Richard蒸しパン工場 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ξ・_<)   川・_・)   〆>_<)
ナチュラル rch850 に移行中?

2008-03-16

Flex 3 SDK Beta 3がexpireしてしまった

Flash小ネタを作ろうとしてFlashDevelopを起動して、いざビルドかけたら

This beta will expire on Sat Mar 15 00:00:00 JST 2008.
(fcsh)
Error: Beta expired.
Build halted with errors (mxmlc).

が出てしまったので、オープンソース化されたほうのFlex SDKを入れることにしました。Adobe Open SouceFlex 3 SDK Downloadsを見てみたら、Adobe Flex SDK、Open Source Flex SDK、Adobe Add-onsという3種類の何かが。にとよんさんのまとめによれば、Open Source Flex SDKにしとけばいいとのことですが、とりあえず自分でも理解しておきたいということでFlex SDK Downloadsを和訳。

Free Adobe Flex SDK
http://www.adobe.com/go/flex3_sdkリリースされている公式のアドビ製品Adobe Flex SDKはFlex RIAの開発、配布に必要なすべてを含んでいます。オープンとクローズなソースが混ざってるので、ライセンスAdobe Flex SDK licenseです(上サイト内のライセンス情報を参照)。このパッケージに含まれているFlexフレームワークソースコードは明示的にMPLとなっていますが、単にオープンソースのものがほしいのであれば、Open Source Flex SDKをお勧めします。
Open Source Flex SDK
オープンソースコードのみによるパッケージがほしい方向けに、このサイト上でOpen Source Flex SDKを提供しています。このパッケージバイナリを含め全てMPLです。コンパイラフレームワークデバッガなどの主要なFlex SDKが含まれていますが、Adobe Flash PlayerやAdobe AIR、advanced font encoding libraryなどのオープンソースでないものは含まれていません。このSDKを使えばFlexアプリケーションを作ることができ、MPLが許す流儀で使うことができます。MPLライセンスされているコードの使用について弁護士に質問してください(Adobeに聞かれても困るという意味)。
Adobe Add-ons for Open Source Flex SDK
このパッケージは、Adobe Flex SDKに含まれていて、Open Source Flex SDKに含まれていないもの全てです。このファイルダウンロードすることで、Open Source Flex SDKはAdobe Flex SDKと同等になります。このパッケージに含まれているのはAdobe Flash Player、Adobe AIR、advanced font encoding libraryなど、そしてData Visualizationコンポーネントなどのようにライセンスが必要なものです。これらの中身のライセンスは全てAdobe Flex SDKライセンスです。

うん、確かににとよんさんのまとめそのものですね。というわけでオープンソース版を落としておきました。

あとFlex 4なんてページもあったので、おまけに目を通してみました。気になった点。

フレームワークによってコンセプトから具体化までのプロセスを高速化(Accelerated Development)
ここはProgression Frameworkを推すしか!
実行時MXML(Broadening Horizons)
MXMLコンパイルせずに動的に書き換えられるってことでしょうね。面白そう。

設定されているマイルストーンによればBeta 1は2008年後半だそうなので気長に待ちましょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rich850/20080316/p1