Hatena::ブログ(Diary)

はてな読み

2009-07-10

Twitterを嫌う人が間違っている理由




・・という海外の記事を読みました。なかなか面白い記事です。




Why the Twitter Haters Are Wrong




書いているのはMike Elganという人。詳しくないのでよくわからんけど、Windows Magazineの編集長だった人かな。正確な翻訳は出来ないのでざーっと読んでみます。





When Twitter was a scrappy underdog in the Web 2.0 eyeball wars, chatter about the service was like some kind of 1969 San Francisco love-in. But now that major newspapers are writing about it, celebrities are using it and Congressmen are abusing it, the haters are coming out of the woodwork.


I understand. Twitter feels trendy. And trendy things (not to mention trendy people) usually deserve our scorn and ridicule. But most of the Twitter haters are misguided and confused.


(Why the Twitter Haters Are Wrong)




いろんな雑音はあるけど、いまやTwitterはトレンディなものであって、大手の新聞はそれについて記事を書くし、有名人が使ったり、政治家が問題を起こしたりと大騒ぎ。そして、トレンディなものは嘲笑されるものだが、Twitterを嫌う人たちは見当違いをしているようだ。




The UK’s Times Online quotes a couple of psychologists this week equating the use of Twitter with insecurity. "Twittering stems from a lack of identity," one writes.


"It’s a constant update of who you are, what you are, where you are. Nobody would Twitter if they had a strong sense of identity.”


"Using Twitter suggests a level of insecurity whereby, unless people recognize you, you cease to exist," said another.


The article then goes on to mischaracterize Twitter and its followers based on a huge number of absurd assumptions based on nothing. Twitter users are "young" devoid of an "inner life" and "feel marginalized, empty and pointless."


Really, Times Online? Are you sure?


(Why the Twitter Haters Are Wrong)




イギリスのタイムズはアイデンティティの確立されてないちょっと病んだ若者たちがTwitterを使っているかのように書いたけど、それは根拠のないくだらない仮説に基づいた読み間違いだろう。タイムズさん、それ、マジで言ってるの?




This is how the haters hate Twitter -- by hating a subset of its users. The haters think Twitter users are by definition narcissistic, insecure, shallow, self-indulgent and insist on sharing every mundane detail of their dismal and pointless lives.


Unfortunately for the haters, this view is easily proved false. Twitter users are, essentially, everybody and they tweet about, essentially, everything.


Sure, some people post things like “Just ate a bagel” or “hung over this morning… too much Triple Sec!” If you choose to seek out and follow narcissistic, insecure, shallow, self-indulgent people who insist on sharing every mundane detail of their pointless lives, there’s something wrong with you, not the Twitter service.


People also use Twitter to link to brilliant academic works, poetry, music and political discourse. Some users are extraordinarily insightful and witty. You can follow whomever you like. To focus on shallow users is to pretend that you didn’t choose to follow them.


(Why the Twitter Haters Are Wrong)




Twitterを嫌う人たちはユーザーをひと固まりにして悪く言う。でも、それは簡単に間違いだと証明される。何故なら、いろんな人たちがTwitterをやっているし、そこでは何をつぶやいてもいいんだから。


もちろん、「ベーグル食べてまーす」とか「あー、二日酔いだ」みたいなモノもたくさんある。ただし、ナルシストで不安だらけで浅はかで怠惰な人をフォローしたとすれば、それらをフォロー先として選んだ人に問題があるんだ。別にTwitterというサービスに問題があるわけじゃない。


アカデミックな分野や詩や音楽、政治的な言説に利用している人だっている。その中にはずば抜けて洞察力がありウィットに富んだ人たちもいる。好きなようにフォローする相手を選べばいいんだ。浅はかな人のことをクローズアップしてみせるは、そういった人を自分は選んでないと思わせたいからだろう。




And some haters even hate themselves for how they feel about Twitter. Steven Levy writes about what he calls the ”Burden of Twitter,” which is that he feels guilty when he doesn't post something, and he regrets it when he does.


The Guilt arises when he doesn’t post something because he feels he’s disappointing his followers and failing to give back to the community.


Give me a break.


Nobody cares if you post anything, Steven. I've got more bad news for you: All those thousands of people who have given you their business cards over the years? Yeah, they're not sitting there staring tearfully at their telephones for you to call, either.


Levy also finds it creepy to share "intimacies" with a "community." Um, again, nobody's twisting your arm here, Steven. I find it bizarre that a journalist and author who publishes his stories in Newsweek and writes bestselling books is queasy and unsure about communicating with a large number of people.


Admittedly, Levy's piece wasn't a criticism per se, but more of an exercise in how social sites like Twitter make us feel. My advice: Get over it.


(Why the Twitter Haters Are Wrong)




Steven Levyは「Twitterの重荷」として何かをしたらポストしなきゃいけないこと、もし、しなかったらフォロワーをがっかりさせてしまうのでは、と書いている。いや、ちょっと待てくれよ。そんなの誰も気にしてないよ。あんたに名刺を渡した人たちはずーっと涙目であんたからの電話を待ったりしているのか?


Steven Levyはコミュニティと親密さを共有するのはキチガイじみているとも言ってるが、うーん、もう一度繰り返すけど、誰もあんたの腕をねじったりしてないだろ。Newsweekに記事を書いたり、ベストセラーの本を売ってるようなジャーナリストや作家がたくさんの人間とのコミュニケーションに不安を感じたり自信がないってのはおかしいだろ。




The bottom line is that most Twitter criticism is really criticism about other people, or self-criticism. Twitter itself is merely a medium, and one that is different and awesome precisely because every user can control exactly who to follow and what to post.


It’s like the telephone. When you hear some narcissistic teenager yammering away on something pointless, you don’t attack the telephone system. Because, well, that would be idiotic.


The fact is that Twitter can be a breaking news resource, a celebrity gossip site, a business workgroup communication tool, a personal diary, a way to track packages or thousands of other things. It's whatever you want it to be.


Also: Twitter is not an activity that one does as an alternative to other activities, such as enjoying news stories, watching events on TV, or participating in a hobby. It's simply a better way to enhance and communicate about other activities.


(Why the Twitter Haters Are Wrong)




つまるところ、Twitter批判ってのはそれを使ってる人たちへの批判か、または自己批判だ。Twitterそのものは手段でしかない。従来の手段と違ってスゴいところはまさにそれぞれのユーザーが誰をフォローして何をポストするのか、コントロールできるところだ。


そう、電話と同じだよ。ナルシスティックなティーンエイジャーがワケのわからない不満をこぼしているのを聞いても、だからって電話を批判したりしないだろ。そんなことをしたら、そいつはバカだ。


Twitterはニュース速報、セレブのゴシップサイト、ビジネスのワークグループ、個人的なダイアリー、なんでもアリだ。望むままだ。


Twitterはニュースを読んだり、テレビを見たり、趣味に参加したり、そういったことの替わりになるわけじゃない。単にそれらの価値を高めたり、それらの活動とコミュニケートするだけのことだ。




Don't worry, haters. The Twitter hype will soon fade away. In fact, the more useful and ubiquitous Twitter gets, the less hype and excitement it will generate. Twitter will be accepted and used by huge numbers of people, but nobody will care.


For example, the telephone is infinitely more useful than Twitter, but there's zero hype about it.Twitter will be just like that soon enough.


So haters: Stop complaining about how shallow and narcissistic Twitter is, and start following someone interesting. Like me!: twitter.com/mike_elgan


(Why the Twitter Haters Are Wrong)




Twitter嫌いのみんな、心配しないでもいい。Twitterの誇大広告はもうすぐ終わる。実際のところ、Twitterがもっと便利でどこにでもあるような存在になるにつれて、その誇大広告と興奮は徐々に消えていくだろう。Twitterはたくさんの人に受け入れられ使われるだろうが、それをいちいち気にする人はいなくなるはずだ。


例えば、電話を考えてみよう。電話はTwitterよりも遙かに便利なものだが、それをわざわざ宣伝する人はいない。Twitterもいずれそうなるだろう。


さて、Twitter嫌いな人たち。Twitterがいかに浅はかでナルシスティックであるか、について不満を言うのはもう止めようぜ。さあ、興味のある誰かをフォローしてみよう。オレみたいなヤツとかさ!




・・と、こんな感じですかね。いちおう、辞書は引きましたので大筋では合っていると思うんですが、正確に読みたい場合は原文のほうでよろしくなのです。


で、以下、個人的な感想を。


この記事は非常にバランスの取れた意見だと思います。「Twitterは電話みたいなもんだろ」ってのは良い指摘ですね。自分もこの考えに近いものがあります。あくまでも手段のひとつであって、そこにあまり深い意味を見出そうとは思っていません。


なので、「Twitterで政治を変えよう」「Twitterで革命を!」なんて言い出す人がいたら、それは「電話で政治を変えよう」「電話で革命を!」って言ってるのと同じだと思いますw


その一方で、Twitterユーザーを揶揄することもバカバカしい話です。Mike Elganが言うように、ナルシスティックなティーンエイジャーばっかりフォローしていれば、そういう言葉ばかりで溢れかえるでしょう。でも、それは自分で決めてフォローしたからであって、要はフォローしなきゃいいんです。


また、そういうダラダラしたユーザーをフォローしてないことをわざわざ口に出して「オレって賢い」アピールをするのもバカバカしいことですしね。




で、これを訳してみようかなー、と思ったのはTristarさんどんジレさんのやりとりを読んでいたから。自分は基本的にTristarさんの考えに近いです。


どんジレさんのアイディアも面白いと思うんですが、ただ、「生協の白石さん」ってレアキャラじゃありません?


あんなにウィットに富んだ人材を何人か用意してTwitterに張り付かせるのは難しくないですかね。そういった優秀な人材はそうそう集まらないと思うし、臨機応変な対応が可能な人であれば、他の部署に配属したほうが企業にとっては合理的な判断じゃないでしょうか。




「Twitterは今のまま行こうよ」って立場からの、「企業はTwitterを使うとこんなに損だよ!」という記事も読ませていただけると嬉しいです。


(示された憂慮は企業に届くように、「Twitter利用をしないと企業は得をする」記事を書かれてはいかがだろう? - どんなジレンマ)




これに関しては昨日読んだこの記事ですかね。




無防備にソーシャルメディアを利用するのは危険 at ブログヘラルド

ソーシャルメディアでの従業員の意見がきっかけでブランドに傷がつき、動揺している企業がまた1つ増えたと、アル・フォックス氏から教えてもらった。


今回、問題となっているのは英国の大通りに多数の店を構える、Primark(プライマーク)だ。同社は底なし沼でジタバタしている。




リスクのほうが大きいと思うんですよね。せっかく広告宣伝にお金をかけてブランドイメージを築いても、不用意な一言で傷がついたりするわけで。


企業がソーシャルメディアを利用するときに最大の壁となるのは、それがソーシャルメディアであることじゃないですかね。トートロジーっぽいけどw ユーザーはフォローする対象を選べるけども、企業はユーザーを選べるわけじゃないですしね。


ジャパネットたかたの社長が写真週刊誌に愛人と一緒にいるところを撮られれば、間違いなく売り上げが落ちると思うんですけど、それと同じリスクを孕んでいるような気がします。やっぱり、属人的な魅力って諸刃の剣じゃないでしょうか。ウケるときはすんごいウケるけど、下手打つとガラガラガラーっと崩れてしまう。


ともあれ、電話で友達とダベるのに似た遊びが出来て、さらには直接の知り合いじゃない人の独り言も読める。とりあえずはそれだけで十分だったりして。


どんジレさんも「今すぐに」「やるべき」と言ってるわけではないですし、ダラダラしながら「Twitterの白石さん」が突然変異的に生まれるのを待つのがいいんじゃないでしょうか。あくまで偶然に生まれるくらいが自然なのかもしれません。




おわり