Hatena::ブログ(Diary)

RFF無線日記(リスタート版)

2018-01-18

三陸新報:星を見よう2…12「2018年の主な天文現象」

f:id:rffkuma:20180118203059j:image

 2018年の星空も楽しみがいっぱ131水皆既月食日本全国で全過程を見ることができるいです。まず,1月31日の皆既月食22金星 食しし座のレグルスが月に隠されるは日本全国で全過程を見ることができ319月惑 星金星と水星が月に近づくる好条件です。部分食開始が20時443火惑 星火星と土星が接近8分,皆既食開始が21時52分,月71日探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウに到着が最も隠されるのが22時30分,皆728土皆既月食夜明け前,皆既食のまま月が沈む既食終了が23時09分,部分食終了731火惑 星火星が15年ぶりに大接近は24時12分です。

813月流 星ペルセウス座流星群が極大。好条件月は,かなり高いところにあるのでよ818土惑 星金星が夕方の西の空で見頃く見えます。また,日本全国,同じ時910月彗 星ジャコビニ・チンナー彗星が近日点刻に見ることができます。

108月流 星りゅう座流星群が極大。大出現なるか 次の皆既月食は7月28日の夜明け1213木彗 星ウィルタネン彗星が近日点通過前です。これは,明け方ですし,西の1214金流 星ふたご座流星群が極大条件はまずまず空の低いところで起こります。しかも,16日日 食2019年午前中に部分日食。北が好条件東北地方ですと皆既食のまま月が沈ん

でしまいます。この次の皆既月食は約3年後です。

 今年のハイライトは惑星です。7月から10月にかけて,金星・木星・土星・火星が見頃を迎えます。まず,今年の金星は,夏休み頃から秋にかけて,夕方の西の空に明るく輝きます。最も太陽から離れて見えるのが8月18日。最も明るく見えるのは9月21日です。最大光度はなんとマイナス4.8等級です。これは昼間の青空でも見えるかも知れない明るさです。

 火星は15年ぶりに7月31日に大接近します。高性能の天体望遠鏡だと,表面の模様が見えるかも知れません。木星の見頃は5月9日です。その後も西の空に移動しながら,夏休み以降まで見ることができます。土星の見頃は6月27日です。土星も秋まで見ることができます。ということは,今年の夏休みに星を見る会があれば,金星,木星,土星,火星の4つの惑星を見ることができます。これは,豪華です。今年の夏は天気がいいことを願います。

 7月初めには,日本の探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到着します。小惑星にクレーターを造り,熱変成を受けていないサンプルを採集することができれば,かなり大きな話題になります。 流星群は,夏のペルセウス座流星群は月明かりがなく,絶好の条件です。冬のふたご座流星群は初め月があるものの,月が沈んでしまえば,多くの流星の出現を見ることができるでしょう。

 彗星は,ジャコビニ・チンナー彗星とウィルタネン彗星が近日点を通過します。どちらも短い周期で太陽に近づきますが,ジャコビニ・チンナー彗星は10月のりゅう座流星群の母天体として知られています。りゅう座流星群は,劇的に大出現したことがありますが,近年では1時間に数個程度しか流星が見られていませんが,何が起こるか分からないのがりゅう座流星群です。またウィルタネン彗星は,今回の近日点通過は,地球に近いところを通過するので,ひょっとすると肉眼で見えるのではないかと期待されています。

 なお,今年は日本から見える日食は起こりませんが,2019年1月6日の午前中に部分日食が起こり,その様子は全国で見ることができます。特に北へ行くほど好条件です。

2018年は日食はないものの,惑星や流星群を見るにはいい条件の年です。後は晴れるのを待つだけです。

2018-01-14

宮城県石巻市上品(じょうぼん)山 移動

f:id:rffkuma:20180114173250j:image

今年は,前半でQSLカード2,000枚発行。

という目標があります。

今日は日曜日なので2m&430で移動運用。

たくさんの局に呼んでいただきました。

2018-01-13

仙台市川平のとんかつ櫻家

f:id:rffkuma:20180114173253j:image

美味しいと紹介されておじゃましたお店。

カツカレー850円(税込み)

ボリュームがあって,カレーの香り香ばしい

カツは衣が抑えめ。肉厚で肉の味がしっかりします。

なんと,この店のご主人は昔のクラスメートでした。

何十年ぶりの再開。

今度は他のメニューを制覇しようと思います。

2018-01-11

今日のジロ子 遠距離ドライブ 高速道路通行止め

f:id:rffkuma:20180114173259j:image

今日は,遠距離なので猫ベッド付きのドライブです。

高速道路が事故のため通行止め

なんと,普段なら2時間の道程が,5時間!

疲れ果てました。

でも,ジロ子と一緒だったおかげで無事に到着できました。

2018-01-10

三陸新報:星を見よう2…11「ついに見たカノープス」

f:id:rffkuma:20171208105624j:image

 りゅうこつ座のカノープスは,太陽を除けば全天で2番目に明るい恒星です。星座を形作っている星の中ではおおいぬ座のシリウスの次に明るい星です。しかし,南の空にあるため,日本からは,地平線ぎりぎりにしか見えません。なかなか見ることができない星なので,中国では,カノープスを見ると,縁起がいいということで「南極老人星」と呼ばれているそうです。

 カノープスを見たいと思い始めてかなりの年月が経過しています。何度も房総半島や福島沿岸部,深夜の栗駒山登山など,挑戦を重ねてきましたが,その姿を見ることなく現在に至っていました。最近では,房総半島,伊豆半島,紀伊半島まで遠征しましたが,やはり見ることはできませんでした。

 今回は思い切って九州,薩摩半島まで足を伸ばしました。薩摩半島には日本百名山の一つである開聞岳もあります。開聞岳からなら南に視界を遮るものは何にもなく,きっといいポイントになるはずでした。実際に行ってみると,夜間に開聞岳に登るのはかなり危険です。南の空が見えるところまでは1時間歩かなくてはなりません。昼間ですらやっとやっとでしたから。開聞岳は諦めて他のポイントを探しました。いろいろ歩いて,結局見つけた場所は,南九州市の「番所鼻公園」という場所です。ここなら車から徒歩50メートル,公園なので明かりもあり安全に観測できます。しかも,海に面しているので,南には明かりも遮るものもありません。

 この時期のカノープスの南中は午前2時頃です。それまで,車で仮眠をすることにしました。でも,午前1時頃に近所の犬の鳴き声で目が覚めてしまいました。しかたなくまだ早いかなと思いながら,海岸に行ってみると,水平線上に赤い光が見えます。ちょっと緊張しました。私の見積もりでは,カノープスは水平線から5度は上に見えるはずです。しかも水平線上に雲があるのに光が見えています。でも,カノープスのあるはずの位置に極めて近いのです。カノープスはオリオン座とシリウスの間の下の方に見えます。ひょっとして,ついにカノープスを見たか?と思ったのですが,よくよく見たら,光の正体は船だったようです。今日も残念賞かと諦めかけたら,雲の切れ間からカノープスが見えました。今度は本当のカノープスです。思ったより明るい星です。そりゃそうです。シリウスの次に明るい星ですから。しかも,それほど赤くも見えません。位置も予想通りです。やった!という思いで,カメラの準備をしていると,なんと,雲がわいてカノープスが見えなくなりました。写真がないと片手落ちです。何としても写真を撮らなくては,と思い,それほど寒くもなかったので,カメラを抱えたままでしばらく待機することにしました。風で雲が流れると,オリオン座やシリウスは見えるようになりました。しかし,やはり南の水平線ぎりぎりの低さのカノープスはなかなか見えません。午前2時を回って,もうだめかな,と思ったら,再びカノープスの輝きが見えました。慌ててシャッターを切ったのがこの写真です。ほんの数秒姿を現しただけでカノープスはまた雲に隠れてしまいました。

 右上がオリオン座,真ん中付近の明るい星がおおいぬ座のシリウス,そして下の方,やや左寄りに写っているのがカノープスです。一番下の星です。鹿児島県まで行っても写真で見ると,水平線上の雲の上,ぎりぎりの高さで見えていることが分かります。

写真撮影を終えたら,大きな流れ星が流れました。まるで,カノープスが見えたことを祝福しているみたいでした。

2018-01-09

御礼の手紙が届く

年末に届いた質問に対する回答は昨年の末に発送していました。

三陸新報あてに手紙が届いたというので取りに行きました。

どうやら,小生の回答で納得していただけたようです。

よかった。

2018-01-08

山梨県道志村

f:id:rffkuma:20180109132056j:image

放浪の3日目は山梨県道志村

山梨県の山あいの村です。

この日は,オール埼玉コンテストです。

できれば,山梨県のマルチ17をサービスできるのかな?

と思いましたが,2mでは聞こえません。

(※筆者注 コンテストで山梨県から埼玉県の局に声をかけるとポイントになります。山梨県のナンバーは17です。)

これまでだと,これで諦めていたのですが,

今年からは使えるバンドはみんな使おうと方針転換しました。

そこで430MHzを聞いているとけっこう聞こえます。

声をかけると,どうやら埼玉まで飛んでいるようです。

ということで道志村からお声がけ。

その後も埼玉コンテスト参加局に声をかけて回りました。

気がつけばけっこうの数の局と交信できました。

というわけで,今回のプチ放浪は終了しました。

2018-01-07

群馬県川場村

f:id:rffkuma:20180109132100j:image

関東プチ放浪の2日目は群馬県川場村。

写真は道の駅 川場田園プラザ

道の駅界では,超メジャーな道の駅です。

客動員数や道の駅ランクでは常に上位。

テレビのお天気中継にも登場するほどの道の駅です。

以前から,一度はおじゃましたいと思っていましたが,

関東の北の外れにあるため,遠い。

今回は目標地の一つとして選択。

しかし,残念ながら,道の駅は雪の中。

駐車場にも雪があり,駐車スペースに制限がありました。

直売所は,ズバリ安い!

特に,野菜,リンゴが安く感じました。

野菜はなんでこの雪の中,どうやって収穫したんだろうと思いましたが,

ネギは5本で130円。しかもみんな太くて立派。

リンゴも1個あたり70〜80円くらい。

これも大きくて蜜がたっぷり。

おかげで,満腹感のため,昼食の経費を節約することができました。

暖かくなって雪が溶けたらまたおじゃましたい道の駅でした。

2018-01-06

関東プチ放浪 1日目 栃木県足利市

関東の未訪問地域を目指して

短期間の放浪に出ました。

1月6日の夜は栃木県足利市

午前の遅い時刻に出発したので,

今日は北関東が走行の限界。

放浪の一発目の食事は,やはりちょっと豪華にしたいと考え,

焼き肉をチョイス。

足利駅前の炭火焼き肉の店におじゃましました。

f:id:rffkuma:20180109132108j:image

まず,上州牛カルビ

これは,ブロック状にカットしてあるので,

噛み具合がとてもいいです。

しかも,口の中に肉汁がブア〜っと広がります。

炭火の香ばしさもあって,満足の一品でした。

f:id:rffkuma:20180109132105j:image

足利ホルモン

ホルモンを湯通しして,

胡麻,葫(にんにく)をまぶしてあります。

いつも食しているホルモンとはちょっと個性の違うホルモンでした。

なお,残念ながら店の名前は忘れてしまった。

店員の接客態度もよく,気持ちよく,美味しくいただくことができました。

2018-01-04

ジンギスカン

f:id:rffkuma:20180104124527j:image

今日は運転手付きで岩手県方面にお出かけ。

海産物には満足しているので,今日のねらいは肉系。

岩手県の肉と言えば,前沢牛や白金豚が有名ですが,

実はジンギスカンも美味しい。

というわけで,今日はジンギスカンに即決。

しかも生ビール付き。

2018年初の生ビールです。

ジンギスカンは歯ごたえがしっかりしていて,

噛めば噛むほど肉の味がしてきます。

それをごはんと一緒にいただくと,

肉だけでなく,タレも一緒になってごはんとの美しいハーモニーを奏でます。

満足の一杯でした。