WebProgを極めて居酒屋を開発する Twitter

このブログは 2008 年から更新されていません。すべての記事が古いので、あまり参考にしないようにしたほうが良いです。時が流れるのは早いのです。

 

2008/12/03

memo

gen_: 居酒屋オープンの際は是非新潟の美味しい日本酒を置くといいですよ。

2008/11/07

rhaco製phwittrを使用する方法

see also: An Error Occurred: Not Found


ネットワークインストールする方法と、CodeRepos から開発版をチェックアウトする方法をそれぞれ書いておきます。

他の rhaco アプリについても同様にインストールできますので、これを機会に、BlogKitやConveyorなどでrhacoデビューするのも良いかもしれませんね!

1. install サーバーを利用してリモートインストールする

rhacoは、setup.php を用いることで簡単に公開されているアプリケーションをインストールすることが出来ます。


まず、rhaco をダウンロードします。アーカイブをダウンロードするか、svn から最新版を取得してください。

rhacoのインストールについては、no titleを参考にしてください。


次に、apacheがアクセス出来る場所にphwittr を設置したいディレクトリを作成します。

そのディレクトリの中に先ほどダウンロードしたrhacoのディレクトリ内から setup.php をコピーします。

このとき、アプリケーション用に作成したディレクトリにはapacheの書き込み権限が必要です。Windowsでは気にしなくて大丈夫です。


ブラウザから、setup.php にアクセスしてください。

rhaco のパスを聞かれるので、先ほどダウンロードしたrhacoの場所を教えてあげてください。

入力して送信すると、setup 画面が表示されます。

ここで、アプリケーションディレクトリに基本となるファイルが設置されます。

この中の setup/project.xml をエディタで開いて次のように編集してください。*1

<project>
	<install>
		<site url="http://rhapp.riaf.jp" />
	</install>
</project>

project.xml を保存して、先ほどのセットアップ画面に戻り、右上のメニューの3段目にある install を開きます。

プルダウンメニューからphwittr を選択してsearchをクリックし、phwittr にチェックを入れてinstallボタンを押します。


これでphwittrのファイルが展開されるはずです。

次にphwittrの設定を行います

phwittrの設定

setup.php にアクセスすると、rhacoのパスを入力するフォームが現れます。

ここで、ダウンロードしたrhacoのパスを入れると設定ファイルが生成されます。phwittrのディレクトリにapacheの書き込み権限がないと設定に失敗します。


rhacoのパスが正常に入力されると、設定画面が表示されるので、各項目を設定してください。phwittrで最低限必要なのは、データベースの設定のみです。他の設定はデフォルトで構いません。*2

データベースの設定を行った後、一度settingボタンで保存し、次に右上メニューにあるdatabase項目を開きます。

ここで、作成ボタンを押すとsetupで指定したDB上にテーブルが作成されます。

もし、厳密なテーブルを作成したい場合は、PHP Framework Fight!のwikiにあるテーブル定義でデータベースにテーブルを作成してください。(404 Not Found)


これで設定は完了です。

index.php にアクセスしてください。phwittrの画面が表示されます。


2. CodeRepos からチェックアウトして利用する

もちろん、codereposのリポジトリからチェックアウトして開発版を利用することも可能です。

apacheがアクセスできる場所に、phwittrをチェックアウトします。

svn co http://svn.coderepos.org/share/events/phpframework/rhaco/trunk phwittr

あとは、上記「phwittrの設定」に従って設定するだけです。


もしわからないことがあればrhaco-ja@lingrでいつでもお待ちしています!

*1:arboやjajaをインストールする場合はこの作業は不要です

*2:ベンチを取るときは、テンプレートのキャッシュをonにするべきでしょう!

2008/11/01

openpear.org をリリースしました

PHP ユーザーにとって、PEAR ライブラリはとても便利なものですが、そのライブラリを自分で作って公開することはとても気軽にできることではありませんでした。 openpear を使うと、用意された Subversion のリポジトリから自動でパッケージングし openpear のチャンネルへの登録も同時に行うことが出来ます。PHP 開発者はこの機会に是非登録して、あなたの作成したライブラリを共有しませんか?

Openpear

OpenID でログインして、生成された Subversion リポジトリで開発し、ブラウザ上で PEAR パッケージを生成/リリースできる、openpear というサービスをリリースしました。

nequal のプロジェクトとしてリリースです。(やっと!)

PEAR Server なのに、 made with rhaco

プレスはあちこちに打っているので、ここでは中身について適当に書いてみます。


まず、PEAR Server と銘打ってますが、ウェブインターフェイスはすべて rhaco を用いて実装されています。*1

これは単純にシステムを実装した僕が使い慣れているからという理由です。みんなもっと rhaco つかおうよ!


内部の実装はそれほど複雑なことはしてません。

Subversion との連携のあたりでなかなか力技の処理がいくつかありますが、システム自体は非常にシンプルにするよう心がけました。

しかし目玉でもあるリリース機能の貧弱さが目立ってしまってますよね、、、悔しいですが、なかなかスマートな実現方法が思いつかずに、リリース機能への機能追加をいくつか見送っています。


いろいろな事情(笑)があり、10 月中のリリースを目指していて、なんとか 11/1 0時 リリースに漕ぎ着けました。。。

本来であればごりごりテストすべきなここ数日で、突然リポジトリブラウザを実装*2してみたり、リリース機能を深い部分から書き直したり、、、と結構ハチャメチャもやりました(w


もちろん、このまま終わるつもり無く、 nequal trac のロードマップにはリリース後の TODO が早くも追加され始めています。

404 Not Found

今後の更新も頑張りますが、ひとまず超簡単になった PEAR パッケージ作成をぜひ体験してみてください!

Openpear

*1:内部ではいくつかの PEAR ライブラリも使用しています。

*2:思いつきから実装まで3時間><w

2008/10/12

rhacoのブログチュートリアル

良くあるタイプのやつを書いてみようと思って、書き始めた。

Google Sites

いつ終わるかは未定。

終わったら、動画も作ってみたい。

まあ、未定。


P.S.

no title

あまりの丸投げっぷりに全俺が泣いた

2008/10/09

真の rhaco-users.jp

昨日、rhaco-users.jp - WebProgを極めて居酒屋を開発するという記事で、rhaco.riaf.jp を公開したよ!

と書いたところ、yabeken さんが rhaco-users.jp を取得して、僕のサーバーに DNS 向けてくれたので、rhaco-users.jp にして、さらにgoogle code 上で管理するようにしてみました。

no title


CMS とかつくりたいな。

----

追記: ちなみに、rhacoとは、世界一のphpライブラリのことです。お間違えの無いように。