Hatena::ブログ(Diary)

月夜見的な技術日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-12-04

WindowsでもVMware playerでUbuntuを動かす話(初期設定編)

続くかわからないけどシリーズ化してみる。


長い前置き

前回、Railsなプロジェクトの資産を動かそうとして一部ライブラリWindowsで死亡状態だったのでスッパリあきらめてVMを使うことの話をしたいと思います。


世の中個人開発者には優しい時代になりました。

PCスペックも向上し、VMであれこれやれるって素敵です。

昔はWindowsだとVirtualPCぐらいしかなかった記憶なんですが、今はMSサーバー機能だったHyper-VクライアントOSに装備されているくらい一般ユーザーでもVMを使う機会が与えられていると思います。

そこであえて私は「VMware player」で構築したいと思います。

理由なんてない、VMVMwareというイメージが一番強いことです。

少し補足すると今仕事でVMwareをつかってるので深掘りもかねて個人的に使おうと思ったのが理由でもあります。


VMware playerをインストールしよう!

VMware playerのインストールは簡単です。

公式サイトよりインストーラーを拾ってきてインストールするだけです。

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0|PLAYER-601|product_downloads

Windows(32/64bit)用とLinux(32/64bit)用があります。

DevOpsとかを目指しているならGUIのものより「vagrant」とかの方がいいかもしれません。

インストーラーを実行すればインストール完了です。

OSインストールしよう!

VM環境ができたら次に仮想マシンを作りましょう。

VMware playerを起動すると「新規仮想マシンの作成」というメニューがあるので選択します。

ウィザードが起動し、OSインストール元を聞かれるので選択します。

今回はLinux環境を作ることが目的なのでフリーなディストリビューションを選びたいと思います。

ぱっと思いついたのはCentOSですが、ちまたで話題になってる「Ubuntu」で作業をす住めてみたいと思います。

日本語有志のサイトより日本語Remixイメージをダウンロードしてください。

http://www.ubuntulinux.jp/

今回私は「64bit版 v13.10」のISOイメージにしました。

なのでVMware側では「インストーラディスクイメージファイル(iso)」でダウンロードしたisoを選択します。


という手順をつらつらと述べてもいいんですが、日が暮れるので世はネット時代、参考になるサイトを紹介してその通り進めてください。

(私はText modeではなくGUI付の無印でやってます)

http://www.aise.ics.saitama-u.ac.jp/~gotoh/VMPlayerIntoWindows7.html

VMに割り当てるリソースはご自身のマシンスペックと相談してください。

当方は以下のホストスペックの上で次のようなゲストリソースを割り当てました。

 CPU: Core2Duo E8400 3.00GHz/2core

 RAM: DDR2 4GB

 OS: Windows7 Pro 64bit

 Storage: SDD120GB、HDD1-500GB、HDD2-2TB、HDD3-3TB

VM上の割り当て

 CPU: 1core(1vCPU)

 RAM: 1GB

 Storage: 50GB

ネットワークは接続を前提としたいのでNATにしています。

その他設定はVMwareに言われたままにしています。

今後問題があれば随時調整する予定です。

といった具合に作成していくと簡易インストールが始まるのでインストール完了を待ちます。

恐らく途中で初期ユーザーの設定を聞かれるので、このときのユーザーとパスワードはちゃんとおぼえておいてください。

ログインから初期設定

あなたのネットワーク環境にもよりますが、ルータDHCPが有効になっていてネットワークNATになっていればすでにネット接続できるはずです。

初期ユーザーでログインしてFireFoxが標準で入っているので起動してgoogleにでもアクセスしてみてください。

ネットワークに接続していることを前提に進めていきたいと思います。

rootユーザーのパスワード設定

簡易インストールだとrootユーザーのパスワードがなんか適当に決められているようです。

まず設定しましょう。

sudo su -

passwd

つづく

http://www.oiax.jp/rails/zakkan/rails_3_2_installation_on_ubuntu.html

上記参考サイトのとおり進めていく(rubyは2013/12/07最新のp484を使用)けど某PJのRMagickのgemインストールでこける。

Winの時と同じや!

調べると「ImageMagick」関連が入ってないとこけるようで。。。

Can't install RMagick 2.13.2. Can't find Magick-config

http://qiita.com/yuiseki/items/55bded2e32d07aef23ab

というわけで調べてみるといくつかの記事で "aptitude" を使ってインストールするとのことなので "aptitude" をまずインストールする。

sudo apt-get aptitude

上記で "aptitude" を入れた後、下記をやる。

sudo aptitude install imagemagick libimagemagick libmagickcore libmagickcore-dev libmagickwand-dev

sudo gem install rmagick

最終行のgemは個別にやってもいいし、Gemfileがあるならbundleしてもよい。

これで無事Rubyの環境はできた。

あとはDBなどの準備をしてRailsサーバーを起動。

rake db:migrate

rails s

2013-11-24

WindowsでRailsなアプリ実行環境でハマったこと(あきらめ)

Windows環境でRuby on Railsの実行環境を構築しているときにハマったのでその記録を。

1.DevKitがちゃんとインストールされていない

いれたつもりがパスが通っていなかった。

"C:\dev\RubyDevKit" 配下に展開していたので以下のPathを追加。

  • C:\dev\RubyDevKit\bin
  • C:\dev\RubyDevKit\mingw\bin

2.libv8のインストールでこける


bundle install

を実行したら

Gem::Installer::ExtensionBuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

C:/Ruby193/bin/ruby.exe extconf.rb

creating Makefile

以下略

とエラーが出て進まない。

どうやらWindowsでは "therubyracer" のインストールまわりでうまくいかないらしい。

ということで手動でインストールを試みたけどダメ。

gem install libv8 -v '3.11.8.13'

これはダメ

どうやら手動でWindows用のtherubyracerをいれないとダメらしい。

参考:http://gagapi.hatenablog.jp/entry/2013/05/15/190651

ということで下記GitHubよりgemとdll2個の計3つをダウンロードします。(開いてRawボタンでダウンロード開始)

https://github.com/hiranpeiris/therubyracer_for_windows

dll2つはパスの通っている場所(自分はRubyインストール先のbin配下にしました)へコピー。

gemは仕方ないのでローカルgemを使うようにunpackしてGemfileに手を入れます。

gem unpack therubyracer-0.11.0beta1-x86-mingw32.gem

アプリrootで展開

#gem 'therubyracer'

gem 'therubyracer', :path => 'therubyracer-0.11.0beta1-x86-mingw32'

パス指定でgemを見るように変更

これで進むようになったけど第三の刺客が現る。

"RMagick" でこける。同じくWindowsだとダメということなので同様にWindows用のローカルgemを用意します。

Installing rmagick (2.13.2)

Gem::Installer::ExtensionBuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

C:/Ruby193/bin/ruby.exe extconf.rb

checking for Ruby version >= 1.8.5... yes

http://rubyforge.org/frs/?group_id=12

gem unpack rmagick-2.13.2.gem

アプリrootで展開

#gem 'rmagick'

gem 'rmagick', :path => 'rmagick-2.13.2'

Path指定

次は "ruby-debug-base19 (0.11.25)" でエラー。

Windowsでやるなってことか・・・。

つづく

つづき 2013/12/04

結論からいうと、Windowsあきらめました。

RailsそのものはWindowsでもナンの苦労もなく利用できるんだけど、今回参加するプロジェクトの環境がMacユーザーのモトで作られたようでWindowsでは難のあるライブラリが多かったようで。

というわけで次回エントリにてVM上でUbuntuを動かす話にてこの話題にケリをつけたいと思います。

2010-08-04

ようこそ画面でユーザーアカウントを非表示にするには

共有用のリモートアカウントなどようこそ画面に表示しなくていい場合に

ユーザーアカウントを非表示にする方法

あとは管理アカウントを非表示にするとか

前提

Windows 7

手順

  1. 任意のアカウントを作成しておく(作成済みなら飛ばす)
  2. レジストリエディタ(regedit)を開く
  3. 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\SpecialAccounts\UserList」へ移動する
    • もしキーが無ければキーを作成する(キー(フォルダ)をクリックして新規>キーで作成)
  4. 上記キーの中にアカウント名に対応したDWORD(32bit)を作成
    • 値を0にすれば非表示、1にすれば表示
    • デフォルトは表示なので非表示にしたいアカウントだけ作成すればよい

以上で再起動もせずに非表示になっていることが確認できる。

(標準設定のままならAlt+Ctrl+Delでユーザーの切り替えをすれば確認できる)

2009-11-12

コマンドラインと電話による Windows 7 アクティベーション

Windows 7 Enterprise (x86) をインストールしたはいいけどちょっとおかしい。

自宅に入れた Windows 7 Professional(x64) は何の不調もなく動いてるんだけど・・・。

症状としては

  • アクティベーションできない
  • Windows Update が不調
  • Microsoft Security Essentials の定義更新ができない

という感じ。

エラーとしては

0x80072ee2

というエラーがでる。

エラーとしては接続できない(タイムアウト)というエラーなのだが、MSのサポートサイト曰く

http://support.microsoft.com/default.aspx/kb/836941

こういう対処法があるらしい。

が、一通り試したけどうまくいかない。

というか定義更新の方はインストール後しばらくして1度だけ通った。

Updateも数回だけ通ったので何かネットワーク的な問題がある気が・・・。

ちなみにMSのサイトにはつながるしUpdateのサイトにもつながる。

よくわかりません。


電話認証によるアクティベーション

とりあえずアクティベーション期限が@3日と迫っていたので電話認証することに。

MS電話認証窓口(24h)
0120-801-734

音声案内に従って番号をプッシュするだけ。

必要な番号はコマンドプロンプト(cmd)で次のコマンドを実行すると表示される。

slmgr -dti

この番号を入力すると、音声で認証ID(数字54文字)を伝えられるのでメモ帳にでもメモっておく。

そして次のコマンドで認証すれば見事 genuie マークが!

slmgr -atp <認証ID>

ただし後者のコマンドは管理者権限が必要なので、スタートメニューから右クリック→管理者として実行

として管理者で実行したコマンドプロンプトからでしか実行できない。

Update関連ファイルのバックグラウンド転送サービスの有効化

Windows には Background Inteligent Transfer Service というサービスがあり、

こいつを開始しておかないとDLできないことがあるらしい。

ソースは失念しました・・・。

ということでサービス(ローカル)一覧から有効化してみた・・・けどダメだった。

----

しかしMSSEやWinUpdateがかからないのでいずれにしても問題を精査しなくてはー・・・。

自宅では何とも無いのになぁ。

2009-02-06

液晶のドットチェック(簡易版)

ドット欠けチェッカー等のソフトはありますが、もっと手軽に。

  • Dot Checker with Javascript

http://rezelk2.sakura.ne.jp/web/DotChecker.html

※sakura解約してしまったので公開停止中

手抜きです。

書き方も適当です。

タイトルすら指定してません。

使い方

1. ページを開きます
2. F11とかでブラウザを全画面化します
3. ページをクリックすると色が変わるので各色をチェックします

はい、これだけ。

ちなみに色は以下の順番で変わります

white black red lime blue magenta cyan yellow darkgray gray lightgray purple green orange

用途は

  • ディスプレイのドット欠けの確認
  • バックライトのむらの確認
  • 色味の調整(特にマルチディスプレイ)

色味はグラデーションのほうがよさそうだけど。

要望があれば少しだけ機能追加します。