Hatena::ブログ(Diary)

理系東大院生のブックレビュー RSSフィード

2009-11-25

大事なことは全て記録しなさい

大事なことはすべて記録しなさい

大事なことはすべて記録しなさい

人気書評ブログ鹿田尚樹の「読むが価値」の著者のデビュー作。実は僕のもう1つのブログ Creative Lifeに以前にコメントを頂いたことがある。

結論から言うと、様々な記録本の中では秀逸な出来であると言える。本書には記録に関する49のアイディアが取り上げられている。メモや記録本の多くの本が、テクニック的な側面(How)の解説をしている一方で、この本は「どうしてそれを記録するのか」といったWhyの側面と、記録したものをどのように活用するのかまでが豊富な事例を元に書かれている。そしてデザインもきれいで、様々なツールも紹介されている。買って損はない一冊。

【読書メモ】

・読書ノートを作る読んだ本のエッセンスを記録する。2段組にしてワードで記録→ファイリングでいつでも見える化する。読書の要点は「新しいフレームワーク」及び「引用句」を抽出する。本を読む時は「P(Point)とE(Example)」を明確に区別して読む(P102)

・ささいなことでも携帯にメールする。本を読んでいて気になったワンフレーズや他人の言ったことなど。飲み会の話題もキーワードを送っておけば後から思い出せそう。Gmail、もしくはEvernoteを使ってうまくフォルダ分け。(P90)

ICレコーダーで自分の話し方を客観的に観察する(P77)

・ネット画面をキャプチャ機能を使って記録する(P72)

・タイムログは時間の家計簿、何かを始める時は必ずストップウォッチで時間を計って作業時間を記録する。(P130)

テンプレートを作成してしまう。例、伝言の要件、旅行の持ち物など

ブログネタもメールして書く時間を減らす。メールの際には件名にタイトルを(P148)

・日付スタンプで何でもかんでも日付を入れる。(P176)

・プレゼントもデータベース化する。お礼を忘れないようにするために。(P182)

鹿田尚樹鹿田尚樹 2009/11/24 13:17 rhanamuraさん
こちらのブログでも取り上げてくださり、ありがとうございます!
またとても丁寧に感想も書いていただき、とても嬉しいです!
ありがとうございます。

howとともに、whyというか、しっかりとした記録哲学を伝えたかったので・・・
そんな部分がわかっていただけてとても嬉しいです(笑)

これからも楽しみにしています!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rhanamura/20091125/1259022590