Hatena::ブログ(Diary)

はてな読み

2013-07-31

現在完了進行形について




「英語教育批評」(その75)(“英語の常識”の再考) ≪ 言語情報ブログ

(4)田中茂範(慶応大学)「[ 時制・冠詞・動詞の使い分け] an angry Obama と言えるか?」も英語学習の初級者には極めて難しい問題です。最初の例は、遊びに行った子供がやっと帰って来たので、親が「心配していたのよ」と言うような場合の応答として、「ごめん、ずっと公園でサッカーをしていたんだ」と言いたければ、「次のどれが適切でしょう?」という問題になっています。


1. Sorry, I was playing soccer in the park.

2. Sorry, I've been playing soccer in the park.

3. Sorry, I played soccer in the park.


(5)田中氏の解説では、2. が正解となっていますが、私は1. が適切だと思います。子供の年齢にもよりますが、“Sorry I’m late for dinner, Mom. I was playing soccer in the park.” (お母さん、夕飯に遅れてご免なさい。公園でサッカーをしていたので)などと言うでしょう。現在完了進行形では、家に帰ってもサッカーをしているような状況になってしまいます。




ちょっと気になったので、リファレンスでササッと調べてみました。(なお、洋書のリファレンスからの引用文には訳文をつけていませんので、その点はあらかじめご了承ください。)




【2. Sorry, I've been playing soccer in the park. が言える場合】


ネイティブ英語運用辞典
ネイティブ英語運用辞典


(P.529)

A. Where have you been?

B. I've been returning libraly book.


「どこに行ってたの?」

「図書館に本を返しに行ってたのよ。」


A. What have you been doing?

B. I've been reading./ washing the car./cooking lunch.'


「何をしていたの?」

「本を読んで/車を洗って/お昼ごはんの準備をしていたのよ」


これは状況的にそっくりですね。なので、2. Sorry, I've been playing soccer in the park. と言えないことはないのでしょう。ただ、これは子どもがなかなか帰ってこなかったときのやりとりで使えるのか、ちょっとわからないです。上記のケースにおいて、母親の「どこに行ってたの?」は「なんで、こんなに帰りが遅かったの?」とその理由を問い質しているわけで、単に「どこに行ってたの?」と尋ねているのとは少し違いますよね。以下のようなやりとりなら、問題ないのですかねー。


(子供が通常帰宅する時間に帰ってきて)


A. Where have you been?

B. I've been playing soccer in the park.


「どこに行ってたの?」

「公園でサッカーをやってたんだ。」




【1. Sorry, I was playing soccer in the park. が言える場合】


English Grammar Today with CD-ROM: An A?Z of Spoken and Written Grammar (Book & CD Rom)
English Grammar Today with CD-ROM: An A-Z of Spoken and Written Grammar (Book & CD Rom)


(U259b)

Reasons and contexts for events: We often use the past continuous to give a reason or context for an event:


A: I can’t believe you met Fran and Dave in Portugal.

B: It was funny. They were staying in the hotel next to ours. (giving a reason/context for meeting them)


I didn't make the meeting last week; I was travelling to Rome.


これは理由を述べるときに使う過去進行形ですね。「(そのときは)〜してました」という感じ。なので、母親が「なんで、こんなに帰りが遅かったの?」(=「どこで何をやっていたの?」)と問い質していると考えれば・・・


Sorry, I was playing soccer in the park.


「ごめんなさい、公園で野球をやっていたんだ。」


と、帰りが遅くなった理由を述べていることになり、これはこれで成立しそうな気もします。




【現在完了進行形について】


上記の例文と直接関係はないかもしれませんが、念のために他の用法を書いておきます。




(1)行為の継続


英語の使い方 (テイクオフ英語学シリーズ)
英語の使い方 (テイクオフ英語学シリーズ)


(P.43) 2.2.3. 完了進行形

完了進行形というのは、(91)に例を見るような形をいう。


(91)I have been writing a report. (このところずっと報告書を1つ書いています。)


普通の完了形には経験・継続・完了(または結果)の意味があることを見たが、完了進行形には、このうち、経験・完了(または結果)の意味はなくなって「継続」だけが残る。進行形が「進行中」を強くあらわすものだからであろう。


(91)では報告書が未完成で、話し手がまだこれからも作成を継続する必要のあることが強く示唆されている。完了進行形では、普通の完了形が持つ意味のうち、「継続」だけが強化され、「未来にわたる継続」までもがあらわされるのである。


I have been trying to solve this problem for years. (私はこのところ何年もの間この問題を解こうと努めてきて - しかも、まだ解けずに - いる。


The Teacher’s Grammar of English with Answers: A Course Book and Reference Guide
The Teacher's Grammar of English with Answers: A Course Book and Reference Guide


(P.372)

The present perfect progressive and present perfect are sometimes essentially interchangable. The main difference may be that the present perfect progressive, which includes the progressive aspect, cofers a sense of ongoingness. This, (60a), with the activity verb work in the present perfect progressive, and (60b), with work in the present perfect, have essentially the same meaning, although in (60a), the activity seems more continuous and ongoing.


(60a) He has been working with our company for over 20 years.

(60b) He has worked with our company for over 20 years.


Often, however, the two tenses are not interchangable. Consider the sentences in (61), in which the for prepositional phrase of duration has been omitted.


(61a) He has been working with our company.

(62a) He has worked with our company.


Sentence (61a), with the present perfect progressive, still has the sense of the work continuing to the present; however, in (61b), with the present perfect, the work occurred at some time or times in the past.


Note that the sentences in (62) all contain an accomplishment verb, write (a novel).


(62a) She has been writing a novel.

(62a) She has written a novel.


In (62a) and (62b), we see the same type of meaning difference that was evident in (61a) and (61b), she is still writing the novel; in (62b), writing the novel is a completed action.


おそらく、冒頭に引用したブログにおいて「現在完了進行形では、家に帰ってもサッカーをしているような状況になってしまいます。」と述べているのは、これらの用法を念頭においてのことでしょうね。




(2)継続したあと、ほんの少し前に終わった行為


(「英語の使い方」、P.43)

完了進行形のもう1つの使い方は、同じ「継続」ではあるのだが、「ものごとが一定期間継続したのち、文を発する少し前に完了した」ことを示すことである。


Ugh! You've been drinking again. (やだ、また飲んできたのね。)




Meaning and the English verb (言語学テキスト叢書―原書テキスト編)
Meaning and the English verb (言語学テキスト叢書―原書テキスト編)


(P.51)

You've been fighting again. (I can tell from your black eye.)


It's been snowing. (Look, the ground is white.)


She's been crying again. (Look, her eyes are red.)


冒頭の状況において、この用法が使えるとすれば・・・


(ドロドロになったユニフォーム姿で肩で息をしながら帰ってきた息子を見て、母親が)


You've been playing soccer in the park. (公園でサッカーをしてきたのね。)


といった感じでしょうか。今、まさに「サッカーをやってきた」とわかる場合ですね。母親の抱いている感情としては、「あー、もう、洗濯が大変・・・」「宿題もやらないでまったく・・・」とか、そんな感じでしょうか。




(3)期間の長さを強調する場合


Collins Cobuild English Grammar.
Collins Cobuild English Grammar.


(U5.36)

If you want to emphasize the duration of a recent event, you use the present perfect continuous.


She's been crying.


The Department of Aboriginal Affairs has recently been conducting a survey of Australia Aborigines.


これは time adjuncts を付けない場合の用法ですね。今回の状況には直接は関係しないのでしょうが、こういった用法もあるので注意が必要ですね。




(まとめ)


1. Sorry, I was playing soccer in the park.

2. Sorry, I've been playing soccer in the park.

3. Sorry, I played soccer in the park.


正直なところ、設定された状況だけではよくわからないというのが本音ですねー。1. も、2. も、母親の尋ね方によっては正解となりそうな気がします。まぁ、長々と書いたうえで言うのも何なのですが、ここらへんはもうちょっと具体的に状況設定をしないと、かえって混乱してしまいますね。また、母親と子供の会話を原文で載せておいたほうが安全ですね。(「英語教育」2013年8月号の本文には載っているのかもしれませんが、わたしは読んでいないのでわかりません。あしからず。)




おしまい

2013-07-30

未来の用法としての Shall が生まれた経緯




あ、訳はつけないんで。よろぴく。




Merriam-Webster’s Dictionary of English Usage
Merriam-Webster's Dictionary of English Usage


(P.841)

Shall and will were originally finite verbs and came only gradually into their present use as auxiliaries. Will originally carried the sense of volition, and shall that of obligation. Both, it appears, were used in Middle English to express the future time. Jespersen and Strang point out that in the 14th century there were signs that will was beginning to prevail in this use - it does in Chaucer's works, for instance.


But shall received assistance about this same time from the schools and from John Wycliffe, a 14th-century religious reformer and one-time master of Balliol who instituted the first full English translation of the Bible. It was the practice of the schools to use will to translate Latin volo; shall had no exact Latin equivalent, so it was used to mark the future tense. The school practice was followed in the translated Bible. The twin influences of the English Bible and the school tradition seem to have had an effect on writing, particularly that of a solemn or serious sort. Strang suggests that this countervailing force saved shall in England from the relative extinction it has experienced as a future marker in the English of North America, Scotland, and Ireland.




はーはー。最初は普通の動詞だった will / shall はそれぞれ法助動詞へと姿を変えていき、その原義は will = volition / shall = obligation だったわけですよ、奥さん。で、14世紀あたりでも will のほうが優勢で、shall を救ったのは聖書だった、と。聖書をラテン語から英語に翻訳するとき、will はすでにラテン語の volo (欲する)に当たられていたので、John Wycliffe はラテン語の未来の用法については shall を使うことに。また、学校でも聖書の英訳に基づいた教育をしてたので、未来の用法としての shall が広まっていったんだよー、と。んで、この引用部分にはありませんが、その後の文法家たちがこの用法をルールとして確立していった過程も記されております。




(P.842)

As for shall, it has become a bit fashionable in recent years to disparage its use in American English. Its critics allow that it is entrenched in legal usage and in the questions mentioned at the beginning of the article, but in other uses they tend to regard it as affected or precious. Some allowance is made for the expression of determination or resolve, in which it is used with pronouns of all persons.


I shall return - General Douglas MacArthur, on leaving the Philippins, 11 Mar. 1942




んで、アメリカ。簡単に言えば、スカした用法だということですね。(affected or precious)




はい、おわり。(ぇw