

Google Readerに突っ込むことが出来れば

必ず確認するし、いいなぁと思っていた。


twitterのページ見てみるとRSS普通にあったので、

なんだ最初からこれにしておけば良かったじゃん

と思って登録しようとした。


でもなぜか登録できない。


調べてみるとどうやらBasic認証付きのRSSらしい。

しかもそれはGoogle Readerには登録できないらしい。


で、以下のサイトを発見


私はfeed readerに、Google Readerを使っているのですが、 Google ReaderはHTTP Basic認証のかかったRSS/Atomフィードを読むことができません。(*1) これでは、Gmailの Atomフィードを読むことが出来ない。なんたることか!

だからといって、feed readerを変えるのはいやだ!悔しい!だから作った。

(*1) http://USERNAME:PASSWORD@hostname/path/file.rssというURL形式が入力できないんです。

no title


このサイトを使用すれば十分便利なのだが、

なんとなくパスワードが他サーバーに保存されるのは気が引ける。


ってことで出会ったのが「Yahoo!Pipes」


前から気になっていたが

ちょっと弄ってみると見事にはまった。


これは面白い。


で、いろいろ弄ってみたが

あっさりできた。


f:id:revolutionary:20090503173644j:image


「Fetch Feed」に以下のURLを突っ込むだけ


http://ID:PASSWORD@twitter.com/statuses/friends_timeline/xxxxxxx.rss


以下を参考

1、まず自分のID(数字)を探します。

ログインした状態でhttp://twitter.com/homeからソースを見て、headタグの中の以下のような行を見つけてください。

title=”your_screen_name (RSS)”

href=”http://twitter.com/statuses/user_timeline/1234567.rss” />

この中の「1234567」に該当する数字があなたのIDです。

2、以下のURLのscreen_nameとpasswordと1234567をあなたのものに置き換えてください。

http://screen_name:password@twitter.com/statuses/replies/1234567.rss

3、置き換えたURLをRSSリーダーに登録すると購読できます。

no title

上記の「replies」を「public_timeline」「friends_timeline」「user_timeline」「mentions」「friends_timeline」などいろいろ変更すれば、自分への発言のみだったり、いろいろ指定できる。



「Yahoo!Pipes」すげぇな。


RSSフィードなくて仕方なくはてなアンテナ使ってるページ

全部突っ込むかな。


他参考:

Twitter API:公開APIを利用したサンプルサイトを作っていくよ

Fprog.com

簡単マッシュアップ、「Yahoo! Pipes」を試してみた − @IT

Twitter API 仕様書

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close