Hatena::ブログ(Diary)

はてな読み

2014-12-12

佐々木高政「英文構成法」の結びにある名文




英文構成法




(佐々木高政「英文構成法」、結びより)


「はるけくも来つるものかな」である。これでもう諸君は英作文の第一歩を立派に卒業したと言って差し支えない。ここまでまじめに練習を積んで来られた方は、「やさしく、素直な、しかも英語の調子に乗った英文」を書くコツを少しは会得されたはずである。この態度は最後まで持ちつづけていただきたい。日本人の悪い癖で抽象的なむずかしい言葉を使うほうが「偉そうに」見えるため、当人にもハッキリしない、読む者にはサッパリわからない文章が盛んにあちこちで書かれるが、この癖を英語に持込まれたのではやりきれない。それを読まされる不幸な教師は厭世観をいだくに至るであろう。戒むべきは独りよがりの「独創」である。外国語でものを書く時の「独創」ほど剣呑なものはない。英語には一語一句の末に至るまでその用い方には何かしら「きまり」がある。それを辞書などで確かめる労をうるさがって、ものは試しとばかりむずかしい語句を並べて得意になっているのではいつまでたっても、唐人の寝言である。


次には「気取り」である。英国の文人などの名句を妙な場合に借用したりすると、ドテラ姿にシルクハットをかぶったようなことになる。覚えたての American Slang を交ぜれば田舎者のベランメエとなる。決して自分の力以上に見せかけようとしてはいけない。私達はやさしい言葉を使ってわかりやすく素直に書けば、それでいいのである。そのように書かれた英文を手本にするがいい。それには平素英文を読む際「自分がこれを書くとしたら」という気持ちを常に持って取り組むのである。そうしてこそ始めて他人の文章に active interest を持つことができ、「うまいものだ、とても自分には考えも及ばん」とため息が出るようになる。がやがて「ハハアここをこんな風に書いているのはあのためだったのか。なるほどここではこの語句がピッタリだ。このところはこの運び方が一番よい。随分苦心したろうなぁ」などとわかって来る。そうしたら、しめたものである。作文的読書を続けると筆はグンとのびて来る。


最後に「英語らしい調子」である。これはなかなか正体をつかまえにくいが、たしかに存在する。学生の英語演説を音の流れだけに耳をすませていると、その草稿は見なくても、英文になっているか、いないかの見当がつく。もっと手近な例はいわゆる idiom である。これをほかの言い方に変え、二つを読み比べるとすぐにわかる。この調子を身につけるにはなんと言っても「耳から」である。だから立派な英文をできるだけ朗読すること、ラジオやレコードやテープなどでいろいろな英語をできるだけ聴くことである。私はそれにまさる方法を知らない。


しかし、もちろん読むばかりでは書けるようにはならない。読んでは書き、書いては読むのである。そして書いたものはあらゆる角度から眺め手を入れる習慣をつけることである。「多読と多作、精読とあくなき推敲」が私達の motto とならねばならない。もっとも過ぎる話ではあるが、'Practice makes perfect.'(習うより慣れろ)とも言うように、一にも二にも練習で、それ以外に上達の途はない。こうした心構えで、諸君が地味で苦しいこの道を、倦まず撓まず(うまずたゆまず)、一歩また一歩と進んで行かれることを私は心の底から祈るものである。

2014-12-02

「謎の彼女X」第12巻(最終巻)の感想

謎の彼女X(12)<完> (アフタヌーンKC)




「謎の彼女X」が完結しました。とても良い終わり方です。ということで、12巻のエピソードを軸にしつつ、あれこれ感想を書いておきます。(すみません、いつものことながら、かなり長いですw)




【フィナーレへの助走】


「謎の彼女X」は基本的に同じ一年を繰り返す世界ですね。まぁ、年代も何も特定できないところがあって、そのいい加減さがむしろ心地良いわけですが、とはいえ、映画編がひと段落したあたりからフィナーレに向けた助走が始まります。


第73話 謎のクリスマス
第74話 謎の年賀状
第75話 謎のバレンタイン
第76話 謎のホワイト・デー
第77話 謎のソフトボール(球技大会)
第80話 謎の花火
第81話 謎の経緯(丘さんと上野くんの馴れ初め)
第84話 謎の「椿vs.卜部」(ボウリング)

椿くんと卜部は海水浴に行くくらいで、世間一般の恋人たちがするようなイベントとは無縁の世界で物語が進んでいたわけですが、第10巻あたりからそういったイベントが描かれるようになりました。また、デートといったものをしてこなかった二人ですが、何の前触れもなく、第84話ではボウリングに出かけていますw これは作品が完結する前に、主人公ふたりのそういった姿を描いておこうという配慮だったのでしょうね。


f:id:rhb:20141202010341j:image


(第81話 謎の経緯)


主人公のふたり以外で言うと、丘さんと上野くんの馴れ初めを描いた第81話はとても良く出来ていると思います。とくに、上野くんが丘さんをヒョイっと持ち上げる場面は素晴らしいですねー。あれこそ、マンガならではの表現。同じことを文字でやっても、おそらく、あの情感は伝わらないでしょう。人が人を好きになる瞬間というのは、意外と言葉を介さない場面だったりしますしね。




【後半の「ヒロイン」、諏訪野】


「謎の彼女X」にはライバルキャラが何名か登場してきます。


(卜部にとってのライバル)


・早川(第1巻、第4〜5巻)

・今井百夏(第4巻、第6〜7巻)

・諏訪野(第7〜12巻)


(椿くんにとってのライバル)


・尾形(第1巻)


映研の松野などもいますが、単発エピソード(第9話「謎の合図」)で、しかも、軽めの内容なのでライバルというほどではないですね。また、尾形に関しても、これまた単発で描ききっています。(第4話「謎の、風が強い日」) ということで、実質的なライバルキャラは早野、今井百夏、諏訪野の3人になるのでしょう。早川は椿くんが決別すべき過去でした。今井百夏は卜部と姿かたちは同じだったけども・・・


今井百夏 「アイドルとしてはわたしの勝ちで、彼女としては断然あんたの勝ちってことか・・・」


(第75話 謎のふたり)


このセリフに集約されているように、たとえ外見がそっくりであったとしても椿くんと卜部の絆が揺らぐことはありませんでした。でも、諏訪野はちょっと違うと思うんですね。以前にも書いたことですが、 諏訪野に対しては椿くんはグラつきっぱなしです。ついでに言うと、卜部も翻弄されています。


エピソード翻弄されている人物
第51話 謎の吊り目vs.垂れ目(前編)椿くん
第52話 謎の吊り目vs.垂れ目(後編)椿くん
第56話 謎の疼き椿くん
第58話 謎の水泳大会(前編)卜部
第59話 謎の水泳大会(後編)卜部
第62〜68話 謎の映画制作(一)〜(七)椿くん、卜部
第69〜70話 謎の上映会(前編)(後編)椿くん
第71話 謎の黒子椿くん
第75話 謎のバレンタイン椿くん
第76話 謎のホワイト・デー椿くん
第77話 謎のソフトボール卜部
第79話 謎のプールサイド卜部
第82話 謎のテニスコート卜部

登場話数の多さや長さから考えても、諏訪野は単なるライバルキャラというよりも、むしろ、影のヒロインと考えたほうが自然でしょう。これは作者自身もあとがきなどで言及しているように、「謎の彼女X」と言いつつ卜部がどんどん「普通」になってきたため、不足しがちな「謎」成分を諏訪野が受け持ったという見方も出来るかもしれませんね。そんな主要キャラのひとりである諏訪野ですが、どこかで救ってあげないといけません。早川も、今井百夏も、きちんと後日談的に救いが用意されていましたしね。


第83話 謎のシャッターチャンス1

第86話 謎のシャッターチャンス2


ということで、諏訪野はこの2つのエピソードによってきちんと救われます。しかも、卜部や丘さんが「倦怠期」であるのとは対照的に、恋の初々しさを表すためのキャラとして最後は描かれています。


f:id:rhb:20141202010342j:image


(第88話 謎の「倦怠期」)


まったくもって、丘さんの言う通りなわけですがw


主人公の椿くんと卜部は最後までキスをせずに終わったわけですが、それを補うかのように描かれる諏訪野と長谷川くんのキスシーンはとても美しいものです。そして、物語の都合上、卜部が「出来ないこと」を諏訪野がきちんと受け持っているように見えます。(ちなみに、物語の前半において、この役割を間接的に受け持っていたのは丘さんと上野くんでした)




f:id:rhb:20140801090837j:image


(第70話 謎の上映会(後編))




サブキャラでここまで「見せ場」を用意されていることから察するに、やはり、諏訪野は単なるヒールではなく、もうひとりのヒロインなのでしょう。そして、そのヒロインの功に報いるためにも諏訪野のハッピーエンドは丁寧に描かれているのだと思います。そういう意味で言えば、第86話「謎のシャッターチャンス2」は「もうひとつの最終回」と呼んでもいいのかもしれません。(写真バカの長谷川くんがあの瞬間にシャッターを押すことなく、キスをするという行動の「転換」も素晴らしいんですよね。そこらへんの記憶と写真の話については後述。)




【姉、母親、女性、そして・・・】


第12巻の主役は誰でしょうか。もちろん、主人公は椿くん、ヒロインは卜部です。でも、第12巻の真の主役は椿くんのお姉さんだとわたしは思います。そもそも、椿くんのお姉さんはいろんな顔を持った最重要キャラのひとりですから。(ちなみに、第12巻の裏表紙にも椿くんのお姉さんが描かれています)




《 1. 姉としての顔 》


実際に椿くんのお姉さんなのですから、これは当然なのですが、でも、実はこのお姉さんとしての役割が最も小さいような気がします。椿くんにとっては母親代わりなわけですし、卜部から見ても「椿くんのお姉さん」というよりは「椿くんのお母さん」といったイメージが強いように見受けられます。




《 2. 母としての顔 》


第12巻に収録されている第87話「謎の香水」で、椿くんのお姉さんは香水をプレゼントします。これはやはり母親のやりそうなことですね。もっとも、息子からすればウザいに違いないのですがw


椿くんのお姉さん 「上野くんに電話かけるのにどうしてわざわざわたしがお風呂に入ってる時間にかけるのよ。」


(第52話 謎の吊り目vs.垂れ目(後編))


ここらへんもお母さんっぽいですね。しかも、電話する相手の諏訪野が「悪い虫」だと「虫の知らせ」で気づいてあるあたりも面白いです。




f:id:rhb:20141202010343j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


そして、外見もまた実の母親とそっくりである、と。椿くん自身も無意識ではありますが、それに気づいていました。また、卜部は椿くんのお姉さんの言うことだけは素直に聞きますが、あれはやはり「お姉さん」≒「お母さん」という認識を持っているからなのでしょう。


椿くんのお姉さん 「ねえねえ、あなたは今、好きな男の子とかいるの?」

卜部 「います。」


(第19話 謎のお姉さん)


※ここの「います。」のコマ割り、素晴らしいですよね。

椿くんのお姉さん 「あなたにはチョコをわたす好きな男の子とかいるの?」

卜部 「はいっ いますっ」


(第75話 謎のバレンタイン)


ただし、容姿がいかに似ていても、椿くんや卜部から見れば「椿くんのお母さん」であったとしても、そして、お姉さん自身が「しっかりした母親を演じなきゃ」とどれだけ自覚していても、でも、やはり、お姉さんはお母さんではなく、椿陽子というひとりの女性なんですね。




《 3. 女性としての顔 》


椿くんのお姉さんが女性として描かれている場面は意外に多いです。


第19話 謎のお姉さん高校時代の彼氏・有間くんとの想い出話。まずはここが起点。
第27話 謎のお土産昔の夏祭りのくだりで浴衣の下になにも身につけていない姿が描かれる。
第57話 謎の夏服卜部のよだれを舐めるとセーラー服姿のお姉さんが見える。
第78話 謎のワンピースお姉さんのワンピースを椿くんが苦手としていた理由が語られる。
第85話 謎の雪有間くんとバッタリ再会したお姉さんの心情が綴られる。
第87話 謎の香水そのまんまお姉さんの過去回。(陽子、意外と軽いw)

とにかく、すごいのは第57話「謎の夏服」。想像のシーンであっても作中で椿くんがキスする機会はそう多くないのですが、そのうちのひとつがなんとお姉さんw でも、これも自然なことなのですよね。やはり、椿くんにとってお姉さんは「最も身近な女性」なわけですから。だからこそ、第27話「謎のお土産」では椿くんの記憶に鮮烈に残っているお姉さんの一糸まとわぬ姿が出てくるわけですし、女性として意識しているからこそ第78話「謎のワンピース」のように雨に濡れた姿を他の男どもに見られたくないと考えるわけです。


「自分の姉とか妹が他の男たちから異性として意識されるってことは、まぁ・・・とても嫌なことなんだ。」


(第78話 謎のワンピース)


これはとりもなおさず椿くん自身がお姉さんを無意識において女性として意識していることの表われ。ただし、第19話「謎のお姉さん」にもあるように、お姉さんの過去については知らないままだったりしますし、むしろ、そういった部分については卜部のほうがより多くを知ることになります。




《 4. もうひとつの未来としての顔 》


そして、何よりも大事なのが「もうひとつの未来」としての顔。


f:id:rhb:20141202010344j:image


(第91話 謎の夕焼け(前編))


第12巻において最も美しい場面と言ってもよいのが、お姉さんの回想に出てくるこの場面。最後の2話のサブタイトルは「謎の夕焼け」ですし、ラストシーンでも大きな夕焼けが描かれていましたが、これはまさに青春を象徴するモチーフなのでしょうね。お姉さんも高校時代に恋人がいて、彼とずっと一緒にいるのだろうと信じていた。でも、お姉さんはその彼と結ばれることはありませんでした。




f:id:rhb:20141202010345j:image


(第85話 謎の雪)


第85話「謎の雪」のここはちょっと泣かされました。この場面を見て「あぁ、この作品はもうすぐ終わりを迎えるんだ」と確信しましたね。そして、お姉さんの過去と向き合うのが椿くんではなく、卜部というのがとても興味深いです。




f:id:rhb:20141202010346j:image


(第85話 謎の雪)


椿くんと付き合っていることを知っていたのは、親友である丘さんと早川、今井百夏、諏訪野といったライバルたち、そして、偶然にデート現場を発見した芳川くらいです。ただし、いずれの場合においても自分から告白したことはありませんでした。でも、椿くんのお姉さんにここで初めて自分から告白するのですね。なぜ、ここで告白したのか、その正確な意味や理由はわたしにはわかりません。でも、椿くんのお姉さんが辿った失恋という「過去」は、卜部にとっては最も避けたい「未来」であることは間違いないでしょう。




f:id:rhb:20141202010347j:image


(第85話 謎の雪)


だからこそ、卜部はここでハッキリと「わたしがつきあってる人って椿くんです」と明らかにする必要があったのではないかと想像しています。そして、最終話において、より鮮明な宣言としてそれが繰り返されるわけですね。(でも、手に取って読んでほしいので、最終回のその場面はここには載せないでおきます)




f:id:rhb:20141202010348j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


第12巻の主役が椿くんのお姉さんであることが最も象徴的に表われているのはこのコマですね。母親代わりの存在として、一枚だけ残されていた母親の写真という「過去」を椿くんに渡す場面。同時に、これは「もうひとつの未来」でもあるお姉さんが、たくましくなった弟を信じて「未来は自分で決めなさい」とバトンを渡す瞬間なのだと思います。そして、これはいつまでも子どもだと思っていた弟が「青春の真っ直中にいる」と知ることによって「自分にとっての青春はあの1回で終わったのだ」と気づいたお姉さんが、卜部の宣言を契機として自らの「過去」をも乗り越えたということでもあるのでしょう。だからこそ、わたしには第12巻の主役はお姉さんに見えるわけです。




【記憶と写真(または、現実と虚構)】


この作品は記憶と写真いう二つの対比がとても重要なモチーフとして何度も出てきます。以下に列挙してみましょう。


第0話 謎の彼女X早川の写真をハサミで切り刻むことで過去と決別する。
第2話 謎の写真卜部の写真を撮りたい椿くんの苦悩。
第16話 謎の海水浴卜部の日焼け(ハサミつき)の記憶。
第19話 謎のお姉さんお姉さんのよだれを垂らした寝顔の写真。
第24話 謎の偶像クラスでやりとりされる卜部の写真と今井百夏の写真集。
第25話 謎の一瞬カミナリの光で一瞬だけ見える卜部の裸。
第26話 謎のお土産切り刻まれるエロ本たちと卜部と丘さんの写真。
第27話 謎の暑中見舞い椿くんの記憶に残るお姉さんの裸。
第28話 謎のアバンチュール懲りずに今井百夏の写真が載っている雑誌を買う椿くん。
第31話 謎の文化祭(前編)メイド喫茶で丘さんが写真を撮られて上野くんが嫉妬。
第33話 謎の文化祭(後編)目隠しが外れて卜部と早川の裸を見てしまう椿くん。
第35話 謎の妄想(前編)丘さんが隠し撮りした卜部の写真。
第36話 謎の妄想(後編)ハサミの腕前が狂っていないか確かめるために写真立てを切る卜部。
第49話 謎のふたりステージ上の卜部の記憶とそのポーズ。(でも、DVDなど買うなと言う)
第55話 謎のひとひら桜の花びらとパンツ。
第58話 謎の水泳大会(前編)諏訪野の写真が騒動を起こす。
第72話 謎のフルーツよだれの交換が映画によって流行って椿くんが凹む。
第73話 謎のクリスマスサンタの格好を見せにくる卜部。
第76話 謎のホワイト・デー諏訪野の黒いパンツを自分の白いパンツで上書きする卜部。
第81話 謎の経緯花火大会のときの丘さんと上野くんの写真。
第83話 謎のシャッターチャンス1諏訪野と長谷川くん。そして、やはり写真を拒む卜部。
第86話 謎のシャッターチャンス2長谷川くんは諏訪野の「普通」に触れて写真を撮らずにキスをする。
第88話 謎の「倦怠期」諏訪野の写真に関するノロケ。
第90話 謎のショッピンググラドルの記憶を上書きする卜部。
第91話 謎の夕焼け(前編)お姉さんの高校時代の記憶。そして、椿くんのなかに眠る母親の記憶。
最終話 謎の夕焼け(後編)椿くんのなかに眠っている記憶を知った卜部とお母さんの写真。

写真というアイテムは特別なものではありませんし、記憶というのも回想シーンなどで用いられるごく当たり前の要素ではあるのですが、それらを嫉妬など感情の起伏と絡めつつ何度も描いています。上に挙げたものだけですでに26話なのですが、ここに現実のカノジョと虚構としてのアイドルを描いたアイドル編(37〜48話)、現実と虚構の逆転を巧みに描いてみせた映画編(第62〜70話)も加えるならば、その総数は47話にもなり、全92話のおよそ半分がこういったエピソードで占められていることになります。現実(1回きり)と虚構(写真や映像)との対比を何度も繰り返しているとも言えるわけで、これはやはり作者の強いこだわりがあるということでしょう。(作者のかたが焼き増しやコピーの出来ないポラロイド写真を好むというところからも、それは感じ取れます)


そして、作中の登場人物だけでなく、読者の記憶にまでアプローチしているのが最後のお話である「謎の夕焼け」でしょう。なぜなら、このラストエピソードではこれまでの印象的な場面についてのセルフオマージュが行われているからです。




f:id:rhb:20141202010349j:image


(第91話 謎の夕焼け(前編))


f:id:rhb:20141202010350j:image


(第0話 謎の彼女X)




f:id:rhb:20141202010351j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


f:id:rhb:20141202010352j:image


(第0話 謎の彼女X)




f:id:rhb:20141202010353j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


f:id:rhb:20141202010354j:image


(第0話 謎の彼女X)




f:id:rhb:20141202010355j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


f:id:rhb:20141202010356j:image


(第1話 謎の絆)




f:id:rhb:20141202010357j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


f:id:rhb:20141202010358j:image


(第17話 謎の体育祭)


最後のやつはわたしの読み込みすぎという気がしないでもないのですが、まぁ、それはそれとしてw ともあれ、これらはすべてセルフオマージュでもあるのですが、それ以上に「謎の彼女X」を読んできた読者にとっての「記憶」なのですよね。この最終話だけを読んだ人は何も感じないかもしれないけども、長いあいだこの作品を読んできた読者にとっては紛れもなく「記憶」そのもの。そして、この一連の引用はそういった体験と記憶を持つ読者に対する作者からの感謝のメッセージという気がします。




f:id:rhb:20141202010359j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


これも第3話「謎の試験管」からの引用です。そう、結局、ふたりはキスをしないまま終わります。アフタヌーンで最終話を読んだとき「おー」と思わず唸ってしまいましたが、でも、よくよく考えてみるとこれは納得なのですよね。なぜなら、この最終話に出てくる夕日は第0話に出てくるものと同じであり、そして、椿くんのお姉さんがその青春時代に見た風景でもあるのですから。




f:id:rhb:20141202010400j:image


(最終話 謎の夕焼け(後編))


f:id:rhb:20141202010401j:image


(第0話 謎の彼女X)


f:id:rhb:20141202010344j:image


(第91話 謎の夕焼け(前編))




第12巻のあとがきで作者自身も触れているように、最初の最初にセックスというテーマを持ち出しているように見せておきながら、でも、物語はそれとは違うカタチで幕を閉じます。それは現実のものとは思えないほど赤い夕日を象徴としつつ、「1回きりの青春」という虚構ではない記憶の大切さとその不思議さを描いているように感じられます。そして、そのテーマをより立体的に浮かび上がらせているのが椿くんのお姉さんが過去に見た夕日の場面であるのは間違いないでしょう。




(結びにかえて)


わたしが「謎の彼女X」を知ったのはアニメでした。それもたまたまネットで記事を見かけてのことです。最近は少し見ていますが、アニメはそれほど多くを見ていませんでした。(「ケロロ軍曹」とか、そこらへんしか見ていなかったです) ただ、「謎の彼女X」は少し毛色の違う作品に思えたので途中から録画で見始め、その後、すべてのエピソードを視聴しました。漫画を読んだのはさらに遅く、実は今年になってからです。そして、アニメ同様、完成度がとても高いことを知りました。とくに、映像化されていない映画編はかなり気に入っており、もう何度読み返したか、自分でもわかりません。


アニメのほうについて言えば、こちらの完成度も驚くほど高く、とくに第6話「謎のステップ・アップ」のBパートのやり取りや、第9話「謎の「なんだかちょっと」」における嫉妬の描写などは映像ならではの見せ方と言って良いでしょう。また、卜部を演じた女優の吉谷彩子さんの独特の存在感、その周りを固めるベテランの声優さんたちの演技のうまさも手伝って、原作に忠実でありながら、それでいて、オリジナルの楽しみというものを提供することに成功しています。


何よりアニメ版で秀逸なのは、最終回「謎の彼女と彼氏」の構成ですね。原作の第19話「謎のお姉さん」をAパートに、第12話「謎の記憶」をBパートに据えて、見事にもうひとつのラストエピソードを作り上げていると思います。椿くんのお母さんが亡くなっていることを卜部が知る経緯などはこちらのほうがより自然に感じられるほどです。そして、このアニメ版の最終回は少なからず、原作の最終話にも影響を与えているように見えます。


しかしながら、そこはさすがというか、原作の最終話はアニメ版の最終回を踏まえつつも、それを大きく包み込むようなストーリーを描ききっています。アニメ版は未来への予感を「もうすぐ春だわ」というセリフに乗せて心地良く伝えていますが、原作のほうはそういった未来へ向けた視点だけではなく、椿くんと椿くんのお姉さんが過去を乗り越えたうえで、卜部がそれらをきちんと引き受ける流れとなっています。そして、その三者に共通する夕焼けという遠景をバックにして終わっており、やはり、これは見事と言わざるを得ません。


わたしは作者の植芝理一さんの作品はまだ多くを読んでいませんが、あとがきなどから知ることのできる良い意味でのアバウトさも確かにあるのでしょうが、その一方で、かなり緻密にストーリーを練っているようにも感じられます。これらの矛盾する「アバウトさ」と「緻密さ」を巧みに織り交ぜてみせるのは、やはり、プロのクリエイターにしか出来ない技でしょうね。すごいことです。最後になりましたが、この作品をきちんと完結させてくれた作者のかたに感謝いたします。素敵な物語を体験させていただきました。ありがとうございます。




(おしまい)




f:id:rhb:20141202010402j:image