Hatena::ブログ(Diary)

はてな読み

2009-11-21

英語における形容詞の順番について




名詞(noun)の前に形容詞(adjective)が2つ以上並んだとき、どういった順番になるのか、ちょっと整理してみようかと思います。エントリーの最後に関連リンクや参考図書をまとめて掲載しておきますので、興味のあるかたはそちらも参考になさってください。さまざまな文法書やテキスト、英語学習のサイトなどを見た限りでは、以下のようなパターンが基本になるようです。




1.先頭には限定詞(determiner)が来る

2.形容詞(adjective)は主観(opinion)が先で、その後が客観(fact)

3.客観(fact)の中にも並び順がある




では、順番にその中身を見ていきましょう。




1.先頭には限定詞(determiner)が来る




名詞を修飾する単語の先頭には限定詞(determiner)が来ます。


My first dictionary...

an old house...


限定詞(determiner)は、"a/an"、"the"などの冠詞(article)と"my"、"this"、"all"、"some/any"、また、数に関する基数や序数などを含みます。




日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク

この限定詞という区分がありがたいと感じられるのは、なぜ two my children がおかしくて、my two children と言うべきなのかを英語の用法を分析すると、「名詞に先行する部分の中での順番が決まっているから」と説明できることです。




日向清人さんのブログで素晴らしい説明がなされてますので、詳しくはそちらを読んでいただくとして、とりあえず、ここで大切になってくるのは以下の2点です。




1-1.限定詞(determiner)にはどんな単語があるのか、知っておく。


学校英語では限定詞(determiner)についてあまり教えず、冠詞(article)だけをピックアップすることが多いため、それが混乱のもととなっています。まずは、どういった単語が限定詞(determiner)なのか、確認することが大事です。




1-2."a/an"、"the"と"my"は同時に使えないことを確認しておく。


限定詞(determiner)を知るメリットのひとつがこれです。


○ This is my new car.

× This is the my car.


同時に使用できない組み合わせは他にもありますので、前掲の日向清人さんのリンク先の図などでざっと目を通しておくと良いでしょう。




2.形容詞(adjective)は主観(opinion)が先で、その後が客観(fact)




形容詞(adjective)は主観(opinion)と客観(fact)の2種類に分け、主観(opinion)のほうを先に配置します。


2-1.主観(opinion)


例)polite, fun, cute, difficult, hard-working


こういった主観的な評価に基づく形容詞をopinionとします。文法書によってはdescriptionとかevaluationなどと言ったりします。*1


2-2.客観(fact)


例)big, square, black, Italian, metal etc...


主観的な評価ではなく、客観的なモノの大きさや色、材質などを表わします。こちらをfactとします。




3.客観(fact)の中にも並び順がある




さて、ややこしいのはこの客観(fact)の中にも並び順があることです。ただし、そこにもある一定のパターンがありますので、それを見てみましょう。




3-1.size


例)tall, short, wide, narrow, long, short; longer


3-2.age


例)new, young, adolescent, teenage, middle-aged, old, ancient


3-3.shape


例)circular, oval, triangular, square, 5-sided, hexagonal, irregular


3-4.colour


例)red, orange, yellow, green, blue, purple, white, grey, black


3-5.origin


例)American, Chinese, Japanese, Buddhist, Taoist, Christian


3-6.material


例)wood, plastic, metal, ceramic, paper, silk


3-7.Noun used as an adjective


例)a car factory, a road accident, a tennis ball




これを暗記で覚えようとすると大変ですが、日向清人さんが示しているヒントを読めば、かなり気分が楽になると思います。




形容詞の並び順:なぜa big nice cardboard boxとは言えないのか 日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク

違いは、「大きさ、長さ、高さ」のほうは、veryあるいはextremelyなどで修飾できる、つまりgradableであり、程度の差を言うことができるのに対して、「色、産地、材質、用途」の方は、一般にvery Spanishとは言えないことに表れているとおり、Spanishか、そうでないかのいずれかであり、程度を論じられるものではないということです。




このヒントを参考にして前述の項目をグループ分けすると、以下のようになります。




very種類
3-1.size 例)tall, short
3-2.age 例)new, young
3-3.shape 例)circular, oval
3-4.colour 例)red, orange, yellow
×3-5.origin 例)American, Chinese, Japanese
×3-6.material 例)wood, plastic, metal
×3-7.Noun used as an adjective 例)a car factory

※ 3-3.shapeは"perfectly"などで、3-4.colourは"very"か、"completely"などで修飾可能だと思われます。*2




このように"very"や"extremely"などで修飾できる形容詞(adjective)は先に来るわけです。前者の"very"や"extremely"などで修飾できる形容詞(adjective)を指してdescriptive、後者をclassificationと分類することもあるようです。*3 ここまでイメージがつかめれば、あとは自分なりに例文を作れば何とかなるでしょう。




内容品詞種類
my限定詞1
first限定詞1
three限定詞1
lovely形容詞2-1 opinion
small形容詞3-1 size
old形容詞3-2 age
square形容詞3-3 shape
black形容詞3-4 colour
Italian形容詞3-5 origin
leather形容詞3-6 material
school名詞3-7 Noun used as an adjective
bags名詞-




まー、こんなバッグは世の中に存在していないと思いますが、自分なりに例を作っておけば思い出しやすくなるものです。以上が形容詞(adjective)の語順に関する基本的なパターンです。ただし、これらはあくまでもパターンであってルールではないため、話者が強調したい順番があるならば、それを優先させる場合もあるようです。このパターンを絶対と思わないことが大切なのでしょう。


この他にも、細かい注意点があるようですが、基本的には以下の2点を覚えておくだけで良いのではないでしょうか。*4




a-1. 同じタイプの形容詞を二つ使うときは"and"で繋げることが出来る


○ an intelligent and ambitious woman

○ a black and white dress


a-2. また、このときは","(カンマ)で代用することも出来る。


○ an intelligent, ambitious woman

○ a black, white dress


b-1. 違うタイプの形容詞を二つ使うときは"and"で繋げることも出来ないし、","(カンマ)を使うことも出来ない。


○ a long black dress

× a long and black dress




最後にもう一度まとめてみます。




1.先頭には限定詞(determiner)が来る

2.形容詞(adjective)は主観(opinion)が先で、その後が客観(fact)

3.客観(fact)の中にも並び順がある




1.まずは、限定詞(determiner)について理解することが大切でしょう。これを意識することで無用な混乱を避けられます。

2.次に、「主観(opinion)が先で、その後が客観(fact)」という基本パターンを覚える。

3.最後に、客観(fact)の中にも並び順があるので、"very"や"extremely"が使えるものが先に来ると意識する。

4.これらを踏まえて、自分なりに例を作って覚えてしまえば大丈夫。


あとは、正しい英文を読むことで基本的なパターンに次第に慣れていくのではないでしょうか。こういったややこしい事柄については、正誤問題などを解いて間違った例を見たりしないほうが良いとわたしは思います。




参考リンク:


(上)形容詞がらみの失敗(英語の落とし穴の21) 日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク


(下)形容詞がらみの失敗 日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク


限定詞(determiner)と形容詞(adjective)の関係についてはこちらを読むことをお薦めします。




形容詞の並び順:なぜa big nice cardboard boxとは言えないのか 日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク


形容詞(adjective)の語順についても、やはり、日向清人のエントリーが参考になります。




かわいそうな小さな冥王星:日本語と英語の形容詞の並び順 日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク

普通は、「安くておいしい」と言い、「おいしくて安い」とはあまり言わないということになります。同書の表現を借りると、「安くておいしい」という言い方の方が「安心感」があるのです。


日本語における形容詞の語順について触れています。日本語にも正しい語順があるのだから、それと同じように、正しく言葉を使う意識を英語にも持ちましょうというアドバイスで、非常に興味深い内容です。




Adjectives English Sentence Placement and Adjective Order for ESL EFL TESL TOEFL English Students


Adjectives- Order - English Grammar


The Royal Order of Adjectives


海外の英語教育サイトも基本的にはほぼ同じ説明をしています。




参考図書:





Unit99(P.198)において形容詞(adjective)の語順について説明しています。シンプルながらも丁寧な説明がなされています。




Practical English Usage

Practical English Usage




Unit15(4) order before nouns(P.11)において詳細な説明を行っています。わたしが読んだ中では「Practical English Usage」の説明がもっとも理解しやすかったです。やっぱり、こういうとき「Practical English Usage」は良いですねー。




Cambridge Grammar of English Paperback with CD-ROM: A Comprehensive Guide

Cambridge Grammar of English Paperback with CD-ROM: A Comprehensive Guide




Unit241(P.450)から1ページ半に渡って説明がなされています。基本的な説明は他と同じですが、やや説明がまどろっこしく、また客観的な形容詞ついても独自の分類を行っているため、これだけだと理解しづらいかもしれません。




Collins Cobuild English Grammar

Collins Cobuild English Grammar




Paragraph 8.168(P.378)から2ページほど説明があります。語順についての説明はそれほど判りやすくないので、語順以外の注意点などについて読むときに使ったほうがいいかもしれません。




Grammar Girl's Quick and Dirty Tips for Better Writing (Quick & Dirty Tips)

Grammar Girl's Quick and Dirty Tips for Better Writing (Quick & Dirty Tips)




P.102で"and"で繋げる同じ種類の形容詞は","(カンマ)でも代用できるとのライティングについての説明があります。




上記の参考リンクと参照した本のなかでは、日向清人さんのエントリーと「Practical English Usage」がもっとも理解しやすいと思います。

*1:「English Grammar in Use」と「Practical English Usage」ではopinionとされており、「Cambridge Grammar of English」ではevaluationと表現しています。いずれにしても「主観」に基づく形容詞(adjective)ということです。

*2:Oxford collocation dictionaryで確認しました。

*3:「Collin's COBUID English Grammar」や「Practical English Usage」などではそうなっていました。

*4:「Grammar Girl's Quick and Dirty Tips」P.102、「Collin's COBUILD English Grammar」P.379など。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rhb/20091121/p2