Hatena::ブログ(Diary)

はてな読み

2011-07-11

「タクティクスオウガ」と「ファイナルファンタジータクティクス」のセリフを混ぜてみた




CHAPTER 1 持たざる者にその手を汚せという僕


騎士レオナール

「…従ってくれるな? こうしなければ

 ウォルスタに明日はないッ!


剣士ラムザ

「人を欺き、利用するところにどんな“大義”があるというんだ!

「僕はもう、これ以上、“大義”のために利用され命を落とす人間を見逃すことはできない!


剣士ガフガリオン

「おまえはベオルブ家の人間だ。おまえは、おまえに与えられた役目を全うしなければならン!

「それがおまえの運命なンだよッ!


剣士ミルウーダ

「誰が決めたッ!? そんな理不尽なこと、誰が決めたッ!


剣士アルガス

「生まれも違うなら、これからの人生もまったく違う! 宿命って言ってもいい!

「ヤツとヤツの妹はここにいてはいけなかった! 花でも売って暮らしていればよかったんだよッ!


花売り

「買ってくれるわよね?


剣士ラムザ

「断るッ! 僕はこれ以上、悪事に荷担するつもりはないッ!


カチュア

「あなた…、本気で言ってるの?


ザパン

「わっはっはっ。かわいらしい顔して

 ひでぇことを言う娘だなぁ。


ブラックゴブリン

「ゴブゴブ! ゴブゴブゴブッ!!




________________________________________



CHAPTER 2 思い通りに責める者なんて利用することはできない


天道士ラファ

「…兄さんだって知っているでしょ?

「私があいつに何をされたか…!

「知っているクセにッ!!


剣聖ハボリム

「そうだな、色々あるが…。


デニム

「あれは公爵の仕業だ。ガルガスタンが

 やったわけじゃないんだッ!


アロセール

「問答無用ッ! 町の人たちの…

 兄の仇を討たせてもらうッ!!


暗黒騎士ヴォラック

「お怒りをお鎮めくださいませ。


エルムドア侯爵

「貴様もこの墓地で朽ち果てるがいい!


騎士ギルダス

「グホッ!


騎士ミルディン

「デニムくんッ!

 ギルダスはもうダメですッ!


ロンウェー公爵

「貴公はこの期に及んで泣き言をいうのか。

 ええい、情けないヤツめ。


神殿騎士ヴォルマルフ

「貴様は用済みだ。


ロンウェー公爵

「な、なんだと…!?


剣士ラムザ

「ごめん、いらないや。


騎士レオナール

「あなたには荷が重すぎたのですよ。

 楽にしてさしあげましょう。


ロンウェー公爵

「レオナール、まさか…、貴様…!


バルバトス枢機卿

「哀れだ、哀れだぞ…、ロンウェーよ。

 ふはははははは…。


屍術師ニバス

「おやおや、これは、これは。


剣士ラムザ

「ベオルブ家も、もうおしまいだ…。




________________________________________


CHAPTER 3 欺かれてるのはすくいきれない野心豚




騎士ディリータ

「…こんなところにいたのか、皆が捜していたぞ。


カチュア

「私に何か用かしら? 英雄さん。


騎士ディリータ

「なんだ、元気がないな。

「おっと、こんな口の利き方は失礼なのかな。

「女王陛下におわしましては御機嫌も麗しく存じ……


カチュア

「イヤーッ!!


騎士ディリータ

「オレを信用しろ、オヴェリア。


カチュア

「デニムーッ!


暗黒騎士ランスロット

「行くぞ、カチュア!


ヴァイス

「デニム、こいつだッ! こいつがゴリアテを襲ったヤツだッ!!


デニム

「それはきみの思い過ごしだよ。


ヴァイス

「ふざけるなッ!

 おまえは裏切り者だッ!


デニム

「そう言って、おまえの仲間は死んでいったぞ!


ヴァイス

「それが仲間ってもんさ。

 俺はおまえみたいなガキじゃねぇ。


騎士ミルディン

「…素早く動きたいなら、重い武器や

 無駄なアイテムを持たないことです。


聖騎士ランスロット

「・・・日増しに高まる民衆の不満を抑えきれないようだな・・・?


デニム

「ランスロットさん・・・?

 ・・・・・・!!!!


聖騎士ランスロット

「意にそぐわぬものを虐げることが管理なのか!


暗黒騎士ランスロット

「救世主の登場を今か、今かと待っているくせに、自分がその救世主になろうとはしない。

 それが民だっ!


ロンウェー公爵

「黙れッ! この期に及んで

 自分の罪を民のせいにするかッ!


剣士ガフガリオン

「何かを成すためには“犠牲”が必要だッ!


聖騎士ランスロット

「きみはどうなんだ?

 きみの意見を聞かせてくれ。


デニム

「これからが正念場だ!




________________________________________



CHAPTER 4 すべてを取り合って手を愛に



デニム

「ここが空中庭園か・・・・・・。


労働七号・改

「警告! 警告! 警告! 民間人ノ立入ハ禁止サレテイマス!


カノープス

「おまえたちだけでは心細いのでな。

 オレが付いていってやろう。


ガルガスタン兵

「圧倒的に不利じゃないですか。

 ライムの本隊と合流しましょうよ。


ヴァイス

「ふざけるなッ!俺たちが来たのは

 そんな台詞を聞くためじゃない。


デニム

「進めーッ!

 ガルガスタン兵を皆殺しにするんだ!」


暗黒騎士バルバス

「よしッ、進めーッ!」


剣士ディリータ

「ラムザ、 彼女は本当に僕らの敵なのか…?


剣士ミルウーダ

「殺せ、殺すがいい。我々はどうせ家畜なんだ…、殺せッ!


剣士アルガス

「ラムザッ! やれ! 殺すんだッ!!


剣士ミルウーダ

「貴族がなんだというんだ! 私たちは貴族の家畜じゃない!


ヴァイス

「家畜と変わらない生活なんだぞッ。


剣士ミルウーダ

「ひもじい思いをしたことがある? 数ヶ月間も豆だけのスープで暮らしたことがあるの?


カチュア

「ウソよッ。そんなのデタラメだわッ!!


剣士ガフガリオン

「まだかよ! もう小一時間にもなるンだぞ!


剣士アルガス

「言葉遣いに気をつけろよ、この野郎! 盗賊が貴族にタメ口聞くんじゃねぇ!


剣士ガフガリオン

「“用心深い”って言ってもらいてぇな。


司祭ブランタ

「ええいッ、構わぬッ!

 行って、命令を伝えよッ!!


デニム

「進めーッ!

 ガルガスタン兵を皆殺しにするんだ!」


暗黒騎士バルバス

「よしッ、進めーッ!」




________________________________________


ENDING


このハイムの戦役以後

真相の暴露を恐れた教会は

その場でオーランを逮捕すると

ドーターのスラム街に統一されるまで、約千年もの間、

その名を歴史に留めることになる・・・。


ブレイブストーリー著者

バルバス・ダド・グース




船員

「ヒッタイト行きの船がでるぞーッ!!






参照サイト


タクティクスオウガ データベース


ファイナルファンタジータクティクス(FFT) −データベース−


D


D