Hatena::ブログ(Diary)

rgb400の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-05-15

可逆圧縮非可逆圧縮 可逆圧縮と非可逆圧縮を含むブックマーク 可逆圧縮と非可逆圧縮のブックマークコメント

データ圧縮には可逆圧縮非可逆圧縮と二つの圧縮の仕方がある。

可逆圧縮は 圧縮され展開されたとき圧縮前のデータと同じになるもので バックアップソフトなどで使われる圧縮はこのタイプです。

展開したときデータが変わってしまうと当然動かなくなるからです。

で、非可逆圧縮動画画像などで一般的に使われていて データ量を減らすために画質をできるだけ落とさずにデータ量を小さくする技術で 例えば音楽であれば可聴域を超える音を切り取ってデータを作ることでデータを聞いた感じではわからないように圧縮することができるわけです。

画像などでは、同じ色が続く部分を一つのブロックとして考えるなどして 圧縮してゆくわけです。

完全に元通りにはならないのですが それなりの画質で再現できるので一般的によく使われています

特に動画などでは、そういうタイプで圧縮しなければ無茶苦茶大きなデータになってしまますのでやってますといってもいいわけです。

動画配信の仕組みでは、圧縮自動的に切り替えていたりします。

例えばYoutubeの画質を「自動」に設定しておくと 回線種別によってモバイル回線では低い画質で Wifiでつながっているときには高画質でと切り替えて再生しています

もちろん、機器パフォーマンスも含めてなので遅い機械では画質の低いデータが送られるわけです。

 

最近話題になっているのが、SmartPhone格安SIM回線などで(キャリアもやってますが)回線圧縮がされているということが問題になっています

写真を送ったら 画質が汚い写真が到着したとかが発生するわけです。

いつもいつも汚いといわれていたら、実は回線のせいだったということでクレームが来るわけです。

実は黙っていたけど・・・・というキャリアもあって ユーザーに対する裏切りだと問題になっているわけです。

オリジナルな良かったのだが・・・・なんて話となるわけですが そもそもデジタルデータの何をもってオリジナルと言っているかという部分もあるわけです。

 

例えば、デジタルカメラ写真を撮ります

片方が800万画素SmartPhoneでもう片方は2000万画素デジタルカメラだとしましょう。

実際の景色に対して 800万画素SmartPhone写真は2000万画素デジタルカメラ写真に比べてデータ量の少ない圧縮された画像と言えるでしょう。

もちろん、もっと解像度カメラを持ってくると このデジカメの画僧ですら圧縮したデータとなるわけです。

前述したYoutubeにおいても 実際の動画データYoutubeアップロードするときサーバー圧縮されますので オリジナルに比べて画質はその時点で落ちています

多くのストリーミングサービスでは データ送信しやすい形態サーバー内で変形するためにオリジナルとは異なる形に圧縮されています

データのやり取りをファイルで渡すならともかく GooglePhotoやLineを通じて渡しているとするとその時点でアプリケーション内で圧縮されてしまうわけです。

回線がどうあれ GooglePhotoやLineデータが預けられた時点でサーバーの容量を確保するために圧縮されているわけです。

じゃあ、Line写真を送っている人にとって 回線業者がという以前にLineを使っている時点で圧縮されてるじゃんと突っ込んでみたくなるわけです。

まあ、圧縮圧縮ですからさらに悪くなってるとは言えますが 目糞鼻糞を笑う程度のはなしです。

 

圧縮が悪なのか?

そんなことはありません。

特にモバイル回線では、WEBニュースを見るのに画像の質がどうとかいう前に より早く 制限のあるパケット量でたくさん見れることを優先するような使い方の方が多いので圧縮して よりパケ死しにくく早く見れるということに利点があるわけです。

ユーザーのためにやっている部分でもあるわけです。

実際、格安SIM回線の速度テストを行ってランキングしている人がいますが web上のデータをやり取りするテストでは実測以上の速度となる場合があります

これは圧縮が効いていて 速度が速くなっている部分が含まれていて 実際の速度と必ずしもイコールではない場合があります

圧縮比が高いだけで回線が遅くても上位に来る場合もあるわけです。画質は落ちます・・・

 

基本的に 使い方とその仕組みを理解していないことが問題で 例えばメール画像送信するのならデータを暗号化するhttpsで接続されるようなサーバーを経由するなら暗号化したデータ非可逆圧縮すると暗号化を解けないのでされることがありません。

逆にSmartPhone撮影した記念写真程度なら みんなに配るのにLineで配って 高画質が欲しい人にはと別送りするというのも手です。

ちゃんと使い方をわきまえていると 便利な機能なわけです。

何事も、仕組みを理解することそのもの放棄して 騒ぐだけってのは民度が低いと思われてしまますよね。

Androidの多くに搭載されている標準のブラウザ Chromeにも 「データセーバー」という機能があってチェックすると ブラウジングデータ圧縮されて高速化するのですが それの使い方を知らずに画質が落ちるのはGoogleのせいと騒ぐのでしょうかね??

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rgb400/20180515