Hatena::ブログ(Diary)

rgb400の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-09-29

帰ってきたEverun 13:43 帰ってきたEverunを含むブックマーク 帰ってきたEverunのブックマークコメント

昨日、BruleさんよりEverunが帰ってきました。

トラブルは小さなもので、どうも古いBiosが間違えて書かれていたようで 一応ロジックボードの交換となったようです。

好感が持てるのはメーカーであるRaon Digitalから送られてきた修理交換品のチェックをBruleさんでも確認して出荷したとの案内が入っていたことで、修理内容も確認せずに壊れたまま返してきた某電話会社と大きく違うところ。

せめて修理上がり品は確認しようよ・・・・

帰ってきたEverunは前回と同様にセットアップを行います。

あたりまえですが問題点は修正されており、ボタンを押してレジュームに入り、纔秒ほどで復帰するというSSDの効果を十分に体感できるようになっています。

もちろん、Bluetoothの問題も解決しており起動直後から利用でき 現在はA2DPヘッドフォン音楽を聴きながらWordでこの文章を打っています。

キーボードは先日も書きましたがエマージェンシー的には十分使えるレベルでサイズの割には快適です。

これぐらいの文章量であれば肩がこるほどのことではありません。

縦に使うと「DEL」キーと「SPC」の場所に困りますがアルファベットは斜めにずれた配置も通常のキーと同様なので指が迷うことはありません。

それよりも文節の確定や変更で使うカーソルキーが遠いのにはこまりもの。IMEの性能に期待した使い方になります。

ちょっとした瞬間にすぐにレジュームし復帰できるのでPDA的な文章入力ができるのは助かります。

Wordの機能ですが画面サイズ丁度に拡大率を指定すると快適になるのは良い機能。

レイアウトを保ったままの修正は私の場合必須です。

頭であまり考えながら書いていない散文型なので。

 

一応、シリアルゆえに心配していてたBluetoothの複数チャンネル接続ですが、音楽が途切れるので(1.2なので転送レートが不足するようです)実用的かに関しては問題はありますが動作は大丈夫です。

今日はプチオフです。

Everunの液晶 00:32 Everunの液晶を含むブックマーク Everunの液晶のブックマークコメント

Everunの液晶は、ノングレアな加工のしてある液晶です。

上から保護シートが貼ってあるように見えるのはもしかしたらそのせいかもしれません。

視野範囲も広く明るい液晶で好感が持てるものですが、動画写真を見るときには少し荒れて見えます。

過去にもLet's NOTEの液晶で同様に思って保護シートを貼ったことがあるのですが 一見てかてか液晶に見えるようになります。

勿論、そのぶn画面が荒れるのでどうかといえば問題があるのですが・・・・・

細かく見ると、画面がにじむような 変な感じになる部分も有ります。

それでも、やっては見たいととりあえず最もコストの安い方法で試してみようと・・・・

 

よく、フリーザイズの液晶保護シートもあるのですが 特にタッチパネルとなっていてスタイラスペンで画面を触るようなデバイスの場合 画面の端の部分がスタイラスで押されてシートが凹んだり伸びたりして浮いてきてしまいます。

最初からちょうどのサイズに切られたものであれば影響は少ないのですが、こういう液晶の場合は向いていない。

出来る限り切る部分の少ない風にするのがベスト今日は売り場をさまよって見ました。

 

Everunの液晶は横長の少し特殊なタイプ

ワイド画面のカーナビ用でしょうか?

まず探したのはその流れでカーナビ売り場。

結果的に探しても見つかりません。

どちらかと言うと日本のカーナビEverunの液晶よりも大きなものが多いようです。

 

次に探したのが電子辞書売り場。

ようやく到着したEverunを、売り場で取り出して比較を始めます。

比べてみますと驚くほど同じサイズの液晶の電子辞書が・・・・

CASIOXD-SWシリーズのが驚くほどぴったり。

液晶同士を比べても同じような・・・・

ではと専用の保護シートを探しますとELECOMから発売になっています。

型番はDJP-TP004

 

実際に張ってみるとどうでしょう?

液晶自身は同じようなのですが、ガラス面の周囲に筐体の縁が出っ張っているのですが、その縁がEverunの法が大きいようで実物あわせしてみると上下共に1〜2mm程度長いようです。

確認の意味も含めて、ガラスと筐体の隙間に押し込んでみるとシートの埋まるほどの隙間があります。

上下共に差し込むのは難しいので、とりあえず横だけは2mmほどカッターで切り落としました。

そして上側を差し込むように押し込みながら入れて見ました。

適当に(後ではガスだろうと思ってるから)しか表面を拭いていなかったので数箇所に気泡が付くものの適当に綺麗に貼れました。

光沢液晶使用にはなったのですが、所々がぎらつくような液晶になりました。

勿論、拡大して注意してみればの世界なのですが 気になる人は気になるでしょう。

とくに明るめの液晶なので輝度を少し落とすと気にならないことでしょう。

サイズをあわせてやっているのですがかなりぴったりのサイズの保護シートとなりました。

実用上はオプションとしてBruleさんが用意してくれているのでそれを使ったほうが良いのでしょうが、取り合えずならこれも使えそうです。

Sofmapにて780円の格安シートです。

タッチパネル対応なので、多少は強化されてそうなので少しの間使ってみます。

どうなるでしょう??

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rgb400/20070929